「倭姫命」の検索結果

まとめの中から「倭姫命」の検索結果を表示しています。

検索に関連するタグ

  • コロナ禍のテレワークは「疎開」と同じではないかと思った→「応仁の乱」で一条兼良が美濃に疎開したのはなぜか:「疎開」で..

    において、 誤:神話時代も倭姫神が関係 正:神話時代も倭姫命が関係 上記、お詫びして訂正します。 (ここで倭姫命は「やまとひめのみこと」と読みます。記憶違いで失礼しました。)「やまとひめのみこと」の文字は「倭姫命」。 (倭姫神という人(神話の登場人物)はおられないですね。)大変、失礼しました。倭姫神(倭姫命)は「やまとひめのみこと」と読... 続きを読む
    14189pv 32 3 users 2021年2月11日
  • 邪馬台国は「やまと国」と読む・神武東遷など 真実の日本古代史

    RT : 垂仁天皇・倭姫命の時代、みやこは奈良盆地の巻向遺跡のところにありました。しかし、神武天皇は九州から東遷 RT :。安本美典はそう主張していますが、すでに戦前に、垂仁天皇の時の皇女倭姫命(やまとひめのみこと→ひめみこ→ひみこ)と比定されています。 RT : :今日は。そうすると「ヒミコ」=「アマテラス」ということでよろしいのでしょうか?垂仁天... 続きを読む
    18834pv 29 2011年12月8日
  • ~東国征伐~倭建命の旅

    憂い泣いている倭建命に対し、倭姫命は草那芸剣と袋を倭建命に渡した。 倭姫命は「危険が迫ったらこの袋を開けなさい。」と告げた。倭姫宮。伊勢にある大正時代に作られた倭姫命を祭る皇大神宮別宮。比較的近年になって作られた神社である。窮地に追い込まれた倭建命は叔母の倭姫命から貰った袋を開けた。すると袋から火打石が出てきた。伊勢神宮の創始者で... 続きを読む
    2558pv 28 2019年6月30日
  • 神社旅行記2016

    倭姫命世紀」によると、皇大神宮ご鎮座の後に御贄地を定めるため、伊佐波登美命がこの地に神殿を造営したと伝えられています。境内にあるこの井戸、説明は神社のパンフには載ってないんですけど、倭姫命が使っていたとされているらしい? 頑丈に封印されていますね。伊雑宮の所管社、佐美長神社と佐美長御前神社 倭姫命が巡幸の際、一羽の鶴が穂をくわえて... 続きを読む
    2302pv 2 2016年1月11日
  • 共同体と神話

    神道五部書のうち『倭姫命世紀』『神祇譜伝図記』ニニギ31万8543年、ホオリ63万7892年、ウガヤフキアエズ83万6042年の治世、計179万2477年)が経った…」 続きを読む
    238pv 2 2021年9月13日
  • 神社旅行記2019

    倭姫命が、この辺りの景色があまりにも美しくて二度見したということから、二見浦。 参拝の行列ができていました。 今年の御朱印は改元記念だそうで。また、社伝によると下照姫命が出雲からやってきて、この地に居住し安産の指導や農業開発に尽力されたことから、下照姫命も祭神としています。社殿の傍の山の中には経塚があります 近代まで下照姫命の墳墓と... 続きを読む
    1891pv 12 1 user 2019年12月30日
  • クリスマスにちなんだ太陽神信仰のはなし

    『日本書記』によると、天照大御神に仕えていた皇女倭姫命が、天照大御神の永遠の地を探す旅をし、大御神のお告げを受けたことが、内宮(皇大神宮)への御鎮座の始まりとされている。そして、神路山・島路山を源とする五十鈴川の川上に、斎宮五十鈴宮という名で鎮座することになったのだそうだ。 続きを読む
    1613pv 9 2011年12月25日
  • 切り紙『神皇正統記(天)』

    あるいは、倭姫命とかの所に出てくるかもしれない。その辺も調べないと。神代の内容のはずなのに、いきなり垂仁朝の大和姫皇女(倭姫命)登場するのは、『二一社記』の「住吉」で、神代紀を引用している体で神功皇后が登場するなど、親房の文献には、ままあること。倭姫といえば伊勢神道系の典籍と目される『倭姫命世紀』で、親房は大田命を登場させるなど... 続きを読む
    2113pv 5 2015年6月25日
  • 江戸城下さくらめぐりゆかりの神社について

    天照大神・豊受大神・造化三神、伊勢に天照大神を祀った倭姫命(初代斎宮)を祀っている。 縁結びのパワースポットとしても有名で、良縁を祈願するものがひっきりなしに訪れているそうだな。こちらも明治天皇の許しを得て、明治時代に創建。 続きを読む
    1181pv 2 2017年4月2日
  • 神主さんと神社を学ぼう!(平成29年編)

    まさかの倭姫命! 「倭姫命巡行地 御朱印帳」特別頒布 初穂料2800円 題字 皇學館理事長佐古一洌 監修 神社史研究会 慎みて 怠ることなかれ あぁ(3秒ほど)迷ったすえに戴いてし… 続きを読む
    3519pv 8 2017年3月30日
  • 熊野街道をゆく~奥伊勢紀行~

    倭姫命=邪馬台国の女王卑弥呼という説もあります。ちなみに元ネタの倭姫命世記には祝詞山は登場しません。どこから来たのかな?さて「大河之瀧原之国」ですが、大河でもないし滝もないので、山の反対にある多岐原神社と同じ多岐なのでは? GoogleMapあと倭姫が美人です。8/18 13:46 度会郡大紀町滝原 瀧原宮参道入口 瀧原宮の起源(倭姫伝説)の漫画を1コマずつ。... 続きを読む
    2156pv 16 2018年11月4日
  • マギアレコードと鏡と古事記【9/19追記】

    で、宮中に祀られたのち、倭姫命によって五十鈴川の畔の礒宮に移されてそこが伊勢の内宮です。 続きを読む
    6939pv 25 2017年9月16日
  • 【天●照】ちょっと伊勢行ってくる【豊●受】

    ここに祀られているのは、天照さんの神託を受けて伊勢の地に神宮を定めた倭姫命。色々旅して伊勢まで来た時に、天照さんが「ちょっと田舎だけど良いところだね!ここに住みたい!(´∀`*)」って仰ったとか。倭姫宮に着いたぞ!そんなこんなで倭姫宮にやってきたんだ。倭姫宮。御朱印の「倭」「姫」の字形がカッコいい。館内撮影禁止なので写真はありません(´... 続きを読む
    2022pv 10 2013年7月8日
  • 双頭の龍(前編) 「魔王からタタラへ」

    しかし、『倭姫命世紀』や『天地麗気記』のような神道書では、この逸話は明記されず、どうも社家や神道関係者ではなく、宮中の有職故実として神武と釈迦の時代的な関係が注目され、宮中での地神五代の年代が援用されるカタチで、神道書に反映されたようである。 続きを読む
    707pv 1 2016年12月15日
  • 「重陽節句」の歴史からアブナイ研究まで

    天皇による初期の祭事は、倭姫命を擬した(いわゆる)斎宮の儀式として今に残っていると思いますが、ご指摘の礼記や荊楚歳時記が(日本に)伝わると、やはりそれらが「習合」していったのかもしれませんね。(同じだったというのも根拠のないことでしょうから。) 続きを読む
    3354pv 27 1 2014年9月14日
  • 男系男子と女性宮家をめぐって 帰納法・背理法で証明される #女性宮家 .

    戦前の代表的な東洋史学者である内藤湖南は垂仁天皇の皇女倭姫命(やまとひめのみこと戦前の代表的な東洋史学者である内藤湖南は垂仁天皇の皇女倭姫命(やまとひめのみこと)を卑弥呼に比定しています。 RT : 卑弥呼は天照大御神という説もありますね。 RT : : 続きを読む
    8382pv 32 1 2011年12月7日
  • 農水省畜産部の原田英男氏( @hideoharada )の【畜産関係地震情報】(1/3)(原田氏、畜産、震災に関係無..

    この時、垂仁の第一皇女倭姫命が秩父方面まで良い場所を探しに行った可能性がありそう(未確認)。大変面白いかも?この時は途中で引き返したwことになってますから。 続きを読む
    1179pv 9 2 users 2012年1月4日
  • 伊勢本街道歩き旅の記録(2020.12.30完歩)

    伊勢本街道の難所である鞍取峠を越えてきます🚶‍♂️ 鞍取峠は傾斜がきつくて、伊勢に向かった倭姫命が御神体を載せた馬の鞍をはずしたというのが峠の名前の由来だそうです。 続きを読む
    1163pv 2 2021年11月12日
  • 熊野街道をゆく~荷坂峠のみち~

    瀧原宮は、皇大神宮(内宮)を創った倭姫命(ヤマトヒメノミコト)が、三瀬で真名胡神の神託を受け、この地に宮を作らせたとされる。ヤマトヒメといえば昔観に行った映画「ヤマトタケル」(1994)で宮本信子が演じていたが、オトタチバナヒメが沢口靖子で、日本書紀とは違って最後まで生きていた。 続きを読む
    3133pv 3 2017年8月7日
  • 一日一妖

    同名で祭られいる事もあり、倭姫命であったり、天狗に掠われた娘であることもある。妖怪名IMEよりところで、子持神社は木花開耶姫命と磐筒女大神、二柱の 女神が祀られている。これはどちらの女神だろうか 続きを読む
    1848pv 8 1 user 2017年1月23日
  • 都名所図絵巻之四 上

    「… 垂仁天皇(すいにんてんわう)の御宇(きよう)皇女(くはうによ)倭姫命(やまとひめのみこと)なり。[野(の)の宮の別(わか)れとは、例(れい)によつて九月上旬(じやうしゆん)吉日を卜定(ぼくぢやう)して伊勢太神宮(いせだいじんぐう)へ向ひ給ふとなり。…」RT 続きを読む
    2525pv 9 2015年10月16日
  • 古墳・陵墓・霊廟まとめ

    倭迹迹日百襲姫命大市墓倭迹迹日百襲姫命大市墓 続きを読む
    2105pv 2 2012年2月21日
  • 百合しぐさ

    この二人を倭姫と小碓命と同定しているのが彼女の独自の解釈であり、面白いところ。彼女がいうには小碓命、つまり倭建命は男装女子であると。#百合しぐさ 続きを読む
    7833pv 115 3 users 3 2013年6月19日
  • 「桃太郎と言えば岡山県」というイメージだけど、それを香川県民にいうと大変なことになるらしい…

    個人的に桃太郎(吉備津彦命)と卑弥呼(倭迹迹日百襲姫命)が瀬戸内で共同軍事作戦やってたというラノベ展開を信じているのでアリスソフトあたりにエロゲ化してほしい 桃太郎が岡山方面軍 卑弥呼が香川方面軍 続きを読む
    5797pv 17 28 2020年1月26日
  • 神話と伝承とワートリを考える。

    さらに、天照大神(遊真)を伊勢(修)のところまで導いたのは倭姫命(迅さん) #日本神話で読むワートリ 続きを読む
    218687pv 1336 2 users 11 2015年5月27日
1 ・・ 9 次へ