492
ひかげ🌌 @hikagemono_yuki
水を2回沸騰させてはいけないという理由がここに! imishin.jp/water-boiling/ ほうほうと思って読み進めていったけど え? ん? お?
ひかげ🌌 @hikagemono_yuki
つまりどういうことだってばよ
ひかげ🌌 @hikagemono_yuki
>>水を何度も何度も沸騰させていると、化学構造変化の結果として、ヒ素や硝酸塩、フッ化物などの危険性のあるガスや毒性物質が生じる可能性があります pic.twitter.com/CIB4lRfcGy
 拡大
ひかげ🌌 @hikagemono_yuki
あ、わかった。これ翻訳ミスのたぐいだな
ひかげ🌌 @hikagemono_yuki
まずこの記事の原文なんだけど、これ、イギリスでのお話っていうのを頭に入れてから読まないとダメです totalsoftwater.com/2015/12/harmfu…
ひかげ🌌 @hikagemono_yuki
その上で話を進めると、まず日本の水道サービスが世界一厳しい基準の上で運用されてるっていう事実があり、そんでもってイギリスの水は日本の水道水がと違って硬水(ミネラル分がたくさん含まれている)であり、おまけに石灰分がかなり含まれてます。水道水を直接飲まない国ってわけ。
ひかげ🌌 @hikagemono_yuki
んで、そういう水を沸騰させるとケトルやポットにそういう成分が残って、その状態で再沸騰すると残ったそれらが再びお湯に戻っちゃいますよ、ってことらしい。
ひかげ🌌 @hikagemono_yuki
さらにそういう水道水だからケトルやポットが錆びちゃう可能性もあって、そういう錆とかが水に混ざるとやべえぞ、っていう記事でした。タネがわかると納得できる。
ひかげ🌌 @hikagemono_yuki
で、そういう「イギリスでの常識」をそのまま訳しちゃった結果があの記事なんだね。日本だと水道水はそもそも軟水だし、石灰も含まれてないから「いやいや何言ってんのwwww」ってなる
物書きモトタキ @motoyaKITO
@hikagemono_yuki 水はほんと国によって変わりますからねえ。これはまさに顕著ですな。
ひかげ🌌 @hikagemono_yuki
@motoyaKITO またエセ科学かと思ったら日本の水道すげえ!な笑い話でした

コメント

エレキたん @ElekiTan 2016年5月25日
あ、これがマジメなネタ元だったのね。納得。
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2016年5月25日
同じ理由でミネラルウォーター(硬水のやつ)を加湿器に入れちゃダメなんだってさ
深井龍一郎 @rfukai 2016年5月25日
シャープの蒸発型加湿器を使ってますけど、水道水を使ってても蒸発用フィルタにカルシウム分が析出しちゃって一冬もたんのですよね(クエン酸水に漬ければ落ちるけど)。
消火器さん⋈@北陸金沢 @keychansan 2016年5月25日
なるほどそう言う話か。めんどうくせぇ。
HANATARAY @hanataray 2016年5月25日
煮沸した水だと植物に悪いとか妙なネタかましてるから罪深いですよ
はいらんだ~P @hilander_em 2016年5月25日
山口の水道水はカルシウムが、熊本のはマンガンが結構多い。山口に至っては硬水といってもいいほどだった。20年ほど前の話だが。
言峰_愉悦部副部長 @k_kotomine 2016年5月25日
ああ、なるほどね。最近、水素水やらで水関係が本当に「水商売」になってるから、つい色眼鏡をかけてしまうw
ジムメカ @JimMech 2016年5月25日
水質差は勘違いで済むけど、酸素の話は「沸騰させて酸素が抜けた水は紅茶の香りを引き立たせる効果が薄れる」という話を何故か危険だと言っているので明らかな翻訳ミス。
粒あん・内調おじ㌠ @keroa18 2016年5月25日
元ネタが英国の水フィルター屋さんっぽいので、相当に割り引いて読まないと。
たろ @ne_taro 2016年5月25日
翻訳ミスっていうか、前提条件が違うってことか。
SSSSほげくん @hoge_bs 2016年5月25日
昔豪州で使っていた湯沸し用電熱線は石灰化してましたね
コェル 日 西か–32b @koleru 2016年5月25日
まともな話だとわかったけど、普通はわからんと思う
林原悠 @yu_woodfield 2016年5月25日
元が英文だったから誤訳もしくは肝心な部分を端折ってる(意図的かどうかは別として)のかなあと思っていたけど、そういうことね。
久家拍徒(故障中) @signed_coward 2016年5月25日
ElekiTan 真面目というか、ネタ元も「うちの浄水器(?)使えばそんな心配ないよ!」って続くので、ある意味胡散臭いですけどね(汗)
ざ_な_く&890P@マジミラ他 @z_n_c_890_P 2016年5月25日
翻訳前が非常に真面目な話で、翻訳時に必要な部分が削られてエセ科学っぽくなってしまうとは…これは中々…
もこ @mocomb 2016年5月25日
日本は軟水が多いけどところによっては硬水に近しいものも出る。カルシウム分やなんかが全く含まれてないというわけではないからその辺は注意が必要。
七篠権兵衛 @senri_mushroom 2016年5月25日
エセ科学かと思ったらイギリスでは真面目な話だったのかー
きゃなる。 @canal00 2016年5月25日
あ、これエセ科学じゃなくて、日英の環境の違いが翻訳できてなかったのが原因なんだ。水素水のせいもあって色眼鏡で見てた自分に反省。
Zoikhem @Zoikhem1 2016年5月25日
いやいや、ネタ元も完全にポジショントークだし、しかも「ヒ素や硝酸塩、フッ化物などの危険性のあるガスや毒性物質が生じる」生じる?とか地雷満載ですけどもね。
R.Y.O. @RYO_C4TM 2016年5月25日
「硬水で石灰分が含まれている」と再沸騰で「化学構造変化の結果として、ヒ素や硝酸塩、フッ化物などの危険性のあるガスや毒性物質が生じる」の?
black.king @northern_shower 2016年5月25日
ちょっとまってくれ。現在進行形でイギリスにいて水道水飲んでて(なんせ物価が高い)、ケトルなんて再沸騰させまくりなんだが、そんなに危ないのか。
kartis56 @kartis56 2016年5月25日
イギリスの水道には水質基準ってないの?
物書きモトタキ@C96の同人誌作る予定 @motoyaKITO 2016年5月25日
結局、浄水器の販売文句みたいなもんってことでいいのかしら?
nimkanjinno @nimkanjinno 2016年5月25日
いくらイギリスの水道がクソだとしても、まがりなりにも先進国なんだからヒ素は出ないだろ。途上国の井戸水とかならいざ知らず。
kawonasi @kawonasi4989 2016年5月25日
神奈川県では水道水にカルシウムが多くて電気ポットの注ぎ口に白い塊が付着してましたが、北海道だとそういうのが全然ないですね
BIRD @BIRD_448 2016年5月25日
イギリスの「やかん」類が危険な製品ばかりなのかと一瞬思った。
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2016年5月25日
日本でも沖縄や関東、九州の一部には硬水があるので一応注意。
麻婆豆腐 @Gmammy102 2016年5月25日
確かに沖縄の中部以南は石灰スゴイ。
ICHIKAWA Kento(おにぎり) @kentosho 2016年5月25日
ニセ科学と決めつけない態度大事
西瓜 @suikaisu 2016年5月25日
論文の実験を再現しようとしたら出来なくて、よくよく見直したら、条件の室温(ロシア)だったって話を思い出した。
ゆゆ @yuyu_news 2016年5月25日
鍋やヤカン、ポットの内側なんかの成分が移るのかと思った(鉄瓶で鉄分を取ろうみたいな感じで)。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2016年5月25日
と思ったけど実家の水は水道水じゃないじゃん…井戸水じゃん…( ˘ω˘)
ねこじゃら @nekozyara 2016年5月25日
これイギリスの話だったのね
muramoto @muramototomoya 2016年5月25日
ざっと原文を読んだけど、「再沸騰すると残ったそれらが再びお湯に戻っちゃいますよ」のくだりは見当たらなかった。
muramoto @muramototomoya 2016年5月25日
化学物質云々に関しては、何回も沸騰させたらヒ素等が濃縮される、という意味の模様。
BIT @_kksbit_ 2016年5月25日
「蛇口から出る水がそのまま飲めるような特異な国の水の話してねーから」ということかーw
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2016年5月25日
hilander_em それ石灰岩層(秋吉台)のある美祢市か、その下流の宇部あたりですね。それ以外は普通だと思う
ジョージ2世 @GEORGE221 2016年5月25日
おかしいですね。「そういう水を沸騰させるとケトルやポットにそういう成分が残って」、再沸騰しないとお湯に溶けないとすると、その悪い成分はどうやって除去するの? 水洗いぐらいじゃ落ちないよね? そのケトルやポットは二度と沸騰させちゃいけないのでは??
かりかりうめ @karikariume_3 2016年5月25日
日本の水と他国の水との違いから
酔仙亭響人 @suisenteikyohji 2016年5月25日
『イギリスは美味しい」(林望)にも似た話があったかと
OhriHisanagi @Ohri2902 2016年5月25日
水と言われて純水を想定してしまった先入観を反省。
上野 良樹@規制解除 C96 日曜日西し-23a @letssaga3 2016年5月25日
硬水と軟水の違いが大前提の話でした。
neologcutter @neologcut_er 2016年5月25日
イギリスの水道水の問題を状況を考えずそのまま日本に当てはめる…「出羽守」の天然バージョンか。
Miyabi@艦これやってます。 @Miyabi002 2016年5月25日
翻訳ミスってよりわざと危機感煽ってんじゃないの?
上海帰りの髭ダンス @Dancing_Whisker 2016年5月25日
いやいや、「同じ構成のサイト」が「複数の言語で 」書かれているンだから、こりゃトンデモでしょうね 。 http://b.hatena.ne.jp/entry.touch/288255608/comment/BIFF 参照願います。
♪てぃ・りり@矢沢美琳™ @joulli 2016年5月25日
ミネラルが濃縮するから再沸騰繰り返さないでね、な気が。。。元の記事も煽り気味ですしひどいですが、「再び溶け出す」も謎です。沸かしたお湯から析出して沸かすと溶ける。。。?飲むときには析出してそうな、そもそも、そこまで濃度高いとそもそも飲用に不適でしょうし。
のぶさ@MR2(SW20V型Gリミ) @nobu_azuma 2016年5月25日
ケトルに付着したミネラル分がお湯に溶け出すのが問題なら湯冷ましを再沸騰させようが新しい水を汲んで沸騰させようが危険性は同じではなかろうか?
ふー @oldhouse1980 2016年5月25日
「イギリスの水道水」からヒ素なりなんなりが濃縮される、ていうのは科学的根拠および実例のある事実なの?
のぶさ@MR2(SW20V型Gリミ) @nobu_azuma 2016年5月25日
というか、紅茶を入れるときは水道で汲んだ新しい水を使うのが基本です。どれほどおいしい水でも汲み置きは使わない
優魚 @e_kuma3 2016年5月25日
いやなんか納得しちゃってる人多いけどイギリスの水の話だったとしても全然おかしな事言ってるからね?
🍵昴hey🍵 @subaru2101 2016年5月25日
この程度の間違いすべて水に流してやろうではないか。
ひもたろう @himotarou 2016年5月25日
アレなサイトのリンク先の英文読むと、WHOの勧告を元に再煮沸のリスクを述べているので、イギリスの水道事情や硬水・軟水が…と言うより、世界で水道水が安全に飲めるのは約15カ国(11~15)しかない事を念頭に読むべきでしょう。such as以降に出てきた化学物質を化学構造変化の結果として生じたと訳すお馬鹿な日本語サイトは文系的にも理系的にも論外ですが…
ひもたろう @himotarou 2016年5月25日
あと英文サイトの方にあるreboiling を二回(に限定して)煮沸と訳すべきではない。文脈構造上、freshly boiled waterの対として、繰り返し煮沸(管理していないもの・初回煮沸以外のもの…水が貴重な途上国ではありそうな話)と読むべきでしょう。
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2016年5月25日
2度沸騰させたくらいで有害になる水道水はイギリスでもないんじゃないの? ヒ素濃度がそんなに高いって言うのなら濃度を出して話せばいい話。植物に悪影響がすぐに出るってのも納得いかないところ。 いろいろ眉唾ものではないのかなあ。
ひもたろう @himotarou 2016年5月25日
本文中では「水を何度も何度も沸騰させていると」と書いているので、タイトルの付け方(水を2回)がおかしいんですけどね。
のま @nis_ktnm 2016年5月25日
なるほど、一応ちゃんとした話だったのか。
ひもたろう @himotarou 2016年5月25日
理系的・地理的な知識を置いておいても、Leaving water to sit and then reboiling it can increase the concentration of certain chemicals を化学構造変化の結果として~生じさせるという理解は「increase」という受験レベルの英単語すら理解していないSEALDsレベルの読解ですな。
16TONS@最近ゲームやってねえ @moonintears16t 2016年5月25日
まあこの話が眉唾なのはともかく、日本の水道水はとてもすごい。そのまま飲める天下一安全な水。もし水がまずいと感じたら、それは蛇口や水道管の方にカビやさびなどの問題があるのさ。
マシン語P @mashingoP 2016年5月25日
仮に「水道水の有害物質が基準値未満だが、繰り返し沸騰させると人体や植物に影響するレベルにまで高まる」状況だとしたら、生活に適さない公害地帯だと思うのですがそれは。乳幼児死亡率が高く平均寿命も短いでしょ。
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2016年5月25日
ちょっと検索したところではイギリスも日本と同じ10ppmが水道水のヒ素濃度の上限値なので、ヒ素に関しては同じ話じゃないのだろうか? (アメリカは50ppmとのこと)
永井浩一ショップ #相互フォロー @nagain51 2016年5月25日
硬水軟水関係無いだろうが、アニメアイコンネトウヨが似非科学を似非解説してんじゃねえよ大概にしとけよ
氷雨(鴎) @kamome54 2016年5月25日
根拠が無いわけでもないが日本ではほぼ関係なかったけど訳が悪い水の話だけに靄がかかった気分ですね
aoki/140コロニー/comitia @gori_sh 2016年5月25日
いやイギリスの話だという前提を入れても、一ヶ所として信用出来ないんですが…
ろぼ 水戸 @ROBOmito 2016年5月25日
記事のリンクで英文のサイトに飛んだのだけど、まともに英語が読めない僕でも何となくニュアンスは理解できた。 しかし引用している日本の記事は酸素の構造が変化するとかぬかしていて全くもって解ってない。元がまともでも伝言ゲームでトンデモ化した例。
たけ爺 @take_ji 2016年5月25日
「ひじきの鉄分は鉄鍋のせい」と同じような感じが
ひもたろう @himotarou 2016年5月25日
千歩譲ってアレなサイトのリンク先の英文をgoogle翻訳で読んだって、こんな理解にはならんので、何らかの意図があるんでしょうなぁ… それにしてもこんな駄文で順調にイイねが増えているのが頭痛い(さっき見た時より増えてるw) 途上国の水道水だと、もともとヒ素濃度が高かったり、殺菌にフッ化化合物入れていたりする地域はあるから、「未管理で繰り返し煮沸」する事で濃縮リスクが上がる国はあるだろうけどね。それにしても繰り返しと訳したり2回と訳したり、変な日本語のサイトだなぁ…
mikunitmr @mikunitmr 2016年5月26日
「プール1杯分の水をコップ1杯になるまで蒸発させたら、人体に有毒な量のヒ素が残ります」くらいの話でしょうかね?
mikunitmr @mikunitmr 2016年5月26日
ちなみに、長年使ってた鉄瓶のやかんに水垢がびっしり付いてたんですが、これは有毒だから止めるべきというのが元ネタの意図するところなんでしょうか?
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2016年5月26日
http://www.jwwa.or.jp/jigyou/kaigai_file/h25_seminar_gbr_summary.pdf ここを見ると2013年のイギリスは日本と変わらない程度の基準になっているらしい。民営化で日本の業者も参入していたりで面白い。
ニコニコ星 @nikonikoboshi 2016年5月26日
ちな、硬水な国では水道水でコンタクトレンズ洗わないようにね。ボルヴィックが軟水だからそれ使うか、薬局で売っている水を使おう
ひもたろう @himotarou 2016年5月26日
根拠になった英文サイトも、文末にhot water tap(蛇口に装着するタイプのインスタント給湯器)の宣伝がありますので、謳っているリスクの指摘が正しいにせよ、その『程度』をどう理解するかは、それぞれのご判断で…(・∀・)
mirai2nd @mirai2nd 2016年5月26日
水に関しては日本は恵まれてるなと思うお話。
姓名 @hzmik 2016年5月26日
そもそも 「2度沸騰させてはいけない」 なんてことは言っていない(Making up infant formula)。乳幼児用ミルクを作る場合には沸かしたてでない湯やボトル入り水は使うな、殺菌のために、70℃以上の熱いお湯を使えということ。
Sの人 @siellc 2016年5月26日
(実家とか井戸水なんだよなぁ)
姓名 @hzmik 2016年5月26日
"should be made with freshly boiled water." から、 "Apparently, it’s not just newborns that should avoid reboiled water, we all should!" への飛躍が見事すぎる。
北斗柄@生涯六壬者.多分 @hokutohei 2016年5月26日
ま、元の英語の文章がどうあれ、水を沸騰させたら元素転換とかありえん。
統一教会の星 @cpw73XfxIvDa3X 2016年5月26日
日本でも中途半端な沸騰はトリハロメタンを増加させる。古い水道管から出る鉛も危険。東レなどの少しお高めの浄水器は何十種類かの物質を取り除けると宣伝している。
Hoehoe @baisetusai 2016年5月26日
イギリス製の農薬加湿器も日本なら安全ですね!
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2016年5月26日
日本の水道水が世界一厳しい基準って言うのはどうなのかという部分。ECに追いついたのは割と最近な気も。 水質基準の国際比較 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/11/s1108-5g.html
上海帰りの髭ダンス @Dancing_Whisker 2016年5月26日
hanataray まぁ、煮沸すると酸素が抜けますので「根から植物が得るべき酸素」が不足して窒息ぎみになる、と言うことは言えるでしょうね。 ただし、煮沸したことによる「化学物質の濃縮」等とは一切関係ないと思いますが。
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2016年5月26日
Dancing_Whisker 陸上植物の根は土の隙間の空気から酸素を取り入れるので水分中の酸素を取り入れることは少ないと思いますよ。 そんなに水を入れてしまうこと自体が窒息状態に。根腐れの原因となります。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2016年5月26日
最大の問題は、掲載サイトで「水分子が化学変化でヒ素になり~」って大真面目に解説している点だと思うんだ。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2016年5月26日
[c2750671] 沸騰後1度、3分冷やすのが正解だったはず。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2016年5月26日
バングラデシュじゃないんだから、ヒ素の検出は考えにくいんだよなあ。バングラデシュですら、ヒ素問題はかなりシビアだったはずだし。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2016年5月26日
流体力学の観点からしても、仮にヒ素成分が入っていたとしても水垢などにこびりついてさらに追加で水入れない限りは溶質として水分中を漂う訳で、確かに見かけの濃度は高まるけど溶質物体の絶対量はそのままなのよ。こびりついてっていうようなヒ素は水垢成分と強く結びついてるからなかなか取れないだろうし。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2016年5月26日
ちなみに、フィルター技術はほぼ全ての分野で日本がぶっちぎりトップを走ってます。特に水フィルターはぶっちぎり。最近は、モノMAXフィルターって新型万能フィルターが出来たし。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2016年5月26日
…葛飾区は隣の足立区は綾瀬川の水質で結構昔から騒がれていたけど、あの震災の時は放射性物質検出迄問題になった位だからなぁ。飲める水道飲めない水道…地域格差はあるのだろうか?
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2016年5月26日
西村因みに綾瀬川は日本で有数の汚染河川です。
とら@AHC @TIG0906 2016年5月26日
日本の水道水の品質は素晴らしいが日本の貯水槽の品質は大したことない希ガス デパートやマンションの水道水とか飲めたもんじゃないし
ウィルヘルミナ (Vilhelmine) @HelmiLokadottir 2016年5月26日
nimkanjinno TATukoma1987 関東某所(中心街の比較的近郊だが長閑な場所)の一般家庭の生活井戸水ですが、過去の定期点検の際にヒ素が確認されています。ただし直接飲み続けたりしても全く問題の無く、無きに等しい微量さです。地元の人曰く、かつて近所に何らかの工場があった所為ではないかと。正味の話、カルシウム分がやや高めで、すぐ薬缶の内側にスケールがこびり付く方が問題だったりしますw まあこのレベルなら日本全国にそれなりにありそうな気もしますね。
大野典宏@よりもい❤ @oono_n 2016年5月26日
ロシアのホテルで「いいか、この蛇口から出る水は絶対に飲むんじゃねーぞ!」と警告が貼られていた。どんだけ酷いんだと思ったけど。。。
魔法🌸うらえんと💐幼女 @FLpn0 2016年5月26日
えーと。水道水とはあの文面には一切ないんですよ。 @hikagemono_yukiさん、水道水話ではなくて、「水の沸騰」であり、単純に言えば純水(H2O)の沸騰でなにか水素・酸素以外が発生するという気違い沙汰を言っている記事を気違い沙汰だと指摘されているだけなんですよ。
上海帰りの髭ダンス @Dancing_Whisker 2016年5月26日
nekoma68 「水やりには、酸素を多く含んだ水の供給と、古い空気を押し出して新しい空気を押し込む2つの役割があります」 https://horti.jp/10340
r1h3 @r1h33 2016年5月26日
継ぎ足し継ぎ足しで長年使ってきたアルミ製ケトルの水とかは危険! ってのと沸騰させた水(熱湯)を観葉植物にやると枯れるって事か
まんりき @manriki 2016年5月26日
水道へのフッ素投入は我々男性の「エッセンス」を破壊して不能にするための共産主義者の陰謀であることは周知の事実だが(リッパー准将脳)
まんりき @manriki 2016年5月26日
ヨーロッパでウォシュレットが普及しない理由の一つが細管を詰まらせる水道水の硬度のせいだとどこかで聞いた気が。
三十郎 @sanjuro2 2016年5月26日
そういうことか!
ぱんどら @kopandacco 2016年5月26日
結局元ネタを何も考えず、おかしいとも思わずにそのまま貼ったその記事が駄目なんやな。
koromon @yamadian 2016年5月26日
「酸素の構造が変化し」ってフレーズがいきなり出てきただけでろくな人間が書いたもんじゃないことはわかる
超icbm @ssicbm 2016年5月26日
そこで日本の水道すげーってなるのがわからない。単に軟水と硬水の違いだろ、どうしようもない話じゃん。
こなみひでお @konamih 2016年5月26日
これ,英語の元記事もダメだと思うよ。
加藤 伯明 (noriaki.kato) @hakumei 2016年5月26日
砒素がどっから来たのかわからん。元素だから化学構造が変化しても発生しないですよ?
Briareos@残弾数はいつも────── @briareos 2016年5月26日
アレな海外サイトをアレな方面な人たちが翻訳すると、怪しい部分が濃縮されて使えない文章ができあがる、って話ですかね・・・?
Tett Elle @ayu___natural 2016年5月26日
英「沸騰は99度までにしないと、茶葉がジャンピングしないでしょ!」の件かと思った
♪てぃ・りり@矢沢美琳™ @joulli 2016年5月26日
結局、元の記事のサイトも、典型的とすら言える、いわゆる「"水"商売」そのものです。悪質です。再煮沸の害とか書いてるんですもの。「お宅のお水、だいじょうぶですか?」「有害な物質が入っていませんか」「有害物質を取り除き、安全安心な、ミネラル分調整した、おいしいお水!」と書くと、本邦でもほんとうよくある話です。
♪てぃ・りり@矢沢美琳™ @joulli 2016年5月26日
日本の水も水道水でもいろいろあって、地域次第。電気温水器等、寿命が短いところもあります。(それでもヨーロッパなどとは事情は違うのかなとは思いますが)
潔癖症ニート @8165_4_65A 2016年5月26日
こういうことだったのか でもやっぱりヒ素とかいろいろ混ざってくるのはおかしい気が
Pおじ @unclePPG 2016年5月26日
元記事もこのまとめも信じかけてしまった ホメオパシーを笑えんなあ
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2016年5月26日
Dancing_Whisker 「水がはけた後にできる隙間から、酸素を吸収します。」とありますし。実際、20度の水を沸騰させても3割くらいしか酸素は減らず。観葉植物の植木鉢への水やり程度でどんな影響が出るのでしょう。カルキ抜きのつもりで煮沸し冷ました水をやっても何も変わらなかったですよ。 https://www.rikanenpyo.jp/kaisetsu/buka/buka_012.html
しぇりりん(平成ジャンプ無限大組) @m_sheririn 2016年5月26日
水をレンチンしたらヤバい…と同じレベルだわ
上海帰りの髭ダンス @Dancing_Whisker 2016年5月26日
nekoma68 一般に、大気に含まれる酸素濃度は21%程度ですが、呼気に含まれるのは16%ほどになります。酸素の拡散効率が良い空気中でも、全体の25%ほど酸素を失うと、繰返し呼吸するには適さない酸素濃度になることが理解出来るかと思いますが。
ざの人 @zairo21 2016年5月26日
水道水に含まれるトリハロメタンのうち60~90%がクロロホルム、但しその発がん性については、IARC(国際がん研究機関)の見解ではトリハロメタンが人に発がん作用を示す確証はない。それでも各国はクロロホルムがヒトに発がん性を示すと仮定し、一生涯その水を飲み続けても発がん率が10万分の1を超さないレベルで水質基準を設定していて、WHO(世界保健機構)では「0.2mg/L」に設定している。日本の水質基準は「0.06mg/L」となっている。
ざの人 @zairo21 2016年5月26日
以上 トリハロメタンの危険性は神経質に考えなくていいって話。のソースです。
akita_komachi @antiMulti 2016年5月26日
僕は原文を読む力は無いのだけど、ヒ素のくだりは?
豚(サンドスター非所持) @shikishimatask 2016年5月26日
鍋や食器に残った洗剤が危ないとかそういう話じゃないのかこれ。イギリスは食器を洗った後水で流す習慣がないから。
Enlo Baggins @JRRTrollkin 2016年5月26日
硬水軟化装置とかフィルターとか扱ってる会社のサイトの記事がネタ元って、広告を真に受けたって事だよね。
宇樹義子@秋に単行本発売 @decinormal1 2016年5月26日
「イミシン」の運営会社がどういうところなのか気になったので検証し、まとめました。ドイツの大元会社らしきところとのメールのやりとりもしてます。よろしければご参照を。2016年5月26日14時現在、1000PV超えたところです。 http://togetter.com/li/979672
まさかなまき @MASAKANA_MAK 2016年5月26日
世界は広いね。水も様々だね。
はどはど@Had2Apps @katai5plate 2016年5月26日
元の記事見てきたけど、FBコメント欄での知識人同士の議論すごく好き
皐月七瀬⭕⚽ @satsukinanase 2016年5月26日
北海道の某大学では、水道水を沸かすヤカンに白っぽい固まりが大量に付着していたのだが、もしかしてあれ危険だった?
おらおら@ @oraora1966 2016年5月26日
元ネタのWebサイトはイギリスにある浄水器通販会社でした。 どこのお国でも「水商売」は似たようなものなんですね(^^;)
トレ(仮営業中) @tolerance_18 2016年5月26日
上水道に健康被害がでるレベルのヒ素が混じってたら日本でもイギリスでも大騒ぎになるだろうし、正直元のサイトもだいぶ眉唾物。水質検査に来た自称水道局職員の海外版って気がする。
無法召喚P @MuhouP 2016年5月26日
エセ科学の話じゃなかったのか、とりあえずごめん。
宇樹義子@秋に単行本発売 @decinormal1 2016年5月26日
翻訳者です。イミシンの記事のもっと直接的なネタ元らしきものはこちらのドイツ語記事のようです。写真や構成まで一緒。 http://heftige.news/133009 いっぽう、ひかげさんがネタ元としていらっしゃるこちらの記事 http://www.totalsoftwater.com/2015/12/harmful-effects-of-reboiling-water/ は、ネタ元と断定するにはちょっと要素が不十分で、たまたま似た内容の記事であった可能性もあると思われます。
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2016年5月26日
Dancing_Whisker 「いつも飲んでいる再沸騰させた水をご家庭の植物にもあげ始めると、すぐに影響が出てくるでしょう。」<ではこの様な現象が確認できると思っているわけですね? もしくは確認できたのでしょうか? 自分は何も起きたことがないのですが。
せつ @alum1ame 2016年5月26日
そもそも環境条件が違えば当てはまらない事柄を、まるで日本でもそれが当てはまるように語り、科学的に間違ったことをばら撒き必要のない不安を煽る +海外サイトの情報を適当に訳しただけの情報を自分がオリジナルとして記事に、って何重にもヤバい 著作権とかでもアウトでしょう
宇樹義子@秋に単行本発売 @decinormal1 2016年5月26日
いずれにしろ、ひかげさんがあげていらっしゃる記事の内容を読むかぎり、こちら自体もそもそも、ニュートラルとはいえない、水道水を再沸騰させることの危険性を非常に強調した書き方をしているように思われました。 私個人としては、イミシンの記事はひかげさんのあげていらっしゃる記事の誤訳翻案バージョンではなく、 http://heftige.news/133009 このドイツ語記事の丸々翻訳パクリである可能性が高いと考えています。
宇樹義子@秋に単行本発売 @decinormal1 2016年5月26日
そして私の私見から言えることは、このドイツ語記事にしろ、ひかげさんのあげていらっしゃる記事にしろ、そもそもがニセ科学的であり、コンテンツとしてかなり悪質なのではないかということです。ちなみにこの見解は、イギリスと日本の水質の違いについてのひかげさんのご言及を否定するものではありません。
宇樹義子@秋に単行本発売 @decinormal1 2016年5月26日
もちろん、どちらが、あるいは両方がネタ元であるにせよ、そもそも悪質な内容をさらに複数の言語で丸パクリ翻訳しているように推測される、イミシンの運営母体Media Partisansさんは、かなり悪質な会社である可能性があると私は考えます。これについての詳細はこちらのまとめをご参照ください。 http://togetter.com/li/979672
上海帰りの髭ダンス @Dancing_Whisker 2016年5月26日
nekoma68 私は「仮にその様な現象が起きたとしても、この記事が主張する様な原因によるものではない」と主張しているに過ぎません。 何に拘泥されて居られるのか理解不能です。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2016年5月26日
サンノゼでホームセンターに行ったら、洗濯機コーナに"Water Softner"って結構な大きさの機械が売られてた。多分脱Caの機械。確かに、ホテルのシャワーで、全然石鹸が泡立たなかった。アメリカもそれくらい水が硬い。
亜山 雪 @ayamasets 2016年5月26日
自販機でも売っているコントレックスは便秘の時にちょうどいい。
ひもたろう @himotarou 2016年5月26日
ニセ科学と批判する科学的でない輩や、本文や本文リンク先で述べていない事まで問題化され一人歩きしだしたり…しっちゃかめっちゃかだな(´・ω・`) 翻訳を問題にするなら該当箇所の指摘を、ニセ科学を批判するなら科学で…
じろう @Jiro2Bit 2016年5月26日
原文のReboiled water loses its oxygen content through evaporating dissolved oxygen molecules, これをどう訳せば酸素の構想を変化うんぬんになるだろうか? 再沸騰水は、溶存酸素分子が抜けて酸素量が減ってるとしか訳せない
じろう @Jiro2Bit 2016年5月26日
沸騰させれば、揮発性じゃないのが濃縮されるよってことだろ、それ以上の意味が無い。 酸素が変化って、そりゃ笑われるだろうよ。
マガミ@「南洋通商」 @ryuya_magami 2016年5月26日
「イギリスでの常識」をそのまま訳しちゃった結果
MD5500 @MD5500 2016年5月26日
ケトルのところとかすっぽり抜けてるから意図的にやってるよね。
内調の農民 @no_mi_n 2016年5月27日
タイトル見た時点で「え?」と思ったけど誤訳だったのね
ウィルヘルミナ (Vilhelmine) @HelmiLokadottir 2016年5月27日
satsukinanase その白い塊は加熱で析出した石灰(炭酸カルシウム)を主成分とする水垢(スケール、scale)です。日本の水道水は軟水とはいえ、どうしても地下のミネラル分が含まれてしまいます。とはいえ、そればかりを大量に集めて食べるなどしない限りは無害ですので、どうかご安心を。ただ、剥がれ落ちたスケールで飲み物の舌触り等を損なうことがあり、また見た目もアレですので、こまめに掃除することをお勧めします。
u1ρ 🌥️ @u1p 2016年5月27日
元ネタURIまで示されているのに「誤訳だったんだ」とか、この期に及んでもまだ1次ソースを見ようともせず納得する人達がコメント欄に大勢居ることに草。詐欺師はこの層まで、ターゲットにするがよろし。
箸呂院マジチキ @kairidei 2016年5月27日
ややこしい話だな。まあ水もやかんも常識外れな過剰な熱を加えれば変質するかも知れないから、頭の片隅に入れておく。
鈴木 悠平 @yuu_yuu_to 2016年5月27日
ああ、なるほど。誤訳なのか
はどはど@Had2Apps @katai5plate 2016年5月27日
つまり・・・「元々とある国の水道水事情をネタに書いたエセ科学記事を、日本の記者がそのまま翻訳して事実として報道して炎上」ってわけか!
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2016年5月27日
Dancing_Whisker あなたの提示した煮沸した水により根が窒息し影響が出ると言うのがトンデモ理論にしか見えず、この日本語記事と変わらない危うさを感じたので。 日本語記事ではどういう事象かすら明らかでなく意味不明ですし。元と言われるドイツ語の記事を自動翻訳にかけたのでは意味が掴めませんでした。
上海帰りの髭ダンス @Dancing_Whisker 2016年5月27日
nekoma68 水はけが大事、なんてことは、元林業従事者として山主さんが助けたいという山桜を、早春の沢に下半身まで浸かって根起こしをしたりした事で命がけで体得しておりますが何か?  元記事の内容を理解せず、他人の意見の内容についても不理解なままで突っかかってきた、という理解でOKですか?
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2016年5月27日
Dancing_Whisker あなたは元記事のすぐに出てくる影響の内容が分かっているのですね。どういうものです? 前も尋ねましたが。
はざや @qp_hazaya_qp 2016年5月27日
錬金術でも核融合でもなく、英国の水道事情での話の誤訳だったとわ…w
ざの人 @zairo21 2016年5月27日
ソースは選んで! 特にお好み焼きは オタフクソース!(なんか違う
宇樹義子@秋に単行本発売 @decinormal1 2016年5月27日
2016年5月27日夜時点での最新情報をまとめた記事を書きました。イミシンは少なくとも「水を2回沸騰」の記事に関してはパクリは行なっていない可能性が高いらしいことがわかりました。ご参照ください。: 「水を2回沸騰させてはいけない」記事配信の「イミシン」運営会社について検証してみた http://decinormal.com/2016/05/27/imishin/
ネナシグサ @TeaAndG 2016年5月28日
コナン「ペロッ…これは再沸騰水!?」
危篤前@彼女募集東北提督 @kitokumae 2016年5月29日
ヒ素は簡単に出てくるもの。土を4~5m位ひっくり返すだけでもあっさりと出てくるからな。
危篤前@彼女募集東北提督 @kitokumae 2016年5月29日
井戸水がコワイのは成分検査をしていないところ。保健所で飲用可能のお墨付きもらったところ以外のもんは駄目、しかも年1回検査してるところ。前は汚染されていなくても汚染されうるのは普通にあるからさ。
神楽坂優奈@横鎮丙てーとく @BELLKARM 2016年5月29日
ヒ素あものすごく微量を長年摂取してると体がなれちゃうんだよね。まぁ、この話は数年後新たな都市伝説として蒸し返されるんだろう。一度信じ込んでしまった人は半永久的に疑いを持ったまま生きることになる。「潔癖症はね、つらいわよ。人の間で生きていくのが。汚れたと感じたとき分かるわ、それが。」
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2016年5月30日
若干本題から外れている話を繰り返して申し訳ないけど、1度煮沸した水を植物にやるのは問題ないかという話は昔からあり、①生物に有害と思われるカルキが抜けるので良い、②水が腐らない殺菌作用のあるカルキは抜いちゃだめ、③有用細菌まで殺すカルキが抜けるから良い、④溶存酸素が減るからだめなどと言う主張があるがどれもはっきりした影響があげられてることはない。つまりあるとしても非常に極小。
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2016年5月30日
水耕栽培で、根に巡らす水に空気を入れるか入れないかでやっと生育に差が出る程度なのに、鉢植えの水やりに出る影響は眉唾ものとして先ずは疑ってかかる方向。水が流れてなければ根の周りの水の酸素濃度は下がるだけ。
@door06764388 2016年5月30日
見たことあるけどてっきりマユツバ情報かと思ってた。
二条肝兼 @IamNotUs 2016年5月30日
虫歯予防のために水道水にフッ化物を添加している件かと思った。イギリスだと人口にして10%の地域でフッ化物を添加してるらしい。https://en.wikipedia.org/wiki/Fluoridation_by_country
のびーた @nobyta_ 2016年5月31日
「水を何度も沸かし直してはいけない」というのは20年以上前から聞いてたから(根拠不明だったのであまり気にしてなかったが)意外と根が深いのかもしれない
統一教会の星 @cpw73XfxIvDa3X 2016年9月21日
トリハロメタンは沸騰させると生成される。 トリハロメタン自体の水質基準は関係ない。
統一教会の星 @cpw73XfxIvDa3X 2016年9月21日
英文の元記事は特に問題になるような記事ではない。そもそも、紅茶はフレッシュ・ボイルド・ウォーターで淹れるのが常識。 以下、簡単に訳すと、
統一教会の星 @cpw73XfxIvDa3X 2016年9月21日
我々は粉ミルクは初めて沸かす水で作るように言われて、宗教的に信じているけど、我々みんなそうしたほうがいい。再沸騰すると、  酸素減少。  ヒ素、フッ化物、硝酸類などの有害物質の濃縮。  濃縮したカルシウムには副作用がある。  ケトル放置による金属溶融物(サビ)は、味を損ね、健康によいとはいえない。  純水は再沸騰しても大丈夫。  解決するには ”hot water tap” << これが商売
ユーコン @yukon_px200 2016年11月23日
誤訳なのか、故意なのかは翻訳した人しかワカランな。
ぱんどら @kopandacco 2017年7月10日
翻訳した文章をチェックした段階でおかしいと思わなきゃいかんのではとちょっと思った
愚者@ C96土南ソ37b @fool_0 2018年2月3日
飛ばし記事かよと思ったら、それなりの理由と元記事書かれた英国ならではの事情があったのね。しかし当たり前のことだけど、正確な情報はほんと大事。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018年4月3日
似非科学疑惑のあるこの記事のコメント欄に、似非ならぬ真のカルトテロリスト教団がいて、ゴジラが歩いた後みたい(草も生えない)。
かんろ @kanro_9024 2018年5月30日
そんなんできてたら錬金術苦労してねぇよと思ってたら、国の水道事情の違いか
風祭摂津 @s_kazamaturi 2018年5月31日
そもそもが宣伝な訳だが。
かめあたま さおたろう @yamasan73 2018年5月31日
イギリスが硬水だったら紅茶は硬水が良いのかな?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする