「学術情報流通」の検索結果

まとめの中から「学術情報流通」の検索結果を表示しています。

検索に関連するタグ

  • 第13回図書館総合展Day1 #LF2011

    #LF2011 こちらの番組では,「日米図書館フォーラム Part 1 学術情報流通の変容と図書館の新たな役割」の中継を行っています. ( #jalibforum live at )ポスターNo.37「学術情報のコラボレーションを加速させる Project Shizukuの技術」筑波大学 Project Shizuku. #LF2011RT : ポスターNo.37「学術情報のコラボレーションを加速させる Project Shizukuの技術」筑波大学 Project Shizuku. #LF2011RT : ポス... 続きを読む
    3069pv 9 1 user 2011年11月10日
  • 2013-12-05 "オープンデータ" まとめ

    と鯖江市、総務省「情報流通連携基盤構築事業」に参画 オープンデータと言えば鯖江市。また、新たな取り組みを始めるようです。第15回図書館総合展 10月30日(水)15:30-17:00 学術情報サービスとオープンデータ-世界の潮流について・実践に必要なこと-USTREAM中継録画 (bot)これ、今参加しているオープンデータ流通推進コンソーシアムとも関係。建築や設備だけで... 続きを読む
    1020pv 2 1 user 2013年12月5日
  • 第162回ku-librarians勉強会 : 新人さん歓迎企画「図書系職員勉強会紹介」×「未来について考える」

    学術情報のオープンアクセス化(社会への還元・流通速度の増加)。オープンコースウェア。講義をオープンにしていったら大学に行く必要ないじゃん。では、大学の未来は? #kul162飲み会や井戸端会議で情報を収集する時代が終わって、出版という形では不況でも、情報流通という形ではむしろ発展を続けている。 #kul162図書館で扱ってきた情報も解体され、形を変え... 続きを読む
    1176pv 5 2013年4月27日
  • 第10回 ARG カフェ & ARG フェスト@横浜( #argcafe )

    →横浜ストリーム・ラボvol.6 『地域×セマンティックウェブ 新しい情報流通基盤の構築に向けて vol.02』 (#argcafe live at )RT 【RT歓迎~30名視聴中】学術情報メールマガジンACADEMIC RESOURCE GUIDE (#argcafe live at )【RT歓迎】12年の歴史を誇る学術情報メールマガジンACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) の一種の読者会ARGカフェを中継しています。各分野の12名からのライトニングトークです。 #argc... 続きを読む
    3041pv 3 2010年11月23日
  • 2013-12-09 "オープンデータ" まとめ

    武田先生の「オープンデータによる情報流通」に関するお話. オープンデータで情報流通が変わる! データ公開する人と,見やすくする人の役割が分かれる. #lodosaka第15回図書館総合展 10月30日(水)15:30-17:00 学術情報サービスとオープンデータ-世界の潮流について・実践に必要なこと-USTREAM中継録画 (bot)第15回図書館総合展 10月30日(水)15:30-17:00 学術情報サー... 続きを読む
    1331pv 1 2013年12月9日
  • EAJRS2015の私的メモ

    木曜夕刻にワークショップの設営をしたんだけど、自分たちが手を出すまでもない、ディスプレイなどの出展機材のレンタルから設営までを請け負う業者さんがいてて、学術情報流通には多くのインフラ的存在があるなと学んだ。アジ歴資料目録情報英語化の話 #EAJRS2015。oO(これ日本の導入館からの情報はよ) #EAJRS2015書誌情報だけではわからない古典籍資料の個々の... 続きを読む
    1044pv 2015年9月23日
  • CiNii Articlesにおける電子図書館事業(NII ELS)終了の余波,阿鼻叫喚 #CiNii #JSTAGE

    「「影響の大きさについては重々承知しており、改めて、学術研究においてCiNiiが果たしている役割の重要さを痛感しています」 「各機関との協力により、できるだけ早期に学術情報流通環境を整備したいと考えています。今回移行対象となっている論文は各大学図書館で所蔵されている場合も→学術情報データベース・CiNii、サービス廃止の噂を否定...一部論文閲覧不... 続きを読む
    21407pv 36 3 users 58 2017年4月7日
  • 第99回 #全国図書館大会 福岡大会 #JLA2013 #JLA99

    大学を中心とした学術情報流通の変化への対応。 外国語文献販売の対応 教科書市場の縮小化。 デジタル環境の変化。出版の意味をどのように構想していくべきか。#jla2013 #jal99 #全国図書館大会 #第9分科会②外部委託(による情報流出のおそれ)。③マッチングによる情報集約のおそれ。対策としては①は消去する②は委託は避ける③は(i)ネットワークを図書館内で完結... 続きを読む
    5830pv 32 1 user 8 2013年11月21日
  • 2013-12-10 "オープンデータ" まとめ

    第15回図書館総合展 10月30日(水)15:30-17:00 学術情報サービスとオープンデータ-世界の潮流について・実践に必要なこと-USTREAM中継録画 (bot)富士通は9日、総務省受託案件である「情報流通連携基盤の社会資本情報における実証」の一般向けサービスを提供開始する。 / “富士通、道路インフラに関連するオープンデータサービスの提供を開始 | OSS Life” #オープンデ... 続きを読む
    852pv 1 2013年12月10日
  • SMWS2011

    新しい情報流通。Web of Document: 従来のWebデータ, Web of Data: 新しいWebの情報流通。Linked Dataの原則:URIを付ける、HTTPでアクセス可、他の関連情報へのリンクを含める、など。 #smws2011学内の学術情報をLOD (Linked Open Data)で公開・共有を促進。はじめのターゲットはミュージアム領域。 #smws2011大向さん@国立情報学研究所 地域情報Linked Open Dataから地域情報クラウド,地域観光... 続きを読む
    1991pv 9 1 user 55 2011年2月22日
  • 第18回 #図書館総合展

    日本の機関リポジトリの役割は、GreenOAではなく、既存の外にあった資料の学術情報流通。日本のリポジトリのポテンシャルへの期待。ただいま「NACSIS-CAT/ILLと電子リソース:2020年の学術情報システム」の受付待ち。9:40から受付開始とのこと。 #図書館総合展NIIフォーラム「NACSIS-CAT/ILLと電子リソース:2020年の学術情報システム」はYouTube ライブストリーミングします。ぜ... 続きを読む
    7445pv 63 3 users 30 2016年11月5日
  • 第14回 #図書館総合展 Day3

    内容は、Research administrationなど英国の学術研究評価、学術情報流通について最新動向紹介。 #図書館総合展でも情報流通の側面ではまだマスメディア。テレビは瞬時に,視聴率1%あたり100万人に届く。ラジオは一桁下ぐらい。新聞は一千万部・・・・・・雑誌はちょっときつい #津田library #図書館総合展#図書館総合展 #津田Library 津田さん「20万のデモ参加者の8割はソーシ... 続きを読む
    6473pv 16 1 2012年11月22日
  • オープンアクセス・サミット2015まとめ

    10月6日に文科省より「学術情報のオープン化の推進について(中間まとめ)」が公表された。この中でもDMPやデータ保存、キュレーションについて言及されている。 #sparcjp201502次は情報学のドメインからの発表。 "研究資源としてのデータセットの共同利用について"大山敬三(国立情報学研究所) #sparcjp201502元は物理系から情報に移った。HPCや九大図書館でリポジトリ... 続きを読む
    2628pv 24 2 users 28 2015年10月21日
  • 第23回 #図書館総合展 2021_ONLINE_plus

    すでに終わってしまったものもありますが、デジタル学術情報流通の観点から気になるイベント等を連ツィしてみます。図書館総合展,去年もよかったけど今年も神戸市外国語大学学術情報センターのポスター発表がすばらしいいいなあラーニング・アドバイザー雇いたいなあ #図書館総合展 神戸市外国語大学 学術情報センター(図書館) | 図書館総合展図書館総合展... 続きを読む
    940pv 17 58 3日前
  • 第14回 #図書館総合展 Day2

    ある人がある目的の為に作ったものであるにもかかわらず今や情報流通の中心地に。ウェブにないもの(論文等)は「存在しない」事にされる。「ない物はあるようにする」ように考え方が変化。 #図書館総合展図書館総合展という、図書館とか学術情報の展示会に来ています。セミナーも盛りだくさん、職員が交代で参加してます。他の大学の事例も聞けるので、KUIS... 続きを読む
    5174pv 4 1 user 2012年11月21日
  • 国会図書館館長 長尾真さん辞任

    68年国立国会図書館に入り、総務部長、副館長を経て、06年4月から東京農業大教職・学術情報課程教授。67歳。(時事)国立国会図書館の近年の活動は、これからの社会における情報流通や知の集積の在り方について、沢山の示唆を与えてくれたと思う。/国会図書館館長 長尾真さん辞任「公共的情報、公共的情報システムから与えられる情報は誰でもが利用... 続きを読む
    23234pv 196 38 users 50 2012年3月30日
  • librahack 岡崎市中央図書館ウェブサーバ事件 2010/11/23-29分まとめ

    図書館総合展・学術情報オープンサミット事務局ブログ via #librahackのこともあるし、明日行ってみるかな…岡崎担当のMDIS保守担当者は、不具合を本当に知らなかった(不勉強/社内情報流通の悪さ)のか、知りながら隠していた(自己判断/命令)のか、どうなんだろう? #librahackQT 神田記者に向けて「偽情報流して停職処分」800万件以上の個人情報流出しても取り消... 続きを読む
    3365pv 6 3 users 2010年11月30日
  • #図書館総合展 2015 フォーラム in 一関

    ◇遠山正宏(岩手大学研究交流部学術情報課図書館 資料管理グループ主査) 岩手大学図書館における震災資料のアーカイブについてご紹介いただきます。 (bot) #図書館総合展◇竹内秀樹(国立国会図書館 電子情報部電子情報流通課長) 国立国会図書館の竹内さんには、「ひなぎく NDL東日本大震災アーカイブ」についてご紹介いただきます。 (bot) #図書館総合展【企業... 続きを読む
    5663pv 26 3 users 68 2015年3月14日
  • 独立研究者が大学図書館を大学教職員と同等に使えるようにするにはどうすれば良いか?

    英・サザンプトン大(個人で言えばハーナッド)系列は一貫して研究のインパクトを高めるとか、研究者間での情報流通を研究者の手に取り戻すとかそっち系学術情報について……Pubmed Centralの哲学はどうなっているだろうか?研究のためのファンディングと成果公表の公共性は同じ軸にあると思う。以下参照年前はAIPの雑誌など一冊届けばガリ版アオ焼きして研究室で... 続きを読む
    10105pv 13 30 users 20 2010年3月26日
  • Code4Lib JAPANカンファレンス2015 1日目 #c4ljp

    エビデンスとしての学術情報とのマッピング. #c4ljpNDLの電子情報流通課標準化推進係とJLA分類委員会、神崎正英氏の協力による検討と作業。 #c4ljp特徴2:書誌・所蔵・貸出状態・分館情報など、システム上の各情報が一意のURLをパーマリンクで持つ. #c4ljpEPUBはHTMLとCSSをzipで固めただけ(by 村田真) Webとの違いは製本情報としてのspine情報. #c4ljp小林さん:本とはい... 続きを読む
    7758pv 50 18 users 28 2015年9月5日
  • 大図研第43回全国大会第11分科会「オープンアクセス&機関リポジトリ」

    学術情報の国際発信・流通力強化に向けた基盤整備の充実について #dtk43_11 #dtk43#dtk43_11 学術情報の国際発信・流通力強化に向けた基盤整備の充実について:機関リポジトリの推進と国際的ジャーナルの育成が強く謳われている。第4期科学技術基本計画と学術情報基盤作業部会の報告書。 #dtk43_11学術情報基盤の整備と強化にはOAの育成と機関リポの活用が重要 #dtk43_11 #dtk4... 続きを読む
    1167pv 6 2012年8月7日
  • 日本学術会議緊急集会「今、われわれにできることは何か?」 科学者による情報発信編

    引用:学術活動の主体者である科学者を中心として、日本の学術情報受発信の必須要件、学術流通チャンネルの多様性の認識を共有し、日本の優れた研究活動を国内外に力強く発信し、かつ持続性と競争力をもった流通基盤を提案、構築する。 (live at )まずは放射線医学総合研究所の公開情報について。ここからピックアップして何が学術会議として出来るかを話す。 #s... 続きを読む
    772pv 4 2011年3月18日
  • 第59回 国大図協総会

    #JANUL59 学術情報の発信・流通(循環)について。科学技術・学出審議会のしたに設置された学術情報基盤作業部会において審議。国立情報学研究所・安達副所長・学術基盤推進部長より。「国立情報学研究所学術コンテンツ事業のご説明」 #JANUL59せっかくの貴重書コレクション、さらなる流通・注目度アップに、NIIができることを考えたいものだ。情報かとしても一緒... 続きを読む
    1504pv 8 3 users 2012年6月21日
  • 大図研第43回全国大会 (2日目 分科会(午後))

    学術情報の国際発信・流通力強化に向けた基盤整備の充実について #dtk43_11 #dtk43#dtk43_11 学術情報の国際発信・流通力強化に向けた基盤整備の充実について:機関リポジトリの推進と国際的ジャーナルの育成が強く謳われている。第4期科学技術基本計画と学術情報基盤作業部会の報告書。 #dtk43_11学術情報基盤の整備と強化にはOAの育成と機関リポの活用が重要 #dtk43_11 #dtk4... 続きを読む
    1485pv 8 2 users 2012年8月5日
  • 第34回関西文脈の会つぶやきまとめ

    学術情報流通と似た部分がある。学術論文もオープンにされていて万人が読めるが、書く側はある程度共通の理解があるひとに読まれることを想定して書いている。 #関西文脈34また流通する部数の桁がやはり違う。 #関西文脈34行政、学術セクターとの連携。米澤嘉博記念図書館における見本誌閲覧。 #関西文脈34学術系の本を書くために、各地の図書館の郷土史なん... 続きを読む
    2568pv 23 4 users 7 2018年2月4日
前へ 1 ・・ 3 4 ・・ 25 次へ