カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
17
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
小沢氏の元秘書の政治資金規正法違反事件は、報道やツイートを見ていると、えらく低レベルな立件、という印象を受けるな。こういうものしか立件できない特捜部の存在意義は問われそう。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
形式犯、形式犯と批判されたので、形式犯じゃないと言いたくて、金そのものの問題があったという立証をしたいのだろうが、では、なぜそれは立件しないんだということになり、証拠構造の脆弱性ということで馬脚を現すことになってしまっている。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
本来、起訴されてもいない余罪を実質的に処罰できないはずなのに、「情状」ということで突っ込み、起訴していないことで、かえって「疑惑」レベルで中途半端な、放漫な立証を行い、息のかかったマスコミを使って印象操作して、重い量刑に結びつけ、小沢氏の政治生命に打撃を与える狙いだろう。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
民主的な基盤を持たない検察というものが、独善で暴走したとき、どういう深刻な事態が生じ、民主主義に打撃を与えてしまうか、ということが、法廷で白日の下にさらされているという気がする。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
そういう深刻な状況に、問題山積の検察捜査に乗っかった検察審査会が加担しているという構図は、心底、怖さを感じる。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
刑事司法の内部に、反民主的で独善的な、モンスターのような存在が2つもできてしまった。この怖さには、気付かないほうが無邪気に過ごせる。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
特定の人間を葬ろうとすれば、特捜部、マスコミ、検察審査会が連携することで、かなりの確率で葬り去れるという、恐ろしい状態になってしまっている。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
特捜部が無理やり調書を作る、不起訴になってもそれを検察審査会が捜査経過に目を向けることなく起訴相当決議を繰り返す、マスコミが悪者報道をこれでもかこれでもかと繰り返す、それで、多くの人は簡単に葬り去られるだろう。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
必死に裁判闘争を行い、数年後に無罪になっても、普通は、回復不能な打撃を被っているもの。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
そうなっても、特捜部も検察審査会もマスコミも、誰も責任は取らない。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
検事は、転勤して栄進、幹部は退官して、大手企業の顧問弁護士、監査役、公証人等で左団扇の生活。検察審査員はどこの誰かもわからないし、そもそも実在していたかも不明。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
マスコミも、書きっぱなし、流しっぱなしで、誰にどういう責任かも不明。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
法廷外で、こういった、一種の「悪の枢軸」が連携することで、人を法廷に無理やり送り込み、無罪になっても葬り去れるという、恐ろしいことが現実に起き得る。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
それぞれは、善意(特捜部は悪意しかないだろうが)で動いているつもりでも、やっていることは悪そのもので、悪の枢軸を形成、ということが起きてくる。その中枢は、やはり検察庁、特捜部だろう。こういう組織をこのまま放置してはいけない、ということがよくわかると思う。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
自分の身近で殺人事件が起き、自分はやっていないのに、殺人の機会に自分がすぐそばにいたといった状況証拠が、検察、警察ストーリーで積み重ねられて行く。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
自分を犯人視する報道が山のように出てくるが、反論もできず、犯人というイメージが形成される。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
最終的にぎりぎりのところで不起訴になるが、検察審査会で、ストーリーに沿った捜査結果が鵜呑みにされ起訴相当議決が2回出る。マスコミは、正義が実現されたと騒ぎ、ますます犯人視されて行く。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
起訴され、何年も裁判で苦しみ、やっと無罪になっても、信用も仕事も何もかも失っている。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
小沢氏のような力は、普通の人間にはないので、通常はこういう悲惨なことになる。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
そういう、取り返しがつかないようなことが起きないような仕組みが必要なのに、現状は、むしろ、そういう取り返しがつかないことが簡単に起きる方向へと進んでいる。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
戦後の、日本が農業国家として再生するしかない、などと言っていた時代にできた刑事訴訟法に、後からビジョンもなく接ぎ木した法制度で漫然とやっているから、こういうことになるのだと思う。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
検察審査会だって、GHQが目論んでいた大陪審や検察官公選制が導入されず、妥協の産物として残ったもので、それが、制度自体についての検証も見直しもされないまま、権限だけが肥大化してしまっている。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
30年前、40年前の自動車に、最新式のスポーツカーのエンジンをつけ、ブレーキ性能を思いきり落としてしまったようなもので、危険極まりない。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
戦後、60数年が経過し、刑事司法制度というものが、様々な、深刻な行き詰まり状態に来ている、ということが広く認識される必要がある。検察の問題、裁判所の問題など、ミクロではいろいろあるが、マクロでも、この問題を見なければならないと思う。
🌸落合洋司🌸Yoji Ochiai🌸 @yjochi
刑事司法が誰のためにあるか、ということが、まずスタートにならなければならない。もちろん、検察庁のためでも、特定の訴訟関係者のためでもない。国民のためのもの、国民にとって使いやすい、利益になるものでなければならない。
残りを読む(8)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする