Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2016年5月29日

2016年度武満徹作曲賞の感想

審査員:一柳慧
0
権太夫(┰д┰)静例H10ab @gondayu

#武満徹作曲賞 1曲目:パク・ミョンフン『triple sensibilities』 透明感のある単音から始まり徐々に音が厚くなって行く。低音での曇った響きが充満して行くと段々とダイナミックな響きが訪れる。全体にゆったりとした速さ。清らかさと激しさを併せ持った曲。

2016-05-29 15:48:11
権太夫(┰д┰)静例H10ab @gondayu

#武満徹作曲賞 2曲目:茂木宏文『不思議な言葉でお話しましょ!』 絃のキュイキュイと軋むようなひそひそ話から始まる。尖った音響が全体を支配し、大太鼓の轟音が場を引き締める。最後はマラカスか何かのカサカサと響きで消え入るように終わる。全体にスピード感があり若々しさを感じる。

2016-05-29 15:53:17
権太夫(┰д┰)静例H10ab @gondayu

#武満徹作曲賞 3曲目:ミヒャエル・ゼルテンライク『ARCHETYPE』 明確に形を持ったメロディで始まる。その後、現代的な音響の中にも旋律的意思を持った音形が随所に現れる。全体に第一絃楽奏者ソロの扱いが素晴らしい。最後は非常に美しい旋律による音場で幕を閉じる。

2016-05-29 16:53:02
権太夫(┰д┰)静例H10ab @gondayu

#武満徹作曲賞 4曲目:中村ありす『Nacres』 ヴィブラフォンによる開始で音程素材を呈示し、楽曲全体をヴィブラフォンが支配する。随所に印象派的響きが現れ、柔らかな音響に満ちる。最後は絃の掠れるようなフラジョレットの中、弓によるヴィブラフォンで終わる。

2016-05-29 16:55:57
権太夫(┰д┰)静例H10ab @gondayu

#武満徹作曲賞 個人的に好きなのは第3曲目の『ARCHETYPE』。一柳慧『架橋』みたいな始まり方。何はともあれ、やはり音楽とは旋律なんだなあ、と思った。しかし音響推移体としての場面もまたダイナミックで恰好良く、全体を包むアトモスフィアと個的に貫くメロディの両立が素晴らしかった。

2016-05-29 17:04:52

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?