「行動障害」の検索結果

まとめの中から「行動障害」の検索結果を表示しています。

検索に関連するタグ

  • ドクターPの「強度行動障害」にかかわる対談動画集

    強度行動障害 行動障害の改善はQOLの拡大 長瀬慎一さん」ドクターPの「強度行動障害」にかかわる動画を集めてみます。 「脱!強度行動障害 おめめどう®の巻カレ、コミュメモを使った対話」行動障害支援に役立つアイディア集65」強度行動障害 Dr.PECS 門眞一郎先生」強度行動障害 こんな日がくるとはおもわなかった」強度行動障害 アートなまなざしでMO-SOしよう」強... 続きを読む
    2351pv 30 174 2020年5月2日
  • 「厚生労働省 平成24年度障害者総合福祉推進事業 強度行動障害の評価基準等に関する調査について 報告書」(平成25年..

    もう何度も言及されてるけどね「厚生労働省平成24年度障害者総合福祉推進事業強度行動障害の評価基準等に関する調査について報告書」P73「最も行動障害が重篤であった時期の度数分布」 これ、学校の先生、知ってて「こらあかん」と考え、行動して下さってるだろうか?「これらの結果は、単に思春期という年齢が行動障害の重篤化の要因ではなく、 現在の学校環... 続きを読む
    897pv 4 16 2019年8月14日
  • [福祉]『強度行動障害の理解』に取り入れて評判がとてもよかったゲーム

    『強度行動障害の理解』という研修コマでじっくりミレーを少し取り入れたところ評判がとても良かった☺️✨✨ これは大人も子どもも楽しく誰かの気持ちを考えられる素敵なゲームだと思う🎨 #ボードゲーム少人数だったので和やかな空気で遊べ‥研修できましたw 障害について話した後にこの絵をみるのとでは考えることが増えるようで。そうゆう姿勢で普段もか... 続きを読む
    5589pv 5 8 2021年1月21日
  • 2013.8.3_RTI/PBSサマーセミナー@筑波大学

    調査その②(育成会の調査,2012)強度行動障害のある人の生育歴から、行動障害が重篤化するプロセスを明らかにする。 #rtipbs参考)強度行動障害とは #rtipbs強度行動障害の人のライフスタイルを後方視的に調査。目的)強度行動障害のある人の在宅生活を支えるために必要なサービスなどを明らかにする。 方法)強度行動障害のある人の家族に、①生育歴②最も大変だ... 続きを読む
    3319pv 18 37 2013年8月3日
  • 強度行動障害児者への支援についてを読んで

    「強度行動障害児者への支援について」"課題4.福祉と医療の連携が進まない・強度行動障害のある人が受診できる医療機関が少ない・強度行動障害のある人が身近で医療を受けることが難しい・強度行動障害の改善のために医療を受診することが少なく対応が困難"ってか、強度行動障害ではない人たちへの、そしてまだなっていない人たちへの、ちゃんとした支援が... 続きを読む
    2788pv 10 3 2016年6月27日
  • 特殊教育学会3日目の見聞(2018年9月)

    福岡市強度行動障害者支援研修会強度行動障害者支援研修事業について 「行動障害を示す児童・成人を協力者に迎えて、その人への支援サービスの連結、拡大を図る」 これいいです!!福岡市の強度行動障害支援で大切にしていること強度行動障害集中支援事業とは 【障害行動支援センター「か〜む」の機能】倉光晃子 福岡市の行政との協働による強度行動障害支... 続きを読む
    1802pv 6 32 2018年9月24日
  • 2013年9月24日 第51回社会保障審議会 koji_onoue サンによる傍聴レポートとその後の見解

    社保審・障害者部会。玉木委員-重訪は常時介護を必要とする人ということだが、今回の資料では行動障害がある人だけになっているみたいだが、実際には行動障害がなくても長時間介護が必要な人がいる。行動障害がない人は、居宅介護と訪問看護などとなっているが、重訪の利用については社保審・障害者部会。事務局-人材養成については、今年度から強度行動... 続きを読む
    1000pv 9 3 2013年9月29日
  • アメニティーフォーラムに参加した大久保賢一先生のつぶやき

    今日これから15時から行動障害のセッションで登壇予定です。アウェイ感半端ないけど頑張るぞい。行動障害の支援と「ハーム・リダクション」のコンセプトは、とても相性が良いように思う。へえ、日本障害者虐待防止学会って学会ができたのか。6年分の強度行動障害研修のデータはここに投稿しようかな。。。アメニティフォーラムの行動障害セッション、4時間も... 続きを読む
    1171pv 3 2019年2月10日
  • 行動援護研修四日目(最終日)

    次の講義 「強度行動障害に対する制度 及び支援技術の基本的な視点①」この時間の目的 行動障害が頻発する要因の一つに、対象者の状態にそぐわない活動(生活環境)といいうことが考えられます。この時間は、生活介護事業所で強度行動障害のある人に日中の活動を提供尾する場面を想定し、自閉症や知的障害障害特性に配慮した「支援の手順書」を作るプロセ... 続きを読む
    1338pv 5 6 2018年11月4日
  • 行動援護研修1日目

    1988 強度行動障害児者研究 1993 強度行動障害特別処遇事業 1998 強度行動障害特別加算費 2006 重度障害者支援加算費 行動援護(支援費) 行動援護従業者養成研修 2013,2014 強度行動障害支援者養成研修 報酬改定 2018 重度障害者支援費加算・行動援護従業者等事前に伝えてないから、こういう行動になったという研修にはなっていないのですか?強度行動障害の研修受けまし... 続きを読む
    674pv 3 5 2018年10月13日
  • 知的障害者入所施設での虐待を防ぐために〜Saussure(‏@mamiyac330)氏の発言を中心として

    行動障害の方々の支援で職員集団のサポートも受けられず行き場のない袋小路に留め置かれていると感じたら?強度行動障害は他に行く所がないという思い込み…。読んで涙が止まりません。「袖ヶ浦福祉センター養育園利用者への虐待についての考え」公設であるという理由で他の民間施設で受け入れない行動障害の方々を引き受けざるを得ないにも関わらず民間施... 続きを読む
    12716pv 117 10 users 71 2013年12月30日
  • 福岡県宗像市の職員によって児童福祉事業所が被害を受けた件

    そこに、強度行動障害児童(指標該当児童)と記入されることになります。正直、強度行動障害は、1980年台後半にキリン財団の研究から言われ始めたローカルな言葉です。重度の知的障害がある入所の方々を対象にした調査研究でした。ウチの事業所の療育のチーフも大学院で強度行動障害の研究をしていたので間違いなく。 厚労省がそれを安易に児童に適用してきま... 続きを読む
    46162pv 202 40 users 373 2018年5月18日
  • 2018年特殊教育学会で行きたいところ

    9月22日(土)13:00〜14:30 1009 自主シンポ 1-11 行動障害に対する保護者支援の現状と課題 教師に求められる支援と研修内容 企画者 岡村章司・井澤信三(兵教大) 話題提供者のおひとり 竹島克典(クローバー 宝塚ブランチ)9月22日(土) 15:00〜16:30 3Fイベントホール ポスター2 08 行動障害への指導力向上に向けたOJTプログラムの効果II-2 28 子どもの意思表明をサポートす... 続きを読む
    1193pv 2 8 2018年9月2日
  • 障害者施設職員の葛藤という記事について

    "こうした現場の実情を踏まえ、各都道府県は二〇一三年度から、「強度行動障害支援者養成研修」を実施している。""パニックになると、激しい自傷行為や他人に暴力を振るう強度行動障害が起き、手に負えなくなるからだ"環境作りはどうなってる?スケジュールは?手順書その他のワークシステムは?で、だから「厳しく注意できない」って・・・"自傷や暴力などの... 続きを読む
    2239pv 10 3 2017年1月28日
  • 特殊教育学会1日目の見聞(2018年9月)

    「厚生労働省 平成24年度障害者総合福祉推進事業 強度行動障害の評価基準等に関する調査について 報告書」これは図 3-4 に示した各ライフステージにおける強度行動障害判基準表の全体得点平均の推移とも一致する。高等学校卒業以降のライフステージで、人数・得点両データともに減少を示していることから、これらの結果は、単に思春期という年齢が行動障害の重... 続きを読む
    813pv 4 6 2018年9月22日
  • 「(独)国立のぞみの園の在り方検討会(第2回)議事録」を読む

    片桐さん 「基本的に行っている支援 はいわゆる構造化とか、「ティーチ」と言われるもの、あるい「応用行動分析」と呼ばれる手法をかなり丁寧に取り入れて、行動障害の軽減に取り組んでいるという事例です」片桐専門官(厚生労働省社会・援護局障害保険福祉部障害福祉課地域生活支援推進室虐待防止専門官) この方は強度行動障害の方への対処している事業所... 続きを読む
    1219pv 9 3 2017年9月12日
  • DPI政策討論集会の地域生活分科会の中継ツイート(2013.12.1)

    行動障害は治らない、訓練もいらない。地域でヘルパーとともに暮らして行くことが必要なんだ。こうした行動障害中心の研修を新た設ける、行動障害の専門性立ち上げるということは、3年後見直しの際に、これが専門だからこうした研修を実施していものの意見を中心に聞く、という布石になるのではないかとも考えられる。それは運動として注意が必要な点だろう... 続きを読む
    1320pv 18 2 2013年12月2日
  • 『頭内爆発音症候群』と、睡眠前の奇妙な感覚あれこれ

    【「睡眠障害」は「痴呆症」の兆しかも……!? 米国の研究者が発表】 睡眠障害が始まってから痴呆症の兆候が見られるまでの期間は「平均25年」:どこまでがレム睡眠行動障害の話でどこから睡眠障害一般の話かわかりづらいけれど、真剣に改善しよう… 続きを読む
    30773pv 29 16 2010年12月7日
  • 知的障害と行動問題のある3歳児140人を集めて3年間フォローした結果、3年後の行動問題の重篤化を最も予測する因子は

    行動障害のある子どもの家族を支援するために財政的支援やレスパイトや親グループの活動は一般的に必要であるが、親の「悲観主義」には効果がなく、場合によっては前向きな親がたくさんいる親グループの活動において悲観主義が強まる可能性すらあるという指摘。行動障害のある子どもの親に対する「認知的アプローチ」とは結局のところ「行動は環境によって... 続きを読む
    1864pv 3 1 user 2018年2月14日
  • 岡部耕典さんの自閉症児への薬物療法の認識

    確かに、行動障害の「症状を抑える」ために向/抗精神薬の投与は過剰になりやすいのである。→→胸に手をあててみて、それを否定できる行動障害の激しい自閉症児の親はまずいないと思う。同時に、ぐったりした我が子の姿を見ていいようもない悔悟の情に駆られたことのない親もまた。→それは、(一応、だけど)「障害学の人」の私も同じ。ただし、それと向... 続きを読む
    5046pv 10 3 users 12 2012年6月15日
  • 「行動援護」の資格取得のための研修の内容について

    14.障害特性の理解とプランニング(リフレーミングも) 15.強度行動障害に関する制度及び支援技術の基本的な視点 16.危機対応と虐待の防止行動援護研修の各セッションのタイトルを書き出してみる。 私の判断なので、正式名とは違うかも。 資料とレジメの判別がつきにくいものもあった。 1.強度行動障害とは(自閉症の三つ組も) 2.チームでの支援 3.実践例(苦労話... 続きを読む
    1609pv 5 51 2019年7月8日
  • 米CDC(疾病管理予防センター)の2005−2011年調査に基づく、小児の精神衛生状態の初めての包括的報告

    米国の小児(3−17歳)における精神疾患(注意欠陥多動性障害、自閉症スペクトラム障害行動障害、不安障害、うつ、薬物使用、物質使用障害、トゥレット症候群など)は5人に1人。米国の小児(3−17歳)における精神疾患の有病率(2005−2011年調査) 注意欠陥多動性障害 7% 行動障害 3.5% 不安障害 3% うつ 2% 自閉症スペクトラム障害 1% トゥレット症候群 0.2%(... 続きを読む
    958pv 7 2013年5月18日
  • 千葉県社会福祉事業団「養育園」報道関連

    「支援サービスの特徴」"強度行動障害等の行動障害を有する児童に専門性を持った支援"いったいどんな専門性があったのだろう?"個別ニーズに応じ、重複障害を併せもつ児童には医療的ケアを、強度行動障害及び行動障害を有する方の支援、被虐待児には心理的・身体的ダメージに配慮した支援を行っています。 "「施設の特色」虐待その他で保護・養育を要する児童... 続きを読む
    15436pv 157 3 users 19 2013年12月14日
  • 暮らし全体をいい感じにしていくには(よく目立つ部分だけでなく、ちょっとした部分への配慮とか、背景の考え方とか、すごく..

    「視覚的コミュニケーション・スキルの発達により強度行動障害から脱した自閉症スペクトラム障害の1成人例」行動障害の激しい人たちの居住区でもとりわけ行動が激しく対応困難とされていた方が 1.PECS の導入 2.スケジュールの導入 3.回数制限つき要求カードの導入 などで落ち着かれ、特定の職員でなくても対応できるようになったとのこと。 続きを読む
    6913pv 4 333 2021年6月20日
  • 本人・家族の予後が良いためには何が必要なのか

    「親の悲観的思考と自信のなさ」と子どもの行動障害(引用続き)(中略) "重ねて私から伝えておきたいことは・・・ ・「子どもに自閉症や行動障害があって、その結果親が自信を持てず悲観的になると行動障害が悪化する」ということを示している研究ではない" (ばじる雑感)あるかないか、の話でなく何を主張する研究だったのか?"「悲観的思考」の例として、子ど... 続きを読む
    3864pv 18 1 user 31 2018年2月14日
1 ・・ 25 次へ