Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

「アルゴリズムデザイン」の検索結果

まとめの中から「アルゴリズムデザイン」の検索結果を表示しています。

検索に関連するタグ

  • 第12回 データマイニング+WEB@東京 ( #TokyoWebmining #12)-機械学習MapReduce・..

    「MapReduce〜入門編:仕組みの理解とアル〜」 (講師: さん) #TokyoWebminig「MapReduce〜入門編:仕組みの理解とアル〜」 (講師: ) (発表30分+ 議論30分) #TokyoWebmining1人目は僕です、資料はこちら→ Map Reduce 〜入門編:仕組みの理解とアル〜 : 宜しくお願いします。 #TokyoWebmining1人目は僕です、資料はこちら→ Map Reduce 〜入... 続きを読む
    5647pv 1 1 user 2011年6月19日
  • 第十回アルゴリズム勉強会

    【来月発売・洋書】『Algorithm Design (2nd Edition) 』 Jon Kleinberg による名著「アル」の原著の第2版。2011年10月発売予定 #アル#アル勉強会#アル勉強会#アル勉強会#アル勉強会#アル勉強会#アル勉強会#アル勉強会#アル勉強会#アル勉強会 続きを読む
    3304pv 5 4 users 1 2011年9月25日
  • 書籍あげます (iogiがfollowしてるひと限定)

    入門UNIXシェルプログラミング、PHPサイバーテロの技法、JavaScriptによるアル、Django×Python(ふるいかもねー)、みんなのPython Webアプリ編(ふるいかも)、知識ゼロから学ぶソフトウェアテストシステムドキュメント徹底活用、理系のためのプレゼンのアイディア、PHPによるデザパターン入門(持っておきたい気もする)、インターフェイス指向設計、オブジ... 続きを読む
    616pv 2 2011年2月14日
  • 首都大情報通信特別講演会「プログラミングコンテストを極めし者達の世界」

    アル100ページくらい読んで封印した #tmutalksアル屋さんと仲良くするのは難しそう #tmutalksと考えてアルの研究に来てみた。#tmutalksアルの勉強しっかりやっとけばよかった… #tmutalks基礎的なアルのカリキュラム #なかった #tmutalksプログラミングコンテストはアル設計とプログラミングの複合競技 #tmutalksアル... 続きを読む
    2995pv 9 2015年7月21日
  • 2010建築学会北陸大会パネルディスカッション「21世紀のアーキニアリング・デザイン」まとめ

    成長過程を含めたアル #and_aijだから人をアルミックに動かすより、素直に設計のツールとしてアルを取り入れる方が、より自由な発想が生まれやすいだろうし、健全な気がする。それを自由に操ることができる頭になっていればいい。リアルタイムでトゥギャリ > 「21世紀のアーキニアリング・デザ」2010建築学会北陸大会パネルデ... 続きを読む
    1731pv 10 2010年9月9日
  • 2011.02.24 BIMシンポジウム

    山下:池田さんはアルとBIMの境界はどうお考えですか。池田:今回ウォークスルーで審査することにしたけれど、やりにくかった。 #AIJBIM(私的には)アルミック・デザ=行為。BIM=データ。 #AIJBIM山際:デザとマネジメントを両立させたい。意匠の立場で設備構造を入れている。入れたいものを伝えるようにしている。デザはやり... 続きを読む
    940pv 2011年2月25日
  • 2011年2月24日開催 日本建築学会BIMシンポジウム

    山下:池田さんはアルとBIMの境界はどうお考えですか。池田:今回ウォークスルーで審査することにしたけれど、やりにくかった。 #AIJBIM(私的には)アルミック・デザ=行為。BIM=データ。 #AIJBIM山際:デザとマネジメントを両立させたい。意匠の立場で設備構造を入れている。入れたいものを伝えるようにしている。デザはやり... 続きを読む
    1507pv 3 6 2011年2月28日
  • 120508岩佐研ゼミ議事録

    アル・有機的デザの台頭と施工技術の向上 #iwasa_lab(T)設計のアルを落とし込む施行技術が上がり、今後増えるかと予測したが、それほど増えてはいなかった。 #iwasa_lab(T)渡部:「デザランゲージ」とは?→デザ操作と実現する空間体験が対になったもの. #iwasa_lab(T)渡部:「パタンランゲージ」と「デザランゲージ」の違い... 続きを読む
    871pv 4 2012年5月8日
  • 第45回情報科学若手の会 #wakate2012 まとめ

    アル #wakate2012アル #wakate2012#wakate2012 quote 「アルの知識」じゃなくて「アルを考える方法」を学ぶ必要がある。アルが良書。RT : #wakate2012 quote 「アルの知識」じゃなくて「アルを考える方法」を学ぶ必要がある。アルが良書。「アル」 ¥15,750 か。... 続きを読む
    8042pv 16 2 users 1 2012年9月17日
  • デザイン家系図-アルゴリズムデザイン思考-

    適当に操作してたらなんだか良いデザになった"にはならず、変に考えてしまったかもしれません。 #建築情報19b_2ndデザ演習に取り入れることができそうな良いノードもたくさん作ることができ、非常に満足のいく結果となった。 #建築情報19b_2nd#建築情報19b_2nd 途中で形を作ることに集中してやりました、頭使わず、少し楽になりました〜デザ能力がわかり... 続きを読む
    2275pv 4 2019年5月3日
  • CE132

    [38] アルと再帰 浅野考平 (関西学院大学) #ceclesiteetアルの教科書に通常記載されている再帰の説明の流れを,ただ頭の中で反芻しただけの発表だった気がするんだが.複数のメジャーなアル入門本を集めて再帰の説明の仕方を分類整理したという方がまだ有意義な気がする. #ceclesiteet「メディアデザ」はMoodleの機能に依存するのか... 続きを読む
    1505pv 7 5 2015年12月7日
  • OR学会アーカイブの紹介 最適化入門として

    埋もれるのも勿体ないので自分の記事も・・・ アル実装を教える 問題構造の解析に基づく組合せ最適化アルの自動構成 ビットマップ図形の効率的な詰込み特集「はじめようゲーム理論」 初歩から学ぶゲーム理論 ―ORにおけるゲーム理論入門― ビジネスとゲーム理論 メカニズムの考え方とマッチングのメカニズム多点探索型アルの... 続きを読む
    3056pv 23 4 users 5 2018年1月27日
  • ST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト 最終成果報告会 まとめ #五十嵐ERATO

    #五十嵐ERATO アンズデザ竹中さんのコンピューテーショナルな建築デザのお話。アルは、ともすれば形ができてだから何、ということも多いけど、評価関数を明確にされているので、できあがった造形や空間に説得力を感じる。評価関数の設計が鍵なのだろう。「映像表現デザのための技術」「生活デザのための技術」「ロボット行動... 続きを読む
    10045pv 34 10 users 14 2012年12月19日
  • MMAC & MMOC

    アルイントロダクション,アルよりも少し読みやすいと思う.ランダムフォレストがそもそも決定木を学習するアルなのかなんかよくわからんがランダムフォレストとかいうアルが便利らしいマラソンマッチは既存のライブラリが使いづらいから使いたいアルが使えなくて困る(実装力が足りないまぁこういうこと言... 続きを読む
    3779pv 1 user 2014年2月8日
  • yagenaのショート書評(2012年)

    (世界標準MIT教科書)という謳い文句が凄い(驚)『アル イントロダクション 第1巻: 基礎・ソート・データ構造・数学』メカニズムとの繋がりを考えると面白いかも。金曜のワークショップでは,Qualifying Exam,Quantitative Easingとは違うQE:Quantifier Eliminationをお勉強.詳しくは=> 『QEの計算アルとその応用―数式処理による最適化』分かりやすい語... 続きを読む
    9753pv 23 6 users 1 2012年2月26日
  • CITY2.0

    アルにおいて、初期設定やキュレーターの恣意性はあまり意味がない。 それをとう回していくかが設計論として重要で、炎上しない方法論を探っている。 #city20どこかにカオス〜をビルトインするのもありか。 #CITY20どこかにカオス〜をビルトインするのもありか。 #CITY20#city20 アンインストールだん。長丁場の展示 お疲れ様でした。RT : 今日はカオス*... 続きを読む
    1884pv 14 7 users 2010年10月31日
  • yagenaのアイデア(2011年)

    後者の安定性を議論する際に登場する概念が、安定マッチング存在の十分条件として出てくるのは、既存の証明がアル(とその収束や単調性)に依存しているからかしら?最近ミルグロム達が行っている、メッセージ空間を限定したメカニズムの研究なんかも、このへんのモチベーションと近そうですね。神経科学系のアプローチが、制度の複雑さや... 続きを読む
    2663pv 1 user 2011年1月5日
  • yagenaのショート書評(2013年)

    『離散凸解析と最適化アル』(室田一雄・塩浦昭義)を頂きました。最小木問題やマッチング問題など、代表的な離散最適化問題をまずは解き、その後でそれらを統一的に分析できる離散凸解析を紹介。具体例→一般理論と進む分かりやすい解説書!2007年にメカニズムへの貢献でノーベル賞を受賞したことでも有名な,マイヤーソン教授の上級ゲーム... 続きを読む
    13597pv 25 91 2013年2月25日
  • yagenaのショート書評(2011年上半期)

    前作からメカニズムのパートを中心に100頁ほど増量しており、院ミクロ用メインテキストとしての存在感が更にアップ。MWGに代われるか?アマゾンから面白そうな新刊洋書の紹介メールが届いた:『The Design of Approximation Algorithms』 コーネルの先生二人による近似アルに関する大学院レベルのテキスト。経済学の最適化問題にも使える?まずは川越... 続きを読む
    4665pv 10 2011年1月5日
  • しましまのRecSys2016まとめ

    後半の Guy さんはソーシャル系の推薦.グラフの辺の生成予測問題だが,アルによって,多数の辺を持つ人気ものを推薦する度合いが大きく異なるとのことだった.Mechanism Design for Personalized Recommender Systems 評判システムでのニセ申請での不正について,資源配置問題ととらえてメカニズムをする. ひたすら文字と数式のプレゼンだった…機械学習アル... 続きを読む
    2561pv 16 1 user 2016年9月15日
  • しましまのICML2018+IJCAI2018まとめ

    AlphaZero: 3つのゲーム(チェス,将棋,囲碁)に適用可能な1つのアル.MASタスクの社会性(タスクのネットワーク性)から,このアルをどう捉えればいいのか?「本研究の目標はSTOCで提案したアルが実データでもうまくいくかの検証である」← まあわかるけど、それで ICML? 「そのため以下の定理示した(仮定モリモリ)」← ??????Quantify... 続きを読む
    10626pv 73 3 users 6 2018年7月2日
  • 経済・データ分析等,書籍も。

    統計解析で大事なのは,解析結果が人間にとって解釈できることではなく,解析結果から具体的なアクションにつなげられることです.つまり,アクションを行う主体は人間とは限らず,後段に用意した別のアルでもOK.まず坂井・藤中・若山『メカニズム』(ミネルヴァ書房、2008年)が4刷になりました。私の書籍デビューの一冊です。このご時世に1... 続きを読む
    972pv 2020年2月9日
  • アルゴリズムと人間中心デザイン

    ふつうアルの発想では「人間」を捉える解像度が低いと思う。人間中心デザ的な意味で、利用者の多様性をどこまで高解像度に捉えているか。それはもちろんサイエンスやエンジニアリングの仕事ではないので、彼らを責めるのではない。むしろデザの関わる余地と見たい。ふと思ったが、アル設計におけるモデリングの前工程として、人間... 続きを読む
    827pv 2010年10月5日
  • MakerFaireTokyo2017当日まとめ

    LEDソーティングアルィスプレイ #mft2017アル系はほんと好き (ツイート忘れてた…m(__)m) #MakerFaireTokyo2017大人の方にゲームデのアドバイスもらえたのがよかったなRootsロゴデザしましたよろしく #mft2017#MFT2017 マークのデザをさせていただきました。真夏のドラクエ癒しデザフェスタTokyo2017 #mft2017エクストリーム編み物、デザが... 続きを読む
    12078pv 23 1 2017年8月6日
  • 渡辺誠講演会実況まとめ

    アルミックデザという名前を聞くとアルこそがデザを決定しているようですが、デザしているのはあくまで人、アルは電卓でする計算をもうちょっとだけ楽したもの、くらい。 #渡辺誠講演会アルというのは広義には法律なども含み、特にアルミックデザとされるものでなくとも、学生の作品であってもなんらか... 続きを読む
    3615pv 21 2013年10月30日
1 ・・ 25 次へ