「山本周五郎」の検索結果

まとめの中から「山本周五郎」の検索結果を表示しています。

  • 本格ミステリ作品が「(本格)ミステリ以外の評価軸を以て作品が論じられる場」において「思想がない」「娯楽の枠を抜けだし..

    山本賞自体が、山本のそんな賞は作ってくれるなというお言葉に反した代物であることをひとまずおくとすると。私の山本作品へのイメージからすれば、「本格ミステリ」に「山本の名を冠した賞」を与えることには断固として反対します。山本賞の規定は「すぐれて物語性を有する新しい文芸作品」ですね 例えば「純文学」とはまた... 続きを読む
    7193pv 42 3 users 2011年7月3日
  • 元日は著作権終了作品が青空文庫に登場する「パブリックドメイン・デイ」。2018年は山本周五郎、壷井栄(二十四の瞳)、..

    山本来年は山本が登場するはず。:山本山本探偵小説全集 第二巻 シャーロック・ホームズ異聞 を Amazon でチェック! @さんから/山本(大正・昭和の小説家)来年元日から山本や壺井栄が仲間入りします。ひょっとして同日に山本「栄花物語」も青空文庫入りかもなぁ。「シャーロックホームズ異聞」山本著を... 続きを読む
    14519pv 80 18 users 16 2017年12月29日
  • 小川哲×飛浩隆×東浩紀×大森望「日本SFの新たな地平」【大森望のSF喫茶 #26】

    小川哲×飛浩隆×東浩紀×大森望「日本SFの新たな地平——日本SF大賞同時受賞&『ゲームの王国』山本賞&『ポリフォニック・イリュージョン』刊行記念イベント」【大森望のSF喫茶 #26】7/6(金)小川哲 × 飛浩隆 × 東浩紀 × 大森望 「日本SFの新たな地平──日本SF大賞同時受賞&『ゲームの王国』山本賞&『ポリフォニック・イリュージョン』刊行記念イ... 続きを読む
    3336pv 1 2018年7月9日
  • 「伯爵夫人」(新潮2016年4月号)

    山本賞候補に押切もえさん=三島賞には蓮實重彦さんら 第29回三島由紀夫賞・山本賞(新潮文芸振興会主催)の候補作が21日発表され、山本賞にモデルの押切もえさん(36…山本賞候補に押切もえさん=三島賞には蓮實重彦さんら山本賞候補に押切もえさん=三島賞には蓮實重彦さんら山本賞候補に押切もえさん=三島賞には蓮實重彦さ... 続きを読む
    20078pv 3 1 2016年3月11日
  • 『青べか物語』5月17日の感想

    実は映画などで知っているばかりで、山本の小説自体は一冊も読んだことがないので、その取っ掛かりとしてちょうど良いかな。昨日、三島由紀夫賞と山本賞のニコ生中継に出演し、今日は文学座の『青べか物語』(山周原作)を観劇します。戌井昭人脚色なので期待大。だが途中で山本の原作であることを思い出し、「そうか、『どですかでん』... 続きを読む
    862pv 2017年5月18日
  • 劇団「黒テント」による「青べか物語」公演に関するまとめ

    (山本 青べか日記)山本の名作短編集を注目の脚本演出家・鄭義信さんが「物語る演劇」として書き下ろし!楽しい音楽と逞しく生きる人々のめげない元気!1/18から。山本原作の地の文をかなり生かしつつ、語りの作家役が次々と入れ替わっていく実験的な見せ方。途中に出演者たちが楽器を持ち出し演奏を始めたりして飽きさせない。神楽坂・イワ... 続きを読む
    2343pv 25 2 2012年1月19日
  • 『青べか物語』5月25日の感想

    文学座アトリエ公演「青べか物語」 山本の世界がものすご〜くアクティブに描かれていてとっても楽しかった!役者全員が120%出し切ってる感がなんとも言えず気持ち良かったです!〜26日まで!!お見逃しなく!#青べか物語 #文学座アトリエ公演 #山本 #所奏今回の演出は文学座らしくないとの保守派の声はあるらしいが、山本の文学をこのような形... 続きを読む
    455pv 1 2017年5月25日
  • ブックカバーチャレンジ

    ブックカバーチャレンジ19 山本「青べか物語」 私が小説にもたくさんの付箋をつけてるのを見ると「小説にまで?!」と驚かれることが多い。私は、どんな本でも参考になると思ったら、付箋をつける習慣がある。山本作品には特にそれが多い。ブックカバーチャレンジ16 山本「日本婦道記」 山本は、困難に立ち向かう時、時々読み返す。 ... 続きを読む
    816pv 4 1 2020年6月12日
  • 【時代小説短編オールタイムベストアンケート】

    【第66位(8.0p/1)】 「糸車」山本【第66位(8.0p/1)】 「松の花」山本【第63位(8.5p/2)】 「裏の木戸は開いている」山本【第45位(10.0p/1)】 「あんちゃん」山本 ・グレたあんちゃんの意外な末路を描いて出色の作品。ミステリ好きにも意外にはまる?【第1位(32.0p/5)】 「その木戸を通って」山本 ・やはりこの作品が王座に就いた。唯一の5票を獲得... 続きを読む
    10309pv 4 2014年11月12日
  • 父にすすめられるような時代小説はありますか?

    山本先生にトライしてみたいと思います!浅田次郎先生は「壬生義士伝」を買ってみました…!山本さんや浅田次郎さん、宮部みゆきさん、京極夏彦さんはいかがでしょうか…もう、既に読まれていらっしゃるかも知れませんが。笑山本先生のことを話したら、「あっ、山本作品もいいね! 前に読んだなぁ」と嬉しそうにしておりました。何気に読... 続きを読む
    1098pv 5 2011年4月14日
  • 生命の価値・生きる意味について

    ねむたそうな眼… 山本「似而非物語」女がけがらわしいというお前さんは誰から生まれたんだ - 似非物語 /山本娘ッコが年頃になりゃあ子どもを産みたがる、めんどりが卵産むのと何もかわりゃしねえ - 似非物語/山本山本の似而非物語。誰にもある権威主義的性格。剣聖に成り代わった怠け者の極みの主人公。春秋左氏伝のパクリを歴代首相... 続きを読む
    1225pv 5 2018年5月17日
  • 浦安鉄筋家族盛り上げ隊による浦安まちおこし企画

    ぼく、山本の世界、すごい好きです。なんかこう、情にあふれてて、あたたかくて。街のアピールに山本というのはかなり新しい切り口ですね!かなり個人的意見ですけど、それいいなぁ!RT 浦安市民としては、青べか物語と浦安鉄筋家族は必読だと思っています。 続きを読む
    2651pv 3 2010年10月2日
  • 着物がでてくるお勧め映画

    痛快時代劇タイプなら「三匹が斬る」、山本原作の「どら平太」あたりも面白いですが、小汚い男どもなんで、着物の参考には…それはそれで、アリかと : 痛快時代劇タイプなら「三匹が斬る」、山本原作の「どら平太」あたりも面白いですが、小汚い男どもなんで、着物の参考には…豊川悦司主演「丹下佐膳」市川染五郎主演「阿修羅城の瞳」共に男の... 続きを読む
    6175pv 1 1 2012年10月16日
  • 『青べか物語』5月26日(千秋楽)の感想

    山本「青べか物語」の前半を読んでから、文学座の舞台を観て、舞台の余韻を味わいながら、後半を読み進めるプレミアムFRIDAYの愉しみ 続きを読む
    591pv 1 2017年5月27日
  • 『青べか物語』5月24日の感想

    戌井昭人さんの脚本は、山本の原作とはまた違う作品として楽しめた。イタチのお面が効果的に使われていた。坂口芳貞さんが、青べかを売り付ける芳爺と兵曹長を「怪演」。現代につながる意外なラストシーン 続きを読む
    621pv 1 2017年5月24日
  • 『青べか物語』5月12日(初日)の感想

    文学座「青べか物語」初日観てきた✨ 山本作で難しそう?…と身構えてたら(原作未読💦)、こんなに笑ってしまっていいの?というくらい面白かったヽ(´ー`)ノ💕 蒸気河岸の先生が優しくて、でも周りの人も優しくて。ほっこりして、少し切なくて。 続きを読む
    1602pv 2 2017年5月13日
  • 日本文芸ラジー賞2012

    山本賞:『楽園のカンヴァス』 原田 マハ 続きを読む
    3396pv 41 1 2012年4月22日
  • ディズニー敗北!青空文庫の勝利!…著作権保護期間「70年」は凍結、TPP再交渉で

    来年元日から山本や壺井栄が仲間入りします。これで、青空文庫で2018年には山本、2021年に三島由紀夫、2022年は志賀直哉、2023年の川端康成も読めることになりそう!! 著作権保護期間「70年」など凍結へ2018年には山本、2021年に三島由紀夫、2022年に志賀直哉、2023年に川端康成も読めることになるのか・・・著作権保護期間など議論 TPP首席交... 続きを読む
    39540pv 431 38 users 79 2017年11月2日
  • 「再評価のオーバーラン」問題~田沼意次、徳川綱吉、松平定信、日野富子、徳川秀忠などを例に

    みなもと太郎氏は、たぶん山本の『栄花物語』にかなりインスパイアされたんじゃないかな、と考えています。その史観の先陣を切ったであろう山本「栄花物語」、青空文庫でCOMING SOON! ..「江戸時代 田沼時代の政策と実態」山本は<善玉、悪玉という単純な色分けで、大藩を揺り動かした政治的事件の説明になるものかどうか>という思いから「樅... 続きを読む
    55206pv 249 190 users 36 2017年8月29日
  • 5月11日

    原作は山本さん、脚色は戌井市郎さんを祖父に持つ戌井昭人さん。研修生達はたくさん刺激をもらいました!『青べか物語』は5月12日(金)〜26日(金)まで文学座アトリエで上演致します! 続きを読む
    446pv 2017年5月11日
  • ポットいい旅 ~2019年4月 宮城旅行 1/2 ~桜を追いかけて柴田船岡の城址を土手を歩く~

    身を挺して伊達藩を守ったという、原田甲斐守を題材とした同題名の作品を手がけた山本、彼を称えた文学碑も立てられている。この船岡城は山本著の「樅の木は残った」の舞台にもなっており、ここで起きたお家騒動が江戸初期の伊達藩にとってターニングポイントとなった場所と言ってもよい。 続きを読む
    515pv 1 2019年6月8日
  • 『青べか物語』5月21日の感想

    演劇の楽しさと奥深さ、大好きな山本作品を舞台で観ることができる幸せを堪能しました。公演は5月26日まで、時間があればもう一度観たい! 続きを読む
    664pv 1 2017年5月21日
1 ・・ 10 次へ