「労働生産性」の検索結果

まとめの中から「労働生産性」の検索結果を表示しています。

  • 「労働生産性」に関して  タグから検索  さらに詳しく

  • 2017-11-22のまとめ

    [PDF] 日本の労働生産性の動向 2017年度~時間当たり・1人当たり名目労働生産性は過去最高を更新 /日本の名目労働生産性の推移日本の時間当たり名目労働生産性の推移時間当たり実質労働生産性上昇率の推移労働1時間当たりでみた2016年度の時間あたり名目労働生産性(マンアワベースの労働生産性)も4,828円と、前年度水準を0.9%上回った。時間あたり労働生産性水準は、... 続きを読む
    640pv 2 2017年11月23日
  • 2018-07-01のまとめ

    (。 ・ω・)フム .(2017)等は、時間当たり賃金を労働生産性の代理変数とみなして分析を行っている。すなわち、労働生産性の上昇はすべて時間当たり賃金の上昇に帰結する、また時間当たり賃金の高低はすべて労働生産性の高低に起因するという考え方である。大都市圏の就業者規模と労働生産性の関係の概観2012年における都市圏の労働生産性(国際比較)2012年におけ... 続きを読む
    590pv 1 2018年7月1日
  • 2017-10-09のまとめ

    労働生産性(実質ベース)の推移 労働生産性(名目ベース)の推移産業に見た労働生産性の変化(実質ベース) 産業に見た労働生産性の変化(名目ベース)先進主要国の時間当たり労働生産性(実質ベース) 先進主要国の時間当たり労働生産性(名目ベース)主要先進国の労働生産性と専門職比率欧州諸国の労働生産性と成人教育訓練参加率労働生産性の寄与度分解... 続きを読む
    590pv 2017年10月9日
  • まとめテスト

    【定期・拡散】日本の労働生産性が低い理由。 労働生産性が低い=怠け者、ではない。 #最低賃金 #労働基準法【定期・拡散】日本の労働生産性が低い理由。 労働生産性が低い=怠け者、ではない。 #最低賃金 #労働基準法【定期・拡散】日本の労働生産性が低いのは、人件費が安いからです。労働生産性=付加価値額÷従業員数、ですが、付加価値には従業員に払う人... 続きを読む
    690pv 2 2014年8月1日
  • 2019-03-10のまとめ

    [PDF] 時系列データから見た労働生産性~景気の動向と労働生産性の関係 /労働生産性(実質)の推移景気の動向と労働生産性の関係について確認するとともに、②労働生産性の変化を要因(寄与度)分解することより、特に不況時の雇用調整(残業規制などの労働時間の縮減も含む)の方法が労働生産性に及ぼす影響について見ていく1時間当たり労働生産性変化率の要... 続きを読む
    957pv 2 2019年3月10日
  • NHK「AIに聞いてみた」出演の柴田悠准教授の主張をちょっと調べてみた

    上記日経記事によれば週あたり2時間の労働時間削減で労働生産性は0.62%上がる。当初の労働時間を40、労働生産性を100とすれば、週生産物は4000。ここで労働時間を38に減らすと労働生産性は100.62だから週生産物は3824と減るが、その分、週余暇が2時間増えるので子作り?柴田悠准教授によれば、労働時間週2時間短縮+国立大学完全無償化+子育て支援もろもろで、出生... 続きを読む
    5469pv 24 10 users 22 2017年7月23日
  • 日本の林業は何故儲からないのか?

    天候や地形で労働生産性が定まっているとすると、労働生産性にみあった賃金で我慢してもらうか、事業を諦めるしか無いですね。地形が理由で路網整備にコストがかかるとかだとすると、労働生産性を上げるのが難しくなるので、労働生産性に見合った賃金で喜んでくれる人を連れてくる方が手っ取り早くなる。単価が下がると経済学の意味では労働生産性が低下し... 続きを読む
    19432pv 39 4 users 5 2012年4月29日
  • 農業の労働生産性と付加価値

    農業人口で割れば農業の労働生産性が比較できるのに、これまた出したくないと思われるw狭隘な山間地農業のスイスと広大な平地農業のアメリカでは、農業の労働生産性がおそらく10倍は違うだろう。これ見て補助金の多い方をシバクのが日本のメディア品質。日本の農業人口は労働力の4%である。アメリカの1%という数字は人口比なので労働力比では1.3%程度か... 続きを読む
    7721pv 16 20 users 15 2019年4月12日
  • 2018-06-18のまとめ

    我が国の労働生産性を産業別にみると、サービス業の労働生産性が相対的に低く、低下傾向にある(図表6・7)。また、労働生産性の低下を人手を増やすことで補い、さらに労働生産性が低下するという悪循環が起きているG7各国の労働生産性労働生産性上昇率の寄与分解(;´∀`) 労働生産性に着目すると、近年その上昇率は先進国全体で鈍化傾向にある。我が国の労... 続きを読む
    610pv 2 2018年6月18日
  • 2017-08-08のまとめ

    労働生産性の低下を余儀なくされている。対照的に、米国の労働生産性は、58ドルから100ドルと1.72倍に上昇している。米国では、1人当たり労働時間を減らす一方で従業員を増やしたため、労働投入全体としては増加したが、付加価値がそれ以上に増加したため、労働生産性の改善が実現されている日本では従業員数を増やしつつ(1人当たり労働時間は微減)、付加... 続きを読む
    618pv 2 2017年8月8日
  • 農業生産性と日本の農業に関するディスカッション

    農業の生産性は、土地生産性労働生産性で相反する。1人の農民が耕す土地が狭いと土地生産性が高く、労働生産性は低くなる。反対に広くなると、労働生産性は上昇するが土地生産性は低下する。日本の農政は、労働生産性よりも土地生産性を重視したものと言える。ぼくは農業保護論者、つまり、アメリカ的大規模農園のような労働生産性を日本の農家に求める... 続きを読む
    1509pv 3 1 2011年11月9日
  • 2018-06-03のまとめ

    すなわち、傾向としては、資本集約的な産業では労働生産性が高くなり、労働集約的な産業では労働生産性が低くなっている。同じ国の異なる産業について労働生産性の水準を見ると、どの国においても、不動産、電気・ガス、金融・保険などの産業は労働生産性の水準が高く、建設業、卸売・小売、宿泊・飲食サービスなどの産業は労働生産性の水準が低くなってい... 続きを読む
    765pv 3 2018年6月3日
  • 2017-10-23のまとめ

    労働生産性の要因分解労働生産性成長率の要因分解主要先進国の労働生産性成長率は、近年、鈍化傾向にある。こうした労働生産性成長率の鈍化には、主として全要素生産性(Total Factor Productivity, TFP)成長率の伸び悩みが影響している。実質GDPの成長率を、労働生産性要因と労働者数要因の2つに分解すると、日本やドイツにおける近年の実質GDP成長率低下の主因は、労... 続きを読む
    563pv 2017年10月23日
  • 2019-03-15のまとめ

    産業別労働生産性上昇率日本全体としての平均的な賃金の増加率が低下しているのは、基本的に、日本全体としての労働生産性上昇率が低下しているためである。日本全体としての労働生産性上昇率が低下しているのは、産業構造の面で、労働生産性が高く賃金水準も高い製造業の比率が低下し、1990年代から最近までに産業全体としての労働生産性上昇率が低下してき... 続きを読む
    560pv 2 2019年3月15日
  • 最近の時事評論。イタリアより効率悪い…、無意味な労働を頑張る日本人?

    労働生産性の国際比較時間当たり労働生産性 国際比較統計・推移 - Global Note日本は、エスニック・ジョークで「怠け者」とされがちなイタリアやスペインよりも、時間当たり労働生産性が低い。”OECDデータに基づく2015年の日本の時間当たり労働生産性は、42.1ドル(4,439円)。米国の6割強の水準で、順位はOECD加盟35カ国中20位だった。”日本の1時間あたり労働生産性は低... 続きを読む
    1638pv 5 2017年1月16日
  • 日経新聞、記事タイトルを変え続ける - 日本経済研究センター「博士採用で生産性低下」論文問題

    資本と学歴の効果を除外した生産性(Harrod-Neutral Productivity)と労働生産性の重相関係数は0.79となっており、学歴が労働生産性に分散に寄与する割合は、残り2割強から資本の影響を除外した部分なので大したことが無いと言うことに。が、博士数からの「因果関係」としての労働生産性の伸び悩みを結論づけるのは幾ら何でも不可能では日本全体で見るなら、労働生産性... 続きを読む
    18660pv 129 10 users 296 2018年2月12日
  • 続々・農業生産性と日本の農業に関するディスカッション

    機械費率がアメリカの農家よりも低いのは、労働生産性が低いからなんでしょうね。土地生産性は、農民一人が丁寧に耕せる広さを超えると低下し始める。また、企業化すると土地生産性は低下する。土地生産性を高く保ちつつ、労働生産性を高めていくためには、適切な規模への農場の集約化を、企業化ではなくやる気のある専業自作農の育成の下で進めるべきだと... 続きを読む
    1862pv 4 1 2011年11月12日
  • 2018-12-14のまとめ

    産業別の労働生産性の動きをみると、ほとんどの産業において労働生産性上昇率が低下しているか、あるいは労働生産性の水準が下落していることがわかる。製造業の場合、2000年代前半までは労働生産性上昇率が4%近かったが、直近では2%程度に低下している。産業別労働生産性上昇「モノづくりの国」と言われ、製造業の生産性は高いとされていたが、ITなど... 続きを読む
    482pv 2 2018年12月14日
  • 2019-06-10のまとめ

    労働生産性の伸び(2010→2017年の年平均伸び率、%) 労働生産性と実質賃金(季節調整済、1980年以降の平均=100)県内総生産と外国人労働者数 都道府県別の労働生産性と外国人労働者数労働生産性の水準(2017年、米国=100) 労働と資本の代替の弾力性このように、労働生産性が引き上げられた一方で、実質賃金の上昇が抑制気味であるため、実質賃金ギャップ(実質... 続きを読む
    473pv 2019年6月10日
  • 2017-11-02のまとめ

    労働生産性の高い製造業の就業者数が213万人減少する一方、労働生産性の低い保健衛生・社会事業の就業者数が370万人増えており、労働移動あるいは産業構造の変化による労働生産性の改善が難しくなっているこの要因分解に用いた産業区分が大分類(製造業は中分類)であることから、同一産業内の労働生産性の改善に、各企業における労働生産性の改善のみならず... 続きを読む
    510pv 1 2017年11月2日
  • 2016-12-27のまとめ

    これらは、労働集約型で労働生産性が低い産業である。このように、労働生産性の高い業種から、労働生産性が低い業種へ雇用構造がシフトしたため、マクロの労働生産性が低下したのである。なお、投資比率と労働生産性の関係先進国では、労働生産性の低下が顕著である(図表20)。労働生産性の低下は潜在成長率の低下をもたらすため、成長ペースがなかなか加速... 続きを読む
    638pv 3 2016年12月27日
  • 2018-12-04のまとめ

    市町別の労働生産性静岡県の産業別労働生産性労働生産性と非正規社員比率の関係各産業の労働生産性と非正規社員比率の関係をみると、非正規社員比率が高い産業では、労働生産性が比較的低いという傾向がみられる(図表15)。主要産業の産業別・市町別の労働生産性(参考数値)宿泊・飲食サービス業の市町別の労働生産性(参考数値)伊豆地域の市町の労働生産... 続きを読む
    403pv 2 2018年12月4日
  • 2017-01-27のまとめ

    産業活動別労働生産性の変化公需・移転財源と労働生産性の関係〈米作が悪いといういんじゃないけども、例えばコメというのは労働生産性がものすごく上がってます。しかし、土地生産性は最も低いんです。土地生産性が低くて労働生産性がものすごく上がるということはどういうことか。公需の割合が高い地域は労働生産性が低い傾向があり、両者には負の相関が... 続きを読む
    434pv 2017年1月28日
  • 安倍政権が誇ってきた、株高、失業率改善、企業の業績アップ、それらすべての成果が崩壊する可能性が・・・。私的まとめ。

    【韓国に追い抜かれた日本の行く末】 OECDの統計で日本は1人当たりGDPや労働生産性で韓国に追い抜かれ、労働生産性はトルコやスロベニアよりも下位です。生産性を上げることが喫緊の課題です。国の一人当たり労働生産性は、GDP÷就業者数なので、失業者が増えれば高まる傾向にあります。日本より失業率が遥かに高くストや暴動が頻繁するフランス等の労働生産性何... 続きを読む
    2046pv 5 1 user 2020年2月27日
  • 2019-02-19のまとめ

    労働生産性上昇率州毎にみた労働生産性2018年7~9月期の労働生産性上昇率は前年比+0.6%にとどまり、2011年以降の低生産性局面が継続している(前頁図表2)。米国では、人材移動が活発化するものの、労働生産性上昇率は伸び 悩んでいるのが現状だ。[PDF] みずほインサイト 米州 米国における転職と労働生産性~人材移動は活発化するも生産性向上には繋がらず /州毎に... 続きを読む
    416pv 2 2019年2月19日
前へ 1 2 ・・ 25 次へ