「兵農分離」の検索結果

まとめの中から「兵農分離」の検索結果を表示しています。

検索に関連するタグ

  • いわゆる『兵農分離』その伝説と実像~平井上総氏の新研究書、間もなく発売!

    いっそのこと『兵農はなかった』ならばもっと刺激的だったかも?あるいは『兵農の虚像を剥ぐ』『兵農を撃つ』『兵農はかうだ』……平井上総氏の近刊、『兵農とは何か(仮)』だったタイトルが、『兵農はあったのか』に確定したようだ。 「中世から近世への社会転換を示す重要要素とされる「兵農」。いま、この概念の存在自体が... 続きを読む
    10386pv 28 4 users 3 2017年9月24日
  • 兵農分離を行った証拠は実はない

    僕は兵農は近世社会の基本原理と捉えているのですが、それがなかったと? RT その肝心の、兵農を行った証拠が実はないのです。 RT : 兵農は大きかったのではないでしょうか。どう読んでも、信長が兵農なる政策を実行したという証拠にはならない。そして他のどの史料をみても、信長・秀吉が兵農を行った証拠は出てこない。先進性の証明には... 続きを読む
    56722pv 148 21 users 6 2012年6月27日
  • 性格異常度がわかるサイコパス診断

    信長の土地政策の第二の特徴は兵農です。信長軍の中核戦力である直轄部隊「馬廻衆」「弓衆」が尾張に持つ家を焼き払わせて強引に家族ごと安土に集住させたこと、尾張在住の家来に美濃や近江の領地を加増したことなどを著者は織田家が他の大名より兵農が進んだことの論拠にあげています私の得た理解では、兵農は15~17世紀にかけて進行した軍団編... 続きを読む
    15312pv 98 2014年5月14日
  • 戦国時代は徴兵制だったのか?

    何をもって兵農と定義しているのでしょうか? RT 信長が先駆けて兵農を手始めたって聞いたんですが信長が兵農していたとしたら他の大名もしていたことになるし、他の大名が兵農していなかったとしたら信長もしていないことになるんじゃないかと RT もう「兵農はなかった」と見たほうが正しいでしょうね。土地と兵士を分けて考えたのが兵農... 続きを読む
    44481pv 217 54 users 25 2013年5月9日
  • 批判的感想 『天下統一 信長と秀吉が成し遂げた「革命」』

    兵農を行った証拠は実はない - Togetterまとめ さんから第一章に入り、信長がいかに兵農をすすめていたかを尾張時代から述べていますけど正直な感想は「それって北条氏とかの他の戦国大名もやってることでは。それも信長より先に大がかりに」。商業重視とか近習に根無し草が多いとかも別に信長特有に思えない #中公新書天下統一問題は「信長が兵農の... 続きを読む
    30395pv 12 2 2014年12月12日
  • 経済発展で崩壊する江戸幕藩体制の宿命

    兵農であいまいな立場を庶民にしたり、武士にも農民などになることを薦めたりで減らして、ようやく江戸時代の武士の数。むしろそれまでがどれだけの修羅の国だったんだよ…と。 (終)この辺も「名誉と実利の分離」に結果的になっている。江戸時代以降の百姓一揆(集団による強訴)も、別に武士階級打倒・社会変革なんて全く考えてなくて、あくまで年貢... 続きを読む
    16547pv 41 1 user 1 2015年5月18日
  • 村の形

    RT 戸期でも、直轄地以外では基本的に兵農は不完全でしたよ江戸時代のイメージがあるから兵農が完璧に行われているというイメですから、農耕民族に騎馬を教えるのに兵農が必要だったということですね。RT 内陸ユですから、農耕民族に騎馬を教えるのに兵農が必要だったということですね。RT 内陸ユーラシアでは近代まで皆兵、ヨーロッ... 続きを読む
    1195pv 1 2010年5月5日
  • 「東国騒乱(デザイン:芝村裕吏)」デモプレイustream実況を解説

    織田は兵農の特性を生かして冬に進軍。東征開始。兵農のコスト高が、問題にならなくなり、その先にまつのは農繁期でも移動出来る強みだけだ。そして実りの秋、どの国も兵力を一気に充実させ始める・・・が、織田は兵農しているのでどの季節でも動員できたり(コストは高い) 続きを読む
    2267pv 2 2 users 2011年2月27日
  • 滅私奉公的な「忠義」の発生について

    兵農とかもあれだし。室町時代の足利将軍の評価が不当に低いとか。兵農とかもあれだし。室町時代の足利将軍の評価が不当に低いとか。 続きを読む
    23216pv 158 26 users 3 2014年2月15日
  • 3/19四街道市倫理法人会:寒竹郁夫氏講演まとめ

    兵農、鉄砲整備、方面軍。風呂敷を広げた。そうすると情報、人材、金が集まる。 続きを読む
    2908pv 3 2012年3月20日
  • 兄初登場

    松平家やご家来衆に仕える者達は、まだ兵農がはっきりとしていなかったこともありますが、録も貰えず、自らで田畑を耕して生活しておりました。 続きを読む
    692pv 1 2012年5月23日
  • 日本の公私と教科書偏重

    鎌倉末期に兵農し鉄器油の技術が進化し、室町が天皇が歌をうたい大茶会がひらかれ自治の町で世阿弥が舞うように半公半民であったのに 続きを読む
    884pv 2010年10月30日
  • 狩猟民族より農耕民族のほうが戦争に強かった?『銃・病原菌・鉄』より

    狩猟民族と農耕民族のイメージに基づくバイアスを外して見ると、本邦において兵農が戦国時代末期に推し進められたのはやはり文明として一つの転換点であったのだよな。兵士と農民をどう分離するか、分離した上でどれほどの軍を維持できるかというのは洋の東西を問わず大きな課題だしね 続きを読む
    27009pv 279 15 users 17 2016年4月12日
  • 歴史関係 個人的備忘録

    武田勝頼、兵農、松永久秀は買いだな。 続きを読む
    1391pv 8 2017年8月17日
  • 「山川日本史」を読む

    地侍という武装農民階級の否定による、兵農政策の貫徹というわけですか。たしかにその面も大きそうですね。それにしても、「刀狩り」という名称は、どうも素朴すぎるような気がします。その背後にあるかもしれない壮大な政治的意図を、僕はつい忘れがちです(笑)。 続きを読む
    1502pv 2 3 2012年9月23日
  • 私の偏り歴史系ツイート

    小田原城の周辺に長期滞在できるだけの兵糧を蓄えられたのは、太閤検地・刀狩等で兵農を行った効果があったからなんですね。だとすると、太閤検地・刀狩等を立案・実行した一人である三成くんを嫌ってはいけませんね。#軍師官兵衛 続きを読む
    837pv 2014年10月15日
  • #海外スラッシュにありがちなこと

    兵農がすすんでないどころか一領具足VS一領具足みたいなSS」www 素晴らしい!wwwww #海外スラッシュにありがちなこと向こうではまだ攻めと受けの役割分担がはっきりしてない節があり、兵農がすすんでないどころか一領具足VS一領具足みたいなSSとか出される #海外スラッシュにありがちなこと 続きを読む
    210447pv 7408 33 users 9 2012年10月17日
  • 誤解されてる太閤検地

    それが兵農です。財政困窮を目の当たりにした学者が、中世を兵農分離社会と決めつけて、そのやり方に戻せば財政は健全化すると唱え出すのがこの時期です。近代社会になっても石高(定量換算による社会編成)は生きていまして、例えば民権運動や地価修正運動に動員される村々が近世期の石高に基づいて運動費の負担割合を決定していたりもする事実のこ... 続きを読む
    46738pv 224 94 users 11 2012年7月7日
  • 『槍は突くものに非ず、叩くもの』 / 戦国時代における三間半槍について#槍術

    そもそも兵農以前はお百姓さんだったわけで、主力は長槍。信長の三間半槍に至っては突きあいというよりは叩き付けるような使い方をしていたようですねぇw 続きを読む
    71870pv 548 22 users 56 2016年11月8日
  • @ut_ken さんによる江戸時代の武士の役割とかの解説

    兵農であいまいな立場を庶民にしたり、武士にも農民などになることを薦めたりで減らして、ようやく江戸時代の武士の数。むしろそれまでがどれだけの修羅の国だったんだよ…と。 (終)この辺も「名誉と実利の分離」に結果的になっている。江戸時代以降の百姓一揆(集団による強訴)も、別に武士階級打倒・社会変革なんて全く考えてなくて、あくまで年貢... 続きを読む
    13383pv 38 1 user 3 2015年5月16日
  • キリスト教とか仏教とか日本の宗教の歴史とかの話かな?

    【信長vs一向宗】“撫で斬り”については、兵農を行った…つまり、“正規兵”を整えた信長に対して一向宗の戦い方はゲリラに近い…という面があります。アメーバと戦うとどうしてもせん滅的になってしまう。…まあ、色々恨み辛みも混じっていたとは思いますがw→色々な観方がありますが、民間宗教が最初に相手にした大権力は、信長とも言えて、これは相... 続きを読む
    1580pv 2010年9月15日
  • ついったらーが舌を巻く、「織田信長」の強かさ

    信長の土地政策の第二の特徴は兵農です。信長軍の中核戦力である直轄部隊「馬廻衆」「弓衆」が尾張に持つ家を焼き払わせて強引に家族ごと安土に集住させたこと、尾張在住の家来に美濃や近江の領地を加増したことなどを著者は織田家が他の大名より兵農が進んだことの論拠にあげています 続きを読む
    35879pv 66 24 users 2 2013年9月29日
  • 意識の高い理想主義と無粋な現実主義

    徴兵制や屯田制じゃおっつかないからこっちも兵農するじゃん? 生産に関わらないから税金で養うじゃん? 官僚制じゃん? 民主主義じゃん? 民主主義腐敗じゃん? 核革命じゃん 続きを読む
    14851pv 184 1 user 4 2014年1月29日
  • 山田孝之の軍事板常見問題測定,2018.5.12

    兵農はあったのか」読了 ・兵農をしよう!という発想ではなくてその時々の勢力・社会情勢が結果として兵農が進んだ。 ・イデオロギーが土台にないので「郷士」「武家奉公人(江戸時代の中間)」などの未分離層は江戸時代になっても残った。 続きを読む
    4974pv 1 2018年5月12日
  • #真田丸 第三回 みんなの感想&補足TLまとめ どうして信幸に大泉洋がキャストされたか理解したぞ!パッパ切れすぎの「..

    この時期、織田家は完全に兵農していたけど、田舎の方、武田や上杉の領地はまだまだ兵農していなかったっていうのがよくわかる回でしたね。ああいう農民が、戦になると真田の兵となって足軽として戦うんだっていうのがよくわかるエピソードを実際の戦の前に入れてきた感じ。 #真田丸 続きを読む
    147641pv 86 2 users 30 2016年1月25日
1 ・・ 7 次へ