10周年のSPコンテンツ!
5
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
北尾吉孝日記を更新しました。 『新産業クリエーターを目指す』 - bit.ly/1onFEB2 #投資 #経営者 #SBI #アキュセラ pic.twitter.com/cGJOb1CTeX
拡大
全力2階建 @kabumatome
大株主の中の人が買い煽りに励むなか謎の急落が発生した創薬ベンチャーのアキュセラ・インク「とっても残念な結果になりました」 kabumatome.doorblog.jp/archives/65863…
アルファ化ツイッタラー @watakino
アキュセラの件、ほんとヤバいな。 カッコ内は前日比 5/19 4335(+9.15%) 5/20 5060(+16.19%) 5/23 6060(+19.76%) 5/24 6790(+12.05%) 5/25 一時7700まで上昇も下げに転じ終値は5790(-14.73%)
yoshiji kosaka @lvnkae
アキュセラ、月曜寄らずのS安までは確定として… 5/24(火) 6,790 5/25(水) 5,790 S安(場中張り付き) 5/26(木) 4,790 S安(寄らず) 5/27(金) 4,090 S安(寄らず) ---- 5/30(月) 3,390 S安(寄らず)
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
本日より朝日新聞@asahiで「(けいざい深話)世界で戦う流儀」という記事が4度に亘り連載されます。初回となる今回は「日本人社長、外された」と題された記事が載っています。御興味のある方は是非読んでみてください。bit.ly/1OfCgxa #窪田良 #アキュセラ
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
「目のアルツハイマー病」を治す飲み薬の臨床試験が、欧米で最終段階を迎えている。安全性と有効性が認められて承認されれば、世界初となる。開発したのは02年に米シアトルで誕生したバイオベンチャー「#アキュセラ」:@asahi - bit.ly/1OfCgxa #窪田良
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
さらにリスクを取り、あくまで「多くの患者を救い、世界を変える薬を自らの手で世に出したい」と自社開発にこだわる窪田。(中略)創業者を外したクーデターは、「お金」と「志」という価値の対立が生み出したと周囲から見られた@asahi - bit.ly/1OfCgxa
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
#SBI ホールディングスが #アキュセラ に出資したのは04年9月。社長の北尾吉孝は若い頃に医者をめざしたこともあり医師でもある #窪田良 の会社に興味を持った。「#失明 をなくす薬をつくりたい」という思いにもほれた:@asahi bit.ly/1Trxgxl
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
網膜疾患に対する治療薬開発を目的として、02年に米国シアトルで創業14年2月に #東証マザーズ へ上場した #Acucela Inc.(以下「アキュセラ社」)という会社があります。私どもは此の創薬ベンチャーが未公開の時に投資に踏み切りbit.ly/1onFEB2
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
2番手の大株主でありますが、その投資の決定は #アキュセラ 社の開発しているものの将来性とインパクト、そして我々人類を救うべく大志を抱いている窪田良という人物の #経営者 及び #開発者 としての能力等々を様々見定めた上で行いました。bit.ly/1onFEB2
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
アキュセラが年初来高値、マンチェスター大学と網膜変性疾患の遺伝子治療技術で独占契約 kabukei.jp/posts/5245380
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
#アキュセラ(4589)は世界最大の製薬メーカーになる可能性を秘めているのではないかと思います。小生の長きに亘るベンチャー投資の経験上でも、これほど夢あるベンチャー企業は他に類を見ないようにすら思われますbit.ly/1onFEB2 #窪田良 #網膜色素変性症
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
100種類を超える遺伝子変異に依存しない画期的な技術。一般的な傾向として、希少疾患に対する治療薬は、大規模臨床試験を必要としないため開発から上市までの期間が比較的短いこと、高い薬価がつくことなどが挙げられる。 #アキュセラ #窪田良 twitter.com/zaikei_market/…
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
もう下がる 思うこころの 浅はかさ
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
#国内株式 扱いとなることで、国内投資家に向けた情報発信の媒体が広がり認知度の向上が進むこと、#外国株式 に投資できなかった機関投資家の投資機会が増すことなどから、株主価値の増大につながるものとして期待される。bit.ly/232SNwE #アキュセラ #窪田良
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
ここ数年はメガファーマの眼科専門企業に対するM&Aも目立ってきている。13年にはバリアントがボシュロムを買収、直近ではファイザーがアラガンの買収を試みたといった動きがあった。アキュセラにとっては今後のパートナー契約交渉においてより良い条件で交渉が進む市場環境になってきたと言える。
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
#ラノステロール の研究結果が「#Nature」で発表されて以来、大手製薬企業などが相次いで開発権利取得に動く中で、同社が契約を締結できた要因としては、同社の開発力が最も高く評価されたことが挙げられる。bit.ly/24h9uXR #アキュセラ #窪田良
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
100種類を超える遺伝子変異が確認されているが、その変異に依存しない画期的な治療法となる。同社では同技術により最終的には法定盲(矯正視力0.1未満)とみなされる患者の視機能再生に向けた研究開発も進めていく予定としている。#アキュセラ twitter.com/fisco_jp/statu…
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
ドライ型治療薬として「#エミクススタト」が上市されれば同規模の売上水準が見込めるだけでなく、ウェット型での併用、並びに軽度の加齢黄斑変性患者向けにも対象が広がる可能性があり、将来的に10,000百万ドルを超え眼疾患治療薬の中で最大規模の医薬品に成長する事も考えられる。#アキュセラ
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
#加齢黄斑変性 治療薬の開発企業との比較で見れば明らかとなる。#バイオベンチャー を適切に評価するポイントとして重要なのは、キャッシュが十分である限りは開発ステージにおける収益で評価すべきではないということだ。#アキュセラ #窪田良 twitter.com/fisco_jp/statu…
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
バイオベンチャーの株価は1つの新薬候補が上市するかどうかで大きく変貌するのが特徴である。同社の時価総額はここ最近で上昇してきたとはいえ、まだ「#エミクススタト」の成長を十分織り込んでいないと思われるが、16年6月頃に予定されている臨床第2b/3相臨床試験の #アキュセラ #窪田良
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
トップラインデータの結果次第でその評価も大きく変わってくるものと弊社では見ている。また、新たなパイプラインとして加わった #白内障 治療薬候補となるラノステロール、#網膜色素変性症 に対するオプトジェネティクスに基づく遺伝子療法については、#アキュセラ #窪田良
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
まだ非臨床試験段階であるため #株価 に織り込むには時期尚早と思われる。ただ、潜在的な #市場規模 は対象患者数や市場ニーズから見て、今後開発が順調に進みヒトでのPOCが確認された際には、同社の成長ポテンシャルも一段と高まることが予想される。#アキュセラ #窪田良
北尾吉孝 @yoshitaka_kitao
#エミクススタト塩酸塩」以外にも今年は既に2件の技術導入をした。3月は白内障の薬物療法の確立を目指してラノステロールの開発を開始し、4月には網膜色素変性症に対するオプトジェネティクスに基づく遺伝子療法の開発を開始した。bit.ly/1UgqnPx #アキュセラ
残りを読む(43)

コメント

りょ/RYO-chin @ryo_chinq 2016年5月28日
まぁまだこの人が悪いと決まったわけじゃないけど。ウルフ村田はその都度呟き消してるから残ってないのよね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする