10周年のSPコンテンツ!

二刀流が主流にはならなかったのは何故か?

二天一流は何故すたれたのか?という疑問をネタに二刀流剣術についての雑談。 ちなみに明治維新まで二天一流が廃れたことはなく、他の多数の剣術流派と同じく、明治~昭和にかけて後継者を得ることが出来ずに失われていったのが現実です。なお、肥後細川藩に伝わった多数の二天一流分派のうち、山東派と野田派は現在まで伝承され、多くの人に稽古されています。 (旧題:二刀流の剣術はなぜ廃れたのか?そもそも二刀流は廃れたのか?廃れてないのでは?)
武道 武術 日本刀 古武道 剣術 二刀流
71
kurekure_kun @kurekure_kun
なぜ二天一流は廃れたのか。片腕の腕力で骨を断つ膂力が要求されたからです。
トリック☆ファル @azufal
二天一流は詳しく知らんけど、これが理由だとしたら理合も身体操作も残念な流派だったって事になるので違うと思う。 刃筋通したり重さの制御、体捌きは両手持ちより難しいと思うし、その辺習熟した人はあえて二刀やる必要もなく強いやろと思うけど。 twitter.com/kurekure_kun/s…
我乱堂 @SagamiNoriaki
@OokuboTact 二刀流がどうして少ないのかについては、最近の武道クラスタの考察では、歴史的なものと地理的なものが理由じゃないかって話になってましたわ。技法的に難易度が高いとか、実用性が低いとか、そういうのは多分関係ないだろうって。
みんみんぜみ @inuchochin
「二刀流は何故廃れたか?」の答えは 「設問が間違ってる。そもそも二刀専門流派の登場が普通の剣術よりおそく、普及した地域も少ない」 そもそも二刀専門流派が無い地方では廃れようが無く、二刀専門流派があった地方では廃れず維新まで存続してます。なお二刀技法自体は全国各地の流派に存在します

なお二天一流や圓明流などの武蔵の流派は明治以降まで全国各地に残っていました。肥後藩二天一流出身の加納軍次や鶴田三雄、岡崎藩武蔵流出身の三橋鑑一郎、鳥取藩の武蔵圓明流の鈴木卓郎などの著名な剣道家がいます。

みんみんぜみ @inuchochin
江戸で二刀流専門流派の道場がそれなりに流行した記録は宮本武蔵と青木鉄人でしょうが、武蔵は短期間、青木鉄人の道場も青木家が転居したのか、江戸時代中期にはすでに江戸に無かった感じです。 そもそも全国に流派が広がるためには江戸で道場をひらく以外方々は無いと言っても過言ではなく、(続く
みんみんぜみ @inuchochin
江戸時代、日本各地から人が集まったのはやはり江戸で、江戸以外に優れた流派が存在してもゆっくりとしか広まりません。神道無念流の家元は戸ヶ崎家ですが、戸ヶ崎家から道場を譲られた岡田十松、その弟子で江戸で道場を開いた斎藤弥九郎の系統は全国に門人がいましたが、家元の戸ヶ崎家の門人は(続く
みんみんぜみ @inuchochin
戸ヶ崎家の門人は基本的に戸ヶ崎家に近い埼玉から茨城西部に集中していたようです。江戸に出なかった示現流やタイ捨流、加賀の中條流、尾張柳生なども維新まで開祖、家元がいた地方を中心に伝承されてます。
みんみんぜみ @inuchochin
話は戻って二刀流を表看板とする流派は記録に残る限り、宮本無二の当理流(無双流)、宮本武蔵の円明流や二天一流、青木鉄人の流派やその分流、あとは疋田豊五郎の首座流くらいです。 この中で江戸で教えたのは武蔵(ごく短期)と青木家(江戸初期)で、当然全国に伝わったのは青木家の二刀流のみです
みんみんぜみ @inuchochin
ところが江戸にあったと思われる青木家の道場や弟子の記録は江戸初期のみで、江戸中期以降は各地に広まった青木家の武術がそのまま維新まで伝わった記録はあっても、江戸で新たに青木家で学んで地方に伝わった記録や江戸で青木家が道場を開いていた記録も見かけません。続く
みんみんぜみ @inuchochin
時代は江戸後期になりますが、似たような例として一刀流の中西道場があります。江戸後期に全国各地に広まった小野派一刀流はほとんど中西道場で学ばれたものですが、幕末にはいきなり全く中西道場の記録がなくなります。どうもその頃に中西家が江戸からいなくなったようです。
みんみんぜみ @inuchochin
江戸詰の藩士が帰国して江戸の道場を閉める例や、庶民出身の武芸者が地元に帰り江戸の道場を閉める例は多数あります。だれかが江戸の道場を引き継がないと繁盛した流派もいきなり記録がなくなったりするわけです。当然、それ以降新たに江戸から他の地方に広まることもなくなります(続く
みんみんぜみ @inuchochin
流派が優れてる、というのは道場が評判になる理由にはなっても、江戸に道場が無ければ地域で広まるだけです。二刀専門流派、二天一流や鉄人流は伝わった地方では維新まで伝わってるので優秀な流派だったのだと思いますが、示現流やタイ捨流と同じく江戸に拠点がなく地方流派に終わったのだと思います
江戸時代末に二刀流で全国武者修行をした牟田文之助について
三増 紋右衛門(夏休みの御依頼お待ちしております! @mon_emon
二刀流の実在に関心があるなら、鉄人流(二刀流派)免許皆伝の若者の武者修行ノンフィクションである、永井義男先生の【剣術修行の旅日記】は必読。 若い剣士同士のキャッキャウフフもあるので #とうらぶ 創作勢の資料にもなるで。 #刀剣乱舞 pic.twitter.com/IgesOSGO9T
拡大
拡大
我乱堂 @SagamiNoriaki
この鉄人流の牟田文之助って人、多分、バケツさんみたいな人だったと思うなw腕が立つけど基本、フレンドリーで、試合で勝つことも大切だけど、どんだけ気持ちよく試合できるかが大切かって感じの。
三増 紋右衛門(夏休みの御依頼お待ちしております! @mon_emon
永井義男先生の文章も巧みで、専門的な話なのに読み易いんですよね。 「漫画しか読まない!」 て言う方は流石にキツイかも知れませんが、 「ラノベは読むよ」 って方なら全然OKなので、ぜひ手に取っていただきたい一冊ですφ(・v・※)。 twitter.com/sagaminoriaki/…
江戸時代後期の試合剣術から明治の撃剣までの二刀流
福冨諭 /(' - ' ;)\ @fuktommy
.@inuchochin 二刀専門流派でなくても、二刀の型が含まれてるということだと思うので、それをヒントに打ち合い稽古で二刀を使う人が結構いたのか、打ち合い稽古は一刀対一刀でしょ的な(暗黙の)ルールが既にあったのか、その辺りが気になりまして。
みんみんぜみ @inuchochin
@fuktommy 幕末明治だと高橋筅次郎の田宮神剣流や奥村二刀流、あとは牟田の鉄人流なんかが有名ですが筅次郎も牟田も明治初期に亡くなったり武道から離れてますし。各地の流派も地方によっては明治二十年前後に十年くらい活動停止してる例もあり、それぞれの事例を調べてみないと不明なのでは
我乱堂 @SagamiNoriaki
@inuchochin @fuktommy 牟田文之助の日記には、時中流の人との交流とかについて言及がありませんでしたか。尾張円明流には竹刀での試合を盛んにしてた記録があった、ような…?記憶違いかな。
みんみんぜみ @inuchochin
@SagamiNoriaki @fuktommy 尾張の円明流の最後の人はたしか昭和になってから亡くなってた記憶が。息子さんか孫がまだお元気で部道具店やってるんですよね。二刀の竹刀が遺品にあって大も普通の竹刀よりかなり短めです
みんみんぜみ @inuchochin
@fuktommy 小太刀や抜刀術で剣術と試合する人が少ないのと同じ理由では?互角稽古から試合剣術が生まれたわけで、試合剣術が一刀対一刀なのは納得できます。二刀に限らず小太刀対一刀や薙刀、棒、槍対一刀などは流儀にあっても一刀対一刀より記録が少ない印象です。やはり公平感でしょうか
ちていのき @baritsu
>RT だからこれが江戸期の実用性なんだろうと思う。乱戦はおろか真剣の立合いも一生経験しないような時代になると実用性の意味(存在意義)が変わるわけでそこで二刀は選択され辛くなる。地方なんかで早くに根付いたのは別にして広がりは発生しないと
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou
@baritsu 「江戸期の実用性」というのは状況が理解しやすい区切りですね。
残りを読む(1)

コメント

seidou_system @seidou_system 2016年6月6日
日本で一番強い二刀流の達人の一番有名な逸話が「相手の武器より長い武器で殴る」だったのがまずいんじゃねえかな。
nekosencho @Neko_Sencho 2016年6月6日
きっちり検証したわけじゃないんだが、桜田門外の変で二刀流をつかったという人が複数いたという話もあるので、それなりに普及してたんじゃないの?
nekosencho @Neko_Sencho 2016年6月6日
あと、剣ではないんだけど、二丁拳銃なんてのも西部劇では両手で打つけど、実際は弾丸の詰め替えの手間省くために二丁もってるだけで撃つのは片手ってのがほとんどだって話もあるように、道具を二つ同時に操作するのがそもそも面倒ってのが、片手で骨まで斬らなきゃなんてのよりも普及の障害な気はするよ、外国じゃ片手剣も多いんだしさ
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年6月6日
seidou_system 巌流島の決闘でのそれ、後世に作られたもので、原テキストの小倉碑文には武蔵は木戟を使ったとしか書いてないです。しかも小倉碑文は武蔵を二刀兵法の開祖として顕彰しているので、素直に読めばその木戟も二刀であったと読むのが自然ですね。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年6月6日
二刀含むまで含めたら、かなりの流派には二刀があるんじゃないかな。まあ一寸切り込めば人は死ぬので、骨まで断つ必要はない。
Kongo @kongo_kirishima 2016年6月6日
江戸にメジャーな道場がなかったから、というのは一理あるけど、たとえば田舎剣術に過ぎない示現流が幕末でも薩摩藩では隆盛で、現代でも有名な理由にはならないような。肥後藩でも二天一流は江戸期通じて流行ってたのでは? なんとなく、廃れたというのは幕末の逸話や小説に基づくイメージに過ぎない気がする 。
Kongo @kongo_kirishima 2016年6月6日
宮部鼎蔵が二天一流の免許皆伝で池田屋では二刀を振るって奮戦したとか、細川勢が戊辰戦争で薩摩勢と肩を並べて示現流と二天一流の優劣を競うかのように戦ったとか、そういう仮想戦記的な逸話があったら、廃れたって認識にはならなかったんじゃ。
seidou_system @seidou_system 2016年6月6日
SagamiNoriaki 史実はどうあれ出回ってる話がアレなのが問題なんじゃないか?
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年6月6日
kongo_kirishima 廃れたって言われてるけど別に廃れてないよ、というのがこのまとめの主旨ですわ。ちなみに示現流は関東の笠間なんかにも伝播しています。現代において二刀流が廃れた云々はだいたい司馬遼太郎先生のせいだと思っていいんですが、本朝武芸小伝にも武蔵が二刀で戦ったって話はないじゃん、ということをいう人もいる、とか書かれているので、昔から少数派で疑問視はされてたんでしょうねー。
みんみんぜみ @inuchochin 2016年6月6日
kongo_kirishima 廃れた、という認識がある理由はおっしゃる通り小説などの影響でしょうね。今回のまとめには書いてませんがおっしゃる通り肥後では二天一流は維新まで盛んでした。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年6月6日
イメージの話だと時代劇で二刀流というと宮本武蔵以外だと忠臣蔵の清水一学とか長七郎江戸日記の松平長七郎長頼(里見浩太朗)とか思い浮かぶ。主役でなくても名有りキャラがキャラ付けに二刀流はあっても、切られ役が(一人二人混ざってるでなく)全員二刀流でわーっと来る絵面は流石に自然とは思い浮かばない。(そして岸田メル氏のアレはこのまとめとは完全に関係ないのに思い浮かんでしまった)
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年6月6日
seidou_system おっと。こちらでの返信でしたか。読み違えてた。世間に出回っている話は江戸中期とか後期に書かれた武公伝とか二天記のがベースで、それを吉川英治が小説にして世間に広まったものですね。まあ上でも書きましたが、江戸時代も18世紀の頭くらには武蔵本当に二刀で戦ったのー?って疑問を呈する人たちはいたので、昔から言われていることではあったんでしょう。だからまあ、地道にこういう話がなんどもされてたりするわけですが。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年6月6日
あ、まとめで出てる二刀専門流派があった地方を舞台にした時代劇が出来たらそんな絵面になるのか!?今、斬って斬って斬りまくるみたいな時代劇ほぼ無いけど。
Sの人 @siellc 2016年6月6日
筋肉が足りない
もるだでぃ(・灬・ )ノ @morudaddy 2016年6月6日
φ( ̄ー ̄ ) ふむふむ「剣術修行の旅日」ね。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年6月6日
多分、そろそろ中身読んでない人がタイトルを誤読して「二刀流はなんで廃れたのか」みたいなのを論じだすだろうなあとか思ってたら実際そうなってた。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年6月6日
morudaddy 幕末当時の剣術事情の一端が知れる本ですわ。ただ、書かれてない地方なんかについては、グラデーションはあるだろうとも言われてますけど。
もるだでぃ(・灬・ )ノ @morudaddy 2016年6月6日
SagamiNoriaki ありがとうございます、kindle版ポチりました( ̄▽ ̄)
Ukat.U @t_UJ 2016年6月6日
Neko_Sencho 河西忠佐衛門と永田太郎兵衛ですね。二刀流は九州が多いように思いますけれど、彦根のは何流ですかね?
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2016年6月6日
香取神道流では二刀流あるし、二刀流対策もあるよ。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年6月6日
t_UJ 以前に調べましたけど、その時は解りませんでした。二刀技法そのものは全国的にあるといえばあるので、もしかしたら一刀で有名な流派だったのかもです。
むーちゃ@めんどくさいオッサン @mucha610610 2016年6月6日
道場で二刀流やってる警官さんがいたけど、見て思ったのは「あ、これ雑魚をボコるのには最適なやつだ」でした。
うさきち@アニキじゃねーよ! @aliceblue555 2016年6月6日
まぁ普通の人にそこまで剣術を追求できる人はは中々いないでしょうね。警察官か自衛官か。そういった人たちに需要があるくらいで主流にはなりえないし。あとはまぁ警備員?あと剣戟をたくさんやる演劇の人とか? ちょっとハードルが高すぎる気がする。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年6月7日
aliceblue555 現代剣道で二刀流があまり流行ってないのは、実質二刀不利な判定になるからですよ。過去にあんまり広範囲に広がらなかったのは、江戸発の流派でないと人材の流動性がなかったからだろうってのがこのまとめの話しですわ
kartis56 @kartis56 2016年6月7日
映画とかの中国武術方面だと片手武器両手に持つの結構ありますね。盾二枚持って殴るのまである
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年6月9日
「日本のアニメではどうして剣を両手で持つの?」みたいな記事が中国オタク事情系ので見た記憶がありますね。双手刀とか双手剣とか、両手持ち技法もあるんですけど。比較的少数派に入るみたいで。 kartis56
へんなもの @hen_na_mono 2016年6月10日
実際左右の手で別々の動作をするって難しいからなぁ ダンスみたいに型が決まってりゃいいが常々変化し続けないといけないし ただし攻撃力としてはえらく高いよね 実質2回攻撃だしどこかに当たれば普通はひるむし
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年6月11日
hen_na_mono いやまあ、空手とか拳法とかボクシングとか、短棒術とか二丁鎌とか…両手別々に動かす武術は普通ですし。むしろ両手持ち剣の方が難易度高いんじゃね?という意見もあります。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年6月11日
というか、このまとめは、別に廃れてなくね?というまとめなんだよな…。
鬼山剣一/ONIKEN@物書き垢 @ken1kiyama 2016年7月26日
まとめのタイトルが悪いんじゃね?
てつまよしとう∃xist @godspeedtetsuma 2017年4月6日
まとめを読んだ印象ではタイトルは、二刀流が主流にはならなかったのは何故か?の方が相応しい気がしますね(^-^;
muramasa007 @muramasa0071 2017年5月28日
両手に武器を持つというのは異端だとしても、利き手に武器。もう一方の手は盾を持つ、という形式ならば世界的に普通の装備ですね。機動隊も利き手に警棒でジェラルミンの盾でしょう。盾で殴る、盾で押し込む、盾で突くのとかはガンダムやグフに限らず普通にやることですしね。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年5月29日
muramasa0071 このまとめの後で見つけたのですが、日本でも法然上人絵伝に両手持ちの侍と、片手太刀、片手に木の盾の侍が入り混じったカチコミの絵が入ってましたわ。
みんみんぜみ @inuchochin 2017年6月4日
godspeedtetsuma たしかにそうですね。もうだいぶ時間がたったので題名変えてみました。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年10月25日
Ragi_Mari 西洋剣術の剣盾を見学したけども、盾で殴る技法もあるみたいですよ。
murodu @murodumi10 2018年6月16日
機動隊最強の武器、それがジュラルミンシールド。
しもべ @14Silicon 2018年7月3日
まず獲物が二本必要で高そう
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする