15
社虫太郎 @kabutoyama_taro
日本における上昇婚 anlyznews.com/2016/05/blog-p… 文献は読めるみたいだけど、最後の5行でそれまでに自分の書いたことまで全部台無しにしてるw こういうタイプの人って割といるよね。
uncorrelated @uncorrelated
山田(1996)も日本人女性が上昇婚志向で結婚できなくなっていると主張していますが、おかしいですか? RT @kabutoyama_taro: 最後の5行でそれまでに自分の書いたことまで全部台無しにしてるw
社虫太郎 @kabutoyama_taro
@uncorrelated 貴方が先の記事で最後の5行より前で書いていらしたことが正しいとすれば、「山田(1996)も日本人女性が上昇婚志向で結婚できなくなっている」は偽となりますが、貴方はクレタ人ですか?
uncorrelated @uncorrelated
私は山田氏が「父親の学歴と収入をベンチマークにして、それ以上が望める場合を上昇婚と見なしている」と書いただけで、山田氏が「上昇婚志向で結婚できなくなっている」ことを偽だと主張しているとは書いていませんよ。@kabutoyama_taro
uncorrelated @uncorrelated
まぁ、1990年代にある社会学者が日本人女性が上昇婚志向で結婚できなくなっていると主張していたのは確かで、2010年代の社会学者がそれをどのように評価しているのかは知りたいので、気が向いたら教えてください。@kabutoyama_taro
社虫太郎 @kabutoyama_taro
@uncorrelated いやですから、「父階層より高い階層の相手を望む」ことが"上昇婚"だとすれば、女性はそれを望んでいることになりますか?と言っております。 なお階層はその構成が時代によって変わる(昔は例えばブルー:ホワイト=7:3だったのが現代は3:7とか)ので(続
社虫太郎 @kabutoyama_taro
@uncorrelated 続)階層をむしろ「順位」で置き換えて、「父親の位階が例えば男性100人中50位だった女性が、40位や30位の男性との結婚を一般的に望んでいるかどうか」と考えるほうが正確だと思いますが。
uncorrelated @uncorrelated
山田(1996)の議論では、父親の学歴・年収以上の相手を求めるために、成長率の低下でそれが適う男性が減ったために晩婚化が進んでいるとしているので、階層はその比率が時代によって変わると主張していますね。@kabutoyama_taro
社虫太郎 @kabutoyama_taro
@uncorrelated だからそれって"上昇婚"なる概念の定義とセットでなければ真とも偽とも言えないでしょう、と。書いてる本人が自分の持ち込んだ概念と論理の内で矛盾きたしてる可能性もありますし(って実は私、山田さんはそれやらかしてると思ってるんですが、まぁ)。
uncorrelated @uncorrelated
山田(1996)は、夫の学歴・年収と妻の父親のそれらを基準に取った上で、日本人女性が上昇婚志向で結婚できなくなっていると主張しているわけですが、これはイマドキの社会学では全否定されていたりするのでしょうか?@kabutoyama_taro
社虫太郎 @kabutoyama_taro
@uncorrelated そうですそうです。物価指数で除した実質賃金で考えるのと同じで、階層じゃなくて「順位」で考えないと、"上昇婚"という概念がたんに経済成長期待とトートロジーになっちゃうんですね、あの本の議論は。山田さんが「やらかしてる」というのはそういう意味です。
uncorrelated @uncorrelated
社会階層は順位で定義すべきと言う御指摘は理解しましたが、山田昌弘氏の女性が父親の学歴・年収以上の相手を求める行為が晩婚化を促進していると言う主張自体についてはどうでしょうか。@kabutoyama_taro
社虫太郎 @kabutoyama_taro
.@uncorrelated まあ貴方が、「山田(1996)は"上昇婚"という言葉を使って晩婚化を説明している」と主張されたいだけなら、それは真か偽かと言えば真でしょうけど、その場合は、貴方の"上昇婚"の概念が山田さんと同じ誤謬を含んでいるということになるだけですね。
社虫太郎 @kabutoyama_taro
.@uncorrelated 別の言い方をすれば、インフレ率10%の時に給料が5%増えたら「おー5%も昇給したぞw」と思うおめでたい人と同じレベルで"上昇婚"という概念をお使いになりたいならどうぞ、ということですかね。
uncorrelated @uncorrelated
私は、山田氏の定義の方がネット界隈の男女の年収で比較する定義よりは適切であろうと言う評価しか下していないので、別に日本における上昇婚をより良く定義した文献を紹介頂ければ、それに準じるのはやぶさかではないです。@kabutoyama_taro
uncorrelated @uncorrelated
ところで、社会階層は順位で定義すべきと言う御主張は理解しましたが、山田昌弘氏の女性が父親の学歴・年収以上の相手を求める行為が晩婚化を促進していると言う主張自体については、イマドキの社会学でも支持されている見解なのでしょうか? @kabutoyama_taro
社虫太郎 @kabutoyama_taro
@uncorrelated それについての私の考えはすでにtwitter.com/kabutoyama_tar…に含まれていると思いますが。 低成長時代にインフレ期待を維持する錯誤が山田さんの言う"上昇婚志向"の正体であり、その錯誤が見える客観的観察者の観点だとそれは同階層婚にすぎない。
uncorrelated @uncorrelated
(訂正再送)父親の学歴・年収以上の相手を求めたと言う部分は正しいものの、それは同階層の結婚相手を追い求めた結果であると言う理解でよろしいですか? @kabutoyama_taro
社虫太郎 @kabutoyama_taro
@uncorrelated いやいや、山田さん自身、それで晩婚化が進んでいるのだと言っているでしょう。「無かった」とは意味不明です。 問題は、貴方がその”上昇婚志向”が客観的には同等婚志向に過ぎないことを理解しておられるかどうかです。理解しておられるならさらなる議論は不要です。
uncorrelated @uncorrelated
@kabutoyama_taro すいません、今の質問は誤読に基づいていたので、訂正再送しました。
社虫太郎 @kabutoyama_taro
@uncorrelated まさにそうです。「父親の学歴・年収以上の相手を求め」るのは単にインフレ期待と同義であり、別に「位階の上昇」を求めているわけではない、という話ですね。(ややこしいのは、山田氏自身、「生まれかわり願望」などと言うあたり、後者と混同しているように見える点で)
社虫太郎 @kabutoyama_taro
.@uncorrelated さらに言えば、ネットで"上昇婚"という語を使う人たちが、故意か無意識かはわかりませんが、ともすれば後者(位階上昇)とごっちゃにしているとしか思えない場合が多いのが、私が繰り返し批判する理由ですね。 貴方がそうでないと仰るならお話は終了です。
社虫太郎 @kabutoyama_taro
@uncorrelated こちらのレスが遅れましたが、知る限り、順位(位階)という観点から"上昇婚"概念を整理し直している人は見たことがありません。なので、私の観点からすると「よくわからない」としか言えないですね。(たんに私が見落としているだけならすみません)
uncorrelated @uncorrelated
なるほど。だいたい御主張は理解できたと思います。ところで、20年ぐらい低成長が続いているわけですが、まだ「インフレ期待」は膨らんでいるとお考えでしょうか。@kabutoyama_taro
uncorrelated @uncorrelated
@kabutoyama_taro ありがとうございます。参考になります。
残りを読む(52)

コメント

長峯明子 @xshochanx 2016年5月26日
┐(´д`)┌ ヤレヤレ
satou haru @satouharu1 2016年5月26日
テーマは面白いのに「相手に伝える能力がゼロ」のキモオタの典型で読む気にならない。
ニコニコ星 @nikonikoboshi 2016年5月26日
でもあながち間違ってもない。要するに、収入のある女性がニートと結婚するかって話。無職の日本人とは絶対結婚しない日本人女性が、無職のフランス人とホイホイ結婚するの何件もオレは見てきた
まるい りん @maruirin 2016年5月26日
上昇婚志向は自分が望んでるというより、自分の親の意見に影響されそう。「この男(女)は親に紹介しづらい」という時点で諦めたり。特に若いうちは。
まるい りん @maruirin 2016年5月26日
私の周りでは、本人が高望みするというより、本人の親(母親が多い)が子供の結婚相手を高望みしてる人が多い気がする。そして本人も親の意見にすごく影響されてるみたいなイメージ。『父親の学歴と収入をベンチマークにして、それ以上が望める場合を上昇婚と見なしている。』はうちの場合は母親だったわ。(無視したけど)
縞工作 @joqufutyqec 2016年5月26日
「上昇婚志向で結婚できない」というと、まるで「結婚したくて仕方が無いのに高望みが原因で結婚できない」ような形になるけど、実際は一部を除いては「今の生活で十分満足で、結婚のような面倒はしたくない」というパターンが多くて そういう人に対して「結婚するとしたらどういう相手を望むか」と聞けば、そりゃ高望みみたいな回答になるってだけの話。要するに別に実現させようとも思ってない回答なんだよね。
Haruna M. @hrnll 2016年5月27日
階層が高い男は、同階層婚もできるし、玉の輿婚も選べるから、低階層でも魅力的な女が高階層の男をかっさらっていくというのが起きて、そうなると、その男と同階層の女は結果として同階層婚はできないよね、だから困ってるんじゃないの、という話がなぜ理解されないのか理解できません
Haruna M. @hrnll 2016年5月27日
この話、同階層婚志向だったらそれでいい、ってわけじゃなくて、同階層婚ってことは、階層の高い女と階層の高い男が結婚する、ということだから、婚姻を通して階層と格差が固定することになるんじゃないかと。それは女の志向と選択とが社会的不平等に加担することになるということで、どのみち問題だと思います
神ヤヤネヒ@Vtuber2018組 @ya_ya_ne_hi 2016年6月14日
現状、低収入男性が婚姻で競り負ける最大の理由は「結婚しても子供作れないから」であるわけでして、そこは女性の選択ではなく、社会の問題です。現状でも、ライフワークバランスの調整しやすい職にある男性、(潜在的に)ケア能力の高い男性は結婚できていたりもする。確率的にマッチングが困難であるにも関わらず、です // 「少子化問題」って論点で見れば、「子供を作れない相手とは結婚しない」って選択は何も間違ってない。女性の配偶者選択方法を責めるのは無意味かと。
神ヤヤネヒ@Vtuber2018組 @ya_ya_ne_hi 2016年6月14日
結局、世帯年収500万を下回る婚姻はどっちにしても貧困の原因になるし、離職のリスクを大きく背負う女性が二の足を踏むのは当然。共働きでも子供を作れるように、社会制度の側を変えていく以外に活路は無い、という結論になるわけです。
神ヤヤネヒ@Vtuber2018組 @ya_ya_ne_hi 2016年6月14日
これによって自由を得るのは、何よりも現状だと配偶者選択で二の足を踏まれる収入帯の男性でしょう。エリートではない男性が家族を持つためにこそ、男女双方の職の柔軟性が確保される必要がある。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする