1
ログインして広告を非表示にする
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 16:45:20
    第3部最終章「ニンジャスレイヤー:ネヴァーダイズ」より
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 16:45:51
    【5:ダンス・トゥ・ツキ・ヨミ】
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 16:51:27
    旧世紀の「暗号破り」が、地の底の動脈のごとき回線を通して、ジグラットへと流れ込んでいた。遅効性のウイルスがアルゴスを攻撃し、その目である監視システムを覆い始めたのだ。イナゴめいた電子ノイズが監視カメラ映像とIRC監視網を撹乱し、期せずして、地上では叛乱の飛び火が発生していった。
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 16:56:48
    なぜアルゴスは奇襲を許したのか。理由は二つ。第一に、アルゴス自身がネットワーク再定義のために数時間をかけた準備シーケンスに入らねばならず、そのタイプ速度を割かれ始めた瞬間を狙われたこと。しかし、ここまでは想定内。第二の理由は、ツキジ接続ポイントを使われた事。これは想定外であった。
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 17:03:25
    ツキジ地下には、カスミガセキと同様、遺棄された地下街と旧世紀システムが眠っていた。そして両者を大動脈のごとく繋ぐ、大いなるT1回線ケーブルの束もまた埋まっていたのだ。その存在と価値を知っていたのは、ツキジの主、リー先生ただ一人。彼はそれを、血に塗れた白衣の下に隠し続けていたのだ。
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 17:11:07
    多くの者にとって、リー先生は狂った科学者であった。ニンジャソウルと死体の研究に全てを捧げるべく、地下に自らの帝国を築いて満足しているものと思っていた。ツキジはただ単に、あの狂った科学者が誰にも邪魔されずに死体や実験材料を調達し、研究を続けるために築いた、不気味な地下墓所であると。
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 17:17:48
    リー先生が果たして何時、この強大なる回線の存在に気づいたのかは、定かではない。確かなことといえば、現在のツキジ・ダンジョンが無数のゾンビーニンジャを擁する堅牢な地下要塞であり、その底からジグラットヘと、YCNANやコードロジストらが執拗なハッキング攻撃を仕掛けていることであった。
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 17:24:00
    ナンシーがINWとの交渉材料として用いたのは、月面サーバーから盗み出した機密情報である。そこにはアガメムノンの真の目的、すなわちアルゴスを用いて鷲の翼を開き、オヒガンと現実世界のリンクを完全遮断することが記されていた。それはリー先生の研究にとって、極めて不都合であったに違いない。
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 17:27:01
    かくしてリー先生は10月10日以降にナンシーらを秘匿し、ツキジ・ダンジョンの武器、強大なるT1回線の秘密を彼女らに明かした。電子戦を仕掛けるにあたりハッカーたちが重視するのは、何にも増して己のタイプ速度、そして戦場となるUNIXへの接続回線速度である。このふたつは乗算関係にある。
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 17:33:52
    ハッカーが危険を承知で敵施設に侵入し、攻撃目標にLAN直結することを好むのは、己のタイプ速度をほぼゼロ減衰で対象のUNIXデッキに叩きこみ、敵ハッカーのニューロンを焼けるからだ。逆に遠隔接続する場合は、使用する回線速度の「太さ」という外的要因が、電子戦の勝敗に大きな影響を与える。
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 17:39:25
    ゆえに、埋蔵位置不明、さらに迷宮の如く入り組んだ地下回線は、ナンシーらが望みうる最高の武器であった。下手に地下ケーブルを物理切断すれば、アルゴスの天下網にダメージを与える。アマクダリにとって最も速やかにして確実なる打開策は、ツキジにニンジャを送り込み、全てを破壊することであった。
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 17:41:09
    ツキジ攻撃の第一波として送り込まれたのは、十二機を超える多脚戦車、十六人ものニンジャ、ハイデッカー突入部隊、およびペイガン。それは戦争と呼ぶにふさわしい規模であった。ツキジ地下は、文字通りのアビ・インフェルノ・ジゴクと化した。
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 17:56:42
    四方八方、闇の中にエメラルド色の光がいくつも輝いた。次の瞬間、それらは腐った顎を開いて飛びかかってきた。獰猛なるゾンビ犬の群れだ!「イヤーッ!」ソルハンマーの赤熱鉄槌が、小手に噛み付いた犬の頭を粉砕!「イヤーッ!」ルーンナイトが大盾と壁で三匹をプレスし、腐ったネギトロに変えた!
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 18:02:45
    「外道どもめ、ジゴクへ送り返してくれる!恐れよ!この長剣には聖タダオ大僧正の祝福の力が未だ残されておるぞ!イヤーッ!」坊主頭のニンジャ、ビショップが唸り、白いプラズマ光を放つツルギ「聖徳太子MK-3」を振るう!飛び掛かってきたゾンビ犬三匹は空中で切断され、白い光に包まれて爆ぜた!
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 18:11:10
    「ウワッ、汚ねえ汁だな!腐れ犬どもが!」シデムシと直結しながらその頭部に座る小柄なハッカーニンジャ、トゥームクロウラーが、部隊内にIRCを投げる。『後方、すべて薙ぎはらうぜ』「「イヤーッ!」」部隊内のニンジャが即座に側転回避を打ち、シデムシのミニガン斉射のために射線を開いた!
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 18:18:32
    『スッゾコラーッ!』トゥームクロウラー専用シデムシが金属の顎を開き、合成ヤクザ音声とともにミニガン斉射。BRATATATATA!「アグッ!」「ギャン!」「グルルルルア!」大虐殺だ!「ガウウ!」撃ち漏らした一匹が操縦者に飛びかかる!「イヤーッ!」ビショップがこれを串刺しにして始末!
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 18:24:36
    「おい、ゴーストクナイ=サン、急げ!触手が迫ってくるぞ!」トゥームクロウラーは叫んだ。戦略IRCマップ上では、周囲のハイデッカー部隊が次々にバイタルサイン消失していた!「待て、あと少しだ…」灰色のニンジャ装束を着た陰気なニンジャが、巧みな精密クナイ裁きで気密ドアロックを解除する!
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 18:33:54
    ガゴンプシュー!『過剰に危険な+』と書かれた隔壁が開く。「よし!先へ」「待て…」ゴーストクナイは地下街で捕獲していた貧民の首を掴み、先に向かって勢いよく放り投げた!「イヤーッ!」「アイエエエエ!」ズダン!ズダン!ズダン!生命反応を感知し凶悪な三連トリイ・ギロチン・トラップが作動!
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 18:42:42
    「アバッ!アバッ!アバババーッ!」絶命!ナムサン!脚力で高速突破せんとする者をも第二、第三のトリイ・ギロチンが確実に始末する何たる悪辣な侵入者殺害用トラップか!だがこれで一瞬だけ露わになった開閉機構部へと、ゴーストクナイはクナイを連続投擲!「イヤーッ!」動作不良を起こさせしめた!
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 18:49:16
    「でかしたぞゴーストクナイ=サン!天界よりブッダも御照覧あれ!」ビショップを先頭に、五人の突入部隊は哀れなネギトロ死体を踏みつけながら隔壁の先へと進む!ガゴンプシュー!後方で隔壁が閉ざされ、フォーティーナインの触手の侵入を間一髪で防いだ。「前方ドア、物理ロックだ!」「破壊する!」
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 18:57:32
    SMAAASH!ソルハンマーが扉を打ち砕く!彼らを出迎えたのは、石造りの広間……否、危険な大型ゾンビーニンジャを隔離するための牢獄であった!「アバー」首なし巨人の頭に大型白ワニの首を縫い付けた奇怪なニンジャが、錆び付いたハルバードを構えアイサツした。「ドーモ、ドラコニック、デス」
  • ニンジャスレイヤー @NJSLYR 2016-07-01 22:32:48
    ◆23時からアニメ最終話のため、連載再開は23時30分のよていです◆

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ログ」に関連するカテゴリー