超人気ソ連カルカル超強力メンバーと最強ネタで怒涛の6回目!ソ連カルチャーカルチャー6~共産テクノとソ連戦車とおそロシ庵 #ソ連カルカル

超人気ソ連カルカル超強力メンバーと最強新ネタで怒涛の6回目! 沢山のリクエストに応え大ヒット中『共産テクノ』著者で共産圏電子音楽ガイドの四方宏明ついに登場! そしてなんと昼の『ミリタリーテクノロジー物理学』イベントに続きダブルヘッダー出演で金髪ロン毛天才物理学者で大のソ連マニアの多田将が今回ついについに「ソ連の戦車ネタ」を引っさげて参戦! おそロシ庵の「おそロシアネタ」。四方宏明の「共産テクノネタ」。多田将の「ソ連の戦車ネタ」&MORE!という史上最強のソ連カルカルネタ布陣で開催決定!! 中身やネタの詳細等決まっていき次第どんどんここで更新します!お楽しみに! 続きを読む
イベント ソ連カルカル
13
リンク TOKYO CULTURE CULTURE ソ連カルチャーカルチャー6〜共産テクノとソ連戦車とおそロシ庵! TOKYO CULTURE CULTURE:@nifty ニフティ株式会社運営のイベントハウス「TOKYO CULTURE CULTURE」で行われる「ソ連カルチャーカルチャー6〜共産テクノとソ連戦車とおそロシ庵!」のご案内です。
東京カルチャーカルチャー @tokyoculture2
今夜は【 ソ連カルチャーカルチャー6~共産テクノとソ連戦車とおそロシ庵!】( SOLD OUT!)なんとロシア国営放送の取材入ります!(笑) 最強ネタでおくる赤い夜! #ソ連カルカル tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc… pic.twitter.com/yERVGD5DLD
拡大
makotonov @makotonov
そして夜は #ソ連カルカル 何たる労働者の文化的な休日か! ift.tt/22EmaXD pic.twitter.com/AG0r5eMKVQ
拡大
Городничий@鮭鱒 @moldavia34
流石は一部界隈に大人気イベントじゃ。 #ソ連カルカル
Городничий@鮭鱒 @moldavia34
わいチケット番号70番、なかなか入れない。#ソ連カルカル
Городничий@鮭鱒 @moldavia34
やっぱりハマザキカクさんは居るのな。 #ソ連カルカル
新紀元社 @Shinkigensha
お台場TOKYO CULTURE CULTURE でのイベント「共産テクノとソ連戦車とおそロシ庵!」。 これは楽しみ! #ソ連カルカル pic.twitter.com/g8YiTaobEn
拡大
Dr.Yunk @Junkman2687
ウハー旨い どこか懐かしい感じの味 #ソ連カルカル p.twipple.jp/RP9gp
拡大
Городничий@鮭鱒 @moldavia34
ロシア語専攻ニキほぼいないんじゃないか説。#ソ連カルカル
きたはる @yalubulu
#ソ連カルカル グレープフルーツとオリヴィエサラダ pic.twitter.com/tRUWK8f9k9
拡大
Dr.Yunk @Junkman2687
日本ほど思想の自由が保障されてる国って他にない気がする #ソ連カルカル p.twipple.jp/S6xrc
拡大
かせいじん@冬コミの受付待ち @k_kaseijin
ベーテー5シャツエス売切れはやい。女子共産趣味者強敵!#ソ連カルカル
しまこ @shimako5220
なんだ、こんな世界あるのか。知らなかったなあ。昼は原潜、夜は戦車。#ソ連カルカル pic.twitter.com/WYEO32Weum
拡大
Городничий@鮭鱒 @moldavia34
ロシア語専攻しながら来ない暇な学生は反省して、どうぞ。#ソ連カルカル
しがへい @shigahe
昼飯をほぼ食べなかったから始まる前から既に全開モード。ウハーとビーフストロガノフとウォッカ。美味い! #ソ連カルカル
tut.(つと) @tut_210
#ソ連カルカル やって来ました!ひいいぼっち参加なので変な緊張ががが。お台場なので海が近くてテンション上がります🎵(*^^*) pic.twitter.com/LaR3N7SH7C
拡大
うーにん @0v0Ushi
ウォッカと新メニューのオリヴィエサラダ #ソ連カルカル pic.twitter.com/Srzzho46He
拡大
残りを読む(477)

コメント

jjeioajjfkk @mzpjkgaGKjfva 2016年6月5日
何故だろう?あまりソ連感が感じられない。
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2016年6月5日
これはオルグか、それともサバトか……
今日が終わりの始まりの日 @__blind_side 2016年6月6日
まとめ内にもラトビアのゾディアックの名前が出ていましたが、共産テクノ(ディスコ)とラトビアの関係といえば、1976年10月の段階でラトビアの文科省職員と地域のコムソモールが共同でディスコミュージック、ライトショー、共産主義のプロパガンダを融合した素地的なイベントをリガで開催したという話がありましたね。
今日が終わりの始まりの日 @__blind_side 2016年6月6日
__blind_side  あと、戦車講義の部で冬戦争においてかのフィンランド軍も鹵獲を断念したSMKの話が登場したのかが気になりました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする