伊藤隼也氏の「うつをなおしたければ医者を疑え!」の誤りを出版社が認めた

伊藤隼也氏の著作にある「医師の大量処方が覚せい剤中毒死の約25倍の死者を出している」という記載について、出版元の小学館が誤りであると認めました。この本の内容を論拠としていた人たちもいましたが、訂正が必要です。そのまとまった情報がでましたので、まとめてみました。
医療 健康
197

以前からこの本の記載は間違いである、と指摘する意見もありましたが、著者の伊藤隼也さんは、素直に訂正事項を聞き入れ、適切な情報の発信に協力される・・・どころか、その意見を黙殺する・・・どころか指摘した人を揶揄・罵倒するという反応でした。その経緯と、どの点がおかしいかを説明したtogetterまとめもあります。http://togetter.com/li/981140

Tetra Station @TetStation
伊藤隼也氏の著書「うつを治したければ医者を疑え!」について私が医学デマを訂正せよと指摘しているtwitter.com/tetstation/sta…にも拘らず、著者の伊藤氏は黙殺するばかりか逆に訴えると言い出しました。この件について進展があったと確かな筋から報告を受けました。以下連ツイ。
Tetra Station @TetStation
DMにて受けた報告は以下です。 要約しますと、発行元の小学館が、本書の章タイトルにみられるデマを認め、重版の際には訂正すると述べた、ということです。 以下、連ツイにてDMの内容をそのまま公表します。

以下、とある方による情報のまとめです。

Tetra Station @TetStation
TetraStationさん、突然のDM失礼します。 以前にツイッター上で会話したことがあります。覚えているでしょうか。以下の件に関してツイートをいつも読んでいます。お願いがあります。
Tetra Station @TetStation
「うつを治したければ医者を疑え!」(伊藤隼也著、小学館)の2章「医師の大量処方が覚せい剤中毒死の約25倍の死者を出している」に関して、Twitter上での会話やTogetterなどを読みました。東京都監察医務院のデータベース上の数字も確認しました。問題の本も買って読みました。
Tetra Station @TetStation
多くの人たちが指摘するように「約25倍の死者を出している」という表現は間違っていると確信しました。上田令子都議のブログも間違っていると思います。 そこで5月末に小学館のホームページ(お問合せ)よりこの間違いについて問い合わせを行いました。
Tetra Station @TetStation
メッセージを送信しましたが確認のメールが届きません。1日待っても音沙汰がない。せめて問い合わせが届いたことを知らせて欲しいとホームページから私の電話番号も書き添えて改めて送信しました。それでも返事がないので、問い合わせのページに書いてあった電話番号に携帯電話から電話を掛けました。
Tetra Station @TetStation
最終的に女性セブンの編集部の番号を教えられました。 担当者が不在だったので折り返しの連絡を待ちました。やっと女性セブンではなく週刊ポスト編集部の編集者より携帯電話に電話が掛かってきました。でも1度目の電話は勤務時間中だったので出られませんでした。
Tetra Station @TetStation
留守番電話にメッセージは残っていませんでした。同じ日の夕方の二度目の電話は出れました。ちなみに編集者(男性)は名乗りませんでした。 私からの問い合わせのメールの内容は読んだと言います。指摘の通り、2章のタイトルは誤りであると編集者は認めました。
Tetra Station @TetStation
ただし、このタイトルは編集部が付けたもので著者の責任では無く、編集部に責任があると言います。既に書店に出ている書籍を回収するつもりはなく、重版する際には著者に確認を取った上で修正するとのこと。 しかし2章のタイトルだけでなく、本文中にも「約25倍」という表現があると指摘しました。
Tetra Station @TetStation
本文中では「死者」と書いていないから問題ないと編集者は言いました。でも数字は「検体の数」であって死因でも何でも無い数字の比率にどんな意味があるのか、
Tetra Station @TetStation
向精神薬を服用する方25名に対して覚せい剤等の使用者が1名という比率(間違いだけれど)からは”意外に覚せい剤は身近なものだ”という印象を与えるのでは?と質問しました。
Tetra Station @TetStation
「そのように考える人は少ない。向精神薬を服用して亡くなる方は覚せい剤等を利用して亡くなる方の25倍も多いと考えるのが普通だ」という趣旨の回答でした。それではタイトルと同じ解釈ではないですか、と伝えました。認めない。
Tetra Station @TetStation
加えて、この件に関して東京都監察医務院の福永院長はご存知なので、著書本文の表現が適切か院長に確認することを勧めましたが、このアドバイスを境に編集者の態度が硬化し始めたので話を止めました。
Tetra Station @TetStation
匿名を希望する者から2章の「約25倍の死者」が間違いではないかという問い合わせが小学館にあったことを編集者から伊藤氏には伝えてあると言っていました。文書による回答は得られませんでした。編集者は名乗っていません。私の言葉を信じて貰うしかありませんが、編集者は間違いを認めました。
Tetra Station @TetStation
伊藤氏も2章のタイトルの間違いは認めるべきです。本文も正しいと主張するならば反論して欲しい。間違いを認めなかったり、十分な反論ができずに法的な措置等を仄めかすようであれば、編集者ではなく編集長に対して文書での回答を改めて請求するつもりですが、編集部はそれを望まないでしょう。
Tetra Station @TetStation
私もそこまでしたいなんて思っていません。伊藤さん、自主的に間違いを認めて下さい。本を回収しろとは言いません。間違いを認めることと、もし重版するならば2章を訂正するか削除することを公言して下さい。伊藤さんのツイートを私は読むことができます。
Tetra Station @TetStation
伊藤氏は、無責任な匿名の者の発言には価値が無いと言いますが、同時に法的な対応も口にします。本名でこの事実を公にした場合の伊藤氏の反応が怖いので、このメッセージの発信を他者に託さなくてはなりませんでした。お手数を掛けますが御協力お願いします。
Tetra Station @TetStation
小学館の人たちには本名を伝えてありますが、匿名で扱うようにきつくお願いしました。この発言の責任はTetraStationさんにはありません.私にあります。

ここまで

Tetra Station @TetStation
小学館は著者の伊藤隼也氏を庇おうという姿勢を見せている。しかし責任が著者の伊藤隼也氏にあることは明らかで、誤りを指摘された責任者たる著者が速やかに対応すればデマの拡散も最小限にできたはずだ。 そのような努力もせず、あろうことか指摘した者を「品性下劣、訴えるぞ」と罵倒する始末。
Tetra Station @TetStation
これは大変大きな進展である。 あの小学館が、伊藤隼也氏の著書の発行元として、デマをアッサリと認めたというのだから。重版では訂正する約束までしている。 伊藤氏にも伝えてあるという。彼のコメントを待ちたい。 さてこの伊藤隼也氏に指導を仰いでいる上田令子都議の対応は変わるだろうか。

コメント

北斗柄@生涯六壬者.多分 @hokutohei 2016年6月7日
知人の著作への盗作騒ぎに係わった経験からすると、重版でなんとかします、というのは今の時点では何もする気はありません、だと思う。
Ess_Sci @Essence_sci 2016年6月7日
重版時にでも訂正してくれるのなら、少しでもより正確な情報の伝達に繋がるので評価したいところです。もちろん、医療情報は人の生命に直接かかわるものであり、対応が早いにこしたことはありません。伊藤さんも素直にツイッター上などで訂正してくれれば、誤った情報の拡散を防げて、医療関係者からの評価もあがるのに、勿体ないところです。
うちゅぎひのえ @uchugi 2016年6月7日
重版で訂正します=今のとこ重版の予定ないから放置しまーす だいたいこう
nekosencho @Neko_Sencho 2016年6月7日
言論の自由は確かに大事だけど、科学的医学的なことで事実として出すならそれなりの裏づけは必要だよね
重-オモ- @__oMo__ 2016年6月7日
重版がかかるまでは間違いが広がり続け、重版がかからなければ訂正される機会はないままか…。
infogain_bot @infogain_bot 2016年6月7日
医療関連本で刺激的なタイトルがついてるものって、たいてい眉唾ものだと思ってる 事実を都合よくつまみ食いして変な結論に持っていくものだったりとか
わい(ry @waidottowai 2016年6月7日
まーた詐欺本けぇ…反吐が出るわ
HANATARAY @hanataray 2016年6月7日
この手の医療陰謀論で間接的に被害受けた方々って、関係者も含めると実は相当多いと思うんだが。言論の自由とか別次元でなんとかしてほしいでござる
モトケン @motoken_tw 2016年6月7日
小学館の対応は、あんまり信用できないな。
アザラシ@デグーのこてつ @AzaraSeals 2016年6月7日
某学園艦教育局「口約束は約束ではないですから」 小学館「ですよねー」
水牛・sui @suigyu703 2016年6月7日
鼻血デマでお馴染みの小学館かあ…「重版では改正」も信用できないなあ…
深井龍一郎 @rfukai 2016年6月7日
この手の本でモノアミン仮説より説得力のある言説に出会ったことがないからな。「相対性理論は間違ってる」的なのばっかり。
撃壌◆ @gekijounouTa 2016年6月7日
えっ!?こんな本重版されるの?(偏見)
子ぬこ @konukopet 2016年6月7日
物足りなく感じてる人もいるだろうけど、こういう小さなことを積み重ねることで伊藤氏の本を出そうとする人がいなくなってくるんじゃないかな? トラブルを嫌がる体質が出版社にはあるから
io302 @io302 2016年6月7日
この一歩は小さな一歩だが、人類全体としては大きな一歩である
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2016年6月7日
文書回答みたいのは貰えないのかな。(今後、出版社の根拠書面になるので。)
Nishikawa Yukinari @yukin_nishikawa 2016年6月7日
小学館を見たら死神と思え.
やらかど@やらか堂 @yarakado 2016年6月7日
そもそも重版されないから売り逃げするつもりじゃないのかぬ
ナスカ-U-島流し-117|【C96】1日目(金)南“フ”-08a @Chiether 2016年6月7日
ポジティブに考えれば「重版決定を機とした爆発的拡散力はない」ということなんだが。 もはやそのポジティブシンキングもできないほど状況はネガティブってことですな。
刑事長/理事長 @DekatyouNy 2016年6月7日
Essence_sci でも初版本は世に残るから、デマ元は未来永劫(国会図書館にも献本されるしね)残る。回収して絶版にしない、限りはただの空手形ですよ…(この手の本で二版とかはまずいかない=訂正されない)
銀子☆5さい @ginco_silver 2016年6月7日
本を手に取った人は大手出版社が出してるんだから信用できると思ったとか言うんだけど、当の出版社は原稿の内容や精度もノーチェックでザル。いつまでもデマを信じる人はあとを絶たず平行線だよね
とら@AHC @TIG0906 2016年6月7日
高須帝国の時とはずいぶん対応が違うでやんすねぇ…
すえぞ @bbr_suezo 2016年6月7日
イングラムの作中、特車二課の後藤隊長が「正義の味方は苦労するのさ」と言ったのは名言でしたがが当てはまる人がいたわ。
細川啓%求職中断 @hosokattawa 2016年6月7日
2016-06-06 17:59:17のツイートが2016-06-06 17:59:57の後になっているのは修正してほしい。
細川啓%求職中断 @hosokattawa 2016年6月7日
出版社に直接指摘するのは大切。
NTB006 @NTB006 2016年6月7日
治すには、治すならなどは全部厚生労働省の許可制にするべきじゃないかな。薬事法的な縛りで
Hira@ビール好きの怪しいオヤヂ @hhhira 2016年6月7日
まいどまいど言ってるが、「出版」の闇は深い。
南極の五斗米道改二@ショートランド @sansenhk 2016年6月7日
伊藤隼也の『うつをなおしたければ医者を疑え!』を読んだら、「医師の大量処方が覚せい剤中毒死の約25倍の死者を出している」だって。速やかに回収し内容修正せよ。それとも何かの利権か?
四条あき @Aki_Shijou 2016年6月7日
うつをなおしたければ伊藤隼也を疑え
乙カレー @unknownOtsu 2016年6月7日
伊藤隼也は「プロの嘘吐き」だからなぁ~w
怒らない白井(仮想犬は除く) @tatsuvar 2016年6月7日
匿名の方が問題とした「約25倍の死者」がどのような間違いであるのかを以下のまとめで解説しています.多くの方々が関わる遠大な話の一つの大きな成果であることをご理解いただけると思います. http://togetter.com/li/981140 こちらのまとめへのリンクをまとめ本体に追加して頂けないでしょうか.
池田鬼神丸國重 @VeryBariBari 2016年6月7日
編集者が無能なんだからサンデーだけ売ってろよ。
怒らない白井(仮想犬は除く) @tatsuvar 2016年6月7日
2015.4.11の初版を持っています.少なくとも2015年の7月の段階で同書と同じロジックに基づいて公開された上田都議のブログに対する批判が始まっています.@TetStationさんは出版前後からこの書籍の問題を指摘し続けています.小学館にも問い合わせを行ったそうですが,匿名の方同様にメール受信の確認すらなく無視されたそうです.早期に問題点を指摘する声に耳を傾け,誤りを認めて回収を行えば黒歴史化することはなかったでしょう.
怒らない白井(仮想犬は除く) @tatsuvar 2016年6月7日
無視する判断は編集者と著者が行ったことでしょう.この問題は小学館の上層部は把握していないでしょう.適切な処置を期待したいところです.少なくとも伊藤さんは何らかのコメントを出すべきだと思いますよ.この場でも良いですし,ご自身のサイト上でも良いでしょう.間違っても,匿名者を特定したり,批判する人たちの職場に圧力を掛けたり,第三者を扇動するような真似はしないで欲しい.確実に大炎上しますよ.
まりにゃん(ねこにん)/月南ム44B @marinyan 2016年6月7日
なんだサイエントロジー関係者か。 すげぇ納得した。
kjwhy @kjwhy 2016年6月7日
粗雑な思考回路の乱反射みたいな著作を出版する小学館という出版社には今後ももいろいろ期待できるな。
neologcutter @neologcut_er 2016年6月7日
デタラメ #反原発 の雁屋哲が幅を利かす小学館だもの、似た者のイトシュンが許されて、それにそぐわない高須先生が許されないのは当然。
どらご @doragomilof 2016年6月9日
ジャーナリストはデータの読み間違いをしても自分のジャーナリストとしての才能の欠落を証明し、それを訂正しない出版社は信用を失っていくだけ。政治家は指摘されたらアクションすべき。権力を持っている人がデータの読み間違いをしたままアクションを起こす、というのは許されないから。
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2016年6月9日
小学館ってガッシュの作者とアレした出版社だっけ。
Ess_Sci @Essence_sci 2016年6月10日
Hosokattawaさん、ご指摘ありがとうございます。修正しました。 Tatsuvarさん、情報ありがとうございます。冒頭に簡単な経緯と、まとめへのリンクを載せました。
統一教会の星 @cpw73XfxIvDa3X 2016年6月12日
医学、科学はデマだらけでしょ。たいてい、10-20年経つと常識がひっくり返っている。御用学者やその時代、時代の権威の言葉を信じるほうが頭おかしい。
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2016年6月12日
白井さんが書いてるように上田令子もなんとかならんかな。http://togetter.com/li/965223 上田の政策たかぎあきなりがすごい。https://twitter.com/akinari1975/status/741041621160988672 説明されても、エビデンスないです、で伊藤本小学館が認めると、白井さんのエビデンスになるかという問いになるでしょうねといい
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2016年6月12日
計算が伊藤とおなじくまちがってるのにデマいってるやつがクズとかに反応すんなとかいっててどうしたらいいんだかw挙句この後、たかぎのツイッター見たらわかるけど 感情の劣化だの誹謗中傷だのtetraさんに暴言吐きまくり。 これがただの計算間違いの指摘 へのリアクションっていうのがすごいす。
もるー @quo_vadis0331 2016年6月13日
著者はどう反応するのかな?都合悪いことはまた無視するんでしょうけど
長峯明子 @xshochanx 2016年7月4日
困った人ですね(怒)
長峯明子 @xshochanx 2016年7月4日
こちらの解説も非常にわかり易いかと。 →トンデモ系「医療ジャーナリスト伊藤隼也」さん、ここも間違っていますよ!! http://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=18801
さとみ @satorni 2016年7月5日
どこかで見たお名前と思ったらお久しぶりです獺祭原価厨伊藤隼也センセイ http://togetter.com/li/762531
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする