15
@minerva_110
「バタフライエフェクト」と混同してないか? pic.twitter.com/xxCTaxWBfZ
 拡大
高橋洋一(嘉悦大) @YoichiTakahashi
知らないのに格好つけて引用しているな(笑)。この著者の死は観測できた RT @minerva_110: 「バタフライエフェクト」と混同してないか? pic.twitter.com/5T8UbyDpLF
 拡大
bridge stone @jpoldman64
@YoichiTakahashi @minerva_110高橋教授の指摘の通り、冒頭の説明は正しいが言いたいことは「バタフライエフェクト」。「 シュレーディンガーの猫」を調べると確率論的には複数の状態を同時に重ね持つことを指す。日経の記者でも適当な引用することがあるんですね。
Penguish @Penguish_YY
@minerva_110 シュレディンガーの考えた装置の説明は(割と)合ってる。。なんなのこの文の筆者。。
peppercigar @peppercigar
@minerva_110 投票箱に猫を入れたつもりがいつのまにか蝶になっていた、と?
リンク Wikipedia シュレーディンガーの猫 シュレーディンガーの猫(シュレーディンガーのねこ、英: Schrödinger's cat)またはシュレディンガーの猫は、射影公準における収縮がどの段階で起きるのかが明確でないことによって引き起こされる矛盾を示すことを狙いとした思考実験のことである。 まず、蓋のある箱を用意して、この中に猫を一匹入れる。箱の中には猫の他に、放射性物質のラジウムを一定量と、ガイガーカウンターを1..

量子力学での基本的な考え方である「重ね合わせの原理」(例えばミクロな粒子はx1という地点に存在しながらx2という地点にも同時に存在している状態を持つ)を猫の生死によって観測する思考実験のことである。 ミクロな粒子の状態によって、猫の生死を決定する実験装置を作ると、ミクロな粒子の状態は複数の状態を同時に重ね持つのだから、猫の状態も「生きていながら死んでいる」という不思議な状態を起こすと考えられて..

リンク Wikipedia バタフライ効果 バタフライ効果(バタフライこうか、英: butterfly effect)とは、力学系の状態にわずかな変化を与えると、そのわずかな変化が無かった場合とは、その後の系の状態が大きく異なってしまうという現象。カオス理論で扱うカオス運動の予測困難性、初期値鋭敏性を意味する標語的、寓意的な表現である。 気象学者のエドワード・ローレンツによる、蝶がはばたく程度の非常に小さな撹乱でも遠..

力学系の状態にわずかな変化を与えると、そのわずかな変化が無かった場合とは、その後の系の状態が大きく異なってしまうという現象。カオス理論で扱うカオス運動の予測困難性、初期値鋭敏性を意味する標語的、寓意的な表現である。 気象学者のエドワード・ローレンツによる、蝶がはばたく程度の非常に小さな撹乱でも遠くの場所の気象に影響を与えるか?という問い掛けと、もしそれが正しければ、観測誤差を無くすことができ..

TK @tk_starlife
今日の日経、バタフライエフェクトをシュレーディンガーの猫と間違えてる。 無理やりこじつけてる感が逆にハイセンス pic.twitter.com/FXC9sJligO
 拡大
カイロさん🦆ちょこぼ @KAIRO_DQ
ちょっと誰か日経さんにシュレーディンガーの猫説明してきてあげて?
Sh @Shk_hc
「物理学者が「シュレーディンガーの猫」と呼ぶような、わずかな偶然が世界のありようを大きく変える瞬間を我々は目撃しているのかもしれない」 て、かっこよく書いてるけどそれシュレーディンガーちゃいますよ、日経さん。。 nikkei.com/article/DGKKZO…
リンク www.nikkei.com (大機小機)英EU離脱と世界危機 英国の国民投票の驚くべき結果が判明し、同国の欧州連合(EU)離脱が決定的になった。極めて僅差で決まったこの結果は、欧州と世界の歴史の大きな分岐点になるだろう。 物理学者が「シュレーディンガーの猫」と
あるどら @Aludra
日経のシュレーディンガー記事なかなか混ざっててシュゴイ
nyu2 @nyu2
@Aludra 日経記者がシュレーディンガー状態。理解しているかも知れないししていないかも知れないのです
つらお (ズボラ投資) @tsurao
しかし、日経の記者に不思議なシュレーディンガーの猫教えた奴は誰だ。
激甘麻婆 @gekiamavo
日経のシュレーディンガーの猫は、あるかどうかもわからない量子的な日経の飛ばし記事が、未来に大きな影響を与えるってことだよ!
dove 🖖 @tohato
日経のコラムは読んでないが、シュレーディンガーの猫の視点で書かれたのではないかと予測する

コメント

空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2016年7月1日
シュレディンガーの蝶またはキャット・エフェクト
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2016年7月1日
なんですかね、「猫が顔を洗うと雨が降る」みたいなことでしょうか。
フラグーゼルム @sp7v8uu91 2016年7月1日
猫が箱の中に閉じ込められるとネズミが増えて桶をかじるので桶屋が儲かるんじゃなかったっけ?
イエーガー@荒ぶる血糖値 @Jaeger75 2016年7月1日
文系が無理して理系の喩え話引用しようとするからこうなるんだろw 自分が理解できてない話をドヤ顔で人に話すバカと一緒だな。(問題はこの恥ずかしい文章をデスクもスルーしてる事だろ)
わふー @deyudeyu666 2016年7月1日
文系理系関係なく wikipediaでも見たら概略くらい分かりそうなもんだが
@izanamu 2016年7月2日
新しい定説の誕生瞬間か。「日経のコラム: 読む前に既に誤りが確定してしまう事象、或いは観測者の有無に関わらず記事執筆者の知性が確定する事象の事」
わいばぁん @wyvern_ooharai 2016年7月2日
専門用語がわからないのが問題なのではなく、あやふやな言葉を調べずに世に出してしまうという、記者という文章の専門家としてあるまじき不誠実さが問題という事ですね。
佐渡災炎 @sadscient 2016年7月2日
「シュレーディンガーの猫」をちゃんと理解してる人は理系でも少ないよ。単に「箱を開けるまで生きてるかどうか分からない」だと思ってる人は結構いる。
kartis56 @kartis56 2016年7月2日
生死両方の確率が半々で存在する。バタフライエフェクトは、一見無関係に見える事象がつながってる話だけど、イギリスがEU経済圏離脱する経済問題なんだから、日本も一部とはいえ直接関係のある事。つまりこの例え方だと半分も正しくない
nekosencho @Neko_Sencho 2016年7月2日
微小な物事の増幅装置という意味では特に間違ってない。
FFR31 @FFR31 2016年7月2日
帝都大学湯川学准教授のご意見を聞きたい。
Hornet @one_hornet 2016年7月2日
それ以前に物理学者は「シュレーディンガーの猫」とは呼ばないのでは
アル @htGOIW 2016年7月2日
今日びSFでもからかっこ悪いから猫という単語そのものは出さないよね
Taka @tnakamura23 2016年7月2日
「大機小機」は社外執筆者がほとんどだから記者をあげつらうのはどうなんだろう。まあ校閲がまともに機能していないという意味では編集記者の問題か。
Chariot @BLACK_RX_24 2016年7月2日
執筆者の氏名は公開されてないのかい?
3STT:3P(K.U.Z.) @KUZ_3STT3P 2016年7月2日
勘違いだろうけど、出版しちゃったらだめだよね
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2016年7月2日
Neko_Sencho シュレディンガーの猫の肝は「複数の状態が同時に存在することの奇妙さ」で、それを猫の生死に結びつけるのはわかりやすくするための演出みたいなものです。演出の方をメインだと受け取ってしまうとこういう勘違いが起こるわけで
海法 紀光 @nk12 2016年7月2日
「シュレディンガーの猫」は、元々「量子レベルでの非常に小さい事象における重ね合わせ」が、「猫の生死という巨大なスケールの事象での重ね合わせ」に増幅できるという話でもあるので、一つの解釈としては正しいかと思います。バタフライエフェクトのほうが適切じゃね? とは思いますが。
海法 紀光 @nk12 2016年7月3日
albireo_B 元々シュレディンガーは、「光子とか中性子が重ね合わせ状態になるっていうけど、こういう装置を作れば、猫のような巨大なものだって重ね合わせ状態になるよね? それって明らかにおかしくない?」と量子力学を否定するパラドックスとして提唱したわけなんで、量子のような極微の存在の事象が、猫のようなマクロの存在でも起きうる、というのもポイントの一つかと思います。
ケットシー @kettosee333 2016年7月3日
>あるかどうかもわからない量子的な日経の飛ばし記事が 座布団一枚。
ないんちぇFX @njintjefx 2016年7月3日
Yamashita238 失礼して申し上げますが、ソーカル事件を勉強している文系ならこんな間違い、いたしません。文系というか経済系(人文の女王w)なら分かるのですが。
nekosencho @Neko_Sencho 2016年7月3日
albireo_B この記事では小さなことが巨大な事象に影響する例として)引っ張ってきてますので、増幅装置の部分をメインと考えての引用なのはほぼ明白、その場合、特に間違いではありませんね。他にもっと適切な表現があるかどうかはまた別の話。
天たくる @ten_tacle 2016年7月3日
プロの物書きの癖にこんな失態さらす記者はいくら叩いても良いけど、文系・理系がどうという話ではないよな。
inukusu @inukusu 2016年7月4日
「大機小機」の執筆は記者ではなくて社外の、いわゆる新進気鋭の経済学者や経済評論家が匿名で書いているようです。
山下238 @Yamashita238 2016年7月8日
njintjefx 脳筋のことを「体育会系」というようなもので人文社会科学に悪意があるわけじゃないっす。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする