適切な範囲内で「国の借金」は増やし続ける「べき」なのだ。 ~pseudoctorさんの経済講義~

『借金て、増えたらいけないものじゃないんですか? 国債、貨幣の価値、為替などについて、病理医のpseudoctorさんによる経済の講義です。 週刊pseudoctor
110

始まりは、ぷしゅーさん(@_pseudoctor)の「週刊PseuDoctor」より。
毎週水曜日、時事問題についての考察をぷしゅーさんが連続ツイートなさいます。
そのお題の一つに、気になる言葉が有りました。

PseuDoctor @_pseudoctor

【週間PseuDoctor】【経済】「『国の借金』なる呪い(ないし洗脳)の深さに軽く(再び)絶望した日」:フォロワーさんは御存知の通り、先週は神戸へ学会に行ってきた訳で、そこで講演した某偉い先生、メインテーマは「予防医学の推進」で、それはそれで非常に有意義な内容だったのだ(続く

2016-09-07 22:41:24
PseuDoctor @_pseudoctor

続き)けれど、問題は講演の枕。国家財政の話をして「税収よりも歳出の方が多い。この差は借金で埋めている。恐ろしい事だ」と話されていた。善意に解釈すればこれは「予防医学を推進すれば医療費削減にもなる」という話に繋げる為だったのだろうが、なにもそんな話を枕にしなくても予防医学の(続く

2016-09-07 22:42:06
PseuDoctor @_pseudoctor

続き)大切さは充分に伝えられたのに、と残念でならない。おそらく講演者は素で「借金で賄ってるのは大変だ」と信じているのだろう。偉い先生なのに。だからこそ「呪い(洗脳)の深さに絶望」と書いた。せめてもの救いはサラッと述べていただけなので、聴衆の心には殆ど残らなかっただろうと(続く

2016-09-07 22:43:04
PseuDoctor @_pseudoctor

続き)いう点だが、それでもこうした内容がサブリミナル的に刷り込まれてしまうのではないかと危惧して止まない。何度でも繰り返すが、超ざっくり言うと「国の借金≒国民の財産」である。急激に増やし過ぎると金の価値が下がり過ぎるが、適切な範囲内で国の借金は増やし続ける「べき」なのだ。

2016-09-07 22:43:24

「適切な範囲内で国の借金は増やし続ける「べき」」????

借金は増やしたらいけないものじゃないんですか????

Butayama3 @Butayama3

@_pseudoctor 「適切な範囲内で国の借金は増やし続ける「べき」」…?? どういうことなんでしょうか…。 教えて!プシューさん。(・∀・)

2016-09-08 05:31:15

一日目
・「国の借金」とは?
・そのそも「お金」とは?

PseuDoctor @_pseudoctor

@Butayama3 うーん、ちょっとじっくりやってもいいですか?何日かかけて。 もしそれで良ければ、とりあえず以下の2点を考えてみてください。 1)「国の借金」とは何だと思いますか? 2)そもそも「お金」とは何だと思いますか?

2016-09-08 22:27:32
Butayama3 @Butayama3

@_pseudoctor 是非是非!ありがとうございます!( ´ ▽ ` )ノ 宿題2つですね…。了解しました。 考えてみます。

2016-09-08 22:29:17
Butayama3 @Butayama3

@_pseudoctor 1)国の借金て「国債 」ですよね。税金では足らない分を国債を発行することによって賄う。 2)は難しいなあ…。そうですねえ、ツールかな。絶対必要な。経済が経済として機能するための血液みたいなもの。

2016-09-08 22:57:38
PseuDoctor @_pseudoctor

@Butayama3 じゃあ、2)を少し変えましょう。 2)'何故お金は価値があるのでしょう。ただの印刷した紙なのに?

2016-09-08 23:10:19
Butayama3 @Butayama3

@_pseudoctor えっと・・・あれ、お金の価値ってどうやってつけているんですっけ。えっと・・・あれ??なんだか不確かなものに思えてきましたよ。もしかして、価値があると思っているだけなんでしょうか。だとすると、なぜ価値があると思っているんでしょう。

2016-09-08 23:16:52
PseuDoctor @_pseudoctor

@Butayama3 そこですね。続きはまた明日。

2016-09-08 23:28:58
Butayama3 @Butayama3

@_pseudoctor  ありがとうございます。おやすみなさーい。

2016-09-08 23:29:24

二日目。
・貨幣の価値とは

k u r i t a 𓃬 𓃮 𓃭 𓃠 @kuri_kurita

@Butayama3 近頃「国の借金」と言われれば「国債」のことですが、かつて本当に「借金」していたわけです。→ worldbank.or.jp/31project/intr… もし借金をしなければ、新幹線も高速道路も無かったわけですが、「借金」それ自体を悪のように言う人はそれで良かったのかと。

2016-09-09 02:53:05
Butayama3 @Butayama3

@kuri_kurita アラー、そうか、そうですよね、そうじゃなければあの復興はないですよね。

2016-09-09 06:33:57
k u r i t a 𓃬 𓃮 𓃭 𓃠 @kuri_kurita

@Butayama3 返せないような借金をするのは困りますが、返せるなら何も問題は無いし、借金によってより「豊か」になることも出来るわけです。特に「国」の場合は定年退職も寿命もないので、(利子を払えるなら)いつまでに返さなくちゃいけないと考える必要も無いわけですし。

2016-09-09 07:00:04
Butayama3 @Butayama3

@kuri_kurita フム…。豊かになるための借金、期限のない借金…。

2016-09-09 08:01:07
PseuDoctor @_pseudoctor

@Butayama3 kuritaさんの仰る事は真に正しくて「国には寿命が無い、従って借金の機嫌も無い。形式上の期限が来たら借り換えれば良い」「借金は国が豊かになる為の一つの手段」という事です。ただ、それだけだと「いや、返せてないだろ。現実には国の借金は増え続けている(続く

2016-09-09 22:21:13
PseuDoctor @_pseudoctor

@Butayama3 続き)じゃないか」と言われてしまった時に反論し難かったりします。そこで私の方は、もうちょっと突っ込んだ話をしようとしている訳です(^^)

2016-09-09 22:22:50

「私たちは、お金に価値があるだけだと思っているだけではないか?」というわたしのつぶやきに対して。

PseuDoctor @_pseudoctor

@Butayama3 これは良いセンスです。「価値があると思っているだけ」というのは殆ど正解です。違う言い方をすると「支払う人と受け取る人との間で価値観が共有されている限りにおいて、貨幣は価値を持つ」とも言えます。例えば、もしぶたやまさんの息子さんお手製の「お手伝い券」(続く

2016-09-09 22:24:09
PseuDoctor @_pseudoctor

@Butayama3 続き)とかがあったとしたら、それは「ぶたやま家の中で流通させる限りにおいて、貨幣に準ずる価値を持つ」とも言える訳です。でもそれだと他の人々にとっては使い難いですね。なので、一般に使われているお金の価値を保証しているのは「国(政府)」です。つまり(続く

2016-09-09 22:25:14
残りを読む(52)

コメント

緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2016年9月12日
そもそも、政府も法人なんだから個人の家計と同じように考える時点でおかしい。「借金」ではなく「資本」だと考えたら、成長に伴って増えていくのが当たり前の姿
12
nimkanjinno @nimkanjinno 2016年9月12日
問題は利息なんじゃないですかね。今税収に対して半分くらいの利息なんじゃないでしたっけ?
0
絶望党員 @zetuboutouin 2016年9月12日
円を発行しているのは政府じゃなくて日銀。日銀は、国債を買わずに他のものを買うことで、通貨を市場に流通させてもいいわけで、国が不要な借金をする必要は全く無い。
3
さーたん@もふもふ @tripleodd 2016年9月12日
借入金のほとんどをジジババの年金や医療費に使っているのは問題だろ。あと10年もすればいなくなって何も残さないし、ジジババの年金や医療費につぎ込んで国が発展するとも思えない。 http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/002.htm
0
Hoehoe @baisetusai 2016年9月12日
適切、という曖昧な基準
8
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2016年9月13日
国の信用という言い方はちょっと曖昧かなあ。基本的には供給力、つまりその国が買うに値する財やサービスを作り出す能力がその国の信用を生む。
4
是々ひ々 @being2016being 2016年9月13日
「適切な範囲内」が、どの程度であるかが、そもそも不明だし、あいまいでしかない。誤魔かしでは?
4
k u r i t a 𓃬 𓃮 𓃭 𓃠 @kuri_kurita 2016年9月13日
being2016being 現在の国の財政状況に関する一番の問題は、「不適切な範囲内であるに違いない」と何の根拠もなく信じている(あるいは信じさせられている)有権者が多いことだと私は思うので、「適切な範囲内ではない」と考えるのであれば、まずその根拠をお示しください。
17
マスクドとくがわ(ご注文はCOCOAですか?) @psymaris 2016年9月13日
適切な範囲外であると「信じさせられている」。さて「誰に」「何のために」でしょうか。 正直そろそろね、いい加減にしろって思ってんのよ。騙される奴が悪いって言葉はあるけど、合法なら何やってもいいで国滅ぼされても困るんだがなな。
3
k u r i t a 𓃬 𓃮 𓃭 𓃠 @kuri_kurita 2016年9月13日
psymaris 全くです!!「不適切な範囲内である」と根拠もなく信じている人たちに国を滅ぼされたくありませんものね。
14
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年9月13日
「質問者が、わかってる人で、話を引き出すためにこういう質問をしてるんじゃないか」と疑うぐらい、「適切なる無知」をしてくれるな(笑)。 …いや偶然だろうけど、それぐらい勘所のいい質問だから、わかりやすくなっている。学研まんがみたい
5
イチロー @sbzkichi 2016年9月13日
増やすべきというのはちょっとイマイチだな。 こんだけ増やさなきゃいけないくらい個人の貯金がある。その貯金をつかって本来は企業にお金を貸して経済をまわしていかなきゃいけないんだけど企業が元気ない&今の企業の借金も叩かれる風潮→じゃあ国債で運用ってなってる。 個人がけっこう大きい貯金をしないと行けないと思える社会システムと、企業が設備投資などお金をあまり借りない状況が話の根底にあるわけで。
1
火雛@香港加油 @HibinaKageori 2016年9月13日
税収やGDPに比べて現在の国債額は多すぎるかもしれない。そういう議論なら大いにやればいい。でも国債は借金だから「いつか返済しなきゃいけない」などという思い込みから日本人は卒業しなきゃ。
10
言葉使い @tennteke 2016年9月13日
この話の流れってよく解らなくて、箱物行政が無駄遣いの代名詞となったのは、人件費と維持費を箱物が賄えなくなったからですよね?箱物を「急激に増やし過ぎ」たから問題になったわけじゃないですよね?
1
言葉使い @tennteke 2016年9月13日
民間を対象にしたビジネス本で「資産とはそれ自体が維持費程度は稼げるもの、負債とは所有者が維持費を持ち出すもの」て定義があって、国・行政はストレートにその定義が通用しないけど、トンネルの安全対策や水道管の老朽化が問題になっても予算がなくて修理できないのは、負債なんじゃないか?
1
言葉使い @tennteke 2016年9月13日
国債やら市債やらで作った物全てがポジティブな財産じゃないでしょう、ネガティブな財産=負債を考慮せず「国の借金≒国民の財産」って、ミスリードなんじゃないか?
1
言葉使い @tennteke 2016年9月13日
あ、こう書けばいいのか、経年劣化で修理されてない物、資産価値が目減りしている物って、マイナス扱い考慮されているの?
0
言葉使い @tennteke 2016年9月13日
行政の持ち物が不具合起こしているのに予算がなくて修理できない=そろそろ借金が出来なくなってきている、でおk?
1
Alpha with CUB&GSR @2525_Alpha 2016年9月13日
国債に関するもう一つの大きな誤謬が「返す先があると勘違いしている」ケース。日銀がかなりを保有している元凶では、元利払いがそのまま日銀に流れていく部分もあるし、結果として国に戻る部分がある。
6
Alpha with CUB&GSR @2525_Alpha 2016年9月13日
さらに、適切不適切は一つの基準として「ロールオーバーできるか」というのがあるってのは忘れてはならないでしょう。もっとも、100%日本円で建てられている債券がロールオーバーできない(=日銀が紙幣を刷れない)ってのは、通常ありえないんだけどね。ギリシャと混同する人は通貨発行権を理解できてないって話。財政ファイナンスはさらに別の話。
5
地下猫 @tikani_nemuru_M 2016年9月13日
消費者というのはその名の通り消費をするわけで、消費のために借金するのはよくないわな。しかし企業の場合は付加価値を生産をするので借金が悪いわけではない。さらに国家の場合は社会保障の義務と貨幣の信用保証の主体であるという要件まで加わるわけだ。
6
k u r i t a 𓃬 𓃮 𓃭 𓃠 @kuri_kurita 2016年9月13日
いつも不思議なのですが、「日本の財政はもうすぐ破綻して借金を返せなくなる(可能性が大きい)!」という恐怖を語る人は、国債の金利がものすごく低い(マイナスにさえなったりする)という事実を目にして、どう納得されているのでしょうか。 「金利が低い」ってことは、予想される期間内に破綻することはまずないであろう優良な借り手と思われているってことですよね?
18
k u r i t a 𓃬 𓃮 𓃭 𓃠 @kuri_kurita 2016年9月13日
IamNotUs どこに「ネズミ講」の要素があるのか理解できないので、是非ともご解説をお願いいたします!
11
muu@LG V30+ ThinQ @Meo011 2016年9月13日
「こいつらの肉を切り落として返してやるからよ」 と言って牧場主が借金しているのに 「牧場主の借金で、僕らの借金ではないね」 と言って安心している豚さんたち。
0
firedreik1🏰🕛/只野夢窮 @firedreik1 2016年9月13日
リカードが喜びそうなまとめ。 まあ家計と"going concern"たる企業や国家を同列に考えるのは違うと思うが
0
娑婆助 @shabasuke 2016年9月13日
ギリシャのような対外債務であれ日本のような国債であれ借金スキームに”踏み倒す”前提がある事はお忘れ無くw日本の利子付負債は対外債務でないから勿論国民たるお前ら全額負担で国民全体で踏み倒すは出来ない。今のとこざっと計算して1人あたり約800万程(ing系で増え続け更に過小申告の可能性有)常時借金の根底にあるのは誰か払うだろ俺は知らないし責任も取らないからっていう官僚と政治のスタンスがすでに狂気の沙汰←日本は今ココ
3
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2016年9月13日
インフラの修復に予算がつかないのはそういう民意があるからなんだよなぁ。「コンクリートから人へ」って聞いたことない?
5
娑婆助 @shabasuke 2016年9月13日
日本における借金の悪癖は行為その物は一見必然であるものの談合や汚職に塗れ指導者含めコミットする関係者の手が汚れている点。公務員と受注を得た企業は一方的に潤うがインフラの維持費や採算については度外視して計上され国民には損益となる。つまりペイする前提は最初からない借金は雪だるま式に常に増え続ける悪性の借金。オリンピック利権や豊洲市場利権全てこの構図。このまとめは綺麗事ばかりな上内容も中高生社会科教科書レベルでガバガバ。
3
muu@LG V30+ ThinQ @Meo011 2016年9月13日
紙幣は、富を生み出すことを求められた人間に向けられた銃によって裏書された、存在しない富の抵当証書です。紙幣は法律にのっとって横領をおこなうたかり屋が、自分のものではない口座から、犠牲者の美徳につけこんで振り出した小切手なのです。それが不払いになって戻ってくる日に用心しなさい。『残高不足』としるされて。(アイン・ランド『肩をすくめるアトラス』)
0
tarosuke @tarosukenet 2016年9月13日
政府が使ったカネの行方が間違ってるのが問題の根幹。赤字なのは使ったカネが税収にならないのが原因で、税収になるべきだったカネは企業の預貯金になって国債を買うのに使われてる。歳出が借金になって返ってくるというバカバカしい状況なワケ。国債は結局日銀が買い上げてるので国庫には全く問題はないが、このまま行くと預金という名の借金押し付けられ続けてる銀行が死ぬだろうね。
1
tarosuke @tarosukenet 2016年9月13日
kuri_kurita まぁ中長期的に考えれば範囲はないよ。速度はあるけど。
0
小川靖浩 @olfey0506 2016年9月13日
ん?「一人800万前後の債権者」だろ。国内債権ってのは要は「国内における貸し手」であり、都合金融機関を通じて国民一人一人が国に金を貸しているという形になっている。さらに基本的に現代国家財政の基本として「黒字になるほど歳入を増やすことは禁じ手となっている」わけだったりする。なんせそれは税収で本来必要な額以上吸い上げているという事に他ならないからだ。だから先進国においては「どこであろうとも」基本的に赤字財政に陥っているという形になる。
11
k u r i t a 𓃬 𓃮 𓃭 𓃠 @kuri_kurita 2016年9月13日
例えばトヨタ自動車は有利子負債が18兆円、総従業員数三十数万で割ると、従業員一人あたり5千万円以上の「借金」となるので、「1人あたり約800万程」の日本国よりも遥かにアブナイという事になるのですかね。(なりません) トヨタの従業員は一人で5千万円以上もどうやって返すつもりなんでしょうか。(←これはくだらない冗談)
15
ミナミ ユー @u_minami 2016年9月13日
この国の借金ガーの流れでうちの県は「国の財政がヤバイ!」→「公立病院も経営健全化を!」→「人件費は削れないから診療材料費を削れ!」→「入札はとにかく値段を下げろ!」→「やった、単年度黒字化達成!(納入業者瀕死)」とかバカな事やってる。業者の体力奪ったらいざという時どうなるか、震災で学んだんじゃなかったっけ?そもそも公立病院が民間と黒字を競うのは変じゃないのかね?
17
川崎さとし @haya808 2016年9月13日
まあどんだけ懇切丁寧に説明しても、「どこかで他人が楽して儲けてて、頑張ってるオレが損してる」って澱んだ目で世の中見てる人には理解して貰えないと思うw
3
A.Ichiro@手を洗うカエルの姿🐸 @Asobuyer 2016年9月13日
国が税金や国民から借金して買っているのは公共の資産(インフラとか)で、公共の資産を利用しているのは国民であるから、国が借金して買い物が完了した時点である程度の借金は返してもらってると解釈できそうな気がする。他人が買ったクルマを僅かな利用料金を払って乗り回している感じ?
0
娑婆助 @shabasuke 2016年9月13日
u_minami うんそうだねその分公金ジャブジャブ入れるから健康な働き手の若い人が精神病や税負担増潰れで本来死ななくて良い人から死ぬ。国保や介護保険料等医療改革が絶望的な中赤字タレ流す病院が多ければ多い程負のスパイラルになる。そもそもとっくにこの国からは公平の二文字は消えているので医療格差は避けられない。国民は常時トリアージされているしヒポクラテスの誓いなんぞとっくにないわけだが。
0
ひろっぺ@内調的手洗い&うがい民度 @hiroppe3rd 2016年9月13日
民間が銀行に「お金をあずけたら」銀行にとってこれは「債務」「借金」です。 これを踏まえたら 「借金て、増えたらいけないものじゃないんですか?」 ←この言い分は間違いであることはすぐに分かると思います。
7
ひろっぺ@内調的手洗い&うがい民度 @hiroppe3rd 2016年9月13日
銀行はあずけられた「債務」「借金」の「金利」および「自分達の給料」を稼ぐために 預かったお金を利用して「金融商品」を売ることで生計を立てます。 しかし今の日本は「デフレ」なので、「金融商品があまり売れない状況」(みんな借金したがらない状況、借金して金儲けを考えても無駄と言う社会的傾向)だから、金利は極限まで下がってます。 銀行はこのままでは生きていけないので 「政府が借り上げてる」←これは日本社会の中で金回りが悪いほど増えます
6
A Place In The Sun @aplacein 2016年9月13日
手っ取り早くGDPを伸ばすなら借金してばら撒けば伸びるがそれによる効果がゼロに等しいから何も産み出さないので元に戻るだけで、増えるのは将来の負担だけだよね。 今は低金利で済んでるが将来も同じく低金利だって保証は無いから景気回復で金利上昇したらそれで債務超過になるけどね。
1
A Place In The Sun @aplacein 2016年9月13日
金融緩和って、国債を買って現金を渡す訳だから現状でも十分な現金が金融機関の当座預金に残ってる訳でそれが市中に出回るだけで激しいインフレになる量なんだけど、日銀にはインフレを止める手段は無いからね。
0
nimkanjinno @nimkanjinno 2016年9月13日
ていうか、金利上昇を招くような政策はもういっさい取れないよね。オプションが不自由になってる。
0
Ekshr @Ekshr1 2016年9月13日
tripleodd 爺婆の医療費は全額ではないにせよ現役世代の医師看護師介護士医薬品メーカー社員等の給料になり彼らの生活費として消費され社会に還元されるわけで、消えてなくなるんじゃないんですけどね。
3
だんどろ @EDandoloS513 2016年9月13日
このまとめに公金の無駄遣いが云々とかコメントする人って会話とか出来ないんだろうね。中央銀行と貨幣のことを基本から理解しないと「借金」の理解を根本的に履き違えて数字を評価するから、それを諭しているに過ぎないんだけど。基本の基本から話してるのになんで福祉とか話し出すんだろうw
8
だんどろ @EDandoloS513 2016年9月13日
hiroppe3rd ところが日銀に関してはそうとも言いきれない。通常のバランスシートなら借金といえる項目に別の評価を下す必要がある。ので、「貨幣」の価値から洗い直してみましょうって話で、あとは調べたらわかるんじゃないですかね
5
LCO @f_lco 2016年9月13日
gryphonjapan まとめ主のぶたやまさんは、「聞き上手」なのでこの人のまとめ(最近は質問ネタが少ないので少し遡って)見ると大変面白いし勉強になるですよ
1
だんどろ @EDandoloS513 2016年9月13日
「適切な無知ってどの程度かはっきりしない」とか言っちゃう勘の悪い人と、無知で勘のいい()質問者が対照的過ぎてなあ。勘の悪い人は一生進歩できずに年金問題やら福祉やらを語ってるんでしょうね。
4
九十九 @hakqq 2016年9月13日
建設国債については「1Fの連中もエレベーター費用支払うべし判例」的な何かだと思っている。だが赤字国債、てめーはだめだ
2
poppo @poppo44 2016年9月14日
>金融緩和って、国債を買って現金を渡す訳だから現状でも十分な現金が金融機関の当座預金に残ってる訳でそれが市中に出回るだけで激しいインフレになる量なんだけど、日銀にはインフレを止める手段は無いからね。 準備預金は市中には出回らないです(小声)
6
マスクドとくがわ(ご注文はCOCOAですか?) @psymaris 2016年9月14日
スタグフになる位なら破綻させちまえってのは暴論か?…多分日本が破綻すると困る国って日本以上に結構あると思うが…
1
A Place In The Sun @aplacein 2016年9月14日
貸出先が無いから当座預金に豚積みされてるだけ、インフレとなり金利が上がる状態になれば預金は減る事になるんやけどねぇ〜 借金増やしても大丈夫って意見は都合の良い話だからね
3
匿名希・望 @Ntokunaki 2016年9月14日
厳密には国債を発行した時点で半分通貨発行した様なもので(無利子無期限の国債と通貨に額面上の差はない)、日銀の買い上げはそれを国債取引者以外にも流通できる形にしているにすぎない
3
匿名希・望 @Ntokunaki 2016年9月14日
国債が通貨だと考えれば国債発行の適切な基準は通貨発行の適切基準と同様であり、インフレ率が高くなりすぎない範囲(大体、年率数%)となり、デフレの間は発行に全く問題はない事になる。
4
Hoehoe @baisetusai 2016年9月14日
俺様は勘がいいから適切という曖昧な基準でも納得したフリをすれば賢く見えるのだ、って人ほど騙されるもの
1
匿名希・望 @Ntokunaki 2016年9月14日
勿論、インフレ率の限界に達するまでに増やせる国債は有限な訳で、それがどこまで有効に利用されるのかは問われるべきだけど発行自体を罪悪視するのは無意味
3
匿名希・望 @Ntokunaki 2016年9月14日
さっき有限って書いたけど、生産力が上昇したら物価上昇せず生産量が増えるだけなので生産力が通貨発行以上に上がり続けるなら永遠に国債を増やせる事になる。 勿論、実際はそこまで無制限ではないけど、国債総額が世界中で増え続けるのは生産力の向上分だ
0
GO TO トラブル 社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年9月14日
「適切」という曖昧な言い方は確かによろしくないな・・・具体的にインフレ率と金利と言えばいい・・・高ければ高いほど破綻に近く、低ければ低いほど破綻から遠い・・・で、今の日本のインフレ率と金利は?
13
GO TO トラブル 社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年9月14日
「貸出先が無いから当座預金に豚積みされてるだけ」・・・で? そのお金はいつ市中に流れるんだ? 100万年後か? ちなみに当座預金に豚積みされてるお金や企業内部留保や個人貯蓄の1%でも市中に流れれば超好景気で税収ガッポガッポでみんなウハウハだよ・・・
8
GO TO トラブル 社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年9月14日
国家債務が自国通貨建という場合は「金利上昇=好景気」なんだよ。この場合(自国通貨建)金利が上がるというのは資金需要が高いということだからな。景気が良くなりGDPがグングン伸びる状況なら増税すれば税収は増える
10
ざの人 @zairo21 2016年9月14日
最悪、デノミとかでリセットという大技もなくはない。石ノ森章太郎氏が 経済入門だったかな?それで語ってた気がする。日本も戦争での国内での借金をそれで何とかしちゃったでしょ?国を信用するな!と訴えてた。国レベルで考えれば、そういうことが絶対来ないとは言い切れない。こうなるとタンス預金も引き出されるから、実質の国内資金洗浄&リセットになる。で 適切な範囲内 という言葉があやしい。 日本においての適切というのは何なのだろう?それを定義せずに論じるのはムダでしかない。
2
GO TO トラブル 社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年9月14日
「インフレとなり金利が上がる状態になれば」・・・ならないから困ってんだろw 30年間にわたり「インフレなる金利が上がる将来の子供達が大変だ」と言い続けて結果の「デフレでマイナス金利」である・・・なんのギャグだ? デフレで結婚も出産も出来ないのに将来の子供達の心配してる場合か?
10
GO TO トラブル 社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年9月14日
日本の借金は順調に増えている・・・なのに「デフレでマイナス金利」である事について明確に説明してから話せよ・・・今ある現実を無視した事実とは無関係の机上の仮定とかいらんから・・・
5
GO TO トラブル 社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年9月14日
つまり日本政府に「貸した金を返せ」と誰が言ってるんだ? 仮に「貸した金を返せ」とみんなが言い出したとして返ってきた金を何に使うんだ? そして実際に返ってきた金をみんなが一斉に使ったら日本は凄まじい好景気に襲われる訳だが・・・それの何が問題なんだ?
8
BIRD @BIRD_448 2016年9月14日
2003~2007年の間アイスランドは「政府が黒字」だったのに、2008年に破綻している。「借金」を心配する人はアイスランドの動きを知ればいい。(経常収支赤字だったので破綻)
1
山元 太朗 @tarogeorge 2016年9月14日
takashi7zzfe 「増税すれば税収は増える」→「税制をいじらなくても税収は増える」では。
4
山元 太朗 @tarogeorge 2016年9月14日
今はなきbewaad氏のブログの米欄を見ているようだ。
0
GO TO トラブル 社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年9月14日
tarogeorge まあ、そうなのですが「増税したいのなら好景気時にやればいい」という意味を込めてみたかったので・・・。
3
GO TO トラブル 社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年9月14日
債務が外貨建ての場合。例えばドルが手元になければ債務不履行(デフォルト)になり破綻する。債務が自国通貨ならひたすら通貨を刷ればいいので債務不履行(デフォルト)は起こらずハイパーインフレになる。なので「外貨建ての破綻=デフォルト」「自国通貨建ての破綻=ハイパーインフレ」となる・・・
4
GO TO トラブル 社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年9月14日
だから外貨建ての破綻は外貨準備を自国通貨建ての破綻はインフレ率や金利を見れば良い・・・借金の許容の基準は明確にあるのだ・・・
11
山元 太朗 @tarogeorge 2016年9月14日
社会保障費が増えていくと、政府が借りる金は増えるけど、年老いた国民は貯金取り崩しでこれ以上貸せないし、これまで貸した分の借り換えの分も出せないよとなっていく、ということではないのでしょうか。
0
山元 太朗 @tarogeorge 2016年9月14日
これまでのハイパーインフレやデフォルトは、1.戦争というばくちビジネスですっちまった、2.政府が統治能力を失って、まともに徴税して債務を償還するということができない、というパターンが多かったけれど、法治国家、民主国家、福祉国家での極端な少子高齢化状態でマクロ経済がどうなるかなんて未体験ゾーンですからね。
1
山元 太朗 @tarogeorge 2016年9月14日
takashi7zzfe 外貨建て債を発行せざるを得ない状態というのは、国内の資金供給能力が既に不足してしまっているか、外貨で輸入しなければ買えないものを買う(日露戦争時の軍艦など)ではないのでしょうか。
1
GO TO トラブル 社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年9月14日
tarogeorge 外貨建て債券を発行する理由は主に自国通貨に信用がないか、自国通貨が存在しない場合だと思います。前者は途上国で後者はEU。
7
是々ひ々 @being2016being 2016年9月14日
カタストロフは、急激に進展する。金利、インフレ率が少しづつ上がっていって事前に危険のシグナルを与えてくれることは考えにくい。それと気づいたときはもう、どうにもならなくなっている、というのが最も蓋然性の高いシナリオ。地震といっしょで、今はひずみがたまってゆく時期で、暴発がいつ起こるかはわからない。
1
エツェ子 @beastlyelder 2016年9月14日
日本政府の資産価値は増え続けてないし債務超過なんだけどな
0
飯島明子 @a_iijimaa1 2016年9月14日
私の苦手分野の話なのでありがたい。後で読みます。
1
GO TO トラブル 社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年9月15日
国家は企業でも営利団体でもないんだから「債務超過」という概念に大して意味が無い。そもそも国家が黒字なら国民は赤字ってことだよ・・・
7
匿名希・望 @Ntokunaki 2016年9月15日
takashi7zzfe つまり、それだけ国に搾り取られてるって事だからね
1
GO TO トラブル 社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年9月15日
Ntokunaki 企業の目的は利益だけど国家の目的は国民の幸福ですからね。国家経済における国民の幸福とは「雇用の最大化」ですから国民をしばいて利益を上げる国家とかもうね・・・
7
匿名希・望 @Ntokunaki 2016年9月15日
takashi7zzfe 厳密には全ての労働が自動化される時代になったら上がりを公正に分配するのが仕事になりそうだから必ずしも「雇用の最大化」が仕事とは思わないけど「(適正な条件で働きたい人の)雇用の最大化」なら正にその通りだと思います
1
匿名希・望 @Ntokunaki 2016年9月17日
namaehaaru 減らす意味が無い。 景気引き締めの為に増税した結果として減らす事はあっても減らす事自体を目的にするのは馬鹿げている。
2
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2016年9月17日
歳入を国債で補う一方、歳出に利払いをしている現実。金利が低いのは救い。
1
是々ひ々 @being2016being 2016年9月24日
このまとめの「適切な範囲内」というのは、大きなインフレが発生していない、金利が大幅に上昇していない、ということのようだけど、通貨が信任を失い、インフレが急上昇し始めたら、打つ手はなくなっている。「適切な範囲内」というのは政治家が「適切に対処する」とコメントするのと同じで、何かを言っているようで、実質何も述べていない。
3
小川靖浩 @olfey0506 2016年9月24日
ただ、そもそもの前提として「収入は一定額のみしかない」給与所得者としての思考であるから「借金が増えると返済ができなくなる」という連想がされるけど、この手の話は「才能自体で収入を増やせる」事業者の形態で想定しなきゃいけないんだがねぇ。そのため借金を作るのは「投資」として最終的に借り入れ+利息以上の額を得られるとかの展開もありうるが、都合「投資せずに収入を増やせ」と叫ばれてるのが現在だからねぇ。
3
Butayama3 @Butayama3 2016年10月23日
遂に完結! ぷしゅーさん、ありがとうございます! 最後の、全てのピースがはまっていく感じが実に気持ちいい。
0
Ikunao Sugiyama @Dursan 2016年10月23日
問題は誰が何のためにその誤謬をさせているのか何だけど
0
Ikunao Sugiyama @Dursan 2016年10月23日
特に「何のために」がよくわからない
0
usisi @usisi00 2020年1月2日
zetuboutouin 貨幣は政府で紙幣が日銀ですね。 究極1兆円玉とか5000兆円玉なら政府が発行出来る
0