Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2016年6月5日

メモ 抗体の生成について

簡単な メモ書きです ...
0
seki_yo @seki_yo

動物の 体内に 侵入した 悪性の 微生物や ウイルス (抗原) は、最終的に 免疫機構により 排除される。 生産された 抗体 (抗体産生細胞等) は 極めて 短い 寿命のため、抗原が なくなると その 生産が 止まる。ただ 十分な 量の 抗体生成には 若干の 時間が 必要になる。

2016-05-31 00:05:42
seki_yo @seki_yo

特定の ウイルス等に 対する 免疫を、あらかじめ 人為的に 作ることで、 抗体生成にかかる 時間を 短くし、重症とならず 回復させる 作用が、 ワクチン投与の 本来の 目的となる。

2016-05-31 00:11:48
seki_yo @seki_yo

(やっぱり 子宮頸がんワクチンって 特異ですね、こうして 考えると ... )

2016-05-31 00:15:00
seki_yo @seki_yo

[memo] 役に立つ薬の情報 専門薬学「自己と非自己の認識」 kusuri-jouhou.com/immunity/hijik…

2016-06-02 10:41:29
seki_yo @seki_yo

自己抗体は 免疫作用 (分子レベルでの DNA 変換) とは 異なり、動物の 体内で 生成されることはない。 自己抗体の 持続的生成は、すべて 身体外からの 薬剤 (人工化学物質) によって 引き起こされる。

2016-06-02 10:51:23
seki_yo @seki_yo

(池田修一さんたちが 今後、取り組もうとしてることの 一つが、 こうした 分子レベルでの 自己抗体生成の メカニズムですね ... )

2016-06-02 11:04:39

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?