10周年のSPコンテンツ!

日本とスイス、小動物ペット飼育の常識とスケールが全然違った。

「スイスの法律では金魚を1匹で飼うのは違法、モルモットもインコも同様。その理由とは?」http://karapaia.livedoor.biz/archives/52222459.htmlをみた感想ツイートにいただいたリプライで、日本とどう違うのか、同じなのか、またスケールの違うヨーロッパの小動物飼育の事情を教えていただいたのでまとめておきます。
ログ ペット 飼育 日本とヨーロッパの違い 小動物
32

★20160806更新★スイスでもハムスターは単独飼育が基本
折りたたまれた「残りを読む」にあります

Mika@ねずみ絵描き @hammytouch
複数で飼うということは病院代もその頭数分増える、同じころ生まれた同種どうしは老介護の時期も重なる。複数飼うことがかならずしも良いと言い切れるのかは、日本の場合はわからないかな。karapaia.livedoor.biz/archives/52222…
リンク カラパイア スイスの法律では金魚を1匹で飼うのは違法、モルモットもインコも同様。その理由とは? : カラパイア スイスでは2008年より施行された法律により、金魚を1匹で飼うことは禁止されている。モルモットやインコなども同様だ。 飼うこと自体が禁止されているわけではない。1匹で飼うのがだめなのだ。 その理由とは・・・
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch
日本の場合は、としたのは、スイスの動物医療などの事情を知らないから。日本では小さなハムスターでも医療にかかる金銭的な負担は大きいけど、ペットへの公的なサポートは(医療保険とか)無いから。スイスはどうなんだろうな。
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch
ペットの種のもつ性質を考えてそれを最優先にできるのなら、それが一番いいのはわかりすぎるほどわかってるけれども。
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch
たとえば、スイスやヨーロッパは動物の権利を守る法律が進んでいて、公的なケアがあり安心して動物の種の持つ性質を優先に飼うことができるのかもしれない。日本で同じ理由で多頭飼いするのは、文化や生活などの違いで難しいかもしれんね。 twitter.com/hammytouch/sta…
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch
たとえば「猫はかならず外に出られるようにしないといけない」というのは日本では危険が多いし、複数を同居させるには相性の問題も発生すると思うけど日本にマッチングシステムはおそらく存在しないし、万が一飼いきれなくなった場合のペットをサポートできるシステムがスイスにはあるのかもしれない。
蛟(みずち) @mizuchiswiss
@hammytouch @Kozura_Kozueはじめまして、こんにちは。RTで回ってきたのを見ました。スイスでラット2匹を飼っていて病院も連れて行っていましたが公的な医療保険はなかったです。(人間でも保険はプライベートのみで公的保険はありませんが必須なので高い)
蛟(みずち) @mizuchiswiss
@hammytouch @Kozura_Kozue 腫瘍の手術をしたときは正確には金額忘れましたが5万前後ぐらいだったような気がします。乾燥肌の塗り薬と診断で8500円ぐらい。スイスは物価は高いですが動物の餌、ケージ類、医療費はそれ程高くありません
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch
@mizuchiswiss さん、コメントをありがとうございます。スイスの動物愛護関連の法律が動物寄りなので、ペットに対する公的なサポートもあるのかと思っていましたが、そこは厳しくても自己責任なのですね。@Kozura_Kozue
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch
@mizuchiswiss なるほど、腫瘍の手術代も日本の動物病院と(病院によりますが)概ね同じぐらいなんですね。それぐらいの出費の覚悟を持って飼い始めないといけないですね。記事を読むと、医療はともあれ動物の権利に関してはとても敏感なのだなと感じました。@Kozura_Kozue
蛟(みずち) @mizuchiswiss
@hammytouch @Kozura_Kozue 日本でもラット他飼っていましたが、小動物の餌や巣材はスイスの方が安いか同じぐらい 動物病院もラットならどこでも診てもらえるので特に獣医を探す必要がないので便利でした。ある程度の広さが飼うのに必要だったり犬だと税金払ったりするので
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch
@mizuchiswiss @Kozura_Kozue ラットならどこでも診てもらえるってのはとてもうらやましい。ペットとしてポピュラーなんでしょうね。犬を飼うのに税金を払うというのは驚きですが、日本でも見習ってもいいかもですね。安易に飼い始める人が減るかもしれない。
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch
@mizuchiswiss @Kozura_Kozue あ、お聞きしてもいいでしょうか。ちなみにラットも社会性を持ってる動物ですが、スイスでは複数での飼育が義務ですか?
蛟(みずち) @mizuchiswiss
@hammytouch @Kozura_Kozue ペットメッセで撮影したハムスターの水槽 1匹辺りの広さが決まっていてお気軽に飼える動物ではありません スイスでは水槽飼が主流 ジャービル、デグーなどの小動物類全て pic.twitter.com/vLCoXYbZOV
拡大
蛟(みずち) @mizuchiswiss
@hammytouch @Kozura_Kozue ラットの餌は大きめの普通のスーパーでもラット用フードが売っていました。犬税は名目は犬用のお散歩時のうんち袋の設置に使われることになっています(ドイツも同じ)犬種や頭数、地域によって税金に差があり闘犬などは高額で10万超える場合も
蛟(みずち) @mizuchiswiss
@hammytouch @Kozura_Kozue ドイツでもスイスでもラットは複数で飼うように言われました。私は2匹飼っていて先に1匹が亡くなったときは、もう一匹の子もあと2ヶ月で3歳になる高齢だったので後半は単独飼でしたけど。
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch
これはすごい( ゜Д゜)。想像をはるかに超えていました。ハムスターを飼うのにも飼育環境の大きさが決まってるんですね。 twitter.com/mizuchiswiss/s…
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch
@mizuchiswiss @Kozura_Kozue そうなんですね、ドイツでも。なんかなんか、すごく視界が開けた感じがします。スケールが違うんだ、カルチャーショック。いろいろ教えてくださりありがとうございます。
蛟(みずち) @mizuchiswiss
@hammytouch @Kozura_Kozue 以前行ったペットメッセでのハムスターやジャービルのケージや広さを載せていますので興味ありましたらどーぞ mizuchi02.blog129.fc2.com/blog-entry-437…
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch
@mizuchiswiss すごいすごい、ありがとうございます。こちら(リプライですが)RTさせていただいてもいいでしょうか。
蛟(みずち) @mizuchiswiss
@hammytouch どうぞ♪ 他にも違う年に行った時や他の動物の様子もこのペットメッセAnimaliaのカテゴリーに載せています。mizuchi02.blog129.fc2.com/blog-category-…
リンク mizuchi02.blog129.fc2.com 花鳥獣風月(スイス生活) animalia
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch
@mizuchiswiss ありがとうございます♪ なんて楽しげな。ゆっくり拝見させていただきますーヽ(´∀`)ノ
残りを読む(7)

コメント

sh2tozan @Sh2Tozan 2016年8月4日
欧州はペットを飼う時の義務が厳しいとは聞いていたけど、そこまで徹底してるのか。結構カルチャーショックを受けた。しかしゴールデンハムスターとか、ヘタに複数飼うと殺し合いしかねない種類もいると思うのだけど、そういうのはどうしてるのか、ちょっと気になる。それぞれ縄張りが作れるぐらい広い水槽で飼うのかな。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2016年8月4日
保険、飼料はおいておいて、床面積的に安くないな...
うまみもんざ @umamimonza 2016年8月5日
ハムスターってスナック感覚で共食いするんでないの?
BIRD @BIRD_448 2016年8月5日
日本も、昔は「犬税」が存在してたが、捕捉コストや犬捨てが問題だった。
まっくろくろすけ @BlackCloudy 2016年8月5日
ハムスターさん、めっちゃ共食いするやん…
なかつ くにあき⋈🎏 @nakatsukuniaki 2016年8月5日
アクアリスト「なんだ、それでいいのか」
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch 2016年8月6日
更新:コメント欄に寄せられている「ハムスター複数なのか」という件について、スイスでも単独で飼育が基本であること、他詳細な飼育面積を追コメントいただきましたので、まとめに追加しました。
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch 2016年8月6日
まとめ主の感想としては、最初のコメの「複数飼うことによる飼い主の負担」についての考えは変わらないかな。複数飼うことが社会性を持つ種にとって良いことという考えは頷ける。でもペットであるわけで。何かあれば頭数分の医療費は飼い主が出すことになるけれど、負担によってはそれぞれに医療を受けさせることができなくなることもあるかも。医療を受けるかどうかの選択が飼い主に委ねられている以上、飼い主自身に無理な状況を招くことにならないようにする判断も大事なことだと思うのだよね。
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch 2016年8月6日
環境についても、飼育管理下にあるペットの健康状態の把握は飼い主がするわけで、私個人の考えですが、飼い主が環境を定期的に清潔に保ったり、健康状況を見逃さないような目配りのしやすさなど、管理しやすい方法で飼うことも大事かなと思うのですよね。その人がその(欧式の)ルールを遵守しつつぺットを生涯きちんと健康に管理しきれるかどうか、というのもありで、日本では生活習慣風土の違いなどもありで難しいかも?と思います。
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch 2016年8月6日
追記のハムスターの飼育環境の面積「ケージなら30✕60cm程」の床面積であれば、最低ラインなのでしょうけど驚くほど大きいというわけではないかな。日本の家屋や部屋の中だと(家によるけど)結構な面積かとは思いますが。
蛟(みずち) @mizuchiswiss 2016年8月6日
条例には普段から病気や怪我をしないようなケアと病気や怪我をした場合にすぐに治療するのも含まれています。怪我や病気を放置したのがバレると罪にとわれ罰金や留置などの刑もあります。飼い主が病気や金銭的面で動物の世話ができなくなったり、死亡した場合はTierheim(動物のシェルター)に引き取ってもらうことになります。
蛟(みずち) @mizuchiswiss 2016年8月6日
書き忘れましたが潜れる床材の深さがジャービル25cm、デグー30cm以上必要なので必然的に水槽飼になるようです。
Mika@ねずみ絵描き @hammytouch 2016年8月6日
@mizuchiswiss さん、いろいろ教示いただいてありがとうございます。なるほど。そういった事態への動物のケアも条例で定められているのですか。徹底してますね。決まりごとの徹底のスケールも違うんだなと驚きます。
絢瀬swi(コールドスリープ中) @materialvenus 2016年8月6日
人間よりよほど保護されている……
プリマス@10/17Zepp @Plymouth760 2017年2月4日
日本でも環境省でだしてる飼育ガイドライン見たらこんなもんだと思うけど。
nekotama @nukotama001 2017年2月4日
動物を適当に飼えないってことだろ。いいじゃないか。そのくらい徹底しないと生き物を飼う責任の自覚なんて出来ないだろ(最初から出来てる人もいるけど、そういう人の絶対数は少ない)。
nekotama @nukotama001 2017年2月4日
へんな法律とか言う糞みたいな書籍があるんだけど、単に動物の性質を鑑みた法律まで変な法律扱いだったりするんだよね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする