「癌リスク」の検索結果

まとめの中から「癌リスク」の検索結果を表示しています。

検索に関連するタグ

  • 低線量率・長期被曝は高線量率・瞬時被曝と比べて発癌リスクが下がるのか?そして集団線量を用いることの妥当性について。

    WHO レポートで DDREF が使われなかった理由は、固形癌 と白血病 の統合解析で、慢性被ばくの癌リは急性被ばくと同等という結果が出ているから。私見ですが、近い将来、ICRPは癌リについても現在の見解(DDREF=2としています)を撤回するのではないかと予想しています。というか、一度撤回すべきではないかと思います。累積の被ばく量が同じでも線量率によ... 続きを読む
    13575pv 290 3 users 4 2013年1月28日
  • 10~20mSvの胎内被曝で相対リスクが1.47になることを示した「オックスフォード小児癌調査」

    (13)【表ⅩⅠ:フィルム枚数による分類】発癌リの線量依存性が見事に証明されている。(3)時代とともに相対リスは下がってきているが、これは検査に伴う被曝線量が徐々に低下してきているため。将来的にこの分野でこれほどはっきりした発癌リを証明することは困難になるであろう。(2)相対リスは1.47であり、癌の種類や死亡年齢、性別による違いはほぼ... 続きを読む
    35073pv 983 4 users 95 2012年10月15日
  • 100mSv以下なら健康被害は出ないのか?

    癌リの増加が疑われるが、調査はもっぱら妊娠、出産に特化していて、発癌リについて評価はできない。ブラジル同様、発癌リを調査してない。うーんと300mSv(等価)なら確実に発癌リ増えるといえるかな。③【屋内ラドンの危険性】ラドンは喫煙に次ぐ肺癌のリス要因とされ、これまでに住居内におけるラドン濃度と肺癌リの関係について... 続きを読む
    8215pv 111 2 users 2 2012年7月26日
  • 1000万人必要というのは、少なくとも二重に間違っている。マキノさん解説

    6 月にまとめていただいた 豪州の CT を受診した子供 68 万人の癌リについて引用 : CT検査を受けた約70万人という大集団を、検査を受けなかった約1000万人という、さらに大きな集団と比べることで、検査群のがんリス上昇の可能性を、はじめて検出できたわけだ。 続きを読む
    5574pv 101 7 users 12 2013年8月12日
  • 豪州のCTを受診した子供68万人の癌リスクについて

    論文「CTスキャンの癌リ」へのレスポンス 、Walsh らのコメントの著者陣のうち、Walsh の同僚 Jung 以外は WHO 福島レポートの参加者だ 何か関係があるのかな。【WHO】EPI-CT: International pediatric CT scan study 欧州で実施されている、小児 CT スキャンの癌リと線量最適化に関するプロジェクト。【メモ】↓豪州のCTを受診した子供110万人の癌リ。平均観察期間9.5年。... 続きを読む
    10578pv 203 8 users 12 2013年6月3日
  • 福一事故と放射線被曝の勉強◆まとめ①

    その前後の発癌リは被曝していない集団の1倍あたりでバラついている。つまり100mSv以下の低線量被曝での癌リの増減は「わからない」ということを示してる。ICRPの勧告では、幼児と同じように成人の3倍程度の癌リを見込むべきとしている。メモ:もう一つ読み取れるのは、被曝した時の年齢が若いほど癌リは高くなること。60歳に達した時点での罹患... 続きを読む
    1804pv 12 2012年7月11日
  • kissakaさんの『ネイチャー誌 Fukushima’s doses tallied』斜め読み・福島の健康被害リス..

    しかも癌リの向上は原発作業員が中心だと。危険派の意見も交えながら冷静なリポート。 →しかも癌リの向上は原発作業員が中心だと。危険派の意見も交えながら冷静なリポート →しかも癌リの向上は原発作業員が中心だと。危険派の意見も交えながら冷静なリポート→しかも癌リの向上は原発作業員が中心だと。危険派の意見も交えながら冷静なリ... 続きを読む
    20174pv 769 17 users 38 2012年5月24日
  • わいたんべ(y_tambe)さんに質問する『コーヒーは前立腺癌のリスクを下げる?』?

    承前)従って、まぁ国内の調査結果も一致してるわけではないので、今回の調査結果で、前立腺癌リの低下云々言うのは時期尚早。なお世界的なメタ解析については、2010年くらいに行われたものがあるが、そこでは「リスが上昇するとは言えない」という結論で…(続・《31》 コーヒーは前立腺癌のリスを下げる? - これって効きますか? - アピタル(医療... 続きを読む
    1229pv 7 1 user 2013年7月3日
  • リスクのあれこれ、すてきな放射線防護甲冑

    相対リスの豊富さが面白い。例えば、日の運動が一時間未満の男子の結腸癌リは0.6の逆数。運動をしていない人の結腸癌リ1.67倍。TVでよく見かける極低線量の被曝回避を目的に運動を避け室内でおとなしくしていると結腸癌リがあがる。あのリス表をみると、どう考えても普通の人が、あるリスを避ける為に普通の生活を崩しちゃいかんな... 続きを読む
    1378pv 6 1 2012年5月10日
  • もしも甲状腺等価線量が追加されたら? MAKIRINさんとの会話

    各臓器の等価線量換算係数から実効線量換算係数を求める際に必要な組織荷重係数は、発癌リ以外のことも考慮されているので、実効線量で発癌リを評価するのは不適切という意味です。その発癌ですら、今回はほとんどリスなし、といって良いです。RT : 特に甲状腺癌については癌死亡リスに対して発癌リはずっと大きいので、RT : 必要な組織荷重係... 続きを読む
    6661pv 139 4 users 3 2011年12月16日
  • 「放射能に関する講演会 放射能の人体への影響 ~学校・園での放射線への対応~」

    鈴木「大切なのはリスの認知と受容。放射能の癌リよりも肥満の癌リのほうが大きい。そういうことも考えた上での判断が必要。」#ootawara鈴木「一回の被ばく量が小さくなると被ばくが慢性的に繰り返されたとしても発癌リはけんしゅつされなくなる。チェルノブイリでは超短半減期・短半減期の放射性ヨウ素被ばくにより小児甲状腺癌の増加したがそ... 続きを読む
    1374pv 2011年7月2日
  • buvery師匠の知ったかぶり

    その発癌ですら、今回はほとんどリスなし、といって良いです。RT : 特に甲状腺癌については癌死亡リスに対して発癌リはずっと大きいので、各臓器の等価線量換算係数から実効線量換算係数を求める際に必要な組織荷重係数は、発癌リ以外のことも考慮されているので、実効線量で発癌リを評価するのは不適切という意味です。RT : 必要な組織荷重係... 続きを読む
    27826pv 337 17 users 2 2012年2月3日
  • 低年齢時の甲状腺被曝による生涯発癌リスクの増大について

    したがって、甲状腺の被曝については、その等価線量(甲状腺等価線量)で、被曝時年齢による生涯発癌リの違いをきちんと考慮して、被曝防護やリス評価をする必要がある。甲状腺がんは全固定がんで考えた場合よりずっと低年齢時での被曝によるリスの増加が激しいことがわかる。このことを無視した議論が多いことは困ったもんである。チェルノブイリ... 続きを読む
    4227pv 77 2 users 2012年5月12日
  • みーゆさんによる低線量被曝とDDREF、チェルノブイリの健康被害に関する考察

    累積100 mSv未満で「統計的に有意に」癌リが捉えられた例は、最近ではCTスキャンによる白血病・脳腫瘍 や自然γ線による小児白血病 が挙げられる。私見ですが、近い将来、ICRPは癌リについても現在の見解(DDREF=2としています)を撤回するのではないかと予想しています。というか、一度撤回すべきではないかと思います。累積の被ばく量が同じでも線量率に... 続きを読む
    13521pv 457 6 users 4 2013年1月28日
  • WHOレポート:関連 めも 個人的に

    お宮参りにお食い始め、お餅背負わせたり、這えば立て、立てば歩めと健やかに健やかにと願ってるのに、将来にわたる甲状腺癌リはこのぐらい、白血病はこのぐらい、そんな数値を抱えさせて、おこさんとそのご家族の人生の質を変えてしまって、たいしたことないリスとか、一体誰がいえるのか。日本では年齢と性別によっては生涯発癌リが少しは増加... 続きを読む
    751pv 4 2013年3月2日
  • 論文等の紹介その0 By みーゆさん

    とりあえずメモ: ヨウ素131による放射線治療後の急性白血病 , ヨウ素131による医療被ばくの癌リ - メタアナリシス つい最近の論文。前者は無料。←と同じ DoReMi プロジェクトの会議録(無料) 低線量内部被ばくの癌リを評価するのに相応しい疫学的手法の提案を目指して、複数の関連分野の研究者たちが集ったもの。論文(有料): 原爆被爆者の甲状腺癌リ... 続きを読む
    1341pv 4 2012年9月22日
  • 【勘違いまとめです】東京新聞「11歳少女、100mSv被曝~」の記事に対するアレコレについて

    ただし、甲状腺等価線量と実効線量を比べてはならないのは当然として、甲状腺癌リの議論は甲状腺等価線量だけで閉じるべきだと思う。実効線量換算には意味がない甲状腺の放射性ヨウ素取り込みに起因する甲状腺癌リについては実効線量ではなく甲状腺等価線量で議論すべきなのです。データが少ないので大雑把な話にしかならないけれども、放医研の試... 続きを読む
    716pv 1 2019年2月9日
  • 資料メモ :放影研の新知見→丹羽先生の資料→尿検査関連

    ともあれ放影研が、胎児曝露による癌リの可能性も理解可能だと言い出した、と。そういうことっぽいような #資料メモStewartらは1956年に胎内X線被ばくが小児の癌リを増加させる可能性を指摘(Stewart et al. 1956, Lancet)#資料メモ ●「子供や妊婦に対しての配慮:低線量と内部被ばくと胎児のリス」 丹羽太貫 ここでも、Stewart教授の研究が紹介されてる。 (と... 続きを読む
    937pv 4 1 2012年12月28日
  • 井田真人さん(元JAEA):PKAさんの認識は恐らく90年代くらいのものだと思います

    I-131の癌リについてのこの辺りの認識は、現在も同じままですか? → ,I-131の癌リについてのこの辺りの認識(PKAさん自身の)は、現在も同じままですか? → ,チェルノブイリを例に挙げたのは、I-131の癌リを捕らえた例として重要であるためと、PKAさんの持つ認識がチェルノブイリや医療外部被ばく等の調査から分かっていることと随分と違うように思え... 続きを読む
    3168pv 57 2017年11月30日
  • 食品に含まれる放射性物質の安全基準は3000ベクレル、それ以下は風評被害?

    サーミ族は一般的に発癌リが低い。白血病、甲状腺癌、骨癌や乳癌などの放射性誘発性癌のリスに増加は見られなかった。2006年論文 Lifestyle, Genetics, and Disease in Sami サーミ族の癌リは一般より40%低く、心血管疾患リスも低い。”300Bq/kgという限度値は1mSvに相当するもので、防護庁は、この被曝量による発癌リはわずか5万人に1人のレベル以下で... 続きを読む
    1763pv 44 1 user 91 2014年1月18日
  • 部分和訳 国連総会に提出されるUNSCEAR報告書要約版 20131004

    リスモデルによる推定は癌リの増加を示唆するが、放射線誘発性の癌は、現時点では、他の癌と区別がつかない。(続)フェアーリー氏パラグラフ40(続)この被ばくした集団においての癌リの増加を示す。しかしながら、自然由来の癌の背景の中で過剰癌を検出するには、日本の寿命調査のような大規模で継続した疫学調査が必要であるだろう。特に、甲状... 続きを読む
    2653pv 68 1 user 2013年10月4日
  • 「緊急避妊薬ノルレボには乳ガンの副作用がある」と言い張るツイート

    しかも黄体ホルモンの発癌リは卵胞ホルモンより低いんですよスイッチOTC代表例、ロキソニンは20年以上も大量に使われたが副作用に癌リ無いぞ…作用機序すら不明な薬の副作用を先に示して?まぁリスを上回るベネフィットがある限り、薬の存在意義までは否定しない。 動物実験での軽度の指標だって、人体に置き換わっても『原発事故から風評を除いた... 続きを読む
    11573pv 96 2 users 16 2015年10月25日
  • 10年後、10年後になれば・・・・|彡サッ

    色々調べたなら見た事があるかと思いますが、自然放射線での被曝量と今回の原発事故との比較、放射線によるDNA損傷とその修復メカニズム、他の癌リとの比較、脱原発による国全体の貧困リスについても再度目を向けられた方が宜しいかと。それでは。あの、大まかでいいのですがどの位の被曝量と発癌リが結びつくと思われてますか?RT : 専門家じゃない... 続きを読む
    12102pv 178 5 users 3 2012年10月24日
  • ウクライナと福島の汚染比較と甲状腺癌のリスク係数

    JNESの甲状腺癌リ係数と比較、0-14歳は同等、15-18歳はこの時点で既に2倍、ウクライナの方が悪い感じ?。まあ実際は残り27年間も見てみないと判りませんが、、。「ウクライナと福島の汚染比較と甲状腺癌のリス係数」(2012年9月25日修正版)0-14歳、15-18歳、被曝量〜0.2から0.3Gyまでの群におけるリス係数を計算してみました。23年目までの値から残り27年分を外... 続きを読む
    11533pv 334 5 users 16 2012年9月24日
  • 2014.7.3作成【CDC: Minimum Latency and Types or Categories of..

    これは、動物とヒトにおいて、非常に高年齢の場合に癌リが減少するという証拠と整合する。2004年ランセット誌論文「診断用X線による癌リ:英国と14諸国の推定値」(英語) PDFダウンロードこれは、原爆被爆者データと過去の二次癌の疫学調査に基づいて、放射線治療によって誘発される二次癌の発癌リの予測を試みた論文、ってことか。放射線照射中や... 続きを読む
    4615pv 92 2 users 18 2014年7月5日
1 ・・ 25 次へ