Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

「国家神道」の検索結果

まとめの中から「国家神道」の検索結果を表示しています。

  • 日本の外にある神社

    国家の時代でも朝鮮神宮や台湾神宮を建てていますし一応は外国の満洲にも建国神廟を建てています 国家はともかく、自然崇拝に由来する神道において「外国人排斥」を正当化する考えってあったっけ?国家が同化ツールであったことは同意です。同化と排除と表裏一体とも思えますが。 RT : 国家の時代でも朝鮮神宮や台湾神宮を建てていますし一応... 続きを読む
    1411pv 16 1 2013年11月28日
  • またまた、菅野完@ noiehoie氏の「国家神道本丸論」「神社本庁本丸論」「神道政治連盟本丸論」とかいう造語につい..

    国家の歴史について『国家と日本人』 を引き継ぐ研究を続けています。「天皇崇敬・慈恵・聖徳-明治後期の「救済」の実践と言説」『歴史学研究』932号(2015年6月)「島薗進氏(上智大学)は「国家の復興と公共空間」と題して、解体されたはずの国家が近年、復興の動きを強めていると指摘。」 株式会社仏教タイムス社戦前の生長の家は1931年... 続きを読む
    8609pv 28 3 users 2016年6月23日
  • 国家神道では死者を「祀る」のは政治的行為であり、追悼とは無関係

    そして、国家では死者を「祀る」というのはあくまで政治的行為であって死者の追悼とは無関係なんだと、誰か右側の人たちに教えてやって下さい。ごく大雑把にいうと、靖国とか国家は水戸学の強い影響下にあって、ということはつまり思想的源流の一つが儒教なわけだから、村の鎮守に参るのとはわけが違う。そもそも靖国なんてあからさまに政治的存在... 続きを読む
    9862pv 25 4 users 2013年12月26日
  • 日本仏教史瞥見

    明治政府は明治元年に一連の「神仏分離令」を発して、それまでの神仏習合的な寺社の形態を改めさせ、事実上の国教としての「国家」へのレールを敷いている。10)明治政府が権力の正統性として国家を創作し、太平洋戦争期には国家ぐるみの狂信へと転落していくわけだが、それを許した背景には、教理的に早くから崩壊し、やがて葬送ビジネスへと換骨奪... 続きを読む
    1138pv 5 2012年3月14日
  • 提案「東方右傾化:東方は右傾化に加担しているというのは煽り冗談だとは言えないのではないか?」

    その再確認する工程に組み込まれないのが国家だ。しかし実際には国家の国の字すら出てこない。それは東方という作品群を消化する私たちが無意識に「追悼し反省すべき過去」を排除し皆がそれに同意しているということに他ならない。国家が如何に帝国主義日本をつくりあげたかについて指摘するまでもない。そしてその帝国主義は沢山の過ちを犯し... 続きを読む
    2027pv 12 2013年10月8日
  • 伊勢志摩サミットと安倍首相と国家神道への回帰志向について 《山崎雅弘》

    「安倍首相はG7サミットに先立って神道の聖地を参拝」「戦争中の日本の指導者は国家イデオロギーを戦争遂行に利用したが、戦後の平和主義憲法は国家と宗教を分離した」エコノミストやガーディアンなどは、安倍首相と日本会議の国家回帰志向を関連づけて分析しているが、そこが抜け落ちた議論が日本では多い。伊勢志摩サミット 総括 海外メディア(毎... 続きを読む
    33311pv 1205 14 users 295 2016年5月24日
  • 菅野完さんの、日本会議がやってきたことは『女子供は黙ってろ』運動だ

    「そんなことよりも、9条ガー 国家がー」となる国家も強いんでしょう。しかし今厳然として眼前で『女子供』が抑圧されている。それに抗えず、国家に抗えるんですか?」と尋ねる。ここまでくると向こうも意地だ。先日など「君は失敬だ!細かいことにこだわりすぎる」と言われたw前者の場合は、「いや、そんなことはない、自民党は国家の復活... 続きを読む
    136329pv 2712 700 users 1177 2016年7月1日
  • 【山崎雅弘『戦前回帰』が捉える国家神道の病理】

    6【山崎雅弘『戦前回帰』が捉える国家の病理】 「天皇の崇高さを際限なく高め天皇を頂点とする国家体制の至高の価値を認めてそれに献身すれば、自分の命の重さは極限まで軽くなります。しかし、それと引き換えに自分がこの世で「生きる意義」や」1【山崎雅弘『戦前回帰』が捉える国家の病理】 戦前日本の弱さに独自の分析。「価値判断の「上位であ... 続きを読む
    3662pv 154 2 users 80 2015年12月21日
  • 伊東乾先生itokensteinの「実際に戦地に兵卒として赴いた人間は、たいがい言葉少なに、しかし明確に「二度と戦争..

    国家を挙げ信教自由という人があるがそれは180度逆の大間違い。戦前は唯一最高の国家が強制され臣民は「喜んで」死地に赴く事を強要されました。平泉澄ら草案の高々数年のものでむしろ厳密に禁止するべきだったかもしれないしかし「兵隊となんとかは殴れば殴るほど良くなる」といった習慣に始まり、国家のメンタリティまで戦前の日本軍その... 続きを読む
    5683pv 38 1 user 3 2014年2月28日
  • 【「「国家神道」における公共性と宗教性」】

    3【「「国家」における公共性と宗教性」日本宗教学会9/8】国家論の混迷は「国家」を狭く「神社神道」だけに限定したことにある、天皇の祭祀や国体論も含んだ広い定義を採用すべしと論じて来たが、むしろ神社・天皇・国体の関係を問う議論が必要とすべきだったのだな。パネルに感謝。2【「「国家」における公共性と宗教性」(日本宗教学会... 続きを読む
    1382pv 3 1 user 2012年9月8日
  • 右翼(神道)勢力が神道国家を復興させたがっている

    塚本幼稚園で危険な国家復活。国家なんてオウム以上にヤバイカルトだよ。元日の産経新聞には、国家の復活に向けた記事が掲載されていた。「神道再興へのきざし」とあるが、GHQの神道指令が「日本人から神々を遠ざけようとした」という、歴史的事実を歪曲したミスリードが示すように、信仰としての「神道」と政治システムとしての「国家... 続きを読む
    3083pv 4 1 user 2017年2月21日
  • 2015.10.13国際報道プロジェクト(IRP)報告「国家神道の復活を目指す日本の安倍首相」全文

    #国家 0.【緊急和訳連投】国際報道プロジェクト(IRP)報告「国家の復活を目指す日本の安倍首相」全文 2015年10月12日 マイケル・ホルツ(クリスチャン・サイエンス・モニター) CSM:#国家 以上の緊急和訳連投 国際報道プロジェクト(IRP)報告 「国家の復活を目指す日本の安倍首相」全文 2015年10月12日 は、Twilogでも連続閲覧が可能です。 まとめる場合な... 続きを読む
    7032pv 248 33 2015年10月15日
  • @genshin01 Nakamichi51@神道学者 先生による神道における伝統と国家神道というコトバ

    最新の『明治聖徳記念学会紀要』に新田均先生の「島薗進『国家』論再考」という一文があります。その冒頭を紹介します。「村上重良が唱えた『国家』論の中身を換骨奪胎することによって『国家』という術語を延命させようと試みる島薗進は、一手段として、村上が行った時代区分」【続】今日、国家という語を「伝統の創造」の実例として挙げ... 続きを読む
    2318pv 13 1 2015年1月20日
  • @souankn kokka-shitou 14/01/02 000

    国家とは> #国家 #軍事<解 説> #国家 #軍事<参考文献> #国家 #軍事り あ る #国家 #軍事見 出 し だ け か #国家 #軍事<有益まとめ> #国家 #軍事何 が 異 聞 か #国家 #軍事ま た 石 原 か #国家 #靖国そ も そ も 何 か #国家 #軍事そもそも論・・・ #国家 #軍事 続きを読む
    313pv 2014年1月2日
  • 心の師達の狂演

    ≫「怒りを忘れた国家論」―島薗進『国家と日本人』批判 - ちきゅう座で、「国家=三者複合体理論が瓦解状態にあり、国家=一者(神社神道)理論が勢力を持っている現況」があると。島薗先生はこれを「国家概念が不明確になり、国家についての議論が混乱している」と評し、先程の論説でも〝この基本的な論点で村上重良を支持し、村... 続きを読む
    1627pv 2011年1月26日
  • 「(国家)神道は宗教ではない」と破壊的神社政策

    一部国学者や柳田・折口らは反発しました 国家は…文部官僚(および内務官僚を頂点とする全員)が宗教でないと断言したのは、自分たちが人工的に作り上げたという意識が…ぼちぼち「フランスにおける脱宗教性(ライシテ)の歴史」を読んでいるけど、のちのち近代天皇制・国家まわりをおさえていく際に伏線になりそうだなと島薗先生と金子さんのやり取... 続きを読む
    3247pv 6 2011年10月2日
  • 東晋平氏の日本仏教瞥見。「本地垂迹」から「神本仏迹」へ……国家や民族を超える普遍性を日本仏教はどのように喪失したのか。

    明治政府は明治元年に一連の「神仏分離令」を発して、それまでの神仏習合的な寺社の形態を改めさせ、事実上の国教としての「国家」へのレールを敷いている。10)明治政府が権力の正統性として国家を創作し、太平洋戦争期には国家ぐるみの狂信へと転落していくわけだが、それを許した背景には、教理的に早くから崩壊し、やがて葬送ビジネスへと換骨奪... 続きを読む
    6355pv 28 6 users 7 2012年3月11日
  • シンポ「宗教と公共性ー神道と宗教復興」

    6シンポ「宗教と公共性ー神道と宗教復興」青野氏は植民地朝鮮での国家と宗教の公共的機能について、1935年に総督府が「宗教復興」を打ち出し宗教性を含みこんた国家を広めようとしていった経緯を述べた。「心田開発」運動というもの。国家に奉仕する宗教の像。10シンポ「宗教と公共性ー神道と宗教復興」1945年に国家か解体し、完全な思想・信条・信... 続きを読む
    1226pv 13 1 user 2013年7月23日
  • @souankn log 14/01/02 009

    国家とは> #国家 #軍事り あ る #国家 #軍事<解 説> #国家 #軍事<参考文献> #国家 #軍事<有益まとめ> #国家 #軍事そもそも論・・・ #国家 #軍事な る ほ ど な #国家 #軍事何故か、函館・・・ #国家 #軍事何 が 問 題 か #国家 #軍事ま た 石 原 か #国家 #靖国 続きを読む
    905pv 2014年1月2日
  • 山崎雅弘氏最新刊『戦前回帰』について自由に語ろう。

    国家や人命軽視などWW2時の思想を肯定する形になってしまうから問題なんだと報道してほしい。 そもそも国家神道政治連盟・日本会議を表に引きづり出さないと安倍政権の行動原理と、WW2時の政府・日本軍の行動原理が「国家」で結びついている事には驚いたし、それによって今の政治状況に対する危機感がかなり増した。 「国家」で安倍政権の意... 続きを読む
    1927pv 2 2015年10月19日
  • 山崎雅弘『戦前回帰』の内容と、安倍晋三政権下の諸政策について 《山崎雅弘》

    戦前戦中のわずか十数年ほど日本の政治体制を支配し、日本という国に歴史上最大のダメージを与えて数百万の自国民を死なせた「国家体制」の復活を拒むことは、中韓とは何の関係もないが、戦前戦中の国家体制を肯定礼賛する人は「国家の否定イコール中韓の利益」のように論理をねじ曲げる。安倍政権の行動原理と、WW2時の政府・日本軍の行動原理... 続きを読む
    12392pv 120 1 user 47 2015年10月19日
  • 靖国問題考―慰霊の表象とその承認

    国家と神社非宗教論については出雲大社紫野教会の論稿()が参考になる。宗教は信仰ではなくツールである、という人々の認識を踏まえれば、国家(のデバイスである神社)を「非宗教」(=信仰を伴わないツール)としたのも当然の判断だ。終戦によって明治政府以来の大日本帝国、つまり国家をツールとして採用する国家が崩壊し、人間宣言によって天皇は日... 続きを読む
    1254pv 8 1 2015年6月24日
  • 国家神道ができるまでの日本の歴史

    それは明治維新になって、西欧化の為の富国強兵にさらに利用され国家として確立した。自民党はそれを夢見ている国家を正しく理解するためには、まず我が国の成り立ちの正確な認識が必要である。およそ10万年くらい前、日本列島はまだ大陸の一部であった。そのころに縄文人がこの地区に住み始め、その後に大陸から日本列島に分離した。この縄文人の長... 続きを読む
    1842pv 8 1 2015年2月22日
  • 歴史認識の重要性を国民に問いたい。

    それを明治の国家は廃仏毀釈で徹底的に潰してしまった。靖国神社を中心とする明治の国家は日本古来の神道ではなく、欧米の一神教を真似た天皇という人格神を作り上げた疑似宗教である。日本の神道は常に自然が神であった。天武と持統は伊勢神宮を作り最初の国家を作ったが、それは決して唯一人格神ではなかった!日本人に正しい歴史観がないと... 続きを読む
    3227pv 49 1 2014年5月8日
  • 「祭・政・教」を巡る、島薗進/中田考の言語空間

    ≫島薗進『国家と日本人』について )神仏習合の「祭」では頼りないと国家を築いて近代国家の精神的支柱を作ろうとしたのが近代日本。@HASSANKONAKATA“: 中田考さんが国家についての私のブログにコメントしてくれて垣間見た。大いに関心があるのだが、どこにいったか分からない。”7月刊行の『国家と日本人』への疑問等へのとりあえずの応答を... 続きを読む
    3956pv 9 3 users 1 2011年1月6日
1 ・・ 25 次へ