2012-05-23 23:25:52
北九州 試験焼却 瓦礫

120523「5月22日〜23日北九州市への瓦礫の試験焼却搬入への市民による抗議行動」IWJ福岡 金子譲 @yuzulin による報告ツイート

5月22日〜23日、北九州市への瓦礫の試験焼却のための搬入に対する、住民による抗議行動の模様。22日未明から23日にかけて張り付きで中継を行った、IWJ福岡中継市民 金子譲 @yuzulin による報告ツイート。
by IWJ_matome
4 fav 1427 view
このエントリーをはてなブックマークに追加
Fav
  • 【IWJ福岡:北九州瓦礫1】@iwakamiyasumi 5月22日〜23日の北九州市の震災瓦礫試験焼却の顛末を、私IWJ福岡中継市民の金子が連続ツイートします。まず、22日午前9時頃、最初の瓦礫トラックが日明(ひあがり)積立基地に到着。…続く
  • 【北九州瓦礫2】すかさず反対派の住民が、入り口から50~60m離れた道路上で「これ以上絶対に通さない」とトラック前を占拠。対して市の職員が説得に当たるも、話は全く平行線で、膠着状態に。市職員からの数回の「警告」のあと、警察に通報される。…続く
  • 【北九州瓦礫3】警察は「道路交通法違反」を理由に反対派住民に退去を求めるも、住民側も一歩も引かず、小一時間膠着状態が続く。一時警察から「道路ではなく、積立基地の入口前で抗議をするなら、道路交通法違反ではないので、警察は関知しない」との申し入れがあった。…続く
  • 【北九州瓦礫4】住民の一部には応じてもいいのではないかとの意見もあったが、結局「一歩も引かない」と頑張る住民もおり、膠着状態は変わらず。…続く
  • 【北九州瓦礫5】正午過ぎ、ついに均衡が破れる。警官隊が瓦礫トラック前でスクラムを組み、おしくらまんじゅうのような状態で反対派住民を強引に押し動かし始めた。それにつれて、トラックはじわじわと日明積立基地の入口ゲートに近づきてきた。…続く
  • 【北九州瓦礫6】怒号と悲鳴が飛び交う中、午後1時前にはトラックは積立基地の入口ゲート前3メートルほどの地点まで近づいて止まった。…続く
  • 【北九州瓦礫7】その後再び、膠着状態に入る。先の「積立基地の入口前で抗議をするなら、警察は関知しない」との申し入れのとおり、警察の介入はこれ以上はないかとも思われた。しかし午後4時頃、警察の態度が一変した。…続く
  • 【北九州瓦礫8】警官隊はトラックの前で座り込み、お互いにスクラムを組んだ反対派住民を力づくで排除を開始。猛烈なもみ合いとなったが、大量の警官が動員され、一人、また一人と座り込んだ反対派住民を引き剥がしていった。…続く
  • 【北九州瓦礫9】住民も負けじと、何度も引き剥がされつつも、そのたびにまた体当たりで割り込み、座り込みを続行しようと頑張る。さながら警官と住民の壮烈な肉弾戦の様相を呈してきた。中にはあまりの暴力的な警察の対応に号泣し、絶叫、あるいは立ち尽くす人も…。…続く
  • 【北九州瓦礫10】だが住民側は多勢に無勢、徐々に数を減らし、最終的にはついに全員が排除され、警官隊がガッチリとスクラムを組んで固める中、午後6時頃、数台の瓦礫トラックが日明積立基地の構内に入った。結果として、警官に対して暴力を振るったとみなされた住民2名が逮捕された。…続く
  • 【北九州瓦礫11】しかし、それで終わりではない。瓦礫を運んできたトラックは20台以上であることが事前に確認されている。残りの大半のトラックはまだ現場に到着していない。結局、残りの瓦礫トラックが到着したのは午後7時半頃になったが、その時、信じられない光景を目にした。…続く
  • 【北九州瓦礫12】なんと、何十台もの護送車、その他の警察車両が道路を分断し、反対派住民を積立基地の入口と反対側に排除したのだ。そして無数の赤色灯が回転する物々しい戒厳令を思わせるような雰囲気の中、午後8時過ぎに計22台の瓦礫トラックが次々と積立基地に入って行った。…続く
  • 【北九州瓦礫13】午後9時頃には警察車両による道路の分断が解かれ、住民たちはその後もしばらくマイクなどを使った抗議活動を続けた。積立基地の入り口は200名はいるかと思えるほどの警官隊によって固められ、全く手を出せる状態ではない。…続く
  • 【北九州瓦礫14】住民たちは怒るというよりもあきれ果て、「ここまでやるのか?」「信じられない」「日本は本当に民主主義国か?」「警察なら何をやっても許されるのか?」…などの感想が聞かれた。しばらく睨み合い状態が続くも、夜半には大半の住民が帰宅し、警備も徐々に解かれていった。…続く
  • 【北九州瓦礫15】しかし、これで試験焼却に向けてのすべての決着がついたわけではない。焼却は翌23日に行われることが決まっていたが、焼却場は22日に瓦礫が置かれた日明積立基地ではなく、その道路を挟んだ向かい側にある「北九州市日明工場」で行われる。…続く
  • 【北九州瓦礫16】試験焼却は正午からと公式に予告されているので、その前にこちらに瓦礫が運び込まれるのだ。すなわち、反対派住民にとっては、試験焼却を止めるチャンスがあと1回あることになる。…続く
  • 【北九州瓦礫17】22日の夜は私(中継市民金子)は積立基地近くに停めた車の中で一夜を過ごすことにした。理由は、深夜に突然瓦礫の搬入が始まる可能性もあるから。そこでまたもや、驚く出来事に遭遇する。深夜24時半ごろ、そろそろウトウトし始めた時間に、突然警察官に起こされた。…続く
  • 【北九州瓦礫18】車を停めた位置で作業をするので、少し移動して欲しいという。見ると、標識を新たに立てているようだった。なんとそれは「駐車禁止」の交通標識。続いてパトカーが通過し、拡声器で「このあたりは只今より駐車禁止となりました。直ちに車を移動してください」とアナウンスが。…続く
  • 【北九州瓦礫19】驚いてパトカーに説明を求めようと、残っていた住民が近づいたが、それよりも早くスピードを上げ、走り去ってしまった。…続く
  • 【北九州瓦礫20】つまり、明日も反対派の住民が抗議に来ることを見越し、その日のうちにこの付近の道路を駐車禁止にして、抗議活動を阻止しようということらしい。駐車した時にはなにも問題なかった場所を、いきなり自己都合で駐車禁止にして「だから出ていけ」というわけだ。…続く
  • 【北九州瓦礫21】これにはあいた口がふさがらなかった。まさに警察による「何でもありの無法状態」と言っても過言ではないだろう。…続く
  • 【北九州瓦礫22】さらに夜が明けると、日明積立基地から1.5km離れた場所にゲートを設け、そこを警察、及びこの辺の工場関係者以外は立ち入り禁止にしているという情報が入った。朝5時頃まではまだ徒歩ならば立ち入りができたのだが、朝のうちに「徒歩でも立入禁止」に変更されたらしい。…続く
  • 【北九州瓦礫23】これで事実上、昨夜ここを離れ、朝にまた戻ろうと考えていた反対派の住民は締め出されることが確定。23日の抗議行動は現地に寝泊まりした住民のみに限られることになった。…続く
  • 【北九州瓦礫24】そして昨日に続く物々しい警戒態勢の中、午前9時少し前に何らかの積荷を積んだトラックが積立基地から出てきた。その前にスクラムを組んで、行く手を阻む反対派住民。人数は20人弱ほどだ。…続く
  • 【北九州瓦礫25】「積荷が何であるかを明らかにせよ」と迫る住民に、市の職員が「危険だからどいてください」と単純に繰り返す押し問答がしばし続いた。…続く
  • Content from Twitter

コメント