2016年5月24日

班マフィ班にドン四男が絡み、そして始まりの六つ子が発生するまで

思考の変遷 6/2 追加
0
さうす @sa__za_n_

なんかドン四男と班長四男が同軸世界に存在する話を見てて思いついたのが、ドンが葉巻燻らせながら班長の顔を見て「ナンバーは?」って聞いて隣の次男は何一つわかってないのに班長がざっと顔を青ざめさせるようなそんな話。三十路ドンと二十代前半班長の精子流出疑惑。

2016-04-05 00:13:04
さうす @sa__za_n_

闇売買されてた若き頃のドンの精子を裏で買った母親が産んだ班長。しかし、班長は期待されていた能力を発揮せず、失敗作として返品されて工場で働いている。自分の種が散らばっていることを知っているドンは、冷凍精子のナンバーを班長が知っているはずだと問いかけた。

2016-04-05 00:15:37
さうす @sa__za_n_

自分が失敗作とレッテルを貼られていることから心底卑屈な班長だが、実際はドンとはまた違う彼だけの才能があり、それはドンとマフィ次男だけが気づいている。 「マイリトルクローン」とドンにからかわれるが、ドンは結構親の気持ちでいる。

2016-05-24 08:42:09
さうす @sa__za_n_

ドンは三十代後半、マフィ次男は二十代半ば、班長さんが二十代前半で、年齢ばらばらで六つ子ですらない。(私の性癖だとなんかこじつけて六つ子にするかもしれない) ドンが精通してすぐに賢い娼婦によって売られた子種が班長さんの母親に渡った。

2016-05-24 08:45:12
さうす @sa__za_n_

マフィ次男はドンに育てられている。小さい頃にまだ若かったドンが始末した家族に養われていた惨めで身窄らしくて悲惨な顔をした子供をドンが引き取って今のマフィアにまで育て上げた。昔のことがあるのでマフィアは子供(年下)には甘いが大人(同年代〜年上)には恐ろしく容赦がない。ドンだけ特別。

2016-05-24 08:47:31
さうす @sa__za_n_

ドンとしては手塩にかけて(一応)育てた息子か弟同然のクソガキが自分の知らんとこで出来てた息子(未認知)に引っ掛かってるという驚異の出来事。 顔を見る前は「俺のクソガキに手ェだしたのは、どこの馬の骨だ?」とか言うつもりだったがどう考えても自分の骨であることに気がついて言葉を慎んだ。

2016-05-24 08:51:10
さうす @sa__za_n_

マフィ次男は多分、ドンが裏社会に入ることを決意した時にドンから縁を切った五男と彼女の息子で五男と彼女が敵対組織に殺された事件で行方知れずになっていて、ドンは最愛の弟夫婦の忘れ形見を探していたのだと思う。(ここまで書いたが五男と彼女には幸せになって欲しいのでボツにするかも)

2016-05-24 08:54:53
さうす @sa__za_n_

「ナンバーは?」って思わず聞いちゃった時に班長がザッと顔を青ざめさせたので、ドンは結構悪いことしたかなあと思っている。マフィ次男は全くなんのことかわかってないけど、それ以来班長の雰囲気がびくびくしてしまって、なんか不穏な空気になってることだけ気がついている。

2016-05-24 08:58:30
さうす @sa__za_n_

班長さんはドンが自分の精子提供者ってことに、ナンバーのこと聞かれてすぐに思い当たって、自分が出来損ないのクローンだってことがマフィ次男にバレたら軽蔑されて失望されて捨てられるかもしれないという恐怖でびくびくしてマフィ次男の目が見れなくなっちゃってる。

2016-05-24 09:00:14
さうす @sa__za_n_

マフィ次男はクローン云々の話は知らないし、班長さんはドンが怖かったのかな?とかくらいしか考えてない。深く物事を考えないので、四男が追い詰められつつあることにも気がついてない。元気ないなあと思ってドンと一緒にレストランに連れて行ったりしてる。

2016-05-24 09:03:01
さうす @sa__za_n_

一緒にレストランでご飯食べた時になんとなく「あーあーもう」とドンが頭抱えるくらいにはお互いにお互いが見えてない。お互い気を遣いすぎてこんがらがってる感じ。 まぁここらへんでボス長男が出て来たり、三男、末弟あたりにそれとなくクローニングの話を教えてもらうといい。

2016-05-24 09:06:07
さうす @sa__za_n_

マフィ次男は全くもって気にしない上に、ドンもなんとなく親の情が湧きつつあるので、班長さんの悩みは結構杞憂なんだけども、ドンは終始恐ろしい笑顔(本人は友好的な笑顔)を浮かべているので班長には伝わっていない。むしろ疎まれてると思っているかもしれない。

2016-05-24 09:08:08
さうす @sa__za_n_

それで、ドンパチしてる時に班長さんがドンの身代わりになろうとしたりとか、ドンがブチ切れたりとか、マフィ次男が元気に殺戮したりとか、班長さんのスキルが発揮できたりとか、吹っ切れた班長さんがマフィアも唖然とするくらい活躍したりとか、ドンの猫屋敷で感動する班長とか、虎になつかれるとか。

2016-05-24 09:10:49
さうす @sa__za_n_

「テメェのガキ共に守られるほど落ちぶれちゃいねェンだよ、クソガキが」「はは、ドンのクソガキ久しぶりに聞いたな!」「えっ」 とか、 「ハッハッハ! 俺の大事なファミリーに手を出せると思ったのか?」(マシンガン乱射) とか、 「アッハーァ!俺がどこで死ぬほど働いてたと思ってんのォ?」

2016-05-24 09:14:04
さうす @sa__za_n_

「猫!」「なんだクソガキ、お前も猫が好きなのか」「ね、ねこは好きです。友達だから」「ヘェ……(さすが俺の種で出来てるガキだな…)」 「えええっ!? 班長さん!」「たまげたな、そのティグレーノ(虎ちゃん)は俺にしかなつかなかったんだが」「よーしよしよし、可愛いな、ここがいいのか?」

2016-05-24 09:19:44
さうす @sa__za_n_

お前は何処の馬の骨だと言おうとしたけど、どう考えても自分由来の骨ってフレーズくそほど面白かったので、これいつか使いたい。

2016-05-24 09:26:31
さうす @sa__za_n_

年齢差があって、なおかつドンと班長は性質が違って、しかもおそらく血縁関係ということでドンと班長は仲良しだけど、これたぶん次男×四男の班長だからで、よく見かける四男×次男の班長だったら殺し合い待ったなしだったと思う。

2016-05-24 09:29:41
さうす @sa__za_n_

仲良しだけどっていうか、最終的に良好な擬似親子関係として仲良くなれるだろうけど、だね。

2016-05-24 09:31:00
さうす @sa__za_n_

っはー始まりの六つ子超楽しい!はじめは長男がボスで、三男と一緒に暗殺されて、次に次男がボスになったけどこれも末弟と一緒に抗争に巻き込まれて、五男は嫁さんと息子と事故にあってしまい、組織を相続したけど一人ぼっちになってしまったドン四男???そして暫くしてマフィ次男を見つけたの?

2016-05-24 09:44:35
さうす @sa__za_n_

マフィ次男引き取って育ててたら、班長連れて帰ってきて、それで慌ててドンが探ったら兄弟の精子提供で生まれた十歳〜五歳の子供たちがいて、ことごとく「理想と違う」って言われてた子たちだったので攫ってくるの???? もはや六つ子になることはないけど、ドンの目には六つ子が蘇ってるの?

2016-05-24 09:47:05
さうす @sa__za_n_

ああーー裏設定で実は六つ子の四男だったドンーーーー。そうだよ常々なんで四男がドンになってるんかと思ってたんだよ!長子相続じゃないのかなって!!繰り上がったんだよ!!!繰り上がってるんだよ!!!

2016-05-24 09:48:38
さうす @sa__za_n_

そして四十路ドンの今際の際には六つ子が迎えに来るんだろ。「お疲れさん」って死んだ時の年齢のままの兄弟が血まみれのドンに手を伸ばして、引き取ったクソガキどもに囲まれて泣かれながら「やっと、迎えに来やがったか、遅えンだよ、クソ兄貴ども……」って不敵に笑って事切れるんだよ!

2016-05-24 09:51:56
さうす @sa__za_n_

ドンの死後に遺産整理で入ったドンの自室の中の隠れ部屋に、自分が六つ子だったころの大事な写真と兄弟たちの形見の品、両親への手紙、それから引き取ったクソガキどもと次男と班長のアルバムが大事に大事に遺されてて、それでひっそりと机の上にはクソガキどもへの手紙が残ってるんだ……。

2016-05-24 09:54:22
さうす @sa__za_n_

素直じゃないけど、全部の手紙の最後に「今までありがとう、幸せになれ。俺のバカ息子へ」って書いてあるからみんなその手紙を大事にしてしまうんだよね。 ドンの死後はマフィ次男が後を継ぐし、その脇をしっかり班長が支えるので、始まりの六つ子の悲劇は起きないで済むと思う。

2016-05-24 09:56:46
さうす @sa__za_n_

あ、もちろんドン四男はベッドの上でなんて死ねないと思う。そこまで狡猾じゃない。抗争に巻き込まれて、流れ弾に当たってそのまま死にそう。でも、マフィ次男筆頭に引き取った子たちに看取られながら死ねるので、かなり恵まれた方だと本人は思ってそう。

2016-05-24 10:00:06
残りを読む(45)

コメント

さうす @sa__za_n_ 2016年6月2日
まとめを更新しました。
0