特別講義「Ain’t Got Time to Die 展 in Deptford X, Londonを終えて」キュンチョメ[実況]

聴講したのでまとめ 日時:2016年7月5日(火)16:30〜18:00 場所:東京藝術大学千住キャンパス第3講義室 講師:キュンチョメ 司会:毛利嘉孝 続きを読む
1
キュンチョメ @kyun_chome

芸大でロンドンの報告会が出来る事になりました!国民投票で揺れる英国の今を話ます。聴講可なので遊びに来てね 2016年7月5日(火)16:30-18:00 東京藝術大学千住キャンパス第3講義室 キュンチョメ 毛利嘉孝 聴講問い合わせ先:mouri@fac.geidai.ac.jp

2016-06-28 16:50:38
キュンチョメ @kyun_chome

【お知らせ】明日7/5(火)は芸大での特別講義!! ”北千住”のキャンパスで16:30〜18:00に行いまーす。 芸大生以外も聴講可能なので超来てね! ga.geidai.ac.jp/2016/06/29/ain…

2016-07-04 18:39:28

聴講に行ったので実況しています
実況ツイートはその場で話を聞き書き起こしているため、誤字脱字、筆者の誤読等あり、発話者の意図と異なることもあります。

みそむーおでん @misoni_2013

毛利「三回連続のトーク、先回はデンマーク、今回キュンチョメ、来週がジェイソン。 4月にロンドンレジデンシープログラムで、ボトムアップ型なのだが、今年の派遣作家がキュンチョメで、でも予算は一人分であり、大変申し訳ないことに、、、

2016-07-05 16:39:04

【参照】
デンマークとはこれか?

日時:6月28日(火)16:30-18:00
場所:東京藝術大学千住キャンパス第3講義室
講演者:グンヒルド・ボーグリーン
   (コペンハーゲン大学 芸術・文化研究学部美術史・視覚文化准教授)
司会:毛利嘉孝(東京藝術大学)
言語:英語のみ(通訳なし)
http://ga.geidai.ac.jp/2016/05/24/global_trend/

【参照】特別講義「現在進行形のカタストフにおいてアートに何ができるのか?」
日時:2016年7月12日(火)16:30〜18:00
場所:東京藝術大学千住キャンパス第3講義室
ゲストスピーカー:ジェイソン・ウェイト(インデペンデント・キュレーター)
司会:毛利嘉孝
http://ga.geidai.ac.jp/2016/07/05/dont-follow-the-wind/

みそむーおでん @misoni_2013

毛利「でも二人でキュンチョメなので負担をお願いしながら、、、 ホンマ「一ヶ月前くらいに帰国。 毛利「EUからイギリス離脱直前。その雰囲気を見て良かったともいえるがその結果も見たかったのでは、と。レジデンシーしつつ作品もつくり、手作りで色々事件も起きたそうだ

2016-07-05 16:40:04
みそむーおでん @misoni_2013

毛利「レジデンシーは流行ってる。アーティストの生き方の一つだが、今回は個人ベースの小さなタイプの一つだ。でも若い作家に意味があるのでは。更にネットワークづくりとしても重要だろう

2016-07-05 16:41:16
みそむーおでん @misoni_2013

毛利「18:00で終了だが、残れる人は研究室で飲みつつ歓談でもしてほしい

2016-07-05 16:41:46
みそむーおでん @misoni_2013

キュンチョメ「まず作品、海外のレジデンシー作品を紹介したい

2016-07-05 16:42:04
みそむーおでん @misoni_2013

ホンマ「ホンマとナブチのグループ。2011年に結成したが、ちょうど原発事故の時でありターニングポイントの時期。 テーマは生存と逃亡。

2016-07-05 16:42:41
みそむーおでん @misoni_2013

ホンマ「今、生存と逃亡が世界中で起きている。日本なら福島や放射能から逃げる。海外ならシリア難民、経済・エデュケーション、ローなことなら大学や仕事だるいわー、という。 それは人類始まって以来あるし今後もあるし、どこでもあることだろう

2016-07-05 16:43:46
みそむーおでん @misoni_2013

ホンマ「まずは国内問題の作品から。福島。5年経って随分変わった。 2014年はターニングポイントで、あまちゃんと楽天優勝で復興完了的な。 昨年仮設住宅に行きそこに住んでる人と作品をつくった

2016-07-05 16:44:45

作品:[ウソを作った話](2015)
http://kyunchome.main.jp/

みそむーおでん @misoni_2013

ホンマ「バリケードが立ち入り禁止道路にはってあるので、それを写真に撮影しフォトショでじいさんばあさんに消してもらう。やってるうちに公では聞こえてこない声が聞くことができる。バリケードは消えるが色々浮き彫りになってくる

2016-07-05 16:45:45
みそむーおでん @misoni_2013

ホンマ「じいさんばあさんは福島弁強すぎてほんと何言ってるかわかんないだよね。 これが福島で去年作ったもの。 本編は20分近くある

2016-07-05 16:48:44
みそむーおでん @misoni_2013

ホンマ「これは福島に二ヶ月ほど滞在し作った。レジデンシーでもなく自前で住み着いて作ったもの。それまでは単発で通っていたのでここまで入りこんでつくれなかった

2016-07-05 16:49:18
みそむーおでん @misoni_2013

ホンマ「自分をその場に浸すことで可能性が開ける。

2016-07-05 16:49:34

作品:「笑顔をつくるジレンマ」(2015)
http://www.tokyo-ws.org/archive/2016/03/H0416.shtml

みそむーおでん @misoni_2013

ホンマ「東京ワンダーサイトのレジデンシーに応募しドイツへ行って作った作品。シリア難民と一緒に作ったのだが福島と地続きの作品だ。 両方の避難民の状況をじっと見ることで見えてくるものがある。そこで揉めることはささやかでゴミ出しとか、

2016-07-05 16:50:46
みそむーおでん @misoni_2013

ホンマ「シリア難民はもっとハードだが火災が起きるとか、サポーターと難民同士でいざこざが起きるとか。バックグラウンド、宗教が違うのでお互いの希望が入れ違いジレンマが生まれてくる。そこで作品を作った

2016-07-05 16:51:23
みそむーおでん @misoni_2013

ホンマ「右側がホンマ、左がシリア難民。画面だけ見ると人質のようでシリアスだが、実際は、ふくわらいをお互いにやっている。15~16人にやってもらい、お互い初めて会って目隠しをして、一つの笑顔をつくるのだが、お互い譲りあうのでおかしな笑顔になるが、ラブリーな笑顔になる

2016-07-05 16:52:39
みそむーおでん @misoni_2013

ホンマ「想像の可能性を入れ込みたいな、と。シリア難民はアラビア語なので言語コミュニケーションが難しく、目隠しをしてるのでボディランゲージも困難、でもラブリーな笑顔が作れる

2016-07-05 16:53:24

作品:「WAKE UP!」(2015)
http://kyunchome.main.jp/

みそむーおでん @misoni_2013

ホンマ「次はタイに二ヶ月滞在した時の作品。これもレジデンシーでなく、渋谷パルコがタイで展示するってので新作作りたいから勝手に住み着いて作ったもの

2016-07-05 16:54:05
残りを読む(93)

コメント

みそにこみおでん @misonikomioden 2016年7月5日
修正しました。 文意に問題がでないと思われる誤字脱字はそのままにしています。
0