10周年のSPコンテンツ!

アメリカにおける、戦後日本に対するGHQによる「再教育」の論考

ちょい気になったお話として。 もしかしたら、こういう議論に対して有効な反論は既になされてるのかも知れないと思うけど、そういう議論についてご存知の方がいればご教示願いたく、とも。
戦後 GHQ 現代史 歴史 日本史 教育
5
kazutomi @kazutomi
歴史と言えば、久しぶりにWGIPについて調べてて、知らなかったことを2つほど知ったので書いとこう
kazutomi @kazutomi
ウィキペディアにも載ってるから、もう一般的な名称になったみたい。ウォー・ギルト・インフォーメション・プログラム。説明が偏向しているとは思うが:ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6…
kazutomi @kazutomi
簡単に言うと、終戦直後にGHQによって日本人全体に施された再教育プログラム。私はこれ、日本人にとってすごく重要な話だと思ってる。
kazutomi @kazutomi
そのことの是非ではなく、アメリカが善だったか悪だったかでもなく、我々日本人自身が、自らの思考様式を客観視しようとするなら、これについて知らなければならない。そのくらいのもの。
kazutomi @kazutomi
私の興味はそこにある。大事なのは、そういうプログラムがあったのか、その内容はどんなものであったのか、それがどうその後のそして現在の日本人に影響を与えてるのか。
kazutomi @kazutomi
逆に言うと、どうでもいいのは、その計画の正式名称が「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」だったかどうかとか、その計画の(及ぼした影響でなく)目的がそもそも何だったのかとか。
kazutomi @kazutomi
仮にその計画が「war guilt information program」という正式名称でなかったとしても、日本人が、GHQによって計画的に、結果として戦争犯罪の意識を植え付けられたとしたら、日本人側からそう呼んだっていい。
kazutomi @kazutomi
その再教育プログラムは、プロパガンダと検閲によるものだ、ということになってる。特定の思想の方向性を与えるために、そういう情報を与え、反する情報は遮断する。もしそんなことがあったら、これは洗脳ってことになる。
kazutomi @kazutomi
まあ教育だってある種の洗脳と言えなくないけど、自然な学習と、望ましくない洗脳って違うはず。
kazutomi @kazutomi
大きな違いは、私が思うに、自然な学習は一貫した世界観を徐々に獲得させるけど、洗脳では、注入される思想の世界観が現実世界と異なっているなら、現実との矛盾がいつかは起きて、そのときに現実のほうを拒絶するだろう、ということ。
kazutomi @kazutomi
で、現実との矛盾、あるいはその思想の内部矛盾かも知れないけど、そういうのが起きたときに、自分の思考様式が客観視できないなら、洗脳に気づくことはできない。てかまあ、洗脳されてる時点で難しいんだけど……
kazutomi @kazutomi
うまい(というか普通の)洗脳だと、外部との矛盾があったら外部を否定せよ、というのも洗脳の中に入ってるよね。認知的不協和をそっちの方向に解決せよと。その方が心理的負担が少ないから。
kazutomi @kazutomi
(この時点で、どうして戦後史観派がWGIPを否定*したい*かが分かるような気もするけど、それはおいといて)
kazutomi @kazutomi
いや、もちろんいわゆるWGIPが存在したとして、の話。基本的には私、これまで江藤淳の「閉された言語空間」と、それを引いてる記事でしか見てなかった。あったと考えれば私にとっては一貫した世界になるので、あっただろうとは思ってた。

kazutomi @kazutomi
ひとつは、Marlene J. Mayo という研究者が、日本の戦後の検閲に関して、いくつも論文を書いてるみたい。ひとつ読んだ。"Literary Reorientation in Occupied Japan: Incidents of Civil Censorship"
kazutomi @kazutomi
Legacies and Ambiguities: Postwar Fiction and Culture in West Germany and Japan という会議録に収録されている。1988年にアメリカで開催された学会。
kazutomi @kazutomi
Mayo女史は University of Maryland の先生、今の肩書は Associate Professor Emerita なので、退職して大学で研究を続けているってことだろうな
kazutomi @kazutomi
では本題。昨日の続き。Mayoの論文の冒頭にはこう書いてある。ちょっと長くなるけど勘弁。
kazutomi @kazutomi
"From September 1945 to April 1952, political, economic, and psychological reorientation of occupied Japan was a conscious policy of →
kazutomi @kazutomi
→ the postwar American government. This included an ambitious program of ideological reprogramming in support of the American rise to →
kazutomi @kazutomi
→ globalism. Japan was in effect reconstituted as a giant reeducation camp under the supervision of General Douglas MacArthur, Supreme →
kazutomi @kazutomi
→ Commander for the Allied Powers Japan (SCAP)." (p135)
kazutomi @kazutomi
荒っぽく訳すと「1945年9月から1952年4月までの間、占領下の日本の政治的、経済的、心理的な再教育は戦後アメリカ政府の意識的な政策だった。この再教育は、アメリカの世界主義を助けるためのイデオロギー的再プログラミングという野心的な計画を含んでいた。→
kazutomi @kazutomi
→ SCAPの最高司令官ダグラス・マッカーサーの監督下で、日本は事実上、巨大な再教育キャンプに再構成された。」
残りを読む(21)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする