「偶有性」の検索結果

まとめの中から「偶有性」の検索結果を表示しています。

  • 茂木健一郎氏 @kenichiromogi 【偶有性の海に飛び込め!】連続ツイート

    せぐ(2)偶有を避ける、という態度が持続不可能なのは、生きるということは、原理的に、「偶有」を避けることができない現場だからである。どんなに偶有を回避しようとしても、絶対にゼロにすることはできない。むしろ、「安全」「確実」を求めることで、生命がやせてしまう。「偶有」の方にいけば、うれしいことがある。そう実感して初めてその... 続きを読む
    4672pv 5 1 user 5 2012年11月1日
  • orionの茂木先生から教わった偶有性

    茂木先生のキーワードの中に「偶有」というものがある。この「偶有」はこれまた茂木先生の大切にする「即興性」と深く関わっている。でもそこに偶有は生まれない。むしろ自分が考えている「対極」に具有性は存在する。イメージの中には僕達しかいないので、そこで様々な「偶有」と出会う。でも「具有性の海」に飛び込む良さを知ったからこそ、僕が... 続きを読む
    762pv 3 2012年3月29日
  • 茂木健一郎氏 @kenichiromogi 【偶有性忌避症候群】連続ツイート

    ぐに(9)日本人は偶有が嫌いだという。それは、生きることを拒否するのと同じだ。生きることには、偶有が避けられない。そして、グローバル化やインターネット文明の本質は、偶有である。日本人よ、生き始めよ。偶有の海に、飛び込め。いやだと言っても、ドアの、すぐ外まで来てるよ。できないという偶有に耐えられない。以上、連続ツイート第... 続きを読む
    3835pv 16 5 2012年8月14日
  • 医療における偶有性の概念と物語的行為について

    ①医療の持つもう一つの本質として「偶有:contingency」という概念が挙げられる。偶有とは、「何が起こるかは完全には予想できないが、ある程度は予想できる」ということである。物語を紡ぎだし共有することは、人生の避けえない不確定性、複雑性を受け入れつつ、偶有を創造する有力な手段となるだろう。⑧この医師は、まさに「何が起こるかは完全には予... 続きを読む
    1935pv 15 1 user 2 2012年2月19日
  • 茂木健一郎さん連続ツイート2011年11月7日

    にぼ(2)日本の変調は、偶有への不適応である。日本は今や偶有の新文明における「後進国」。よほどの覚悟を持って自分たちを見つめ、マインドセットを書き直さない限り、再浮上は覚束ない。没落は必定である。偶有への不適応。さまざまな資質の人がいて、それでいい。石もあれば、玉もある。それが現実。にぼ(3)大学入試における「厳格なペーパ... 続きを読む
    847pv 2 2011年11月7日
  • 偶有性にいかに向き合っていくか

    さて、話は変わるが、本日のテーマは偶有について少し考えてみようと思う。偶有に向き合本日のテーマは、改めて偶有との向き合い方について、でした。 続きを読む
    659pv 5 2014年8月13日
  • 茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの「日本が偶有性の新文明へ適応できない限り、没落が続くことは避けられな..

    偶有に適応したユートピアはあるのか。偶有そのものの社会は存在しない。偶有に適した組織は社会に混在していて、それでいいと思う。大きい組織は画一性を尊重し、小さい組織は偶有を尊重する。問題は小さい組織が育てた偶有の芽を社会が摘み取らないことだ。大きい組織の内部に偶有への適応を求めると、磁力が外れカオスが生じる。これまでに... 続きを読む
    1024pv 2 2011年11月18日
  • 茂木健一郎氏 @kenichiromogi 【偶有性の海に、飛び込め!】連続ツイート

    偶有の海に、飛び込め。以上、連続ツイート第701回「偶有の海に、飛び込め!」でした。ぐと(8)偶有の嵐に巻き込まれることは、別の見方をすればhaving the time of your lifeということである。偶有の嵐は、注意深く見れば、日常のあらゆる場所で起こっている。自分が何か言った時の相手の反応。通りすがりの事象。私たちの目がそれをとらえないだけ。... 続きを読む
    7987pv 46 1 user 9 2012年8月30日
  • 茂木健一郎氏 @kenichiromogi 【思い切って行動して、偶有性の嵐を起こしてしまうしかない】連続ツイート

    それが偶有。生きている中で、偶有は決して避けられない。しかし、その人の考え方、行動の仕方で、出会う偶有の量、質のスペクトラムは、大きく変化する。つまりは、人生で出会う偶有は、その人の行動の関数なのであって、生き方次第である。よこ(2)『挑戦する脳』の中で、日本人の問題点として指摘した「偶有忌避症候群」。肝心なことは、生... 続きを読む
    6101pv 22 1 user 4 2012年11月13日
  • 茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの「遠くまで相互影響が及ぶ現代、予想ができない事態を避けることなどでき..

    偶有が避けられない。本日は、昨日に続いて、「偶有」の問題を論じます。とよ(8)偶有という視点から見ると、いろいろなことがナンセンス。例えば、教科書検定問題。歴史についての勉強など、ネット上でいくらでもできる。一字一句までこだわって「標準」をコントロールしようとすることなど、偶有の時代においては、「超」のつく愚行である。と... 続きを読む
    2645pv 27 1 user 2 2011年11月8日
  • 茂木健一郎氏 @kenichiromogi 【台風と家康。偶有性の物語。】連続ツイート

    偶有の物語。」でした。たぐ(7)偶有にどう向き合うかは、人類の培ってきた一つの文化である。先日、NHKのBS歴史館にお邪魔した時に、改めてそのことを思った。徳川家康の話だった。戦国武将は、日常が偶有の連続だった。いわば偶有への向き方の「人格コンテスト」のようなもの。最後に家康が勝った。もう一つが、偶有に対する備え。わく... 続きを読む
    3554pv 16 1 user 7 2012年9月29日
  • 茂木健一郎氏 @kenichiromogi 【人類文明を変化させている「グローバリズム」と「インターネット」】連ツイ..

    にぼ(2)日本の変調は、偶有への不適応である。日本は今や偶有の新文明における「後進国」。よほどの覚悟を持って自分たちを見つめ、マインドセットを書き直さない限り、再浮上は覚束ない。没落は必定である。偶有への不適応。さまざまな資質の人がいて、それでいい。石もあれば、玉もある。それが現実。にぼ(3)大学入試における「厳格なペーパ... 続きを読む
    2662pv 26 2 users 2 2011年11月7日
  • 茂木健一郎氏 @kenichiromogi 第1168回【コントロールできること、できないこと】連続ツイート

    こで(5)『新しい日本の愛し方』(新潮新書) の中で、私は、「偶有の海に飛び込め!」と書いた。偶有は避けられない。だから、思い切って飛び込んでしまった方がいい。しかし、その時に、ポイントになることがあるので、そこを書きたい。この切り分けさえ出来ていれば、人は、過度の不安に陥ることなく、偶有の海に飛び込むことができる。こで(4... 続きを読む
    2025pv 5 13 2014年2月8日
  • 茂木健一郎氏 @kenichiromogi 新卒一括採用は世界を覆う新しい文明への日本の不適応の象徴【日本人が偶有性..

    以上、「日本人が偶有の新文明に不適応であること」についての連続ツイートでした。本当に悔しいね。この国を、もう一度、Land of the Rising Sunにしたいわね。「偶有」こそがその本質。youtubeのようなサービスを日本企業はつくれない。コンプライアンスがどうのこうのとできそこないの人工知能のようなことを言っているから。1年で2000億になる企業価値を... 続きを読む
    6301pv 91 5 users 20 2011年9月21日
  • 茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの「日本が偶有性の新文明に適応できない限り、没落が続くことは避けられない」

    にぼ(2)日本の変調は、偶有への不適応である。日本は今や偶有の新文明における「後進国」。よほどの覚悟を持って自分たちを見つめ、マインドセットを書き直さない限り、再浮上は覚束ない。没落は必定である。偶有への不適応。さまざまな資質の人がいて、それでいい。石もあれば、玉もある。それが現実。にぼ(3)大学入試における「厳格なペーパ... 続きを読む
    7515pv 94 8 users 35 2011年11月7日
  • 茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第685回「偶有性忌避症候群は、日本に蔓延する風土病である」

    ぐに(9)日本人は偶有が嫌いだという。それは、生きることを拒否するのと同じだ。生きることには、偶有が避けられない。そして、グローバル化やインターネット文明の本質は、偶有である。日本人よ、生き始めよ。偶有の海に、飛び込め。いやだと言っても、ドアの、すぐ外まで来てるよ。できないという偶有に耐えられない。以上、連続ツイート第... 続きを読む
    13202pv 80 5 users 31 2012年8月14日
  • 茂木健一郎氏 @kenichiromogi 【偶有性と人工人間ホムンクルス】連ツイまとめ

    偶有が避けられない。本日は、昨日に続いて、「偶有」の問題を論じます。とよ(8)偶有という視点から見ると、いろいろなことがナンセンス。例えば、教科書検定問題。歴史についての勉強など、ネット上でいくらでもできる。一字一句までこだわって「標準」をコントロールしようとすることなど、偶有の時代においては、「超」のつく愚行である。と... 続きを読む
    3090pv 22 3 2011年11月8日
  • 茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第730回「台風と家康。偶有性の物語。」

    偶有の物語。」でした。たぐ(7)偶有にどう向き合うかは、人類の培ってきた一つの文化である。先日、NHKのBS歴史館にお邪魔した時に、改めてそのことを思った。徳川家康の話だった。戦国武将は、日常が偶有の連続だった。いわば偶有への向き方の「人格コンテスト」のようなもの。最後に家康が勝った。もう一つが、偶有に対する備え。わく... 続きを読む
    5072pv 42 6 2012年9月29日
  • 茂木健一郎さん連続ツイート 【「日本が偶有性の新文明へ適応できない限り、没落が続くことは避けられない」】

    にぼ(2)日本の変調は、偶有への不適応である。日本は今や偶有の新文明における「後進国」。よほどの覚悟を持って自分たちを見つめ、マインドセットを書き直さない限り、再浮上は覚束ない。没落は必定である。偶有への不適応。さまざまな資質の人がいて、それでいい。石もあれば、玉もある。それが現実。にぼ(3)大学入試における「厳格なペーパ... 続きを読む
    1227pv 1 2011年11月7日
  • 茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第762回「セレンディピティは、偶有性の海の中にある」

    せぐ(2)偶有を避ける、という態度が持続不可能なのは、生きるということは、原理的に、「偶有」を避けることができない現場だからである。どんなに偶有を回避しようとしても、絶対にゼロにすることはできない。むしろ、「安全」「確実」を求めることで、生命がやせてしまう。「偶有」の方にいけば、うれしいことがある。そう実感して初めてその... 続きを読む
    9929pv 99 9 users 88 2012年11月1日
  • 茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第701回「偶有性の海に、飛び込め!」

    偶有の海に、飛び込め。以上、連続ツイート第701回「偶有の海に、飛び込め!」でした。ぐと(8)偶有の嵐に巻き込まれることは、別の見方をすればhaving the time of your lifeということである。偶有の嵐は、注意深く見れば、日常のあらゆる場所で起こっている。自分が何か言った時の相手の反応。通りすがりの事象。私たちの目がそれをとらえないだけ。... 続きを読む
    5864pv 85 2 users 6 2012年8月30日
  • 茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第2479回「新型コロナウイルスの危機を、偶有性の文法の..

    脳にとって最も大切な滋養は「偶有」(ある程度は予想できるが、予想できないものも混ざっている)であるが、新型コロナウイルスはその偶有に対する人間の選好を削いでしまうことが、健康そのものへの害に加えて看過できない。イベント、人との出会い、旅など、偶有のよろこびが奪われてしまう。このような状況で一番避けるべきなのは、偶有から一... 続きを読む
    884pv 6 2020年3月3日
  • 茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの「日本はそのうち売るものがなくなる」

    最大の原因は、ネットとグローバル化の本質である「偶有」を理解しない、日本社会の遅れたマインドセットにある。新聞やテレビは既存のパイを守るのに必死だが、そのパイ自体が消滅しようとしているのだ。だからこそ、新卒一括採用や、連帯保証人制度など、日本社会の偶有への適応を妨げている愚行は、一刻も早く廃止しなければならない。以上、「日本... 続きを読む
    5887pv 102 6 users 18 2011年10月1日
  • エロゲにおける『告白後の物語』と恋愛の偶有性

    この辺り、現実が持つ偶有が捨象されている、と云える。この辺り、現実が持つ偶有が捨象されている、と云える。早瀬の「誰とでもセックスする」という偶有が「ぼく」の出会いによって個別化され、遡及的に恋愛が発生するというだけでも、十分に恋愛モノ足り得たかと>「SEXFRIEND」。ちなみにそこに緊張を創出するなら偶有故に他の男とも関係を持って... 続きを読む
    8178pv 57 35 users 2010年7月8日
  • グローバル化について考える

    グロ(8)偶有は、グローバル化する世界における論理的必然である。偶有を避けようとすることは、ほぼ不可能。むしろ、偶有に積極的に向き合うことで、脳の持つ潜在的能力を引き出すことができる。ここに、「偶有」が必然化される。遊びとは、「何が起こるかわからない」という、人生の偶有に対する一つの態度である。遊びにおいて、私たちは生... 続きを読む
    991pv 2010年10月19日
1 ・・ 16 次へ