「超音波検査」の検索結果

まとめの中から「超音波検査」の検索結果を表示しています。

  • 小児甲状腺がんはリンパ節転移しても死なないの?

    甲状腺がんのリンパ節転移て、触ってわかるサイズ(3センチ以上)のと顕微鏡サイズのと他に、超音などの画像検査で見つかるサイズのものがあります。福島県の子供のは、多くは顕微鏡サイズのものですが、超音で見つかったものも含まれます。触ってわかるサイズのものはありません。超音診で成人女性の3.5%に微小乳頭癌。手術でリンパ節を取... 続きを読む
    2094pv 17 5 users 2017年11月22日
  • 超音波検査が2巡目の甲状腺がんをつくった説

    ▼原発事故と甲状腺がん仮説(部分改訂) 1)チェルノブイリに超音しに行って、がんをつくった。 2)福島でも超音して、がんをつくっている。2巡目がんの理由は、超音のせいで説明できる。複数回にわたって超音に暴露されてしまった。放射線被曝を心配するなら、超音も心配しないとおかしくないかい?・超音で甲状腺がんにな... 続きを読む
    12005pv 182 7 users 22 2016年3月12日
  • 北茨城市甲状腺超音波検査事業の実施結果

    北茨城市甲状腺超音事業の実施結果 PDF …【ホームページを更新しました】 北茨城市甲状腺超音の実施結果について【北茨城市甲状腺超音事業の実施結果について】 平成26年度0-18歳(事故当時)3593人受診:うち3名が甲状腺がんと診断北茨城市甲状腺超音事業の実施結果 PDF 「H26年度対象者数6,151受診者数3,593.3名が甲状腺がんと診断.放射... 続きを読む
    3348pv 69 1 user 2015年8月26日
  • 六甲の甲状腺検査について、ちょっとだけ超音波の関係者さんから

    一次検査実施者の条件。甲状腺の超音に係る資格について。医師〜内分泌・甲状腺外科専門医(甲状腺外科学会、内分泌学会)。甲状腺学会専門医(甲状腺学会)、内分泌代謝専門医(小児)(小児内分泌学会)。超音専門医(超音医学会)。技師〜超音士(体表)(超音学会)。超音の大きな欠点は検査をする人の知識や技量に大きく... 続きを読む
    8667pv 163 2 users 5 2012年11月27日
  • 【玄妙氏・早川氏新仮説 超音波検査が2巡目の甲状腺がんをつくった説】について(2016.3.21更新)

    これは、超音(エコー)検査ではなく、違う事を目的とした超音具の使用への警鐘隈病院 超音 引用 超音は母体内の赤ちゃんの観察に用いられるほど安全な検査です。φ(..)メモメモ 早川氏まとめ 超音が2巡目の甲状腺がんをつくった説「健康診断で行われる胸部レントゲン撮影が肺がんを作る」も作ってくださる事を期待 超音が2巡目の甲状... 続きを読む
    3049pv 95 1 user 1 2016年3月14日
  • Peter Jacob らによる論文「福島県の超音波検査と甲状腺がん」部分和訳と疑問点

    現在、事故当時に福島県に居住していて18歳以下だった人達の超音が行われている。これらの症例のほとんどは、超音なしでは臨床的関連をもたなかったであろうということが強調される。 (完)ゆえに、超音の新しいプログラムの一巡目で得られるのは甲状腺癌の有病率であり、その後の検査では、一巡目で検査された人達の間での発生率が得ら... 続きを読む
    4587pv 123 1 user 2014年1月15日
  • 大阪大学 高野徹氏ブログトピック『第11回 甲状腺検査評価部会発言要旨』の矛盾点について(2018.11.3作成)

    触診と超音のどちらかを用いればいいとされており、超音は推奨も反対もされていない。この文献では、触診と超音それぞれの長所・短所を挙げており、触診と超音のどちらかを推奨・非推奨しているわけではない。大阪大学・髙野徹氏のブログより「4つのガイドラインにおける議論のいずれも超音を使用するかどうか議論しており... 続きを読む
    1319pv 48 3 users 2 2018年11月3日
  • 「福島県における超音波検査と甲状腺癌」(Jacobの2014年1月9日論文)

    福島県でいま行われている超音の妥当性が、ドイツの研究者から大きく問われた事態だ。福島県でいま行っている超音をこれから10年続けると、200人に甲状腺がんがみつかる。そのうち2011年3月の原発事故に起因するがんは20人だ。ただし、その原因は放射線被ばくではなく超音診。Jacob P. (2014) 超音スクリーニングでの抽出基準の差、5mm vs 10mm で... 続きを読む
    7529pv 150 1 user 9 2014年1月15日
  • 2015.3.5~8 サンディエゴ開催 内分泌学会年次集会発表論文アブスト和訳等【「福島原子力発電所事故後の福島甲状..

    材料と方法:甲状腺超音は、事故当時に0〜18歳だった約36万人の住民を対象とした。甲状腺超音の予備的ベースライン調査である先行検査は、2011年10月9日に会誌され、2014年3月31日に終了した。結論:これは、高性能の超音スクリーニングを用いたベースライン甲状腺超音の初めての大規模な報告である。(注:「これは、高性能の超音スクリー... 続きを読む
    1339pv 16 1 user 2015年4月20日
  • 甲状腺結節取り扱い診療ガイドライン(2013)より「甲状腺結節性病変の疫学」について

    →第三としては、甲状腺超音のコストの違いがあげられる。わが国における甲状腺超音検査料は米国の1/10前後であるため、超音診断装置が日常臨床や検診の現場に広く普及し甲状腺超音が行われる頻度が高いと考えられる。→→超音による頻度は男性16.63%,女性28.14%であった.超音と触診の発見率の比は,男性約26倍,女性約17倍であっ... 続きを読む
    2319pv 42 2014年8月15日
  • 2018.7.8第10回甲状腺検査評価部会『資料4-1【髙野部会員・祖父江部会員資料】県民健康調査における甲状腺超音..

    (資料4-1 【髙野部会員・祖父江部会員資料】県民健康調査における甲状腺超音の倫理的問題点と改善案 :)質問2 超音で反回神経や周囲組織への浸潤がみられることは超音が有用だということではないのか? (これへの回答、次のTWにコピペするけど、なんか的外れな感じがするような?)今、日本でやっているこの治療法、まあ、超音でなる... 続きを読む
    485pv 10 1 user 2018年7月27日
  • 【甲状腺超音波診断ガイドブック改訂第2版】p149〜 「CHAPTER Ⅸ 検診」より引用

    →甲状腺超音診においては、結節性およびびまん性甲状腺疾患スクリーニングが行われているが、最近の超音診断装置の進歩により、甲状腺超音の診断能力は向上してきており、特に結節性病変の発見頻度が上昇している。→→〈甲状腺超音の問題点〉超音は簡便かつ検者の熟練度に大きく影響されない客観的評価が可能であり、結節性病変... 続きを読む
    1918pv 38 1 user 2014年11月29日
  • 2015.8.26報道【北茨城市、甲状腺がん3人 昨年度18歳以下検査】関連ツイートまとめ

    北茨城市甲状腺超音の実施結果について 平成25・26年度甲状腺超音事業の実施結果についてお知らせします。 PDF(8月25日)北茨城市の甲状腺超音結果の英訳。引用: 資料:この甲状腺超音に関する講演会北茨城市甲状腺超音事業 H25・26年度 甲状腺超音実績(15/8/25) 事故当時年齢:0~18歳 実施割合:58.4% 「H26年度の精密検査の結果、3名... 続きを読む
    3564pv 113 6 users 4 2015年8月26日
  • 甲状腺検査の結果を読むために考えたこと、調べたこといろいろ

    その意味で、乳腺の超音(乳房のしこりが良性か悪性かを判定 )を受けた韓国人女性を対象に甲状腺の超音を同時に行い異常所見の発生率を調べた論文 は参考になりますこの調査の対象は年齢13歳以上、また超音では嚢胞のチェックはしていません。嚢胞も結節と同じようにヨウ素摂取量の多い地域で少ない地域よりも多く見られる傾向が確認でき... 続きを読む
    10889pv 213 1 user 9 2012年10月8日
  • 小児甲状腺多発嚢胞は正常か?

    当院エコーは私も立会い、超音士と専門医も「悪性が否定できず」の見解だったのに。私はリアルタイムにエコーをみていないが、超音士のレポートに記載があった。こちらも某大学教授「なんでもない」。子どもの甲状腺多発嚢胞は「なんでもない」のか? 私の常識とは違う。: 超音士も専門医も、小児甲状腺をみる機会がほとんどないので断言... 続きを読む
    8221pv 7 2012年6月19日
  • 16.03.15玄妙医師(匿名)・早川教授「超音波検査が2順目の甲状腺がんをつくった説」まとめへの反応 他

    これは、超音(エコー)検査ではなく、違う事を目的とした超音具の使用への警鐘隈病院 超音 引用 超音は母体内の赤ちゃんの観察に用いられるほど安全な検査です。φ(..)メモメモ 早川氏まとめ 超音が2巡目の甲状腺がんをつくった説→超音が2巡目の甲状腺がんをつくった説 - Togetterまとめ よりまた出た珍説、w 人間ドックの超音も... 続きを読む
    4498pv 85 16 2016年3月14日
  • 【小児甲状腺癌についての公式見解を読み解く③】

    チェルノブイリでは最初の4年間、超音機器がない状況であり、甲状腺がんを見つけるのが困難だったという事実。したがって、1990年ぐらいまでソ連に超音機器がなかっただけでなく、医師の多くは甲状腺癌を見つけようとすらしていなかったのだ。」2【小児甲状腺癌…読み解く③】「TV朝日は、チェルノブイリから10キロ西にある診療所の副所長にも取... 続きを読む
    2134pv 85 2 users 12 2014年12月30日
  • 甲状腺結節取り扱い診療ガイドライン(2013)より「小児の甲状腺結節・甲状腺癌」について

    →【ステートメント】⑤小児の甲状腺結節の良性悪性鑑別には超音、穿刺吸引細胞診が有効である。小児において甲状腺結節を発見した場合には、頸部リンパ節について超音で入念に観察すべきである。EL3、グレードB →→小児甲状腺癌の診断に超音、穿刺吸引細胞診が有用な点は成人と同じである。(以下略)→→これらの超音所見は成人... 続きを読む
    2615pv 37 2014年8月8日
  • アブスト和訳・本文部分和訳「日本における乳児から思春期の若者での超音波検査による甲状腺体積の系統的測定:福島県民健康..

    日本における乳児から思春期の若者での超音による甲状腺体積の系統的測定:福島県民健康調査(英語PDF) 以下、アブストラクト和訳と本文部分和訳(気になった箇所のみ)本調査の目的は、0−19歳の日本の子どもたちにおける超音と疫学的分析により、甲状腺体積の最新の基準値を設定することであった。これは、2011年10月9日から2012年3月31日まで行わ... 続きを読む
    3803pv 35 1 user 2 2015年1月26日
  • 長瀧重信(2012)『原子力災害に学ぶ 放射線の健康影響とその対策』を読んだ

    超音の導入時期が違ったからだろう。フクシマでは迅速に超音が始まった。子供全員超音を立案して実施した福島県と環境省の責任は重い。子供の甲状腺を超音すれば放射線の影響がわかるなんて、だれが計画立案したんだ!▼チェルノブイリ事故後に小児甲状腺がんが増えた原因候補 ・放射線 ・スクリーニング効果 ・過剰診断 ・超音 続きを読む
    1287pv 1 1 user 2 2016年3月24日
  • 甲状腺結節取り扱い診療ガイドライン(2013)より「穿刺吸引細胞診」についてのメモ

    ▽10㎜径より大きく、超音で何らかの悪性を示唆する所見がある場合。▽5㎜径より大きく、超音で強く悪性を疑う場合。→▽充実性成分に悪性を疑う超音所見がある場合→ステートメントの根拠から(抜粋)…▽一方近年は検診目的で頸部超音を受ける機会が増えてきており、無症候性の小さな甲状腺結節が偶然発見されることが多い。これから... 続きを読む
    5732pv 11 1 2014年8月18日
  • 2015.6.2作成 【記事 超音波で赤ちゃんの心音を聞く装置に警告、記念のエコー検査にも注意、米FDAが危険指摘】..

    米国医療超音研究所がプロフェッショナルな組織の倫理的原理に基づいて推奨できるのは、医療適用された超音の間に親に渡された画像や動画だけだそう。AAUIF (超音画像化公認施設協会)認定されるには、施設のガイドラインや手順が、産婦人科医や診断医療超音技師などに監督されていることや、実際に超音を行なうのが、診断医療超音技師... 続きを読む
    10190pv 51 11 2015年6月2日
  • 報道ステーションの伝える甲状腺検査報道に関するツイート

    超音は、どの検査の分野であっても1つはっきりしていることがあります。それは検者依存。医師が直接超音をすること自体そんなに多くないし、ま、正直上手な超音士なら医師が舌を巻くほど素晴らしい画..しかし超音が許されている医師・看護師・診療放射線技師・臨床検査技師であれば、技量に関わらず一応「検査」にはなる。技量によって... 続きを読む
    22336pv 442 28 users 42 2012年11月21日
  • 11月27日の甲状腺検査評価部会で欠席の春日文子部会員と西美和部会員からのメッセージ書き起こし

    日常診療で多くの甲状腺超音をしている、日本甲状腺学会会員と日本甲状腺外科学会会員に、岡山大学・千葉大学・慶応大学の資料を添えて、何ら訴えのない10歳代後半から20歳代の人に超音をすれば、(続)被ばく地と考えられる地域の、10歳代後半から20歳代の1万人単位での甲状腺超音が実施されれば、日本での甲状腺癌の実態が分かると思いま... 続きを読む
    1035pv 17 2013年11月29日
  • すこうぷ先生の乳がん検診のお話(2018)

    こちらも変わりませんが、「超音(エコー)検査単独による乳がん検診の有用性は年令問わず依然はっきりとしていません」 少なくとも乳がん検診は、超音だけではダメで、マンモグラフィーあってこそ。超音はマンモグラフィーの代用になりません。乳がん検診、特に超音を勧めてくる方は必ずと言っていいほど「早期発見」というフレーズを... 続きを読む
    1534pv 24 2018年9月3日
1 ・・ 25 次へ