Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

「最終美術思考工房」の検索結果

まとめの中から「最終美術思考工房」の検索結果を表示しています。

検索に関連するタグ

  • 松澤宥 最終美術思考工房 世界蜂起展~22世紀に向けた新世界蜂起計画のプロジェクト~

    >松澤宥 最終 世界蜂起展 …世界蜂起展・松澤宥「最終」参加募集|美学校世界蜂起展・松澤宥「最終」 #美学校世界蜂起展・松澤宥「最終」 ※チラシ有り #美学校月 オープニングレセプション →松澤宥 最終 世界蜂起展": 「松澤宥 最終 世界蜂起展」 3月31日 文房堂ギャラリー>ギグメン... 続きを読む
    3638pv 15 5 2014年3月19日
  • 新・方法 at 文房堂ギャラリー

    われわれ「新・方法」は、「松澤宥 最終 世界蜂起展 22世紀に向けた新世界蜂起計画のプロジェクト」に出品しています。是非お越しください。 #newmethod会期:2014年3月31日(月) - 4月5日(土) 時間:10:00 - 18:30(最終日は17時まで) 場所:文房堂ギャラリー(東京都千代田区神田神保町1-21-1文房堂ビル4F) 詳細: #newmethod 続きを読む
    969pv 3 2 2014年4月3日
  • コレクターの記録 2014年3月31日

    ": 「松澤宥 最終 世界蜂起展」 3月31日 文房堂ギャラリー>ギグメンタ2014「松澤宥 最終 世界蜂起展」 #ギグメンタ #世界蜂起 続きを読む
    493pv 1 2014年5月7日
  • 松澤宥「消滅より始めよ」展関連

    美学校 ギグメンタ 2014 松澤宥 最終 世界蜂起展 で撮影した写真一覧 → #art「松澤宥 最終 世界蜂起展~22世紀に向けた新世界蜂起計画のプロジェクト~」をトゥギャりました。→ ギグメンタ2014「松澤宥 最終 世界蜂起展~22世紀に向けた新世界蜂起計画のプロジェクト~」 #art →30日まで 松澤宥 最終 世界蜂起展 神... 続きを読む
    3279pv 5 1 2014年4月23日
  • ミサシンギャラリー 松澤宥「消滅より始めよ」感想

    → ギグメンタ2014「松澤宥 最終 世界蜂起展~22世紀に向けた新世界蜂起計画のプロジェクト~」 #art →「オブジェを消せ」が天からの啓示とする神秘主義というか宗教めいた解釈、最終日の土俗的暗黒舞踏なパフォーマンスとか。#art →ミサシンギャラリー 松澤宥「消滅より始めよ」 タイトルから観念芸術、つまり美術の本場である欧米文脈によるコン... 続きを読む
    1711pv 4 2014年5月8日
  • 松澤宥について

    他の例として、昨年美学校のギグメンタとして行われた「松澤宥 最終 世界蜂起展~22世紀に向けた新世界蜂起計画のプロジェクト~」 →「最終芸術の虚偽と真実 -あるいは、松澤宥の甘えと寛容-」(『美術手帖』2002年2月号) 2002年、([緊急読解]松澤宥)「最終芸術の虚偽と真実-あるいは、松澤宥の甘えと寛容-」、『美術手帖/BT』、2月号、pp.134-139 →... 続きを読む
    2613pv 19 1 2015年1月29日
  • 新・方法 at 文房堂ギャラリー @qwertyu1357 からのTL景

    われわれ「新・方法」は、「松澤宥 最終 世界蜂起展 22世紀に向けた新世界蜂起計画のプロジェクト」に出品しています。是非お越しください。 #newmethod山内崇嗣さんの個展「くるみの部屋」が2014年4月17日から6月8日まで愛知県美術館で開催される。とても楽しみな展示。会期:2014年3月31日(月) - 4月5日(土) 時間:10:00 - 18:30(最終日は17時まで) 場所... 続きを読む
    994pv 4 2 2014年4月3日
  • 中ザワヒデキ 文献研究 2014年度 02回 #文献研究

    松澤宥が主催した「最終」の卒業生達。 この宥学会で中ザワは講義した「最終芸術の虚偽と真実 -あるいは、松澤宥の甘えと寛容-」(『美術手帖』2002年2月号)あ「モダニズムが最終的に同語反復になるって?」モダニズムは最終的に同語反復が説得力を持つ。それをあえて復活させて見つめようというのが方法主義。しかし不徹底だったので、それを徹... 続きを読む
    2404pv 14 1 user 2 2014年5月22日
  • 室井良輔「super dike / space dike」at space dike

    松澤宥 最終 世界蜂起展~22世紀に向けた新世界蜂起計画のプロジェクト~現在space dikeで開催されている室井良輔個展「super dike / space dike」では2014年3月に神田文法堂ギャラリーで開催された「世界蜂起展 松澤宥「最終」_22世紀に向けた新世界蜂起計」に室井が出品した作品の資料も展示してあります。本日最終日。これが何なのかずっと判... 続きを読む
    2982pv 40 12 2019年1月24日
  • 「MOTアニュアル2012 Making Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶..

    ・世界蜂起展—松澤宥「最終」をめぐって や ・「ハイレッド・センター:『直接行動』の軌跡」展《対談》成相 肇×松井 茂 など、おそろしく充実してる…!鎌倉の実験工房展も早めにみたいし、来週末も忙しいな。風桶展、実験工房展、田中功起展、中ザワヒデキ展etcを見に行く予定少しは、思考したら?ww思考の線は入り組んでいく。【artscape 2013年04... 続きを読む
    53814pv 137 6 users 19 2012年11月1日
  • 風琴工房『国語の時間』

    風琴工房「国語の時間」。占領下の日本語政策により言葉以外に思考が日本化していく悲哀と母国語への執着。登場人物一人一人の生き様が鮮明に描かれた重厚な3時間。作者小里清氏の視点と詩森ろばさんの演出が見事調和し、映像・舞台美術・照明の効果も含め素晴らしい。出色の1本。いい舞台でしたね…「国語の時間」座高円寺にて・本日最終日風琴工房『国... 続きを読む
    7813pv 27 2013年2月24日
  • 風琴工房code.30「Archives of Leviathan」

    観客に簡単に物語を渡さず、現実と地続きに思考を促す構造がすばらしい。 研究バカなのは小出さんだと思う。先日、下北沢のスズナリで観た風琴工房「Archives of Leviathan」、俳優・脚本・構成・美術・音楽どれを取っても素晴らしく、それらが見事に融合して出来あがった作品だった。最終から最後まで引き付けられっ放しで完全に舞台に飲み込まれた!本年ベスト1... 続きを読む
    3417pv 27 2011年10月21日
  • Ammo vol.7「調和と服毒」 感想まとめ

    この舞台美術、本当に素敵だった。絵具や埃や木材の匂いがしそうでしょう?照明がこれまた良くて、ラファエロが生きた時代の工房ってこんな感じなんだなって、ストンと入って来るんですよ。で、衣装がこれまた良くて、役者さんが出てきた瞬間に、そこはもう「ラファエロ工房」なの。ラファエロの工房にいる芸術家たちが美とは何かを追い求める物語でした。... 続きを読む
    1820pv 43 2019年10月18日
  • 風琴工房hedge感想まとめ

    風琴工房稽古最終日。 いってきます。 力まずー。今日はタングラムのスタジオ最終稽古からの風琴工房観劇からの打ち上げ参加。風琴はさすがのクオリティー。後半の畳み掛けは圧巻でしたヨ。風琴工房さん「hedge」 バイアウトファンドを舞台に描く人間ドラマ。金融がテーマですがお話わかりやすく、解説もあり楽しく拝見しました!あの、思考とか自分の色んなも... 続きを読む
    9428pv 43 1 user 77 2013年9月12日
  • アール・ブリュットを巡るトークシリーズVol.1後の斎藤環氏の雑感と村上隆氏の現状分析

    実行あるのみ』という思考回路の人間なのでスミマセンです。例えば、たんぽぽの家アートセンターHANAや工房まる、工房集、工房絵(studioCOOCA)など、ギャラリー以外のカフェや街に、ある種のムーブメント感を自覚的/無自覚に伴って出て行った。区分は相対的かつ暫定的で、最終的には解消されることが理想です。解消されることが望ましいということは、作品の... 続きを読む
    5250pv 42 1 user 1 2011年7月10日
  • アートシーン(2013年上半期)

    神奈川県立近代美術館鎌倉の実験工房展へ。一言で表せば「3Dの退屈な概説書」。「実験工房」というムーヴメントを、〈美術館〉という枠組みが全く受け止めきれていない、と感じた。去年の夏に世田谷美術館の村山知義展を観た時()と同じ印象。東京都写真美術館の「北井一夫 いつか見た風景」「この世界とわたしのどこか」「記録は可能か。」へ(全展最終... 続きを読む
    811pv 2013年1月8日
  • 風琴工房proof/証明

    結局、最終回の風琴工房へ。いやはやオールマイティに近いな、この戯曲は!風琴工房「プルーフ」。キャサリンの不安と孤独と行き場のないプライド、自分の方が優秀と信じ上から目線でキャサリンに対しながらもキャサリンへの畏れを隠しきれないクレア、学者として優秀なのだろうけど女性たちに比べ単純なロバートとハルの思考と愛。半日たってジワジワきて... 続きを読む
    3132pv 16 2014年5月29日
  • 風琴工房最終公演「ちゅらと修羅」感想まとめ

    思考が止まらず眠れん…が眠る…。風琴工房最終公演『ちゅらと修羅』千穐楽観劇。やっぱり何度観ても内容の衝撃は軽減されないが、それを脇において感想を。まずは、生の音響の見事さと沖縄の太陽を思わせる照明、緑濃い森に複数のモニター映像という美術、どれも印象的でした。舞台上にトランポリンでパルクール的な動きも面白かった。風琴工房最終公演「... 続きを読む
    3436pv 24 32 2017年12月8日
  • 日本のアートについて

    しかし、結局、最終帰港地は美術館や公共機関。民衆の前に公開されるケースが多い。つまり、アートのエンド・ユーザーは私達、民衆ということになろう。もともと工房で大量制作された作品が多い中国アート。工房で働いていたスタッフが贋作を作ってしまうので、絵は本物だが、サインが偽物なので、贋作となる。絵が偽物なら見分けは簡単だが、制作していた... 続きを読む
    3062pv 2 2 users 2 2011年12月6日
  • 風琴工房 無頼茫々まとめ

    信念があれば人の思考はそう簡単に操作は出来ない、と思う。… (←全文)風琴工房の「無頼茫々」、最終場の前(本筋部分ラスト)でコスタ・ガブラス監督の「Z」(1969年)の終わり方を思い出した。そして例えば井上ひさし作品だったらあそこで幕だったかも、とも思ったり…。風琴工房『無頼茫々』@スズナリ、大正時代の弾圧と闘う新聞記者たちの、気骨と反骨の... 続きを読む
    4930pv 44 6 2015年9月13日
  • アール・ブリュットを巡る トークシリーズ vol.1(ゲスト:斎藤環氏)まとめ&その後のまとめ

    区分は相対的かつ暫定的で、最終的には解消されることが理想です。実行あるのみ』という思考回路の人間なのでスミマセンです。サンデル教授の「正義」を思考するトレーニングが進化発展して行けば希望もあるかもですね。無いのがアウトサイダーアートである」という私の理解と思考としては筋道は通る。#artbrut_t例えば、たんぽぽの家アートセンターHANAや工房ま... 続きを読む
    10516pv 87 8 users 6 2011年7月10日
  • 第24回1SS ミニトーク「帰ってきたウィークエンド・ダンディートーク 1SS編」

    とか仙人思考に開き直るのも絶対に嫌だ。 #1SS更屋さんは現代美術のアーティストだという立ち位置になる。作家は道具になる。もしくは更屋工房になる。もしくはもっと別の何かになる。つまりは更屋さんは現代美術のアーティストだという立ち位置になる。そうなった時に、作家は道具になる。もしくは更屋工房になる。もしくはもっと別の何かになる。QT: つまり... 続きを読む
    8167pv 49 26 2012年12月9日
  • Cui?vol.5『止まらない子供たちが轢かれてゆく』感想まとめ

    最終的には空間と人間の身体で表現されるわけだから、脚本上の文体のディテールにこだわっていてもあまり意味がないんじゃないか? と。そして内容についてもあまり言及されていないことvol.5 10-BOXセレクション 『止まらない子供たちが轢かれてゆく』仙台公演 9月12日-16日 せんだい演劇工房10-BOX box-1台詞、美術、映像効果がバランスのとれた表現。スピ...崩壊とバ... 続きを読む
    4263pv 53 15 2014年9月4日
  • 召喚[雨生龍之介&Archer編]

    (褐色の男の鋭い目が交差する、子供を身を呈して護ろうとする母親の気持ちが分かったような…いや今はそんな事はどうでもいい、とにかく奴を止める方法を…踊る思考の中、右手の甲に目を移すが時既に遅し、紅蓮の炎は工房内を貫いていた) #SSY_sumnいずれにせよ、生かしておけば、被害者を無駄に増やすことになるのは明らかであり、最終的に彼を始末することに... 続きを読む
    908pv 2014年8月20日
  • 光嶋裕介さん個展【20130315-0331@Nii Fine Arts】

    しかし、僕は人と話をすることで思考していることを実感する。いろんな方とこうしてお話することで新しい何かが刺激され、言葉が紡ぎだされて、思考が構築されていく。今日は19時まで在廊しますので、どうぞお越しください!今から谷先生と竹原先生の最終講義へ(わくわく)白井版画工房なう。こうしてアクアチント作業をしながら幻想都市が夜の風景にな... 続きを読む
    2120pv 4 2013年3月19日
1 ・・ 17 次へ