「学術情報流通」の検索結果

まとめの中から「学術情報流通」の検索結果を表示しています。

検索に関連するタグ

  • 図書館情報メディア研究会さんによる「オープンアクセス・機関リポジトリについての初学者向け情報源(暫定版)】」

    (11)SPARC Japan 国際学術情報流通基盤整備事業 :| 論文執筆や学術的出版、ジャーナル選択や投稿手続きにおける日本人研究者のためのコツ | 英文校正エナゴの学術論文ブログ :(1)学術機関リポジトリ構築連携支援事業 :【オープンアクセス・機関リポジトリについての初学者向け情報源(暫定)】さじ加減がまだ少し不確かだが、ネット上で読める初学者向けの文章や... 続きを読む
    798pv 4 2015年1月8日
  • 「未来の図書館:図書館の新しいミッション 第Ⅰ弾 オープンアクセスウィーク・ワークショップ」(2014年10月22日)

    大学と大学図書館の方針:学術情報流通の利害関係者の1員として、いかに関与していくのか?#oawkobe2014 (live at )つづいてパネルディスカッション「ポストOAと学術情報流通における図書館のミッションについて」 #oawkobe2014 (live at )もともとの専門は学術情報流通論と利用者行動分析。博士論文もリポジトリ等のログ分析を扱った。その関連で分析を依頼された#oawkobe2014 (l... 続きを読む
    1951pv 12 2 users 6 2014年10月22日
  • Elsevier boycott

    「第4回 SPARC Japan セミナー2011 「学術情報流通の未来を切り開く―電子ジャーナルの危機とオープンアクセス―」」Gowers, "Elsevier — my part in its downfall", Elsivierが学術出版を寡占し,その立場から雑誌購読契約などで極めて一方的な態度を取ることに反対しよう,という呼びかけ.Gowers, "Elsevier — my part in its downfall", Elsivierが学術出版を寡占し,その立場から雑誌購読契約な... 続きを読む
    3659pv 24 2 users 2 2012年2月1日
  • 林和弘氏、有田正規氏講演会「オープンな知がイノベーションを生む -オープンサイエンスの潮流と図書館の可能性-」(東大..

    学術情報流通の再発明の時期にある。 #オープンサイエンス新図書館ポストグーテンベルク時代のオープン化へ、Webベースへ⇒学術情報流通の再発明⇒どういう政策を?という問い。 #オープンサイエンス新図書館(林氏)20年前から電子ジャーナルの開発、editor publisher → manager → 政策に資するための調査研究を行い、学術情報流通を俯瞰し、科学・学術研究の将来、... 続きを読む
    1981pv 4 1 user 2015年10月22日
  • 第12回図書館総合展1日目(2010年11月24日)

    学術情報サミット・ワークショップ 第2部」 日本の学術情報流通の近未来を作る(ステークホルダー討議) #lf2010 (#SIOS live at )【RT歓迎】土屋俊・千葉大学教授による「学術情報サミット・ワークショップ 第1部」 学術情報流通をめぐる世界と日本の状況(現況総括)UST中 #LF2010 (#SIOS live at )RT : 【RT歓迎】土屋俊・千葉大学教授による「学術情報サミット・ワークショッ... 続きを読む
    3609pv 5 2 users 2010年11月25日
  • メモ:不定期&小グループが開催するイベント情報をどう流通させるか

    研究者の情報を大学経営、産学連携、アウトリーチ、学術情報流通のために一元化する、というようなケースでも根は同じだと思うんですよね。めんどくさいシステムには誰も入力しないので、いかに研究者の通常業務を軽減するサービスを提供し、その一部として組み込むか。学術系だとACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) のイベントカレンダーがありますよ学術系だとACADEMIC RESOU... 続きを読む
    1868pv 10 5 users 2011年2月2日
  • 平成24年度国立大学図書館協会東北地区協会研修会

    報告(1)「IT大国インドにおける学術情報流通の最新事情」吉植庄栄氏(宮城教育大学附属図書館・学術情報管理係長 ) #Tohoku_Banzai今日は、国大図協海外派遣事業のこと、インドの学術情報のこと、インドの図書館のこと、インド人のこと、カレーのこと(笑)を主にお話しします。参加するとインドカレーが出るらしい。。。国会図書館のアジア情報課の方の情報がと... 続きを読む
    1234pv 7 3 users 2013年3月9日
  • 第155回ku-librarians勉強会 : 「職歴から大学図書館の動きを考える」

    NACSIS-CAT所蔵1億件突破、千葉大学本館増改築→アカデミック・リンクの実現へ 「大学図書館の整備及び学術情報流通の在り方について(審議のまとめ)」2009年 #kul155「学術情報システム」という言葉は1973年の学術審議会答申が初出。1980年「今後のおける学術情報システムの在り方について」#kul1552010年〜2011年 浜松医科大学学術情報課長 静岡県医療期間図書室事務局... 続きを読む
    2516pv 3 1 user 3 2012年11月3日
  • H25年度筑波大学附属図書館学類別貸出ランキング!

    【H25年度貸出ランキング(情報学群知識情報・図書館学類)】1.変わりゆく大学図書館 逸村裕, 竹内比呂也編 2.学術情報流通とオープンアクセス 倉田敬子著 2.もういちど読む山川世界史 「世界の歴史」編集委員会編(続く)【H25年度貸出ランキング(情報学群情報メディア創成学類)】1.たのしいRuby : Rubyではじめる気軽なプログラミング 第2版 高橋征義, 後藤裕... 続きを読む
    1614pv 10 2014年3月31日
  • 第99回 #全国図書館大会 福岡大会 #第9分科会 :出版流通「電子書籍の導入を考える」

    大学を中心とした学術情報流通の変化への対応。 外国語文献販売の対応 教科書市場の縮小化。 デジタル環境の変化。出版の意味をどのように構想していくべきか。#jla2013 #jal99 #全国図書館大会 #第9分科会情報リテラシーや経済力によるアクセス性の有無に影響ないか>電子書籍 #jla2013 #jal99 #全国図書館大会 #第9分科会出版流通委員会委員。 見解を元に発表。#jla2013 #jal99 ... 続きを読む
    1151pv 4 2 2013年11月22日
  • オープンアクセス・サミット2013

    機関リポジトリは学術情報流通への図書館の関与、という観点 #oasummit2013#oasummit2013 現代の学術情報流通においては可視性こそが王様なので、せっかくGoogle Scholarに拾われてアクセスや被引用も伸び出したのにそこがリンク切れ起こされたりすると目も当てられない(図書館のサービス機能というよりも,学術情報を公開する出版社な機能のような気もする)#oasummit2013話... 続きを読む
    3049pv 18 3 users 5 2013年6月6日
  • 第15回 #図書館総合展

    NII喜連川優所長と語る学術情報流通の未来 #図書館総合展: NII喜連川優所長と語る学術情報流通の未来 #図書館総合展 ... #followmeJP #まとめNII喜連川優所長と語る学術情報流通の未来 #図書館総合展NII喜連川優所長と語る学術情報流通の未来 #図書館総合展NII喜連川優所長と語る学術情報流通の未来 #図書館総合展NII喜連川優所長と語る学術情報流通の未来 #図書館総合展NII喜... 続きを読む
    12779pv 63 9 users 4 2013年10月29日
  • 20131215図書館総合展シェア会@大阪まとめ(ダイトケン兵庫+大阪支部合同例会)

    今回は「NII喜連川所長と語る学術情報流通の未来」について。 #ダイトケン #図書館総合展「NII 喜連川優所長と学術情報流通の未来」はパネルディスカッションに登壇。パネリストは所長、大向先生、現場の大学図書館員3名(全員国立大学)。 #ダイトケン #図書館総合展農水省もそうだが、文科省のミュージアム「情報ひろば」も自由に利用できる。ぜひ見に行って... 続きを読む
    2036pv 18 21 2013年12月15日
  • 第5回SPARC Japanセミナー「OAメガジャーナルの興隆」(2012-02-29)

    ビジネスのメカニズムがわからない研究者に対して、「新しい学術情報流通」をどう理解させるのか?今日のSPARC Japan セミナーは「OAメガジャーナル」を取り上げて学術情報流通やコミュニティやコストに迫るが,同じ今日,Oxford大ではE社・N社・Welcome Trust・Mendeleyなどを迎えてパネルをやるらしい。たいへん多くの情報が出版されていることは認識している。国立情... 続きを読む
    1994pv 11 4 users 2012年3月2日
  • 平成23年度 機関リポジトリ新任担当者研修(広島会場) #DRFshinnin

    濱:シンポジウム「学術情報流通の危機を考える」開催。電子ジャーナルの高騰などを取り上げ、改めて機関リポジトリの意義を考える。 著作権セミナーなども開催。 #DRFshinninと嘆く前に、ネット上に高品質の学術情報を多く流通させることを考えたいものです。 #DRFshinninと嘆く前に、ネット上に高品質の学術情報を多く流通させることを考えたいものです。 #DRFshinnin... 続きを読む
    2269pv 10 1 user 2011年9月10日
  • 第36回勉強会「We’re back!」togetterまとめ

    久保田課長は、東大六本木キャンパスで、学術情報流通に関心が高まった3年を物理学研究室図書室で過ごされました。 #36_hokuto#36_hokuto EJが一般的になる前の時代、理系の研究が爆発的に活発で、学術流通が追い付いてないような状況があった。それが学術流通に関心をもつきっかけになったそう。今の学術基盤実態調査をご担当。電卓で!? (今でも調査ものは大変で... 続きを読む
    1717pv 2 1 user 2018年6月1日
  • 第1回 SPARC Japan セミナー2017「図書館員と研究者の新たな関係:研究データの管理と流通から考える」 ..

    主要な連携先とのマッピングの定義により、国際的な学術情報流通の促進につながる。 #sparcjp201701続いて 新たな学術情報流通においてJPCOARスキーマが果たす役割 片岡 朋子(お茶の水女子大学/JPCOARメタデータ普及TFメンバー) YouTube中継はこちらから #sparcjp201701新しい役割の可能性として1) Embedded LIbrarian 2)学術情報支援部門の構築 #sparcjp201701学術情報支援部門の構築:大... 続きを読む
    3399pv 30 9 users 50 2017年9月13日
  • メタデータ☆ナイト

    というのもJuNII2「NII が各リポジトリからハーベストするための」,IRDB「日本の学術情報流通のハブとしての機能」もあるもの。とすると国際的な相互運用性は想定範囲外。そこを変更するなら中途半端な名前は似合わないよなぁ。 #メタデータナイトそのまま流通している。 #メタデータナイト積年の課題 4)国際的なデータ流通の強化 #メタデータナイト位置情報。経... 続きを読む
    4582pv 8 7 users 33 2016年11月10日
  • 第101回 人文科学とコンピュータ研究会発表会 (#jinmoncom)

    しかし一次資料を学術情報流通の中に組み込むことが難しいという点はマンガ研究の発展を著しく阻害しているのではないかという気がする。学術的な知見などが業界に反映されない.具体的に使える実学志向で研究を進めていきたい」 #jinmoncom感性情報学?「マンガ情報資源を利用する場合に問題となるのは,情報資源によって語彙,概念が異なることである」 #jinmonc... 続きを読む
    2172pv 18 4 users 12 2014年1月25日
  • #ライブラリーキャンプ 2013 in 恩納村-創る図書館を創る、未来の図書館をつくる「島の図書館、旅と図書館-日本..

    #ライブラリーキャンプ / “国際学術情報流通基盤整備事業 │ SCOAP3”#ライブラリーキャンプ ウェブが変えたネット利用/「誰でも」情報発信ができる、情報の形式を問わない、情報の関連付け(リンク)ができる の3つ。#ライブラリーキャンプ 文化情報センター構想。一階に観光情報発信コーナー機能、二階に図書館機能。二階からは東シナ海を臨む眺め。#ライブラ... 続きを読む
    3153pv 27 2 users 13 2013年12月10日
  • TeXユーザのつどい 2012 #texconf12

    <8> [招待講演] 学術情報流通の XML 化 -- NLM DTD と JATS (時実 像一) 13:50-14:35 #texconf12(海外に外注は DH / 人文情報系の人も大好きな手法だなw #texconf12 )(今は確か「東アジア人文情報学研究センター」とかいうらしいぞw #texconf12 )学術出版は大変だなぁ(学術印刷の「えげつない具体例」オンパレード) #texconf12学術印刷は板野友美よりよっぽど難しいらしい。 #texconf12学術... 続きを読む
    4589pv 23 2 users 1 2012年10月27日
  • #NIIportal 2日目 @名大 20110804

    講義(4)「学術情報流通を実現する技術(2)‐応用技術」 by 大向一輝(国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 准教授)(30分) #niiportalvisionは学術情報の4次元ポケット。学術情報に自由にアクセスしてもらうことが重要。 #niiportal「学術情報の四次元ポケット」時間と空間を越えた学術情報の蓄積場所というイメージです。仮名称「論ポケ」。キャラクターは「よ... 続きを読む
    3625pv 17 6 users 1 2011年8月4日
  • 第16回 #図書館総合展

    フォーラムでは、首長をお招きした地方自治体の取組や、学術情報流通等の発表もあります。ぜひご来場ください。(bot)フォーラムでは、首長をお招きした地方自治体の取組や、学術情報流通等の発表もあります。ぜひご来場ください。(bot)フォーラムでは、首長をお招きした地方自治体の取組や、学術情報流通等の発表もあります。ぜひご来場ください。(bot)... 続きを読む
    17762pv 47 9 users 208 2014年11月6日
  • 人工知能学会誌の新しい表紙デザインのイラストへの反応

    「多くの人にアピールすることを考えると、一度は手に取ってみたくなる表紙、ふと目に留めてしまう表紙というのは重要な要素だと思います」 / “学会誌名の変更と新しい表紙デザインのお知らせ | 人工知能学会 (The J…” #学術情報流通無線電力供給も、情報末端まででモーターとかは未だむりみたいですね。こんなのがイメージされているのでしょう。情報ありが... 続きを読む
    22333pv 233 5 users 171 2013年12月26日
  • 図書館総合展フォーラム「教育委員会制度改革を問う」

    フォーラムでは、首長をお招きした地方自治体の取組や、学術情報流通等の発表もあります。ぜひご来場ください。(bot)地方自治体同士で情報共有すればいい。上から目線の研修は?#図書館総合展 ( #図書館総合展 live at )情報を得させていただいた。首長としてはニュアンスが違うところを感じている。現場のものとして。住民の方の意見の中で動いている。#図書館... 続きを読む
    2359pv 13 4 users 2014年11月5日
前へ 1 2 ・・ 25 次へ