同人印刷会社に社会科見学に行ってきたまとめ

豊橋にある印刷会社「大陽出版」さんの工場へ社会科見学のお誘いを頂き、参加してきました。つぶやきをただまとめただけのものです。
コミケ 印刷 製本 同人誌
216
298🍖 @15_298
大陽出版さんにお邪魔してます。すごいーー!!オペラクリーム大量ーー!!! pic.twitter.com/nLdeePSBYX
 拡大
 拡大
 拡大
298🍖 @15_298
あとこんな風に特殊紙が積んであるんだけど「新星物語だ!!!ファーーー!!!ミランダある!!やだーーー!!!ミランダーーー!!」って紙の包装紙に向かって手を振りまくる女2人。 pic.twitter.com/atEEB333sB
 拡大
298🍖 @15_298
アナログ原稿全自動スキャナー、吸盤で原稿吸うのかわいい pic.twitter.com/U0efUoky7N
298🍖 @15_298
版作り。版はアルミ製で、使用後はリサイクルに出すそうです。 pic.twitter.com/NAbA4qFM11
298🍖 @15_298
大陽出版見学会、本文印刷機。二年前に導入した機械で、細い線も綺麗で乾かす時間ゼロ! pic.twitter.com/39esRc0pyY
298🍖 @15_298
本文折り機。ミシン目を入れて折るまでの工程をここでやります。一つ一つの工程が別の機械で行われているので、面付けしてコピー本作ってた中学生の頃とか思い出す。 pic.twitter.com/q4Vr1xhxWc
298🍖 @15_298
断裁前の本文。ミシン目が入ることで薄くなってる! pic.twitter.com/tSAJiHhPf3
 拡大
 拡大
298🍖 @15_298
大陽「これがカラー印刷機です」 私「ア、アナログ…!!!」 pic.twitter.com/iVmwBcUBiw
 拡大
 拡大
 拡大
298🍖 @15_298
PPだー!!PP様だぞー!!! pic.twitter.com/nY36mzG6p9
 拡大
 拡大
298🍖 @15_298
PP貼るマン動画。速度遅くしてもらってるらしいけど、結構時間かかるのびっくり。 pic.twitter.com/l29vPFv9cL
298🍖 @15_298
製本機。背表紙にのりがついてでできた!出来立ての同人誌は背表紙がホカホカしてる。 pic.twitter.com/icRNtP08Jt
298🍖 @15_298
私「カバー巻の機械ってどれですか?」 大陽「社長の奥さんが食堂でやってます」 私「な、内職…!!!
298🍖 @15_298
大陽「角丸と箔押しも手作業です」 私「まじか……」
298🍖 @15_298
大陽出版さんの見学会でどうしても聞きたかったことを最初遠回しに聞いてたんだけど、途中で面倒になって「すみません大陽さんに入稿すると線が太くなるの何でですか」って本文印刷機のオペレーターの人にダイレクトに聞いてきた(リプ欄に続く) pic.twitter.com/UB1C3mH33s
 拡大
298🍖 @15_298
•インク会社と共同開発した大陽専用のインクを使ってるんだけど、それはベタが綺麗に出るように濃くて柔らかいインク •濃くはっきり見えるのが太って見えるのかもしれない •ただ二年前に機械が変わってるので今は印象が違うかもしれない •心配だったら発注書の備考欄に書いておけばOK!
298🍖 @15_298
あと「なんで太じゃなく大と書いて大陽出版なのか」と聞いたら、「字画がよかったので点取りました!」とのこと。キャラクターがパンダな理由はわからないらしいが、パンダ自体は3代目とのこと。
298🍖 @15_298
なんかこう、機械にデータ入れたらポンっと出てくるような気でいたけど結構いろんな工程が手作業で、わかってるつもりだったけど人が作ってんだな本って…って思った。他の印刷所も見てみたいって思った。大陽出版さんありがとうございました。
298🍖 @15_298
てなわけで、写真画集でお世話になった大陽出版さんの工場見学に行ってきました。写真画集は、見本誌として工場や営業所で見られるそうです。綺麗に刷って下さってありがとうございました! pic.twitter.com/t4nUD1Ji3l
 拡大

ここに書かれていることは、現地で聞いたことを編集し書いています。
厳密には異なるなどあるかもしれないので、気になる方は大陽さんに聞いてみてください。

今回工場見学に呼んでくださった大陽出版様。
お仕事中丁寧にご対応頂き、とても勉強になりました。
貴重な体験ありがとうございました!

大陽出版
http://www.taiyoushuppan.co.jp/doujin/index.php

コメント

TRPGコミケbot @TRPG_comike_bot 2016年5月28日
乾燥時間ゼロの印刷機ってことは、UVインク(大量の紫外線を当てることで瞬時に乾くインク)対応の印刷機ということでしょうか。すごいですね。
亜山 雪 @ayamasets 2016年5月29日
締め切りは守ろうぜ。特急料金は印刷所のみなさんの命を削るんだぜ。
青島みかん@桜の奇跡21参加 @mikanAoshima 2016年5月29日
写真に写っている印刷機はハイデルベルクやん
白海 @umiao_soraawo 2016年5月29日
印刷機はリョービでは? ジゲンはFujifilmっぽいけど
し~たin北陸 @getone 2016年5月29日
超大手のカバー付き新刊って……ガクガクブルブル……
玄米 @genmaicha1000ml 2016年5月29日
て、手作業…。すげえ…。改めて、こういう現場の姿を見ると極道入稿死すべし慈悲は無いって感じしますな
川菜@Nights @kawanapeita 2016年5月29日
ppは秒1.5~2枚が標準だね。 それぐらいなら素人でも30分練習したら動かしながら仕上がりを抜けるようになる。
あるぺ☆ @alpe_terashima 2016年5月29日
大陽印刷(まとめにもあるけど、太陽に非ず)は同人印刷所ではかなりの大手なので、会社によってはもっと小規模な所も多いですよ。それこそ町工場みたいなのもあります。
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2016年5月29日
薄い本はハイテク印刷技術(と手作業)の厚重ねで成り立っているわけですね。
猫本棚 @catshelf 2016年6月1日
スキャナーの動画にほっこりw
ヒロ マサミ @HERO_WOLFDOG 2016年6月11日
どこかと思えば大陽出版さん!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする