「テクストの科学」の検索結果

まとめの中から「テクストの科学」の検索結果を表示しています。

検索に関連するタグ

  • インテレクチュアル・ヒストリーのコスモス

    初期近代の研究で深められているテクの手法から、なにか中世の写本読みの方々にポジティブに提言できることがあるかもしれない。あるいはそれ以降の18世紀の百科全書のような資料を扱っている人々に。 #iHistory#テク擁護者たち#ゲンロン160302 でも『テク擁護者たち』について語ってほしいな!本当はもうちょっと、テク「註釈」が、... 続きを読む
    2514pv 15 26 2016年2月25日
  • 分かるを教える現象学?

    このように、哲学テクでも、物語テクと同様、どんな挿話が前景化され、あり得るべきどんな例え話が、回避されていたか、という読みしか、意味があるとは思えない。新規な挿話はたいてい誤解だったりするように見える。現象学テク(それがほぼ日本の国語の入試問題の原理だが)を見ていると、経験主義=科学になるほど、自我が主体とみなされな... 続きを読む
    6163pv 37 1 2012年7月10日
  • 尾上先生の勉強風景

    「第1のタイプ(選択の欠如)の失語症患者にとっては、コンテクが不可欠で決定的な要因になっている」152頁「表象は、文化的現象の定義において本質的な役割を果たす」 「メンタルな表象」…信念、解釈、選好 「公共的な表象」…信号、言及、テク、絵 「公共的な表象は、明らかに物質的な側面を持つ。「1961年以降、ソヴィエトの者はDNAの研究がで... 続きを読む
    930pv 1 1 user 6 2018年10月19日
  • 人文学の世界で「テクストが読める」ということはどういうことか?

    できれば、もう少し詳しくお聞かせください^^ RT 人文学の世界で「テクが読める」ということは、自然科学の世界で「数学ができる」というのと同じぐらいの重みがあるし、「テク読み方」には数学なみにセンスの差がある、ということを、たぶん…「テクを外在的に読む」というのは、そのテクを取り巻く歴史的社会的環境の中へと先程の「内在... 続きを読む
    10404pv 110 38 users 2010年5月29日
  • 「テクストの読み方」という能力

    人文学の世界で「テクが読める」ということは、自然科学の世界で「数学ができる」というのと同じぐらいの重みがあるし、「テク読み方」には数学なみにセンスの差がある、ということを、たぶん、一般の自然科学の学生たちは知らない。「テクを外在的に読む」というのは、そのテクを取り巻く歴史的社会的環境の中へと先程の「内在的な読み... 続きを読む
    14097pv 47 88 users 2 2010年5月27日
  • 茂木健一郎さん連続ツイート 『教科書検定(けて)』

    教室の後ろに、科学テクブックが置いてあった。その厚さにびっくりした。10センチはあったのではないか。内容も充実。たくさんの絵やグラフもあって、思わず読みふけってしまった。実際には、ネットの上にあふれている情報を見ればわかるように、玉石混淆。問題は、その中から、何が有益な情報か、判断する能力。けて(3)ぼくが文部科学大臣にな... 続きを読む
    1994pv 2 2011年7月17日
  • 茂木健一郎さんの「教科書検定について」

    教室の後ろに、科学テクブックが置いてあった。その厚さにびっくりした。10センチはあったのではないか。内容も充実。たくさんの絵やグラフもあって、思わず読みふけってしまった。実際には、ネットの上にあふれている情報を見ればわかるように、玉石混淆。問題は、その中から、何が有益な情報か、判断する能力。けて(3)ぼくが文部科学大臣にな... 続きを読む
    1364pv 4 1 user 2011年7月16日
  • 千葉俊二『文学のなかの科学』読書メモ集

    千葉俊二『文学のなかの科』読了。少し繰り返しが多いものの、面白かった。扱ってるテクが『仮説的偶然文学論』と割と被ってたのでもっと早くに読んでも良かった。横光利一「文学と科学」はいとうせいこうがぜひとも読むべきだろう。by千葉俊二『文学のなかの科』千葉俊二『文学のなかの科』、基本的にいいと思うんだが、この副題あんまピンとこな... 続きを読む
    715pv 3 8 2019年8月13日
  • [公開読書] 新版 質的研究入門〜〈人間の科学〉のための方法論【第5〜7章】

    (4)実証的資料としてのテク 事例を再構成する過程で、実証的分析の対象となるテクができる。テクは再構成と解釈の基礎である。テク位置づけは、理論的立場によって異なる。第7章 認識論的背景:テク構築と理解 ●テクと現実(リアリティ) 質的研究におけるテク三つの役割。(1)研究結果の根拠となる本質的データ(2)... 続きを読む
    2157pv 2 6 2013年3月23日
  • Hiro Hirai先生講演会

    科学革命の史的コンテク――インテレクチュアル・ヒストリーの手法と実践」@東大駒場。17世紀ヨーロッパの科革命、現在は疑似科学として退けられている錬金術、占星術も「科学」としての役割を果たし、現在の科技術に至っている。私が言っているのはテク復権。書かれた記録に焦点を当てて研究することもやはり必要なのではないかと考えてい... 続きを読む
    3490pv 47 1 user 30 2014年7月26日
  • 日本学術振興会賞記念講演 ヒロ・ヒライ「ルネサンスの生命と物質」

    古代のテク復活を担った人文主義者たちがどういう活動をし、どういうインパクトを近代以降の科や医学、哲学に与えたのか?医学の分野でそれを見ていこう、というのが『医学人文主義と自然哲学』(2011年)のプロジェクト。 #hirai_komabaマーケティングとしての科革命質問:プラクティス、マテリアル、ビジュアルへの最近の注目のなか敢えてテクを... 続きを読む
    2875pv 17 1 user 3 2013年2月9日
  • 16年1月

    サブカル系の評論の殆どは、基本的に実証科学的なものではなくて、実態としては文芸エッセイなんですよね。だからそういうテクには、科学的に社会分析するような機能は実は無い。客観性を担保した「事実」ではなく、著者の「気分」がそこには現れる。つまり、文芸なんですよ。アーティストくせに批評家みたいなこと語るなとか、もっと感性で作品作っ... 続きを読む
    413pv 2016年2月7日
  • 2013.2.8 駒場科学史講演会(日本学術振興会賞記念講演会)ヒロ・ヒライ

    古代のテク復活を担った人文主義者たちがどういう活動をし、どういうインパクトを近代以降の科や医学、哲学に与えたのか?医学の分野でそれを見ていこう、というのが『医学人文主義と自然哲学』(2011年)のプロジェクト。 #hirai_komaba思想はテク伝播および受容のありかたと独自の切り結び方をしたかたちで捉えないと歴史性は捉えられない。テク... 続きを読む
    3635pv 29 2 users 24 2013年2月9日
  • Hiro Hirai先生集中講義 2日目

    しかし教科書を書くにもテクがないと話にならない。そこでもう一つ文献学的な関心も持っていた。テク確定、核となるテク同定など。 #BH集中講義歴史記述においてコンテクというものをどの程度まで広げて記述することができるのか問題。リーズナブルなコンテク絞り方とは。 #BH集中講義基本テク校訂や翻訳。これは今後も続けら... 続きを読む
    3445pv 71 2 users 38 2014年7月23日
  • 社会科学に数学は必須か?

    数学でさえ公理系を支える公理に用いられる概念がしばしば自然言語で定義されているように、もともとテク形で表現されていた社会科学を基底部から数理化するのは困難。受験科目に数学がない社会科学系の学科があるとしたら、その時点でレベルが知れると思っている。テクをこねくり回してるだけかなと思う。一見テクをこねくり回しているだけ... 続きを読む
    11851pv 18 3 users 2017年6月18日
  • Hiro Hirai先生集中講義 3日目

    「グラフトンの話でいう人文主義的なテクアプローチと、ごちゃまぜという今回登場したアプローチは相反するのではないか?どういうふうにその問題に対応していたのか」#BH集中講義そういうふうに彼らもテクを作っていた」#BH集中講義集中講義「科学革命の史的コンテク インテレクチュアル・ヒストリーの方法と実践」三日目はじまります! まずは... 続きを読む
    2778pv 55 20 2014年7月25日
  • 2012_UT_L3_方法基礎ガイダンス実況

    テク精読とそれを巡る議論を行ないます。ウラジミール・ジャンケルビッチ「赦し」を読みます(宗教上での赦しを援用して、実際上の赦しを考察)。ナチスのホロコーストに時効を認めるかどうかが執筆のきっかけ。 #方法基礎 #ガイダンス最初の三回はテクを使って哲学史の考察をやります。 #方法基礎 #ガイダンス寺田:テク分析の手法と作法をやり... 続きを読む
    1997pv 11 2012年10月1日
  • 『テクストの擁護者たち』出版記念イヴェント「テクストと学問の歴史、そして人文学の意味」

    可能な限りテク歴史性を明らかにしたあとに残るものこそが歴史性に束縛されないテク真理(もしあるのなら)なのではないかと。 #テク擁護者たちイベント『テク擁護者たち』出版記念イヴェント「テクと学問の歴史、そして人文学の意味」このあたり当日思っていたのは『テク擁護者たち』は、テク歴史性に注目する、す... 続きを読む
    7682pv 103 12 users 57 2015年8月24日
  • スコット・L・モンゴメリ『翻訳のダイナミズム』読書メモ集

    「久しく〈定本〉という用語が、ある作品を〈一時的に定めたもの〉という意味であり続けているというのは、テク史の皮肉というものである」(モンゴメリ『翻訳のダイナミズム』409p)。あれだろ? 小林多喜二全集のことだろ??異質なテクをなじみのあるものに変えることが翻訳の目標であるとする思い込み(自論)は、あまりにも偏狭で、どうあっても... 続きを読む
    788pv 6 1 user 7 2018年9月4日
  • Hiro Hirai先生集中講義 最終日

    テク外側にあるパラレルのマテリアルに当たることでヒントを得る」 #BH集中講義科学史の観点からみた、予言・終末論・年代学の先行研究→非常に少ない ・アンソニー・グラフトン『テク擁護者たち』(勁草書房、近刊) ・Miguel Granadaの一連の研究 #BH集中講義アンソニー・グラフトン『テク擁護者たち』(勁草書房、近刊) の「第四章 スカリゲル... 続きを読む
    2620pv 34 18 2014年7月26日
  • 「日本アニメ・マンガの海外展開とその未来」 備忘録まとめ

    『鋼錬』における科学/再生医療への視線がやはり科学者の目線とは異なる、これは一般社会と科学者の認識のズレとも重なり、そこからこの作品を読む新たな地平が開けるのではないか、また逆に現代社会における科学の立ち位置を照射するテクにもなっている、という主旨のお話。とてもスリリング。アンケートの自由記述でも「映像を交えたお話が分かりや... 続きを読む
    1662pv 15 2 users 2014年11月2日
  • 『テクストの擁護者たち』発売カウント・ダウン!

    文献学者たちとその敵対者たち、彼らが対峙していたキリスト教と異教の伝統、さらには新たに生まれようとする自然科学―これらの領域を自在に往復し、私たちが知らなかった人文学のはじまりの様子を明らかにする。『テク擁護者たち』、必読です。テク擁護者たち#テク擁護者たち#テク擁護者たち: テク擁護者たち>テク擁護... 続きを読む
    5059pv 40 58 2015年8月15日
  • 物理学的世界観入門【7/6】

    一方で、言葉なんて一度発せられれば作者を離れてテク海を漂うと思っている側からすれば、元々どんな意味だったか等は脚注にでも附しておけば良いし、何時の時代のテクだろうと誰かが読む時にはズレを含みその意味で新しい、程度の事は言う(…と思うんだけれど)。書いた人間が何言おうと、そのテクを元に議論を広める事は出来る筈。とりあ... 続きを読む
    2979pv 20 1 user 1 2011年7月6日
  • いかにテクストを読むか ~ 書き手と読み手の責任負担

    小説においては作者から解き放たれたテクはすべて読者のもの。テクだけなら意味は無限にとれるわけで、そこからの選択には善し悪しがある「テク」って言っても、良い読み、悪い読み、良い解釈、悪い解釈はあるよ。立法者意思説を否定しても、良い法解釈、悪い法解釈があるようにツイッターで貴重だった体験の一つに良い評判を寄せなかった読者... 続きを読む
    6075pv 59 5 users 1 2011年10月31日
  • [公開読書] 新版 質的研究入門〜〈人間の科学〉のための方法論【第1〜2章】

    本書が扱う質的研究は「テク」を扱うもの。情報(データ)収集はインタビューや観察で行う。 「データ→記録・文字化→テク」 そしてテクから解釈を始める。 プロセスの方向性は二種類:「理論からテク」「テクから理論」[公開読書] 新版 質的研究入門〜〈人間の科〉のための方法論, 2011, ウヴェ・フリック:著, 小田博志:監訳, 小田博志... 続きを読む
    8306pv 14 3 users 31 2013年3月18日
1 ・・ 25 次へ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする