「文学論争」の検索結果

まとめの中から「文学論争」の検索結果を表示しています。

検索に関連するタグ

  • 小松左京死去に対しての(主に)SFクラスタの人たちの追悼(その3)

    生徒さんがトマトの湯剥きで大論争。21世紀の風景。純文学系のひととか……。神戸文学館で小松左京展なう神戸文学館の一角でしかないが、ファンには垂涎の展示。もうメロメロ。神戸文学館で展示されている「小松左京展」は明日9/25までです。神戸文学館、以前は王子図書館だったんです。小松左京さんの本も借りましたよ。『コレクション戦争と文学5』の月報... 続きを読む
    3385pv 2 2011年9月22日
  • Twitter歴史ニュース#rekisinews 2012年5月

    エウロペの誘拐 : 文学と絵画 / 高木 昌史 #rekisinewsジャンセニスム論争と良心の自由 : 「信仰分析」の問題を中心に / 御園 敬介 #rekisinews例会報告 2011年 【6月】報告 啄木と秋瑾 : 20世紀初頭東アジアにおける文学と政治の或る一面 / 内田 弘 #rekisinews婦女回家論争の総括と「破鞋」の作られ方 : 最近の『婦女研究論叢』から / 秋山 洋子 #rekisinews#rekisinews RT : ランプレヒト論... 続きを読む
    2566pv 14 2012年5月3日
  • 「匿名批判は卑怯? ずる? 脆弱?」問題のその後

    枡野さん( )の匿名/実名論争が頭をよぎる。[枡野浩一による「匿名批判論争」 ]これちょっと読んだ。論争は興味深いけど、枡野という人はくだらないことしか言ってないなぁと思ってしまう。もっとちゃんと読むかも。文学では「批評」といえば、むしろ具体的な作品(群)へのそれ。すると枡野浩一は、つか彼に限らず歌人とは、結局個人的な言葉を社会化する志向... 続きを読む
    12263pv 90 2011年7月27日
  • (続きの4の補遺)高橋しょうごさん「フェミニズム」と「現代の自称フェミニスト」を語る。

    これたぶん社会科学と思想史・文学史の差異だと思うのですが、近世文学研究とかだと、フェミニズムは19世紀に政治運動になる前に思想としては長く存在していたという立場をとることも多いかと思います。 / “フェミニズムが「男並み平等」を…”論争的な状態によってでないと人類が考え続けることができないトピックというものはあって、多くの人がその論争に... 続きを読む
    4277pv 5 2018年2月22日
  • 本好きと本嫌いの対話

    としよりは論争の相手をテキさんというんですよ。もっと大きな話をしてるんだから、そういうところに反応しなーい。そういうことなら、あなたも文中にwなんて入れなーい。大学2年のころなら、例えば今の本棚に刺さってる「英語科学論文用語辞典」(朝倉、5047円)とか買ってた。オレが普通だとは思わないけど、オレはもともとヤサグレで出来が非常に悪... 続きを読む
    5653pv 16 2010年8月22日
  • Twitter歴史ニュース#rekisinews 2011年10月

    子どもたちにとって〈文学とは何か〉?--サルトルの『嘔吐』における幼年期と経験 / 彦江 智弘 #rekisinews歴史家論争で争われた相対化の問題をどう克服しているか、注目>東欧・ホロコーストについての歴史研究者Timothy Snyder。ヒトラーとスターリンについての著書の独訳近日刊行: #rekisinews人文学部新入生のコンピュータ不安の1年間での変化--2009年度と2010年度の比較 / ... 続きを読む
    3102pv 5 1 user 1 2011年10月3日
  • ムーミン 地理B センター試験

    おっとムーミン論争勃発か?()センター試験:ムーミン論争過熱 フィンランドの根拠は… - 毎日新聞本質的には、地理学と文学……殊に幻想文学では、管轄する領土が異なることから起きたトラブルだ。<センター試験>ムーミン論争過熱 フィンランドの根拠は…(毎日新聞) - Yahoo!ニュースムーミン問題に限れば、文学関係者、特に北欧文学の専門家の意見を真摯... 続きを読む
    4518pv 4 152 2018年1月15日
  • 主に20190217以降の発言置き場

    ただ、例の「ミューズ論争」より前に、この作品の骨骼はできあがっていました。もちろん、あの論争には注目していますが。そういえばネット詩論争とかありましたねえ。SNSがインフラ化したいまは遠い昔のような…文学の死です この状況は文学は、人の過ち、反省、成長→あなたは、文学をどうお考えですかネットの論争は紙媒体と比較するとライブに近いので、... 続きを読む
    4021pv 2019年5月19日
  • 山本芳久氏の本に関するつぶやき:~2018年12月31日

    文学論・言語論から政治論、教育論、神学にまで説き及ぶ労作。中世的伝統・スコラ哲学に対する否定・断絶と肯定・連続の双方が縱橫に分析されており、学ぶところが多い。歴史の物語り論・歴史修正主義論争といったアクチュアルな問題に対する手堅い考察の手がかりを与えてくれる。死者論と文学・思想・国家論が絡まり合い、内容的にも驚くべき充実ぶりだ。... 続きを読む
    3249pv 3 72 2019年4月13日
  • 田中雄二氏の「初音ミクはなぜ世界を変えたのか?」感想

    「ミク声を許せるか」も、はっぴいえんど時代の日本語ロック論争に近い問題として自分の中にはあった。昔の歌謡曲の制作現場はあれはあれで文学偏重だと思うけど、ボカロが世界を変えるためには、知的なディレクター必要と思いますね。作詞家への依頼や直しで、文学教養が問われた。近田春夫師匠が「歌詞を読めるディレクターいなくなった」とヒット不発時... 続きを読む
    19065pv 84 22 users 18 2014年4月14日
  • 大澤聡×佐々木敦「三度目の正直へ」【ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 第3期 #2】 #批評再生塾

    ちなみに、『三木清大学論集』のほうも「学問論」「教育論」「制度論」の三部構成。そして、じつはもう一冊、秋に出る。それでめでたく三部作完結。もちろん、こんな「三」にはなんの意味もありません。昨日の批評再生塾講評会で、弊紙編集長遠野よあけが見事一位を勝ち取りましたが、それはさておきここで先日の会議中「真理はどこにあるのか」と論争にな... 続きを読む
    3965pv 12 5 2017年6月22日
  • きのこたけのこ戦争深夜戦線

    障子をきのこで破る文学作品だってあるでしょう?( ゚Д゚) きのこたけのこ論争はあとでとぅぎゃる人いないかな。 続きを読む
    2101pv 10 2011年1月23日
  • 国力が逆転?技術立国?それおいしいの???

    ちょっと論争モードで打ったので、ミスタイプ連発ですね。面目ない。1913年にタゴールが文学賞とってます。RT : オリンピックの金メダルもノーベル賞も白人以外では日本人が初めて。 続きを読む
    18638pv 141 128 users 2010年9月26日
  • ゲーデルと思想まわりの用語について

    柄谷のゲーデル理解についての論争は1990年代にすでになされている。そのことを踏まえていないのは単に無知。理由4。いずれにせよすべて10年前の話。「数学論的」ゲーデルの不完全性定理を考えるのはいいのですが、それは数学的に証明できないので、自分の「数学観」として信じるしかないです・・・って何か違う話ですねそういう人からすると、ゲーデルの不完... 続きを読む
    34362pv 29 101 users 2010年5月2日
  • #フランケンシュタインの誘惑  フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿「ビタミン×戦争×森鴎外」 #bspr..

    脚気論争回陸軍vs海軍お米論争 #フランケンシュタインの誘惑脚気論争ドキュメンタリーで森鴎外の評価がストップ安になってる?歌詞を読みましたが脚気論争に触れてないのでセーフセーフ……?「森鴎外の脚気論争」の話をTVでやってますね。 録画して後で見よう…。医学部から文学へ。 #フランケンシュタインの誘惑文学小説なんてかいてんじゃねえよ・・・(´・ω... 続きを読む
    13659pv 16 1 user 1 2017年6月29日
  • ファンタジー創作は「空を飛ぶモンスターが多いなら、既にその世界には対空戦術がある」といった描き方が重要だね…という話

    科学的にも、文学的にもこんな「設定論争」も… ■「調査兵団」による偵察作戦が酷すぎる件 ■今から最高にみっともないことをする ■作者の方からまさかのマジレスを頂戴したので ■良いインターネットをしたと思う 続きを読む
    104568pv 512 321 users 44 2018年5月23日
  • 橋爪大三郎×大澤真幸『ふしぎなキリスト教』に対する批判48

    キリスト教の伝統(特に西方教会)の基本に、アウグスティヌスとドナティストの論争があるのは有名なわけで。その論争の結果、堕落した聖職者・教職者からであってもサクラメントは有効だと明らかになったわけで。人効論ではなく、事効論、というのは基本教理なのだけれど、でも、痛いほどわかる・・・神学校の授業でも本文学がありましたが、あれは素人に... 続きを読む
    2944pv 10 2012年7月1日
  • 闇の自己啓発界隈vs経済学101(?)界隈

    小説家に論争仕掛けられたことある?俺はある。今。しかし、高尚な文学や哲学、またポピュラーメディアで適当な言説を垂れるコラムニストや評論家などは、孤独に潜む深刻な危険を無視して無責任に孤独を讃える。…哲学や文学は孤独をロマンチックに過大評価してきたが、そのような言説が世の中の人々に与えているリスクはそろそろ認識されるべきだ、とジョ... 続きを読む
    11265pv 26 49 users 2021年2月12日
  • 「魔王勇者」に関する2名の議論(か喧嘩か口論か)

    っていうかほんと、VIP文学の代表としてあんな「まおゆう」みたいな作品が取り上げられることは、まず何よりVIP文学に対して酷い仕打ちだと思うなー。ちょうど「電車男」が毒男板の代表のように捉えられるような感じ。#maoyuかといって僕はまだ偉い人みたいに隠遁するぐらいに落ち着いてもいないわけで、なんとか「論争」を巻き起こしたいわけだから、id:kaienとか... 続きを読む
    3024pv 6 users 2010年5月19日
  • パンツ丸出しの絵で東京都の賞を取った女子高生への批判は不適当だと指摘するためのまとめ

    なんで「エロス」が美術で認められて、「えっち」が美術で認められないかといったら、それはやっぱりオリエンタリズムでしかなくて、西洋の「エロス」にあれこれ哲学的な理由を述べるのだとしたら、東洋の「えっち」だって幽玄だの、平安時代の文学だの、なんでも理由は出て来るわけで……。例の絵・・・東京都の女子高生が、パンツ丸出しの美少女の絵で都... 続きを読む
    67348pv 305 25 users 50 2020年12月23日
  • 丹生谷貴志ツイートまとめ(2012年9月)

    しかしボタンなしでも服装は成り立つので、真の論争はそこから始まる純文学」と「大衆文学」といった区別にさしたる意味がないということを認めるとして、ただ「はっきりしている」のは「純文学」と言われる小説家のほうが、大方の場合、文章が「下手だ」ということ。正確に言えば「ぎくしゃくしている」ということしたがってそこから真の批評的論争が展開... 続きを読む
    4201pv 7 2 users 2012年9月3日
  • 東浩紀: “放射能基準を無視しての瓦礫受入れハンタイ”の行方、行き着く先…

    この種の「論争」にツイートで決着がつかないのは自明(だし、またツイートで決着つけても意味がない)なので、ここらへんで離脱します。。修士論文までは確かにロシア語(バフチンという文学理論家)引用したりしてたんですよ! でももう自分でもなにがなんだか……RT : ロシア語力もあったのか サスガ( ̄□ ̄;)アズマサン!! RT : しかし、ぼくの 続きを読む
    14726pv 181 10 users 3 2012年2月22日
  • 田嶋陽子はやっぱり凄い

    文学者としての立ち位置もさっぱり分からんが続)テレビ以外で発信してきた内容や、フェミニスト同士の論争に関わる中で発言してきたことは、ほとんど吟味されていません。もう少し丁寧な評価がされるべき人だと感じています。一方で、今回 Dr. RawheaD さんに対して私が感じた違和感というのは、(続 続きを読む
    90675pv 498 180 users 65 2013年6月26日
  • jun sugimura (RC_Dialogue) 連続ツイート

    戦後初期から1960年代までの台湾芸壇の変遷について-正統国画論争と現代水墨画運動を中心にMozilla Firefox日本における戦時下の文学者たち (日独ファシズム文学比較論のた めに)kyoyoJ38_01_05_t.pdf (application/pdf オブジェクト) - Mozilla Firefox未来派文学理論 (application/pdf オブジェクト) - Mozilla Firefox文学と民族と周縁性2010-207-2.pdf (application/pdf オブジェクト) - Mozilla Firefox20世紀ア... 続きを読む
    1768pv 1 2012年10月29日
前へ 1 ・・ 24 25