遠藤周作の思想とカトリック教会の正しい教え

マーティン・スコセッシによる『沈黙』映画化で遠藤周作が注目を集めています。この機会に、遠藤周作の思想がカトリック教会の正しい教えといかに異なるかを知っていただければと思い、まとめました。
映画 異端 カトリック教会 ニューエイジ 沈黙 マーティン・スコセッシ キリスト教 遠藤周作
76
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
遠藤周作は『私のイエス』(祥伝社、p.236)において、「異端とか異教徒という言葉は、今では無意味」と主張しています。これはカトリック教会の教えではありません。カトリック新教会法典(有斐閣)で第751条、第1364条を参照してください。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
教会法 第751条 受洗後、神的かつカトリックの信仰をもって信ずべきある真理を執拗に否定するか、またはその真理について執拗な疑いを抱くことを異端という。 第1364条 信仰の背棄者、異端者、離教者は伴事的破門制裁を受ける。 vatican.va/archive/ENG110…
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
カトリック教会の不可謬の教えを否む者は「カトリック教徒」と自称しても異端者にすぎません。そして「教皇」であってもそのような異端者になることがありえます。「公の異端者である者は、自動的に教会の一員でなくなるのと全く同様に、自動的に教皇であることを止める。」(教会博士ベラルミーノ)
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
教理省宣言「主イエス」22 信仰の真理を主張することは、教会が世界の諸宗教を真摯に高く評価する事実に何ら抵触しません。しかし『どの宗教でもよい』という信念に導く宗教的相対主義によって徴づけられた宗教無差別主義を根底的に排除します。 vatican.va/roman_curia/co…
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
マーチン・スコセッシによる映画化で遠藤周作『沈黙』が世間の注目を集めています。この小説によって誤ったイエス観が撒き散らされているのは実に悲しむべきことです。『キリスト者の信条 踏み絵について』(世のひかり社)を読んで、正しいイエスの教えと教会の教えをどうか知って下さい。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
遠藤周作『沈黙』を批判した著作『キリスト者の信条 踏み絵について』(世のひかり社)の著者フェデリコ・バルバロ神父様は講談社版の聖書の翻訳者であり、もう一人の著者デルコル神父様も出版活動によって日本のカトリック信仰に多大な貢献をなさった偉大な神父様です。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
「私の考えでは、遠藤氏の文学は、キリスト教や聖書をテーマにしたにしても、布教にとって大きなマイナスであり、特に非キリスト者にとっては、『ゆがめられたキリスト教』を紹介したに過ぎないのである。」(デルコル神父・前掲書)
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
遠藤周作『沈黙』を批判したデルコル神父・バルバロ神父の著作『キリスト者の信条 踏み絵について』はこちらです。四谷のサンパウロで1990年代に入手したものです。今でも入手可能であればよいのですが。 pic.twitter.com/wJuYfTWxPB
拡大
黒雪 @kuroyukihime_
@glorycatholic 世の光社に直接問い合わせるののが良いかと。以前直接本を購入したことがあります。確か社長はデルコル神父様の秘書だったかと。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
ちなみに前掲書には、1978年12月24日12チャンネルのテレビで、井上洋治神父と遠藤周作のインタビューが放送され、その席で遠藤は「キリストは実際には無力で何の奇跡もしなかった」と主張したとあります。つまりこれは単に小説内の見解ではなく、公に述べられた遠藤の思想です。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
以下、両神父様の著作を参考にしつつ、遠藤周作が『沈黙』などの著作でどのように福音をゆがめているか、逐一検討を加えたいと思います。 twitter.com/glorycatholic/…
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
「ある種の人々が、あなた方を惑わして、キリストの福音をゆがめようとしているだけのことです。たとえ私たち自身であろうと、天からの御使いであろうと、私たちが宣べ伝えた福音に反することを宣べ伝えるなら、その者に呪いがあるように。」(ガラテア人への手紙1:8)
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
「形だけ」の背教なら許されるなどという教義は、カトリック教会にはありません。踏み絵を踏むなどの背教の態度表明は全て内在的に邪悪な行為です。野田時助『カトリックの信仰(倫理篇)』(中央出版社)p.552参照。 pic.twitter.com/ttVNi66ntr
拡大
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
踏み絵を踏むことは「転び」すなわち棄教の態度表明です。隣人を躓かせる内在的に邪悪な行為であり、「形だけ」「信徒を救うため」ならそのような行為をしてもよいというのは誤りです。内在的に邪悪な行為は善意によって正当化されないからです。 twitter.com/glorycatholic/…
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
遠藤周作は『沈黙』で、踏み絵を「踏むがいい」(新潮文庫版p.268)とキリストに語らせています。これは内在的に邪悪な行為の正当化であって、マタイによる福音書第十章などに示されているキリストの教えとは全く異なります。twitter.com/glorycatholic/…
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
「人々の前で私の味方であると宣言する者を、私もまた天におられる父の御前で私の味方であると宣言する。しかし、人々の前で私を否む者を、私もまた天におられる父の御前で否むであろう。」 (マタイによる福音書10:32-33)
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
@amendo_books 「形だけの」棄教ということが既に内在的に邪悪な行為なのです。そして善が生じるように悪を行うことはゆるされない(ローマ3:8参照)ので、そのような邪悪な行為が善意によって正当化されることはありません。twitter.com/glorycatholic/…
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
キリスト者への迫害が起こるであろうこと、そしてそれに際して取るべき態度は、次のように福音書に明確に書かれています。神は、罪の償いや完徳のための試練として、そのようなことが起こることをお許しになります。twitter.com/glorycatholic/…
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
「体を殺しても魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。 むしろ、体も魂も地獄で滅ぼすことができる方を恐れよ。」 (マタイによる福音書10:28)
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
「自分の十字架を取って私に従わない者は私にふさわしくない。」 「自分の命を保とうとする者はそれを失い、私のために命を失う者はそれを得るであろう。」 (マタイによる福音書10:38-39)
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
迫害を前にして、神はなぜ「沈黙」するのか、と問う人は、前掲のような福音の真理に無知であるか、あるいは知ったうえで神に不満を述べているに過ぎません。イエス・キリスト御自身が十字架の死を堪え忍ばれたのに、その弟子が迫害を受けることに何を驚きあやしむことがあるのでしょうか。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
「人々はあなたがたを衆議所に引き渡し、会堂で鞭打つであろう。…あなたがたは私の名のゆえに全ての人に憎まれるであろう。しかし最後まで耐え忍ぶ者は救われる。」 (マタイによる福音書10:17,22)
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
迫害を前にして、弱さから転んでしまったら、それを罪と認め、再びしないことを決心し、真摯に痛悔せねば赦されることはありません。「踏むがいい」で正当化している者には、そんな痛悔はできません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church
「キリストは『弱い者』のために来た。それは真実である。…しかしキリストは一度も、人間の弱さをあおったことはない。むしろ、「自分の命を救いたいなら、それを捨てよ」と教えたではないか。」(バルバロ神父『キリスト者の信条 踏み絵について』世のひかり社)

内在的に邪悪な行為が善意によって正当化されないこと、善が生じるように悪を行なうことはゆるされないことについては、次のモーメントの中で引用している教皇聖ヨハネ・パウロ二世回勅『真理の輝き』(邦訳・カトリック中央協議会)を参照してください。

残りを読む(84)

コメント

SIMIN @simin43320 2017年2月7日
罪には大罪と小罪があって。。。 典礼問題ガー! 。。。罪の悔い改めと許しとは。。。 信者再発見ガー! 。。。など言うだけ野暮ですね まあまとめられた方の意見は正しいし。。。 ただ昔の教理問答はちょっとなあw
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月7日
宗教が侵略の前触れってのは誤った前提だと思うけど、まあそれはおいといて、要するにこのまとめは『沈黙』に代表される遠藤周作先生の思想はカトリックのそれからしたら正統なものではない、彼がカトリック信者の作家という肩書?から作品にカトリックの教義が反映していると思う人はいるかもしれないけど、そうじゃないからね、ということだよね。作品の文学的な評価までは踏み込んでないわけで。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月7日
[c3455460] そこらは遠藤周作先生がイエスの奇跡が実際はなかったと言ってる…ことに対する文脈で解した方がいいんじゃないですかね? イエスに奇跡を行う能力はなかった云々とかいっときながら、転生とかその手の非科学的な話を信じてたのはダブスタじゃね?くらいの。ちな『ニューエイジについてのキリスト教的考察』というカトリックの立場から出されたニューエイジ批判の本はあるそうです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3454245] コメントありがとうございます。「誤った前提」とは具体的にどの命題でしょうか?カトリック教会の教えでしょうか?また、なぜそれが誤っていると言えるのでしょうか?
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3454304] コメントありがとうございます。遠藤周作の思想が異端であると認めていただけるのですね!大変幸甚です。ちなみに、カトリック教会には異端によって救われるという教義はありません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3454758] (1)遠藤周作を批判したバルバロ神父やデルコル神父は聖職者です。(2)遠藤周作の著作『私のイエス』『イエスの生涯』『私にとって神とは』は、いずれも「文学・芸術」ではありません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3455130] 大司教は個人的判断において異端に陥ることがあり得ます。教皇でもそうです。次のモーメントの中の教会博士聖ベラルミーノの発言を参照。https://twitter.com/i/moments/817148754537000960
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
SagamiNoriaki コメント大変ありがとうございます。おっしゃるとおりです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3455460] コメントありがとうございます。カトリック教会の教えは聖書だけに基づいているわけではありません。ニューエイジ思想に関するカトリック教会の教えについては次のモーメントで紹介している教皇庁の文書を御覧下さい。 https://twitter.com/i/moments/827641730841272321
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3455521] コメントありがとうございます。そういうことだと思います。ただ、そうだとは思っていない方々が自称カトリック信徒の中にもたくさんいらっしゃるので、注意喚起のためこのまとめを作成いたしました。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3455528] コメント大変ありがとうございます。プロテスタンティズムの過ちに関して、もしよろしければ次の著作を御覧いただければ幸甚に存じます。https://twitter.com/glorycatholic/status/804204109611962368
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3455533] コメントありがとうございます。まず、(1)まとめで問題にしている遠藤周作の著作や発言には「小説」でないものが数多く含まれています。(2)「小説」であっても、そこで表明された思想がカトリック教会の正統的な教えであると誤解している方々は遠藤周作支持者の自称カトリック信徒等たくさんいらっしゃいますので、注意喚起のためこのまとめを作成いたしました。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3455551] コメントありがとうございます。棄教の態度表明として迫害者から要求される行為をなせばそれは棄教の態度表明です。像を誰が作ったかということは関係ありません。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月7日
glory_of_church そのあたりの危惧というか危機意識は、なかなかクラスタ外には通じにくくはあるようです。
新CMTC @MontyGlycon1 2017年2月7日
[c3455989] カトリック信徒の、ではなくてカトリック教会の、ですね。その他教派も含めてその起源となったイエスの福音書中の発言からも、踏み絵を「正当であり神の意思に則する」とする見解は引き出せないと思います。現にイエスは十字架にかかりましたし、初期のキリスト教徒たちは皇帝崇拝を「上辺だけ行う」といった事をせずに殉教してますね。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3454761] やめません。カトリック信徒には、公に流布されている異端思想を批判する権利があり、場合によってはそうする義務が生じるからです。たとえそれが上長によって流布されているものであっても同様です。次のモーメントにおける聖トマス・アクィナスの引用を確認してください。https://twitter.com/i/moments/817148754537000960
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3454761] 「信仰にとっての危険が存在する場合には、目下の者は、彼らの上長を公にさえも非難せねばならない。それゆえパウロは、ペテロに従属する者であったが、信仰に関する躓きの危険のゆえに、ペテロを公に非難したのである。(訳注:ガラテア2:14)」 聖トマス・アクィナス『神学大全』ⅡーⅡ33-4
不動(プログラミングとかに詳しい中2美少女) @funnunofudou 2017年2月7日
強制されて心ならずも踏み絵を行うことが棄教であるならば、信仰の定義が迫害者の意思によって変化するってことなのかな?信徒の内心は異教徒の胸先三寸で決まってしまうということになるんですがそれは…
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3454542] 現在の教会法では、聖職者は質素な生活をし、虚栄を感じさせるすべてのことを避けるよう義務付けられています。第282条参照。http://www.vatican.va/archive/ENG1104/_INDEX.HTM
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
funnunofudou 「棄教」と「(形だけの)棄教の態度表明」は区別せねばなりません。前者も後者もゆるされないというのがカトリック教会の教えです。よくお読みください。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3456001] カトリック信徒には、公に流布されている異端思想を批判する権利があり、場合によってはそうする義務が生じます。たとえそれが上長によって流布されているものであっても同様です。次のモーメントにおける聖トマス・アクィナスの引用を確認してください。奥様にもそうお伝えください。https://twitter.com/i/moments/817148754537000960
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3455964] 「なじめる」だけではその思想が真理であることは保証されません。聖書には次のように警告されています。https://twitter.com/glorycatholic/status/817558570904391680
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3455964] 「人々が健全な教えに耐えられなくなり、耳触りの良い話をしてもらおうとして自分勝手な好みに任せて教師たちを寄せ集め、真理からは耳を背けて作り話の方に逸れていく時が来るであろう。」(テモテへの第二の手紙4:3-4)
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3455989] 日本二十六聖人をはじめとして、正統的なカトリックの信仰を守り、立派に殉教された方々は現に多数いらっしゃいます。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AD%E8%81%96%E4%BA%BA
jk @jk_1976 2017年2月7日
MontyGlycon1 いや、信徒という意味で書きました 教義のことはわからないので純粋な質問ですが、皇帝のものは皇帝に、という言葉は、世俗的、表面的な部分では皇帝に跪いても良い(心の中で信仰を持ち続けていれば)と言うことにはならないのですかね
jk @jk_1976 2017年2月7日
glory_of_church 過去の人ではなく今生きて遠藤周作を非難するあなた方はどうなのか、と聞きたいのです
新CMTC @MontyGlycon1 2017年2月7日
「またあなたがたは、わたしのために長官たちや王たちの前に引き出されるであろう。それは、彼らと異邦人とに対してあかしをするためである。彼らがあなたがたを引き渡したとき、何をどう言おうかと心配しないがよい。言うべきことは、その時に授けられるからである。」(10:18-19)その授けられる内容がどういうものかがが21節以下に書いてあります。家族の怒りを買い、迫害に向かわせるようなものだということになります。
なんもさん @nanmosan 2017年2月7日
カトリックとはこういうものだという啓蒙の意味では間違ってないまとめだと思うし、異端を批判してるだけで破門どうこうって話でもないし、さらに言うと日本文学史上の評価では遠藤周作があえて異端をえらんだことになってたはずですので、これといって反論はありませんねえ。ただ、また観てないけど正統派がギョッとするほどいい映画なんだろうってのは確実にわかりました。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
jk_1976 当然、迫害に際しては、カトリックの正統信仰を守り、殉教する覚悟で生きておりますが、それが何か?
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3456368] カトリックの正統教義が真理でないとおっしゃるのなら、真理でないと言える根拠をお示しください。そのような根拠がないのであれば、過去の偉大な諸聖人たちの模範に従って、カトリックの正統教義を真理であると信じることは特に問題がないと思います。
新CMTC @MontyGlycon1 2017年2月7日
[c3456368] 「あなたが馴染んでいるのは遠藤の教えであり、イエスの教えではありません」あたりの返答だったら嚙み合っていたような。私もイエスの教えより遠藤周作の教えのほうが馴染めます。
jk @jk_1976 2017年2月7日
glory_of_church 僕は自信の意志にそんな自信が無いですし、実際に迫害や拷問を経験せずにそう言いきることも出来ないので、御意志の強さが羨ましいですね
Leclerc @3adam15 2017年2月7日
[c3456450] 聖遺物とされるものの中に本物があり、且つ採取し検査可能なDNAが残っていた場合のみ、目の前に現れたイエス・キリストが本物であるかどうか確認できるぐらいですね。但し確率で。「聖遺物から採取したDNA甲と、イエス・キリストを称する人物から採取したDNA乙が同一であると認められる確率は、98.7%である」
無名の人 @YMumei 2017年2月7日
私もカトリックですが、一言言い添えさせていただくなら、殉教の尊さを守ることと、絵踏に順応して辛さに耐えながら生きた人々を思いやることは矛盾しないと思います。どちらもキリストに着いていくことこそ正しいと信じているからこその道に変わりないと思います。教会の教えとして一般化して言えるところでは殉教という明らかなしるしこそ、困難であるがゆえに守らねばなりません。しかし、教えを隠しながら生き、教会に再発見された人々は殉教した人々に支えられてそこまで生き方を伝えることができたのだと思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月7日
要は、人は生きている限り嘘をついてしまう。それから立ち直らなければならない。立ち直るの助けるには厳しさとやさしさと両方が必要です。しかし、どんなときにも、たとえ嘘をゆるされる場合であっても、嘘がいいことには決してならない。罪は悪しきことだからこそゆるされるわけです。キリストを裏切るということも。カトリック教会の栄光さんは、ゆるしの可能性は否定していません。ただ、イエスを裏切ることが内在的な罪でないという理解、それは間違いだということです。
無名の人 @YMumei 2017年2月7日
遠藤周作が『沈黙』で描いた状況は、通常の想定を超えた限界状況です。そこにあってイエスは「踏むがいい」とおっしゃったと遠藤は創作していますが、この時、踏むという行為はやはり小説上、弱さによる裏切りに当たると思います(しかしここで踏まないことが正しいかどうかは内面を見通す神でしか分かりません。神への誠実で踏まないのかもしれませんし、霊的傲慢で踏まないのかもしれません)
無名の人 @YMumei 2017年2月7日
ただ、この場面で遠藤が考えるイエスの啓示の意味は「お前たちの弱さを私は引き受ける。そのために私は来た」であるのだと思います。つまり、裏切りをゆるすと言っているのですが、踏んで構わないと言っているのではない。「イエスを形だけ踏む」という決断を弱さゆえにロドリゴはするわけですが、それは罪であり裏切りであるがゆえに、イエスにゆるされる必要があった。イエスはだからゆるす、ということだと思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月7日
わたしは一平信徒ですので、あくまで一意見であり、霊的権威を負って述べているわけでもなんでもありません。ただ、ロドリゴが裏切った自分をゆるすことができないまま生きているという雰囲気を漂わせているのを見ると、この時代に生きた潜伏キリシタンの人々が負っていた十字架が明瞭になると思います。おそらくはカトリック文化が長い間汲み落としてきた、今も十分理解も、体系的位置づけもされていない部分だろうと思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月7日
特に一般向けの聖人伝の類では殉教、あるいは敵の敗北など、目に見える勝利を聖人が得るというパタンが通例のため、二重生活者の苦しみに焦点が当たるということはおそらく皆無でしょうが、ドナティズムが排斥された古代にはあるいは意識されていたのかもしれません
無名の人 @YMumei 2017年2月7日
「過ちの中に生きざるを得ない者の苦しみを神は無視せず、過ちに手を差し伸べるということは、過ちを犯して構わないということではない」というところを踏み外したメッセージを『沈黙』が発しているという誤解は、反発を感じた人々の間にだけではなく、好意的な人々のほうにもあったのかもしれません。
無名の人 @YMumei 2017年2月7日
過ちや罪は本人がまず自分をゆるせず苦しむわけです。神はゆるします。しかし、悪は善になりません。
無名の人 @YMumei 2017年2月7日
だからこそ、神がゆるしてくれるのでなければゆるされないのです。そのような人々を神が見捨てるとは思えません。ずいぶん長い一言になりました。ご容赦ください。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3456560] カトリック教会は背教者・異端者・離教者を殺してはいません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3456417] カトリック教会は信徒にマインドコントロールをほどこしてはいません。現に、遠藤周作のような多くの異端者が存在しています。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2017年2月7日
カトリック教会において権威ある人間による発言ではどうなっているのだろう。 バチカンにおいて、やはり遠藤周作は異端と認定されているのであろうか。
殻付牡蠣 @rareboiled 2017年2月7日
信徒の敬虔さと教会の歴史はまた別に議論せんとなと思う。若いころ、宣教活動してた人間の人間性の良さには助けられたことがあるから。だからと言って、宗教を信じるかと言うとそれはまた別なんだよな。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2017年2月7日
[c3457378] どうも柿生の山奥に住む「ぐうたらシリーズの狐狸庵先生」ってイメージが強くて、イマイチぴんときてなかったりw
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2017年2月7日
[c3457397] なるほど。御説明ありがとうございます。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3457363] 勲章の授与は遠藤周作の主張の教義的判断ではありません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3457466] 黙れとは申し上げておりません。ただ、印象のみで教義的正当性を判断されることの危険性を指摘させていただいたまでです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3457397] 「教会の教えと遠藤周作の思想がずれている」ということはお認め下さるわけですね!大変ありがとうございます!
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3457378]そのように遠藤周作の著作が機縁で入信した人の多くが、遠藤の思想はカトリック的に正統なものであると信じ込み、世間の多くの人々もそう思っているというとんでもない現実があるのです。このような事態は何が何でも是正されねばならないのです。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2017年2月7日
glory_of_church ええ、あんとに庵さんの説明もその様になってますので、その様に理解しています。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月7日
[c3457643] カトリック教会はある人物の思想を異端かどうかは判定します。しかし異端者に世俗権力がどのような処遇をするかということは、カトリック教会の管轄ではないのです。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月7日
教義的正当性を個人で好きにできるはずないじゃん…。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月7日
[c3457758] それは些か無責任な言説だと思う。教義というのはその団体の中で守るべきものであるわけで、少なくともそこに所属する人間には明瞭にされて明文化されているもので、それを所属している個人が好きにしていいものでもない。団体によっては解釈の余地もあるだろうけども、それらも然るべき手順を踏んだ上で議論されて出されるものでしょう。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月8日
遠藤周作先生の小説家としての実績、そして作品の評価は素晴らしいものなのだろうけども、それはカトリック信徒としての思想的な正当性とは別に論じられるものであり、逆に言えば、カトリックとしておかしなことを言ってても小説家としての評価は揺るがないとも言える。ただ、カトリック作家、という括られ方で世間に高名になった時、そこに書かれたことを真に受けてしまう人がいる、というのが時に問題になる…という話なんだけどなあ。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2017年2月8日
SagamiNoriaki 俺はむしろまとめ人の方が個人的な教義解釈を権威ある者のそれとして述べている様に感じられるのだけれど。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2017年2月8日
まとめ人氏が実は司教であるとか大司教であると言うのであれば、話は全然違ってくるのだと思うけど、そうであるなら身分と権威を明らかにして話すべきじゃないかなと思う。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月8日
[c3457793] 相違と是非正否をごっちゃにしてはいかんでしょう。考え方の相違は尊重しますが、道理論理の是非は「それだけ」ですませるのはよろしくない。教義を個人で好きにできるという考え方は端的に間違ってます。教義とは言い換えればルールですから、そのルールを個人が好きにできるはずないじゃないですか。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月8日
hiroharu_minami どうなんですかね。少なくとも遠藤周作先生の思想があまりカトリックの正統的なものではないということは確かだと思いますし、それは紹介されている文章で明白になっていると思います。私自身は信徒ではないですが、『沈黙』については他の、カトリックでもない人からもカトリックの人からも教義的にはおかしい旨は聞いてますし、ここに書かれたカトリックの方もそれは同意してますよね
MarineGuards @ryu_halfspin 2017年2月8日
正統派カトリックにとってプロテスタントはやはり「異端」なのでしょうか。かつて「異端」扱いしたことは確かですが、今でもそうなのでしょうか。 念のため言っておくとカトリックを非難するつもりはありません。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2017年2月8日
SagamiNoriaki いえ、まとめ人の主張に異議があるという話では無くて、教義に対して個人的意見以上の話をしている様に見えるので、一体どんな権威に基づいてお話をされているのだろうと思う訳です。 バチカン云々の話を最初にしたのもそう言う疑問からですから。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月8日
結局、ここでまとめられてることは、例えば司馬遼太郎先生の作品が映像化された時に、歴史の先生なりマニアが「この解釈は氏独自のもの」「資料が古い」「端的に嘘」と解説したようなものと大差はない。創作物にツッコミを入れるのは野暮なことだと思うけど、権威がある人の作品なので真に受けてしまう人がいると困るので書いとく、ということでしょう。別に経験があるけど、こと宗教に関することは寛容不寛容だのなんだのと、変なバイアスというか他のクラスタと同じことしてるはずなのに、非対称的におかしな批判が集まってるように思う
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月8日
hiroharu_minami そこらは私には解りかねますね。けどまあ、異論があればすぐ揉めちゃうキリスト教クラスタの人たちが絡んでこないので、教義解釈の内容は間違ってないと思いますよw 激しい言い方がなんか気に食わないって人の気持ちも解りますけども、キリスト教クラスタの人たちの一部は、ここ数年、権威、あるいは知名度高い人のトンチキに悩まされていたという経緯があるので、激しい論調になるのも仕方ないと思います
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2017年2月8日
SagamiNoriaki まぁ、そこら辺はtogetterでも丁寧な解説まとめを見ますのでわかりますw ただ、教義を個人でどうこうできないのと同じくらい異端の認定は個人では出来ないだろうと思うんで、ちょっと勢い付きすぎじゃ無いかって思うんですよね。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月8日
[c3457893] 教義を個人ですきにしていいなんて考え方がとおるはずないじゃないですか。それをしていいのなら団体が成立しなくなる。あなたが『沈黙』の方が好きで、遠藤周作先生の方が馴染める考えであるとするのは私にも異論も正否もありませんが、教義解釈を個人の好きにしていいとはいうべきではなかったのです。そして個々人の自由を謳いながらまとめた人の権威性を問うのもおかしな話です
山極 由磨 @YuumaYamagiwa 2017年2月8日
『沈黙』も未読だし『沈黙~サイレンス~』もまだ見ていないのだが、遠藤氏の『海と毒薬』を読んだ感想としては、この人はGODと言う棍棒で日本をぶっ叩きたいのだな、とは思った。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月8日
hiroharu_minami 遠藤周作先生が転生を信じていたという話はあるので、まあ異端的な考え方をしてたのは間違いないんじゃないですかねー。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月8日
[c3457935] 教義を個人で好きにしていいと言いながら、論拠を示して意見を言う者を団体の代表者ではないから信用できないというのは、端的にダブルスタンダードでしょう。貴方の論理ならばこのまとめのされている方の意見も自由であり、好きにすればいいだけのことで、上の方でそうも言ってる。しかし今になって信用できないといい出している。それはおかしい。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月8日
[c3457935] 私は貴方に言ったことについて、このまとめた方の権威性、論理性、妥当性は極端に言えばどうでもよろしい。『「教義的正当性」に関しては、「個人で好きにしろ」』というのは間違っているというのが私の主張です。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月8日
[c3457977] 『「教義的正当性」に関しては、「個人で好きにしろ」』といっといて、何をいっているんですか。そもそもカトリックを代表して語ってるともこの人も言ってない。「カトリック信徒には、公に流布されている異端思想を批判する権利があり、場合によってはそうする義務が生じます」とは言ってますが。代表でなければ云々は、貴方が一方的に相手に課している条件でしかないですよ
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月8日
[c3458017] 私は信徒じゃないですけど?
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月8日
[c3458013] 何を問題にしているかってのは最初に書いたとおりですが。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月8日
[c3458013] というか、異端というのは同一の教義の団体に属しているのに教義と違う考えをもっている…異教の人は異端とはいわんわけで…。 ああ、そもそも教義とかの言葉の意味も解らない人だったんだ…。 それは失礼しました。 おやすみなさいませ。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月8日
コメントしてくださっている皆様、コメントをお読みの皆様大変ありがとうございます。逐一お答えすることが時間的・体力的に困難ですので、御疑問は極力まとめの中で挙げた文献を図書館でリクエストなさったりネット等で御覧になって解決して頂ければ幸いです。まとめを編集し大幅に参考文献を追加いたしました。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月8日
ryu_halfspin 異端であるという教義決定が覆ることはありませんが、プロテスタントの皆様が母なるカトリック教会の教えへと立ち戻られるよう、日夜お祈りしております。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月8日
hiroharu_minami カトリック教会における教義的正統性は属人的にきまるものではないのです。教皇でも異端を主張すれば異端者となります。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月8日
ちなみに教皇ピオ十二世によって「二十世紀の教会博士」と呼ばれたディートリッヒ・フォン・ヒルデブラントは平信徒です。 彼は著作の中で多数の人間を名指しで異端者・偽預言者として批判しています。 https://twitter.com/glorycatholic/status/827325811782856704
MarineGuards @ryu_halfspin 2017年2月8日
glory_of_church ありがとうございました。私はキリスト教徒のいう「異端」が良く分からなくて・・・。自分の気に入らない宗派を異端と言い合っているだけのような気がします。ただカトリックについては皆さんのご説明から「異端」に明確な基準があることは分かりました。この点については右から左まで百花繚乱のプロテスタントの方が、他の方がおっしゃる通り混乱してそうですね。
無名の人 @YMumei 2017年2月8日
要は、遠藤の小説に登場するイエスは遠藤の解釈したイエスであると理解していただければそれでいいですね。カトリック教会の文言化された基準に遠藤のイエス理解、キリスト教理解は抵触するということを理解したうえで、遠藤のイエスには言及するほうが無難ということで。文言上は抵触しても深いところで一致するという見方をするにせよ、異端以外の何物でもないと非難するにせよ、遠藤のそれは、文言化された基準と緊張関係にあるイエス像、キリスト教理解であるというところに落ち着きそうです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月8日
[c3458812] ミクさんはあなたに永遠の命を与えてはくれませんよ。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月8日
[c3454285] ちなみに奇跡はカトリック教会において現代でも起きており、多数の列聖調査によってその実在は合理的な疑いを超える程度に証明されています。例えば二十世紀の聖人である聖ピオの伝記を御覧いただければ幸いです。https://twitter.com/glorycatholic/status/462898900072792065
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月8日
[c3454245]他国人を捕えて 奴隷売買をせよとカトリック教会が命じたことはありません。教会は公文書でそのような行為を禁じています。「カトリック教会文書資料集」(エンデルレ書店)668、1495、2745を御覧下さい。もちろん寺院の焼き討ち等も重大な罪であり、そういう不届き者がいたことは残念なことですが、カトリック教会の教えではありません。
無名の人 @YMumei 2017年2月8日
カトリックでない人がそう考えるのは異端でなくても、カトリックがそう考えると定義上、おのずから、異端ということになります。ここで実現すべき寛容さとは、「異端との共生」ということになるでしょう。ただ、(自然)科学的妥当性を考えるなら、もともと奇蹟とは再現できないものなので、再現性を真理基準とする(自然)科学で検証できないのは、歴史が(自然)科学を援用できても最後の実証は再現性のみではなし得ないのと同じと考えることもできますね。
無名の人 @YMumei 2017年2月8日
ただ、現実というものを考えると、異端は常に少数なので、その事実だけで多数派から圧迫を受けます。そこのところに多数派は敏感であるべきでしょう。
無名の人 @YMumei 2017年2月8日
一言でいうなら、このような議論があること自体はいいことだと思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月8日
世俗社会でいうと法律というものがあり、その法律の条文にはこうあるから、裁判にかけられたわけではないけれど(つまり条文に該当するか否かを公権力が裁定したわけではないけれど)、彼はこれに該当するだろうと私人の立場で意見を開陳するという、一般社会でよくなされることがなされたというわけですが・・・こういう書き方をすると、ネチケットにかなうのかという問題が生じるのか?
無名の人 @YMumei 2017年2月8日
遠藤周作をうんぬんするのではなく、遠藤周作の思想をうんぬんしているのだということにしておきましょう。こうすると人格への攻撃はテクニカルな視点からですが避けることができます。「異端と異端者は区別される概念であり、思想が異端と判定された時点ではその人は異端者とはされない。考えを異端と判定されたにもかかわらずその考えに固執し続けるなら異端者と判定される」ということで、
無名の人 @YMumei 2017年2月8日
一つだけ言えるのは、私の意見も含め、すべての意見は一意見に過ぎず、それに対する批評もまた一意見に過ぎないということでしょうね。「こういう意見が出るということはカトリックの不寛容さの表れであり、違和感を覚える」という批評も含め。ですので、ある程度は言語ゲームの感覚を以て、自分の言説が批判されて言い返せないことがあっても、自分の言説の負けであって、自分が信奉する教えの負けではないという余裕は必要でしょう。
無名の人 @YMumei 2017年2月8日
ということであえて言うのであれば、「どっちでもいい」という意見は「どっちでもいい」ということに関しては「どっちでもよくはない」という表明でしかないし、カトリックでなければ救われないが大乗仏教的な宗教間の影響を受けている普通の人から嫌悪感を抱かれて当然という言説に対しては「大乗仏教は大乗仏教でなければ救われないと考えないのか
無名の人 @YMumei 2017年2月8日
」「法華一乗主義の日蓮宗や、阿弥陀如来により頼むのでなければ救われないとする浄土真宗も大乗仏教ではないのか」と反論させていただきます。人間、「自分の考えは正しい」というところから外れることはできません。
無名の人 @YMumei 2017年2月8日
「自分の主張以外の主張は黙れ」という主張は、どのような意見にも潜在しているからこそ、われわれはこれが発動しないようにマナーに気を付け、行動に反映させないわけです。
無名の人 @YMumei 2017年2月8日
文字はそこらへんが難しいですね。
無名の人 @YMumei 2017年2月8日
まあ、われわれの神(カトリックが社会的に表明している神イメージ)がほとんど話しかけない神というのは、信者の中でも教会活動への参加率が比較的高い層の実感からは遠いですね。日々の出来事を通して常に語り掛けてこられている印象の方が強い。そして、神の語り掛けのもと人間が決断し、行動するという「システム」には、人間の側には自信はありませんが、神の側には絶対的な信頼をおいています。
無名の人 @YMumei 2017年2月8日
ここらへんは、学問や能力を信仰生活の中心に置いている信者の層と、教会指導層への服従を信仰生活の中心に置いている信者の層とで、反応に違いが出るかもしれません。
あんとに庵 @antonianjp 2017年2月8日
[c3459039] 御意。遠藤のように自身の考えを著作をモノする自由もあるし、ここのまとめ主さんがそれを批判する自由もあるし、それについて批判する自由もある。そもそもキリスト教はディベートの歴史は長いので、どーも議論が倣い性になっているとも言えますね。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月8日
[c3459421] 偶像崇拝によって救われることはありません。偶像崇拝は最悪の罪です。なんでも信じればいいというものではありません。 …というのがカトリック教会の立場ですので、それに従ってお答えしたまでですね。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月8日
[c3459867] ネタではありません。ガチです。死後腐敗しない諸聖人の例などを集めたこういう映像もおすすめですよ。https://www.youtube.com/watch?v=FgW_JjCxuWA
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月8日
[c3459478] 大乗仏教徒の方にとって、例えばバラモン教(ヒンドゥー教)は外道ですよね?違うのですか?
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月9日
私自身の作成したモーメントはこちらです。 同性愛に関するカトリック教会の教え https://twitter.com/glorycatholic/status/825139070858702848
松吉信和 @N_Matsuyoshi 2017年2月9日
glory_of_church 違います。仏教にとってヒンドゥー教は同じことの別解釈ぐらいの認識です。そしてヒンドゥー教にとっても仏教は同じ関係です。カトリックの方々には理解しがたいでしょうが。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月9日
N_Matsuyoshi では、そういうことを言っている大乗仏教の論師と著作の参照箇所を挙げていただけますか。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月9日
N_Matsuyoshi そしてたとえば、シャンカラのようなバラモン教の師が仏教についてそういうことを言っている著作の参照箇所を挙げていただけますか。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月9日
N_Matsuyoshi そしてシャンカラは仏教説を著作の多数の箇所で批判しています。例えば『ウパデーシャ・サーハスリー』(岩波文庫)pp.263,266の解説を参照。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
一言言わせていただくと、遠藤が課題にした日本人であることとの矛盾とキリスト者であることの矛盾というのが、教会活動に熱心に参加している層の日本人キリスト者の多くにとっては、何をそんなにこだわっているのかまったく分からないことだということです。ちなみに、私も教会活動に熱心な層に属するので、遠藤の問題意識はよく分かりませんでした。そういう層は日本人であることとキリスト者であることに矛盾を感じにくいようです(遠藤がどの層に属していたかは知りませんが)。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
遠藤自身が、自分を主語にするのではなく、日本人を主語にし、西洋キリスト教の「神」概念は日本人には理解できないと言ってしまうのですが、これは日本人キリスト者の立場から言うとはっきり言って間違っています。神が理解しきれるものでないという意味では西洋においても理解されてはいないでしょうし、人間にできる神理解という意味なら、日本人信者はみな神を理解して信じています。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
それが西洋と同じであっても、別に西洋を通して神に至ることが唯一の道だと考える必要もなく、独自でないことに悩む必要もない。日本人的な信じ方であるからと言ってそれが間違っていない限り気に病む必要もない。遠藤が何を悩んでいたのかははっきり言って分からないわけです。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
『白い人・黄色い人』のカバーあらすじに、善悪を峻別しないことによる日本人の精神的悲惨云々という趣旨のことを書いてありましたが、この手の悲惨は、人間が原罪を負っている以上、隠すか、さらけ出すかの違いだけで、西洋人でも身に帯びています(自分が犯してしまう悪に対し「しかたない」という気持ちがどこかにあるという意味で)。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
で、この日本人キリスト者はそのこと自体になんらかの緊張があるわけではない、原罪を負った人間であることとキリスト者であることに緊張があるのだ、と理解している層にとっては、遠藤の「日本人でありキリスト者であることの矛盾」という問題意識が、それが本当に普遍的な問題なのか疑問に持たれないまま教会外の社会で、教会に対する外からの視点として共有されていくことに大きな違和感を覚えるということはあったろうと思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
遠藤のイエス像云々以前の根本的な問題は「日本とキリスト教」をどう扱うかなのでしょう。教会内の「主流派」にとって日本とキリスト教と矛盾は存在せず、存在する層があるならその層は司牧(教育)によって錯覚から脱する必要がある。いっぽう、遠藤文学は日本とキリスト教とに矛盾を見出している文学なわけですが、ここで考えたいのは、「主流派」にとって矛盾がないからと言って、この矛盾が本当に存在しないと言えるか。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
「主流派」にとって見えない層である、ミサには来るがそれ以上の教会活動をしていない沈黙層、普段教会離れしている層にとってこの矛盾は深刻なものではないか。そう考えるなら遠藤文学は日本とキリスト教に矛盾を感じる人々の文学であり、司牧(教育)ではこの矛盾はどうにもならないものとしてその人々には存在している、と考えることができます。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
これまでの教会にあり方では「主流派」に合流するよう司牧(教育)することが唯一の道だったわけで、おそらくそれは今も、今後も(本質的には)変わらないでしょうが、表現において教条をそのまま示し、教条の本質を理解していくという方法以外が模索されてもいい時期に至っているかもしれません。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
現地文化からはどうしても神とあがめるにふさわしい存在にはこういう属性がある、そうでなければリアルな神と受け取ることができないにも関わらず、それは神学における西洋優位が崩れて間がない(あるいは今でも崩れていない)状況では西洋の神理解ではくみ取られてこなかったという属性が、まさに現地文化との対話によって浮かび上がってくるかもしれません。『沈黙』で示されている「二重生活者の痛みを引き受ける神」「弱さのため神を裏切り続けて生きる者に踏みつけにされるためそこにいる神」という属性なのでしょう。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月9日
カトリック中央協議会や司教様方にもこのまとめについてご報告いたしました。 https://twitter.com/glorycatholic/status/829484359287648256
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
キリスト教にとって肝心なのはこのような神は「だから安心」というためにそこにあるものではなく、常に我々への問いかけであるということです。西洋はキリスト教がなじみすぎて(2000年もかけりゃなんでもなじむ)問いかけ、つまり不安を強いるものではなく心理的な安全装置の機能がでかくなりすぎている。浄土教が、お前は阿弥陀様にすべてをゆだねているかという絶えざる問いかけではなく、死ぬ前に南無阿弥陀仏と唱えりゃそれでいいという安全装置になってしまうように。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
矛盾を感じる日本のほうがキリスト教にとって恵まれた環境だといえるかもしれませんね。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
カトリック教会の栄光さんはカトリックの「主流派」、指導層による公式見解として文言をまとめではくりかえしていらっしゃるわけで、読む側、活用する側のさじ加減なしに全部丸呑みすると劇薬として作用する薬物のラベルを示してくださっているわけです。ただ、遠藤の見解も、そればかり食べていると体調を崩すような、栄養の偏った食材であるのは間違いないでしょう。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
そうなった時に、教会の指導層は、お薬をおさじで加減しながら処方するわけですが、まあ、薬剤師の腕前がいいこともあれば、悪いこともある。そういうことでしょうね。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
お薬のラベルは間違っていないので薬の選択は正しかった。しかし、さじ加減が間違っていた。ということはよくある話です。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年2月9日
自分の意見を再度表明するけど http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20111109/p3 のとおり。/宗教には「見なしの自由」がある。自らの教えが唯一の真理であり、他は異端邪説悪魔の教えと「見なし」て、なんの問題もない。なぜなら、実際に死んでみたら、それがホントかもしれないからだ(笑)。/だからこそ「証明不可能」とするしかない。唯一のルールは「物理攻撃禁止」だけ、でいい。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月9日
[c3461251] 奇跡の認定をする審問官はえらい厳しいという話は聞きますな。まあそれはともかくとして、奇跡を事実として、ナザレのイエスを救い主として信じているからこそ洗礼を受けるのでしょう。信じてない人は無理に受け入れる必要はないと思いますが。もっとも、教会には聖伝なりがあり、聖書に書いてることをそのままだと信じているわけでもないようですが。
無名の人 @YMumei 2017年2月9日
普通に受け入れがたいことが起きるから奇蹟と呼ばれる。人間の力では信じることができません。神様が信じさせて下さるから、信じることができる。というのがキリスト教から、浄土教(阿弥陀様に信じさせてもらう)まで通じる、他力系宗教の考え方、と言っていいでしょうか。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月9日
あくまでも「遠藤周作の思想はカトリックのクリスチャンとしては正しくない」という話が、なんでか「キリスト教徒は正しいのか」という話として論じられている感があるなあ。
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2017年2月9日
[c3461235] 『天皇のロザリオ』は戦後平和教育を受けた著者が自分が受けた教育を全肯定する為の願望小説だから・・・(特に上巻)(下巻は書いてるうちに自浄されて歴史小説になった感ある)
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月9日
[c3461251] 腐敗しない聖人の遺体について詳しくは次の著作を図書館にリクエストしていただければ幸いです。https://www.amazon.com/Incorruptibles-Incorruption-Bodies-Various-Catholic/dp/0895550660
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月9日
[c3461251] なお、ノーベル生理学賞受賞者アレクシス・カレルはルルドの奇跡を認めています。『ルルドへの旅 ノーベル賞受賞医が見た「奇跡の泉」』(中央公論新社)を図書館でリクエストしてご確認いただければ幸いです。
あんとに庵 @antonianjp 2017年2月9日
YMumei これね、海外に出ると途端に感じる時があるんですよ。欧州の人から何故日本人がキリスト教なんぞ信じている?と言われたり、挙句リベラルからは愚か者扱いされるという経験はありました。極東のアジア人なんぞに判るわけがないという蔑視があるという話も聞いたことがあります。遠藤は留学体験があるからどういう体験をしたかは判りませんが。
あんとに庵 @antonianjp 2017年2月9日
当時、日本でも、少数派の宗教を信じる遠藤が感じた葛藤というのはクリスチャンコミュニティを一歩出たらぶつかる問題でもあったと思うんですよ。インドなんかでも同じ事情で、神学では多元主義なんかが盛んに論じられた時代もあったわけで。
あんとに庵 @antonianjp 2017年2月9日
遠藤は、ヒックのような多元主義や、あるいは少し穏当なラーナーの包括主義、非神話化を提唱したブルトマンやシュライアマッハのごとき自由主義神学、史的イエス論などリベラルな神学が盛んに論じられた時代に生きた人でもありますから、その影響をかなり受けていたでしょうね。その辺りでローマ・カトリック教会が教義に採択していない「異端」という問題も含まれて来る。
あんとに庵 @antonianjp 2017年2月9日
第二バチカン公会議以降、『指環物語』の翻訳を現地の言葉で自由に置き換えろ的に、各国の典礼などを現地二馴染ませる、ローカルな事情に合わせるみたいな典礼改革も盛んに行われた時代もあったわけで、そういう流れの中で日本的なカトリックとはナニかというのも盛んに論じられていたと、丁度その辺りの時代の空気をなんとなく覚えています。
あんとに庵 @antonianjp 2017年2月9日
尤もそれが行き過ぎて、本質からそれているとしか思えない事情があちこちで起きて、ベネディクト16世が「君たち、ちと、本質に戻りませんかね?」とやっていましたねw
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月9日
[c3456792] 確認しておきますが、福音書の記述によれば主は聖ペトロの否認を予言し、聖ペトロは確かに主を否んだのですが、その後で「激しく泣いた」(マタイ26:75)のです。主も「否んでよい」とはおっしゃらなかった。ちなみに伝承ではその後聖ペトロは殉教したと伝えられています。   あなたのおっしゃりたいことが「転ばないようにせいぜい気をつけなさい」ということでしたら「はいそうします」とだけお答えしておきます。
あんとに庵 @antonianjp 2017年2月9日
あと遠藤の小説は、戦後文学として、カトリックの教義や教会史の枠に留まらず、戦中、戦後を体験した日本人の思想の喪失と再建というものも重なって来るから、単なるカトリック小説として読むとズレる部分もあると思うのですよ。
あんとに庵 @antonianjp 2017年2月9日
[c3461251] その辺りについて、現代の我々からすると確かに受け入れがたい部分であり、先述のブルトマンをはじめとした自由主義神学者などが、聖書に書かれた物語を非神話的に読み解く、奇跡や処女懐胎などを実存的に解釈するなど、20世紀から盛んに論じていたんですね。カトリック内でもそうした影響を受けた聖職は少なからずいます。尤もローマ・カトリックとしては、奇跡といった非科学的な現象は「ある」というのが公式見解ですね。
あんとに庵 @antonianjp 2017年2月9日
奇跡はあった方が面白くて楽しいじゃないか。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月9日
[c3461251] 18世紀のレデンプトール会士聖ジェラルド・マイエラは山の上へ飛んでいくところを町の人たちに目撃されています。 http://www.cssr.or.jp/maria_books.html
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月9日
[c3461251] 聖痕(キリストの受難時と同様の傷が奇跡的に現れること)の例について、福者アンナ・カタリナ・エンメリックの例。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月10日
[c3456417] カトリック教会が世界史に残した正の遺産についてよろしければ次を御覧ください。https://www.amazon.co.jp/Catholic-Church-Built-Western-Civilization/dp/1596983280
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月10日
[c3457360] 岩下壮一『カトリックの信仰』(ちくま学芸文庫)の教会論のところだけでも図書館で借りて読んでみて頂ければ幸いです。教会は神御自身によって設立された組織として、その使命遂行に必要な範囲で神からの誤ることのない導きを受けるのです。 …というのがカトリックの信仰です。「なんとなく汲んで代行している」という意識はまったくありません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月10日
[c3457935] このご意見は   「カトリック教会において地位のある者(たとえば大司教・教皇)の発言が、そのままカトリック教会が真と認めるものである」(A)   という命題に帰着するように思われます(違うのであれば御訂正ください)。   さて、この命題Aは、当のカトリック教会が採用しておらず、客観的な根拠もないものです。 歴史上、個人的見解において異端に陥った教皇や司教は多数存在しており、教理を学んだ普通のカトリック信徒は誰もがそのことを知っています。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月10日
命題Aを主張する方に対して「黙れ」と申し上げているのではないことにご注意ください。 単にそれがカトリック教会の見解ではなく、客観的に根拠もないということを指摘しているだけです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月10日
カトリック教会が不可謬である範囲・場合についてはカトリック百科事典の次の項目を御覧ください。教皇や司教が言うことなすことは何でも正しいという考えをカトリック教会は持っていないのです。 http://www.newadvent.org/cathen/07790a.htm
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月10日
教皇が異端に陥った歴史上の実例については次のモーメントで引用している記事を御覧ください。 https://twitter.com/i/moments/817148754537000960
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月10日
仮にここ教皇が現れて、「遠藤周作の言うとおり、もはや異端など現代では無意味だ。教会が過去において真理として宣言した教義は全て虚偽なのである」と言い出したとしましょう。正気を保っている正統的カトリック信徒は、この人間が言っていることを異端と判断し同意や服従を拒否するでしょう。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月10日
[c3459176] この御意見にも前掲命題Aについての指摘と同様のことが指摘できます。 「カトリック教会において知名度の高い著作家の見解が、そのままカトリック教会が真と認めるものである」(B)という命題を主張なさるのであれば(違うのであれば御訂正ください)、これは命題Aと同様、当のカトリック教会が採用するものではなく、客観的な根拠を持たないものです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月10日
[c3464785]「これがカトリック教会の教えです」とか、 「ある命題がカトリック教会の教えに合致する・合致しない」という意見や見解は、カトリック信徒は誰でも教会法上述べることが出来ます。平信徒を含む数多くの神学者・著作家は現にそうしています。
無名の人 @YMumei 2017年2月10日
antonianjp ご教示ありがとうございます。海外体験の有無を言われると、わたしはそれがないので、視点として抜け落ちているかもしれませんね。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月10日
[c3464793] その理屈が通って、個人はどこまでもいい加減なことを大量にどこまでも撒き散らせることができるのに、反論する側は団体の責任者しかできないのでは、あまりにも非対称でしょう。これが歴史や軍事に関係することならばソースを明示して専門家も専門外の人も反論できるのに、宗教団体ならばそうではない、というのは道理に合いません。団体の見解は明文化されて公開されているのに、それを引用して述べることも許されないのはおかしな話です
無名の人 @YMumei 2017年2月10日
「公式見解を字面通り適用する限り、こういう判断になる」という意味で「自分の見解を教団の正式見解として主張する」ことと、「公式見識のもとに個々のケースについて処断する」という意味で「自分の見解を教団の正式見解として主張する」こととは違うでしょうね。前者はだれでもできるが、後者は有資格者しかできない(有資格者以外が行っても効力を持たない)。
無名の人 @YMumei 2017年2月10日
処断に見える主張をすることは、手続き正当性がない限り、有資格者であっても処断にはならないし、無資格者がやるなら「公式見解を字面通り適用する限り、こういう判断になる」という意味で「自分の見解を教団の正式見解として主張する」ことに過ぎないでしょう。ただ、遠藤は正式な手続きにより、見解を異端として処断されたことはないようです。
無名の人 @YMumei 2017年2月10日
このような場合に、無資格者から「異端となるのが正式見解だ」と述べるなら、その意味は「手続きを経て公的に処断をされたことはないが、本来そうされるべきだ(そうされるべきだった)」という主張になるのでしょうかね。
無名の人 @YMumei 2017年2月10日
そこらへんは表現のグレーゾーンというやつですが、より誤解が少ない表現を用いるなら、「異端と公的に処断されたことはないが、教会法の条文からの逸脱や、伝統的見解からの逸脱として聖職者から指摘される要素が確認できる」と述べ、それを「異端的要素が濃い」ととるか、「異端ではないけど、独自性が強い」ととるかは、各人の自由に任せるというのが一番いいかもしれませんね。
オタ小児科医 @otapediatrician 2017年2月10日
このまとめを読んでから「沈黙」を再読してみた。覚えて無かったところも色々あって、まずはそのきっかけをいただいたことには感謝しておきたい。
オタ小児科医 @otapediatrician 2017年2月10日
「沈黙」ではロドリゴを通じて組織・集団としてのカトリック批判と同時に「キリストの教えと言うのはもっと懐の深いものだ」という筆者の願望みたいなものが込められているのかな、と自分は思った。だからまあカトリック教徒がこの思想を異端と評するのはむしろ自然なのかなと思う。
オタ小児科医 @otapediatrician 2017年2月10日
日本がキリストの教えの根を腐らす沼である…という話は、実際江戸時代当時にそういう感想を抱くことが可能だったかは計り知れないが、キリスト教徒でもなんでもない人たちが自宅にクリスマスツリー飾って何なら讃美歌の一つも歌おうかっていう現代の日本人を見れば、筆者はそういうのに思う処があったのかなあ、とか思うな。
オタ小児科医 @otapediatrician 2017年2月10日
遠藤周作については何も勉強していないのであくまでこれ一冊を読んだだけの解釈です。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月10日
[c3465708] 私の発言の中で引用された次の文書は、カトリック教会の公的文書です。『カトリック新教会法典』、『真理の輝き』等の教皇回勅、『紀元二千年の到来』などの使徒的書簡、『教理省宣言主イエス』『ニューエイジについてのキリスト教的考察』等の教皇庁文書、第二バチカン公会議「教会憲章」。これらはカトリック教会の公的文書です。『カトリックの信仰(倫理篇)』など司教認可済みの著作に含まれる命題も、カトリック教会の司教が認めたものです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月10日
[c3465708] 私の発言の前掲諸文書の引用以外の部分は、これらの文書のような公文書ではありませんが、それらを論理的に適用したり、参考文献を追加したりしたものです。例えば、教会法に異端処罰規定がある以上、「現代において異端は無意味」という遠藤周作の主張は、解釈の余地なくカトリック教会の教えに反しているわけです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月11日
[c3465708] また例えば、イエスがヨハネ福音書二章の奇跡を実際に行ったか否かはイエスかノーかの答えしかなく、解釈の余地はないわけです。そして第二バチカン公会議「教会憲章」が、イエスはヨハネ福音書二章の奇跡を実際に行ったと述べている以上、「イエスには奇跡を行なう能力はなかった」という遠藤周作の主張は、解釈の余地なくカトリック教会の教えに反するということになります。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月11日
[c3466202] イスラーム教徒は背教者・異端者・離教者のいずれにも該当しません。教会法751条の定義を確認してください。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月11日
[c3466363] 私の場合は「たぶんこういう見解になるんだろうな」ではなく、「あきらかにこういう結論を出さざるを得ない」と考えて発言しております。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月11日
「こういうことはしてはいけないよ」ということが明文化化されてなければ、一般信徒が自分がおかしなことをしているかどうかの判断がつけられないので、それが異端的な振る舞いかどうかをいちいち権威者に聞かなければならないということになる。そんなこと、あるわけないじゃないですか。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月11日
[c3466706] カトリック教会はアルビ派を異端と判断することはします。異端者の処遇は世俗権力がやることです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月11日
[c3467280] インノケンティウス三世の書簡には、アルビ派を異端であるゆえに殺害せよとは書かれていません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月11日
アルビ派が、世俗権力に対する叛徒である限りにおいて世俗権力によって処罰されても、それは世俗権力の管轄事項です。その処罰が適切であるかどうかは、また別の問題です。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月11日
まあ、中世近世の世界では世界のどこだろうと略奪とか虐殺はデフォルトで起きてたしねえ。ことさらに十字軍のことを取り上げるのはどうなんだろうと思う。同時代の日本でも寺同士で喧嘩して焼き討ちだのをしているし。そういう時代だったといえばそれまでの話。当時、民衆に道徳的にも範を示すべき宗教の関係者がそんなことに関わったというのは反省すべきことだろうけどさ
無名の人 @YMumei 2017年2月11日
そこんとこのグレーゾーンなので、遠藤は解釈次第で異端にもなるし、今のカトリックに重要な問題提起をしているということにもなるでしょう。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月11日
YMumei 何やら転生とか信じていた風ではありますが、ここらは明確に異端ではなかろうかと。
無名の人 @YMumei 2017年2月11日
SagamiNoriaki 転生を信じていたというのが本当なら、そこは確かに異端という判断を避けようがないかな。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月11日
[c3467883] んー。別に報告してるだけで、何か処罰してくれとかどうこうの話もしてねえですし、それはただの勘ぐりじゃないですかねえ。そもそも平信徒が異端言説をとってるからって何か重要なペナルティが生じる時代でもなし
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月11日
いや、異端処罰規定はあるのか…非信徒の身からしたらアレだけど、信徒にはキツいな…。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月11日
[c3467903] そういう不届きな罪を犯した人間は事実だけど、教会が「そうしろ」と命じたわけではない…というのは、ちょっと見て無責任な言説に思えるかもしれんけど、教会が命じて虐殺した、という誤解をしている人にはそういう他はないと思われ。まあ時代的にそんなことしたらよくねーことが起きるのは予測できただろう範疇ではあろうけど。その時代では、だいたたい何処のち方でも虐殺略奪はデフォだったしね…
がち @gachikibou 2017年2月11日
[c3467912] この点にも同意いたします。中世から近世の本邦の寺院勢力は有名な延暦寺をはじめ、あまり他国や他宗教のことをどうこう言えるレベルではないけれど、かといってあの時代僧兵なくては寺院を守ることはかなわなかったでしょう。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月11日
[c3468341] 十字軍は元々はイスラーム側からの攻撃に対する防衛活動です。ロドニー・スターク『十字軍とイスラーム世界』(新教出版社)を参照してください。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月11日
[c3468341] そんな「私たちの手はいつもきれいでした」みたいなこと、ここの人書いてたかな?貼られたリンク先の文章、アルビオン十字軍の結果からこういうのよくないという反省がされた旨が書かれているのですが…
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月11日
(しかしなんで遠藤周作先生の作品のカトリックからの評価として異端だ、というまとめのコメ欄に、十字軍だのについての書き込みくるのだろうか…異教徒は異端じゃねーし…)
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月11日
[c3468527] そら最初から悪意をもって読んでるからじゃねーかと思いますが。そもそも近現代の話なのに古代中世の話を持ち込むのもどうかと思いますが。当時の教会がやったことについて聞かれたら、端的にああ答える他はないんじゃないかなあ。よもや、カトリック教会は虐殺を扇動した過去があり、私もその組織に所属する者の一人としてそのようなことが今後ないように努めたいと考えております、とか言ってほしかったわけでもなし
MarineGuards @ryu_halfspin 2017年2月11日
まとめ主の方とのやりとりで、「キリスト教とは何か」の基準と、「カトリックとは何か」「カトリックから見た異端とは何か」の基準が異なるという話を伺いました。異端であってもキリスト教ではありえるとのことでした。この基準がよく分からないので、詳しい方はご説明いただけるでしょうか。
無名の人 @YMumei 2017年2月11日
いやー、生きた現実だから、大まかな基準はあっても、細かいところは常に流動的です。
新CMTC @MontyGlycon1 2017年2月11日
キリスト教としての定義(三位一体論や復活、聖書正典のおおよその重複具合)を満たしていれば、一応「キリスト教」と呼称する事はできるが、「真の」または「完全な」という形容詞のつく「キリスト教」は一つ。秘蹟やローマ教皇などが存在していて、使徒の後継である(と当事者により認識される)カトリックのそれのみ、ということではないでしょうか。
MarineGuards @ryu_halfspin 2017年2月11日
MontyGlycon1 ありがとうございます。その辺りの基準は、プロテスタントが誕生した時も同じだったのでしょうか?つまり、プロテスタントが登場した時には、異端扱いされたのはもちろん、キリスト教でもないと(カトリックからは)認識されていたのではないでしょうか?
MarineGuards @ryu_halfspin 2017年2月11日
さらにいうと、アリウス派は当時どう思われていたのでしょうか。異端とされましたが、キリスト教でもないとみなされたのでしょうか。
あんとに庵 @antonianjp 2017年2月11日
ryu_halfspin プロテスタントはカトリックギョーカイ用語である「聖体の秘跡」に関して異なる見解を持っていたのでローマカトリック側からは「異端」とされましたが、クレド(使徒信条)はほぼ同一なのでキリスト教の分類となっていたでしょうね。
あんとに庵 @antonianjp 2017年2月11日
ryu_halfspin アリウス派は4世紀(古っ!!!)に異端認定されていたんで。でもキリストを信じるということでキリスト教分類になりますね。ただ、キリスト教認定というと広義のと狭義のとあるので、コンスタンチノープル信条を同じくするとか、いやもうキリスト信じてるから一応キリスト教じゃね?などまで、色々ですね。
がち @gachikibou 2017年2月11日
glory_of_church 著書の紹介はどうでもよいので、 [c3467549] こちらの質問についてはどうお考えでしょうか?「カトリックの正統」の見解をお聞きしたいのですが。
がち @gachikibou 2017年2月11日
[c3468963] おっしゃる通り、ふつうはそこまで言わないと思うのですが、こちらのまとめ主の見解をお聞きしたいと思いまして。今のところ「異端認定しただけで判断し手を下したのは世俗権力」という見解以上のことは示されていないと私は思うのですが。
がち @gachikibou 2017年2月11日
gachikibou 「著書」ではなく「著作」の間違いだったので訂正いたします。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月11日
[c3467549] 「教会の息子たちや娘たちが悔い改めの精神によって振り返らなければならない、もう一つの痛ましい歴史の一章は、何世紀にもわたって、真理の奉仕に際しての不寛容、さらには暴力の行使を黙認してきたことです。…これほど大勢の教会の息子たちや娘たちの弱さについて、遺憾の意を表明する義務から免れることはできません。」と聖ヨハネ・パウロ二世は使徒的書簡『紀元2000年の到来』35で述べています。https://www.cbcj.catholic.jp/publish/kigen2000/
がち @gachikibou 2017年2月11日
glory_of_church その小冊子は私も知り合いのカトリックから譲ってもらい、何度か読んでおります(ヨハネ・パウロ二世は私にとっては尊敬できる人物です)が、あなたの引用した箇所は今回の私の問に対する答えになっていません。。
がち @gachikibou 2017年2月11日
glory_of_church 繰り返しの問で恐縮ですが、「異端者の処遇は世俗権力がやること」というあなたの発言 glory_of_church は「異端認定は教会がするが、判断し手を下すのは世俗権力のやること」という意味なのか、それともそうではないのか。この点について、まずは「はい(そのとおり)」か「いいえ(おまえの解釈は間違っている)」でお答えいただけると思うのですが。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月11日
gachikibou それはそのとおりです。既に述べたように、教会はある人物を異端であると判定することはします。異端者を世俗権力がどのように処遇するかは、世俗権力の管轄事項です。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月11日
[c3468675] すみません。書いてもないことを読み取って批判しているので、なんらかの悪意の存在を勝手に感じとってしまいました。言葉にしていないことをあれこれいうことはよろしくないですね。失礼。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月11日
[c3468980] そもそもなんでここでアルビジョア十字軍の話がでてくるのがようわからんのですがね。その時々に世俗の権力に取り込まれてよろしくないことしでかす聖職者の存在はまとめ主も認めているし、じゃあ教会が総意としてその時に何したのかと問われたら、教会はこう求めた。権力はこうした。聖職者たちはこんなことをした、というしかないのではないかと。ああ、最後のはまとめ主の人はいってなかったですか
MarineGuards @ryu_halfspin 2017年2月12日
antonianjp ありがとうございます。アリウス派を取り上げたのは三位一体論を信じるかがキリスト教の基準の一つというコメントを頂いたからです。アリウス派(現代ならユニテリアンでしょうか)をキリスト教の一種と認めるのであれば、必ずしもこの基準は普遍的ではないことになります。
MarineGuards @ryu_halfspin 2017年2月12日
結局のところ、キリスト教の基準も異端の基準も、歴史的には変動してきたのであり、遠藤周作の「異端とか異教徒という言葉は、今では無意味」という言葉も、今はともかく将来そうなる可能性は否定できないのではと思うのですが、まとめ主さんはどう思われているのでしょうか。
あんとに庵 @antonianjp 2017年2月12日
ryu_halfspin んですね。東西キリスト教諸派の交流を目的としたエキュメニズムという観点からはニケア公会議辺りを共有する狭義の「キリスト教」が適用されるけど、キリスト教自体は新約時代から現代にいたるまで様々な教派を産んでいますもんねぇ。メインラインからの視点からはアリウス派は(或いはユニテリアンも)「キリスト教の異端」という解釈が共有されると思いますが、広義なら(嫌がる人もいるだろうが)独自の聖典を持ち、独特の解釈をするエホバさんまでキリスト教の範疇に入るでしょうね。
あんとに庵 @antonianjp 2017年2月12日
いや、しかし、耶蘇世界もめんどくさいことになってて、正直、大雑把に生きたいですなぁ。。。使徒言行録の時代からめんどくさいことになってたから宿命なんだろうけど。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月12日
[c3469213] ですから、既に引用した聖ヨハネ・パウロ二世の言葉が、教皇インノケンティウス三世にも適用される理論的可能性はあると思います。ただ、私の知る限り、カトリック教会がこの問題についてどう判断するかを公式に表明した文書はありません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月12日
私の個人的な判断はそれとはまた別問題になります。教会が今後なす判断には服しますが、現在までに知られている事実によって、個人的な判断を述べれば、例えば1209年のベジエの虐殺について、教皇インノケンティウス三世に責任はありません。彼がこのような虐殺を指示したという事実はないからです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月12日
glory_of_church で既に挙げた資料で概説されているように、異端審問や十字軍の問題は、「何でもカトリック教会が悪い」と最初から決めてかかっていらっしゃるアンチ・カトリックの方々が考えているほど歴史的事実は単純ではありません。glory_of_churchなど、そのことを明示する最近の研究は大量に存在します。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月12日
アンチ・カトリックの方々が抱いている偏見は、主にプロテスタントの通俗歴史家達が捏造して拡散してきたプロパガンダを信じ込んでいることから生じています。その実態は例えば次のような研究書で明らかにされています。http://www.goodreads.com/book/show/413443.Inquisition
新CMTC @MontyGlycon1 2017年2月12日
http://www.cnsnews.com/news/article/michael-w-chapman/st-pope-john-paul-ii-pope-benedict-gay-marriage-clear-and-emphatic しかし、先代教皇、先々代教皇としては世俗法としての同性婚の成立にも信徒に協力してほしくない。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月12日
[c3470604] 当然ながら宗教的義務が優先します。「人よりも神に従わなければなりません。」(使徒行伝5:29) [c3470690] 個人で勝手なことをやっている人間が現にいるということは、それが罪ではないということを意味しません。教皇自身ですら、教会の不可謬の教義を否むならば異端です。これらのことを正しく理解していただくために岩下壮一『カトリックの信仰』(ちくま学芸文庫)を参照していただければ幸いです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月12日
ryu_halfspin 既に申し上げたように教会の不可謬の決定が覆るということはありえないのです。そもそもカトリック教会は教義的決定によって神が啓示された真理を変更したり新たに作ったりしているわけではないのです。神が啓示された真理を変更する権限は教会にはありません。教会はそれを教えるだけです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月12日
ryu_halfspin 問題にされた様々な「キリスト教」の定義はカトリック教会の教義的決定ではなく、それぞれの論者によって便宜的に決められたものですから、そのような「定義」が論者によって変わるとしても、教会の不可謬の教義の変更不能性の反証にはなりません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月12日
「これは決して以前に存在しなかった信仰ができたのではない。教会は異端に対して自己の立場を闡明する必要上、使徒伝来の信仰を、同じく使徒より継承せる教権により、誤解のないように、権威をもって、より精密に定義したに過ぎない。」(岩下壮一『カトリックの信仰』第二章「三位一体」)
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
例えば、教会を、一つの社会としまして、教義を民主主義、国体などの、その社会を支える根本のイデオロギーとします。そうすると、民主主義、国体と言ったものからは場合によっては相矛盾する結論が出るわけです(「民主主義を守るために移民を受け入れ、民主主義を学ばせよ」、「民主主義を守るため民主主義の理念を理解せざる移民は排斥せよ」)が、どちらもそれを理念に基づいて語る。
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
公権力というものはその社会にもありますが、公権力は根本のイデオロギーの決定者ではなく、それに仕える存在に過ぎない。それと同じではありませんか。
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
そして、たとえば戦争や、ジェノサイド、植民地支配、奴隷売買の許容などが過去にその社会がなした罪としてあるにしても、「それは真の民主主義・真の国体ではなかった。その時、我々はそれと知らず」あるいは「理念を言い訳にして、理念を裏切っていた」と、自らを裁きつつ言うことができるでしょう。それと同じではありませんか。真の教会とは、この理念なのです。
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
真の民主主義社会、あるいは真の国体が、現実の社会ではなく、理念であるように。
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
ちなみにわたしは、こちらの試みは、教皇様の御心の実践であると思います。http://toyokeizai.net/articles/-/40591?page=2
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
「クリスチャン全員が善人で寛容なわけではない。現実を理解していれば、他人に必要以上に影響されずに済むから」という言葉は大事ですね。>http://toyokeizai.net/articles/-/40591?page=3
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
本日の第一朗読より「その意志さえあれば、お前は掟を守り、しかも快く忠実にそれを行うことができる」「人間の前には、生と死が置かれている。望んで選んだ道が、彼に与えられる」「主は、不信仰であれと命じたことはなく、罪を犯すことを、許されたこともなかった」(シラ書15・15、17、20)。
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
本日の第二朗読より「わたしたちが語るのは、隠されていた、神秘としての神の知恵であり、神がわたしたちに栄光を与えるために、世界の始まる前から定めておられたものです。この世の支配者たちはだれ一人、この知恵を理解しませんでした」「わたしたちは、神が”霊”によってそのことを明らかに示してくださいました。”霊”は一切のことを、神の深みさえも究めます」(一コリント2・7-8、10)
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
本日の福音朗読より「わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである」「あなたがたも聞いているとおり、昔の人は『殺すな。人を殺した者は裁きを受ける』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける」(マタイ5・17、21-22)
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
「あなたがたも聞いているとおり、『姦淫するな』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである」「また、あなたがたも聞いているとおり、昔の人は、『偽りの誓いを立てるな。主に対して誓ったことは、必ず果たせ』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。一切誓いを立ててはならない」(マタイ5・27-28、33-34)
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
「あなたがたは、『然り、然り』『否、否』と言いなさい。それ以上のことは、悪い者から出るのである」(マタイ5・37)
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
文字は殺し、霊は生かす。肝心なのは掟の文言ではなく、掟の精神であり、掟を通して語りかけてくる霊です。一人一人の人間は、誓いをもって掟について断言することができません。ただ、霊のもとに、そうだ、ちがうと言えるのみです。
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
社会は歴史的経緯によるそれ自体の癖を持っています。西方キリスト教社会の場合、古代のキリスト教公認→国教化以後ずっとキリスト教が本流の社会であり、東方キリスト教社会のようにオスマン朝の征服により殉教せず教えを伝えるという生き方を社会全体が経験した社会とは違うわけです。また、旧東ローマの知的レベルが一流から超一流とすると、移住しそこない取り残された田舎者ばかりでゲルマン人の支配下にも落ちた旧西ローマは二流以下、よくて一流半(教養の点だけの話であり、霊性の話ではありません)
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
歴史学者の言で、東ローマのキリスト教は思索的だが、西ローマは正統とされる文言があり、その繰り返しが中心になっていたという趣旨の記述を読んだことがあります。そういったことが淵源となって、古代そのままの形ではないにせよ現代でも西方キリスト教社会の癖を形成しているということはあるでしょう。
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
いい癖は残すべきだが、悪い癖は改めるという責任を、今、キリスト教社会に生きる我々は追っています。そして、その意味で、過去の責任を認めることは、キリスト教社会の過ちを認めることではあっても、キリスト教が過っていたと認める、という教義的にどう考えてもアウト(キリスト教が過っている=教義が誤っているということは教義の定義上絶対にない)の行為にはならないと思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
以上、長々と失礼いたしました。
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年2月12日
「文字は殺し、霊は生かす。」いい言葉ですね。どこぞの文豪が確か、文字にした途端に死んでしまうのだ、というような事を話していた事を思い出します。寓話というのは、箇条書きとかとは違い、解釈に大きな幅が出来てしまう伝達手段ですが、多くの経典がまさにその形式を採用している辺りを考えると興味深いです。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月12日
ryu_halfspin まとめ主ではありませんが…そこらの定義が仮に百年後千年後に変化することがあるとしても、遠藤周作先生が述べた時、そして今もなお変わらないのならば、今、ここのそれで論ずるものなんじゃないですかね…例えばサッカーで、五年後にはルールが変わってるかもしれないからフォワードはボール抱えて走っても問題ない、とか、そんな話は通らないでしょう。
MarineGuards @ryu_halfspin 2017年2月12日
SagamiNoriaki そもそも定義は存在するのかと質問しています。サッカーのルールには公式の定義があります。しかしそのような定義がカトリックに存在しないのであれば、結局何がキリスト教なのかの基準は相対的なものにすぎなくなります。「異端とか異教徒という言葉は、今では無意味」という言葉にも蓋然性が出てくるでしょう。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月12日
しかし妙な話だなあ。何が信徒としてやったらいけないのかは明文化され、その気になったら信徒でなくとも知れるし、解釈が必要なほど微妙なものでもない。それらを示して『沈黙』はカトリック的な考え方とは違います、ということは、例えば、野球でいえばナガシマさんがなんか変なこと言ってるけど、ルールブックにそれダメってちゃんと書いてるし過去に審判に批判されてもいるよ、と示しているのと大差はないと思うのだが…
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月12日
ryu_halfspin 私には「問題にされた様々な「キリスト教」の定義はカトリック教会の教義的決定ではなく、それぞれの論者によって便宜的に決められたもの」という言葉を取り違えているようにしか見えませんが…定義が存在しないのに千年も論争したり異端審問がされたりと考えられる方が私には不思議です。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月12日
[c3471902] 教会公文書、例えば第二バチカン公会議「エキュメ二ズムに関する教令」において用いられている「キリスト教」という単語は、「歴史の過程においてカトリック教会から分離したが、イエス・キリストを神と認める全ての諸宗派」という意味で使われていると思いますが、文書自体においては定義は明示されていません。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月12日
(…このまとめの最初に教会法とか教理省宣言とかが引用されているのは、定義ともなんも関係ないただのまとめ主の創作文章とか思ってたのだろうか…?)
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017年2月12日
おっと、それは知らなかった。私もいい加減だのう。https://togetter.com/li/1078418#c3472129
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
カトリック教会とは外延的にはイエスが人々に呼びかけることから出発した集団が歴史的にいくつかのグループに分かれたうちの一つであり、組織論的にはローマ司教の首位権に服する使徒継承教会ということになります。教義としてはニケア=コンスタンティノープル信条(フィリオクエ付き)および西方の公会議で決定されてきた「聖母の無原罪の御宿り」「聖母の被昇天」「教皇の不可謬」等を信じています。で、合ってますかね、皆さん?
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
三位一体の神秘、受肉の神秘(キリストという1つのペルソナにおいて神性と人性という2つが「混ざらず、変わらず、分かれず、離れず」にあること)も教義ですね。
MarineGuards @ryu_halfspin 2017年2月12日
SagamiNoriaki 「それぞれの論者によって便宜的に決められたもの」ではない公的な定義があるのか、と質問しているんですが・・・。繰り返しになりますが、そうした定義が存在しないのであれば、何がキリスト教かの最大公約数的な見解は時代と共に変化する(例えばアリウス派の位置付けなど)と考えられ、したがって「異端とか異教徒という言葉は、今では無意味」と言うことも可能であろうと言っています。
MarineGuards @ryu_halfspin 2017年2月12日
glory_of_church ご回答ありがとうございました。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月12日
「カトリック教会および、カトリック教会から分離したがイエス・キリストを神と認める全ての諸教派」ですね。
無名の人 @YMumei 2017年2月12日
異端という概念を鮮明にするために例を挙げるなら、キリストを被造物である劣位の神と考えるアリウス派は三位一体に反するので異端、ネストリウスはキリストにおける神性と人性を「分かれ、離れ」たものとしてとらえたので異端、キリスト仮現説は神が受難するわけがないと考え受肉の神秘そのものを認めないので異端、復古カトリック教会は「教皇の不可謬」を認めないので異端、といったところでしょうかな。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
[c3472363] 私の発言の意図としてお答えしますが、世俗権力が行う異端者の処遇について責任を持つのは世俗権力です。教会ではありません。 [c3472372] 同じく私の発言の意図としてお答えしますが、「教会の息子たち娘たち」には、教皇インノケンティウス三世が含まれる理論的可能性はある、と考えます。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
異端審問や十字軍などについての参考書をまとめました。 よろしければ御覧ください。 https://twitter.com/glorycatholic/status/830970605818179584
naruto,tousen @narutousen 2017年2月13日
【遠藤周作は『沈黙』で、踏み絵を「踏むがいい」(新潮文庫版p.268)とキリストに語らせています。これは内在的に邪悪な行為の正当化であって、マタイによる福音書第十章などに示されているキリストの教えとは全く異なります】これが本当に神の言葉なら何故遠藤周作はこの小説の題名を『沈黙』としたのか? カトリック教会の栄光氏の解釈が正しいならば神は沈黙してませんよね?
naruto,tousen @narutousen 2017年2月13日
【「イエスはこの最初のしるしをガリラヤのカナで行い、その栄光を現された。そして弟子たちはイエスを信じた。」(『ヨハネによる福音書』第二章) 】弟子たちでさえ奇跡の後でイエスを信じたのに、奇跡を見たことのない極東の住民が無意識に聞いた自分の中の言葉を、単に【内在的に邪悪な行為の正当化】で切り捨てることが本当に正しいのでしょうか?
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
[c3473319] ベルメルシュについては、日本に残って裁判を受けるべきであったと考えています。
無名の人 @YMumei 2017年2月13日
民主主義というものであっても、「特権抜きなら貴族ってのもありじゃね」という人から「貴族を認めることはどんな意味であれ民主主義に反するものであり、許容する者は民主主義社会を裏切っている」という人まで幅があると思います。どちらの主張にも本人なりの根拠がある。願わくば、どこの社会にもいろんな人がいるということをお互いに認め合っていけますように。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
ベルメルシュが裁判を受けるべきであったように、遠藤の危険な思想も、カトリック教会の正統的な教えに照らして、判断されるべきなのです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
[c3473324] マタイによる福音書第十三章二十九節では「毒麦を抜こうとして、良い麦までも一種に抜いてしまうかもしれない。」とあります。良い麦まで一緒に抜く恐れがない場合には、この命令は適用されないのです。聖トマス・アクィナス『神学大全』第二ー二部第六十四問題第二項を参照してください。創文社版邦訳第十八巻p.162です。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
[c3473715] マタイ7:1「裁くな」によって命じられているのは、あらゆる判断や批判を止めよということではありません。どのような意図でなされたか疑わしいことは、善意に解釈せよということです。聖アウグスティヌス『主の山上のことば』第十八章五十九節参照。http://www.newadvent.org/fathers/16012.htm
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
[c3473715] 「裁くな」という言葉によって、他人の批判を止めよということが意味されているとあなたが主張するのであれば、私を批判することによって、あなた自身がその命令違反をしていることになります。
無名の人 @YMumei 2017年2月13日
もちろん、アウトというところまで正統から逸らした解釈をすることもできるので、こういう言い方自体が、異端に陥る危険をもたらすということはできるかもしれませんが。
新CMTC @MontyGlycon1 2017年2月13日
[c3474224] もともと(自身が)神であると認識する対象に対して「神格化した」という語を使う例って他にどのテキストで見られますか?
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
[c3474536] アフィリエイトはやっておりません。悪質な反カトリック・プロパガンダを撲滅すべく、良書を紹介しているだけです。
あしじ @adoramus_te 2017年2月13日
異端を広めてる小説家がいて、それに反論したら「嫉妬」って、アホかお前って話ですよ。いろんな本を持ち出してくるのも、他人の言葉を借りてるんじゃなくてエビデンスを示してるだけだと思う。こういう目に見えない事柄に関してはなおさら、根拠を示さなければただの独りよがりのイタコ芸になってしまう。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
[c3474210] あなたは私が「他者を裁いている」と繰り返し主張してますよね?つまり、マタイ7:1の命令に違反している、と。違うのですか?
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
[c3474661] 嫉妬しているというのは誰の話でしょう。私は遠藤周作に対して嫉妬の一片も持ち合わせておりません。遠藤周作の異端思想を批判するのは、人々を救うためであり、それ以外の動機はありません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
[c3474804] バルバロ神父様あるいはデルコル神父様あるいは他のいずれかの神父様が、遠藤周作に対する嫉妬から、批判をおこなったと、あなたは主張するのですね?
無名の人 @YMumei 2017年2月13日
[c3474817] あえて表面だけなぞった表現であり、本質的な表現ではないわけですが。
無名の人 @YMumei 2017年2月13日
MontyGlycon1 もともと(自身が)神であると認識する対象に対して「神格化した」という語を使う例というのは、おそらくないでしょうね。
無名の人 @YMumei 2017年2月13日
まあ、嫉妬に基づくから批判が間違っているとも言えないし、嫉妬はそれ自体正しいとは決して言えないということもあります。
無名の人 @YMumei 2017年2月13日
MontyGlycon1 あえて表面だけなぞった表現を作家がするか、というところは確かに私の主張の弱点かもしれませんね。そもそも、一方的な私の思い入れです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
いずれかの神父様の遠藤周作批判が、嫉妬に基づくものである、と主張することは、善意に解釈し得る内心の意向を悪意に解釈することで、まさしくマタイ7:1違反の典型例です。既に挙げた聖アウグスティヌスの著作を参照してください。 glory_of_church
がち @gachikibou 2017年2月13日
glory_of_church 一部微妙なところはありますが、意図は承知いたしました。ありがとうございました。
がち @gachikibou 2017年2月13日
というか、わたしのよりも面白い突っ込みが入っているのでそっちを追おう。
無名の人 @YMumei 2017年2月13日
現実の教会にはいろんな人がいて、教条的な人は、扱いに困ることは多いですが、それでも現実の教会活動でその人がいなければ回らないような役目を果たしてくれることがあります。たいていの場合、リーダーではなく、職人仕事の位置になりますが。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
[c3474879] 発言の外形が通常意味し得ることを解釈してもそれは内心の意向を裁いたことにはなりません。外形的に現れていることを判断しているに過ぎません。
無名の人 @YMumei 2017年2月13日
教条には教条の良さがあるので、教条的であることでカバーしきれないことを教条的な人や事柄に求めて教条的であることを批判するのはそれはそれで、扱い方を間違っているような気がします。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月13日
これに対して、遠藤周作の異端思想の批判は、(1)人々を救おうという善意からなされる(2)嫉妬という悪意からなされる、のいずれであるかは、批判の外形から確定的に判断できることではありません。そのようなものを(2)であると決めつけることが、まさにマタイ7:1で禁じられている「裁き」なのです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
「狭き門より入れ。滅びへの門は広く、そこへ通じる道は広々として、そこへ入る者は多い。しかし、命への門は狭く、そこに通じる道は細くて、それを見つける者は少ない。」(マタイによる福音書7:13) 数的に多い意見が必ずしも正しいわけではありません。皆さん、滅びに至る広い道をどうか避けてください。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
「末の世になると、ある人々は、惑わす霊と、悪魔の教えに心を奪われて、信仰を捨てることになるでしょう。この人々は、良心に悪魔の焼き印を押された、偽りを語る人々の偽善に惑わされたのです。」(聖パウロ「テモテへの第一の手紙」4:1)偽りに騙されてはなりません。私が信用できないのであれば、御自身で『カトリック教会のカテキズム』などカトリック教会の公文書を御確認下さい。そして、それが受け入れられないのであれば、それは御自身の責任です。
無名の人 @YMumei 2017年2月14日
教条に従うなら異端だと判断する人たちもいて、たしかに文言通りにはそうだ。しかし、根幹での一致という点では意見が分かれる、というのが一番妥当な線ではないでしょうか。
無名の人 @YMumei 2017年2月14日
だから、教条に従い異端だという(あくまで一意見としてですが)人がいてもいいし、根幹での一致を見出し(これが正しいかどうかは分かりません)異端じゃないという人がいてもいいと思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月14日
もちろん、それらの意見に対する好き嫌い、正否の評価があるのもいいと思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月14日
ただ、ここで話されていることはすべて一意見に過ぎないということ、教会が公的に異端断罪した過去の誰かについて話す場合ですら、あれは異端じゃないと思うと一意見として表明し、論じ合うことは各人の自由であること、公的に断罪されたわけではない遠藤の場合にはそれこそ異端と述べるも、異端でないと述べるも、一意見に過ぎず自由だということを踏まえておきたいと思います(神の前には一意見など存在せず、すべてが裁きの対象であるという考え方もありますが)。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
「人の子が来る時、地上に信仰が見られるであろうか」(ルカによる福音書18:8)など、多くの人が終末の時代に正統信仰を拒絶するであろうことは、聖書でも諸聖人への私的啓示でも多数予告されています。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
YMumei 例えば「アリウスは異端ではないと思う」という意見を述べることは、アリウス主義を排斥したニケア公会議の決定を受け入れない、ということを意味するので、カトリック信徒にはできません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
YMumei 「「異端という言葉は現代では無意味」という遠藤の主張は、異端ではないと思う」という意見を述べることは、種々の異端を排斥したカトリック教会の教義的諸決定全ては無意味で、受け入れられない、ということを意味するので、カトリック信徒にはできません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
narutousen 遠藤周作が現にイエスにそのように語らせているのは当該箇所を見れば御自身で確認できます。そのことが小説の題名と矛盾するのではないかとの御指摘は遠藤の小説自体の問題であって、私の主張とは無関係です。私は小説中で表明されている思想を客観的に検討しているだけです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
narutousen 「奇跡を見たことのない極東の住民」とは、誰のことをおっしゃっているのでしょうか。「踏むがいい」と」いう声を聴いたと『沈黙』p. 268で描写されているロドリゴのことでしょうか。彼は宣教師であって日本人ではありません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
narutousen それはともかくとして、まとめで御説明したように、棄教することはもちろん、外形的に棄教の素振りをすることも、内在的に邪悪な行為である、というのがカトリックの正統的な倫理神学の教えです。踏み絵を「形だけ」踏む、というのは、まさしく後者に該当しますから、それを「やってよい」というのはまさしく内在的に邪悪な行為の正当化にほかなりません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
narutousen そしてやはりまとめで御説明したように、内在的に邪悪な行為は、善意によって正当化されないのです。善が生じるように悪を行なうことはゆるされないのです。これがカトリック倫理神学の正統的な教えであり、教皇聖ヨハネ・パウロ二世回勅『真理の輝き』(カトリック中央協議会)でも確認されている教えなのです。疑わしいのであれば御自身の目で当該文書を御覧ください。
無名の人 @YMumei 2017年2月14日
glory_of_church 時のしるしというものを考えた場合、「今」どうするか、ということですが、とはいえ、是々非々を論じる視点はそれが必要になった時に取り出せるようにしておく必要はあるので、全体に影響を及ぼすかどうかは別にして是々非々に忠実であるという霊性は常に存在させておく必要があると思います。ただ、時宜というものを考えたときに、別の霊性を持った神のしもべがしようとしていることを邪魔しないように、足を引っ張らせないように配慮する必要はあろうかと思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月14日
霊性は一通りではありません。一つの霊性の持ち主の方が(実際に教会内で経験するのですが)自分のタイプ以外の霊性があることを頭では分かっていても、実際の言動で認めることができないということは起こりますが。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
[c3475020] キリスト者と自称される方が「他人を裁く」という言葉を使えば、マタイ7:1「裁くな」のことが言われている、と解釈するのはごく自然なことです。外形的に根拠がある判断を下しても、それはマタイ7:1の「裁き」にはあたりません。たとえば、「馬鹿」という言葉を使えば、侮辱していると解釈するのはごく自然なことで、外形的に根拠があることですから「裁き」にはなりません。
無名の人 @YMumei 2017年2月14日
ただ、自分でも反省する必要があるなと思うのは、視野が広い人というのはいろんなことに寛容ですが、視野の狭さにだけはいきなり不寛容になることが多い。狭い視野には狭いなりの意味があり、良さ、価値、存在意義があるので、やはり、そこは尊敬の念をもっていることを、表明させていただきます。
無名の人 @YMumei 2017年2月14日
つまり、私もまた、自分とは違う霊性を妨げるべきではないのです。まとめのなかで、まとめ主さまの主張に違うことを強いて主張するつもりはなかったのですが、思慮が至らず、そうなってしまいました。申し訳ございません。
無名の人 @YMumei 2017年2月14日
正確に言うと、自分のしていることに気付かなかったわけです。本当に申し訳ございません。「他人の目のおがくずには気づくが自分の眼の中の梁には気づかない」。この聖句はわたしに向けられておりました。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
[c3476865] 残念ながら異端性を納得している方々は未だに極めて少数です。もちろん焚書はできませんので、できるかぎり多くの方々に遠藤周作の思想の異端性を理解していただくべく、このまとめをつくり公開しているわけです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
異端は放置すれば人々の救霊を実際に阻害する現実的な危険性を持つものです。神学的知識がない方々にはこのことは理解され難いでしょうが、よろしければラッツィンガー『信仰について』(ドン・ボスコ社)を図書館で御覧いただければ幸いです。名誉教皇ベネディクト十六世の教理省長官時代のインタビューで、教会の危機的現状が明らかにされています。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
[c3468341] [c3466202] 十字軍は基本的にイスラームからの攻撃に対する防衛活動であることは、最近のロドニー・スタークの著書「十字軍とイスラーム世界」 glory_of_church などで明示されています。教皇ウルバヌス二世が1095年に第一回十字軍を呼びかけたのは、セルジューク朝の侵略に直面したヒザンツ皇帝アレクシオスからの援助要請に応えたものです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
アレクシオスの書簡は、キリスト教徒巡礼者達が被っている拷問・強姦・殺害、教会や聖所の冒涜などを訴えていました。教皇は彼らを助けるために十字軍を呼びかけたのです。ちなみにある人がムスリムであるがゆえにその人を殺せなどと、教皇が命じたことは歴史上一度もありません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
またムスリムを強制改宗させるために十字軍が起こされたという事実もありません。また、十字軍の行軍・維持にかかる費用は莫大なものであり、経済的にはとても見合わないものでした。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月14日
それでも当時のカトリック信徒たちは、キリスト者の同朋を助けるために、場合によっては全財産をなげうって、教皇の呼びかけに応えたのです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月15日
[c3477582] では、十字軍を「イスラム侵攻」 [c3468341] と呼ぶあなたにお聞きしたいのですが、仮に沖縄や九州が中国に占領されて、現地の日本人が殺害・強姦されているという状況になったら「ほっとけ」とおっしゃるのでしょうか。また、日本政府がそれに対して反撃したとすれば、それを「中国侵攻」と呼ぶのでしょうか。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月15日
十字軍が奪回した土地は、七世紀頃までビザンツ帝国の領土でした。イスラームはそれに対する侵略者なのです。638年にエルサレムをビザンツ帝国から奪ったのは第二代正統カリフであるウマルです。
無名の人 @YMumei 2017年2月15日
[c3477566] 「転ぶ」という答えはどうしてもでません。「転ぶ」ということは選択の結果ではなく、信仰の喪失です。信じていない神を裏切ることはできません。その人にとって神はいないのですから。本当に「転んだ」のなら、痛みも覚えない。信者を救わなかった神に絶望したと語るフェレイラが痛みを感じていないように振る舞っているのはそのためです(本当は痛みを感じていると思いますが)。ロドリゴは、キチジローと同じく痛みを感じ続けている。
無名の人 @YMumei 2017年2月15日
[c3477566] 神を信じていればこそ、痛みを感じる。その痛みは、外側からは分かりません。その人以外には神だけがご存知です。
無名の人 @YMumei 2017年2月15日
[c3477566] 横から、問答を横取りするような真似をしてしまいました。非礼、平にご容赦ください。
無名の人 @YMumei 2017年2月15日
[c3477033] 物語としては神からの語りかけがあることで、悲劇性の性質が変容していると考えられます。神からの語りかけがあることでこの小説は宗教文学、キリスト教文学になる。自分がゆるせないと思っていた行動を自らとらざるを得ない、ほかの道を見出せない人間の悲劇から、痛みを負う道を神に示されて歩む者の悲劇へと。これはおそらく潜伏キリシタンの、そしてイスラーム支配のもとでのキリスト者の、キリスト教社会でのユダヤ人の、あるいは他宗教の支配下に置かれ、適応する道を選んだすべての宗教の信者の痛みです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月15日
[c3478530] 異端者の異端思想を批判することは、その人を迫害することでは全くありません。その人を滅びの道から救い出し、罪業を減らす慈悲の行いです。 [c3478580] 諸々の異端を排斥した教会の諸決定は聖霊によって導かれたものです。それを疑うことはカトリックにはできません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月15日
私が本当に遠藤周作支持者等の異端者を憎悪しているならば、彼らが滅びの道を歩むままに何もせずに放置するでしょう。
無名の人 @YMumei 2017年2月15日
[c3479958] ごめんなさい。わたしはまだ映画を見ていないのです。原作のほうを思い出しながらお返事申しましたので。
無名の人 @YMumei 2017年2月15日
[c3479958] 原作に忠実な映画化であるなら、そのあたりのことは感じ取れるように映像化されたであろうと思います。
闘技者 @Athleetees 2017年2月15日
YMumei ああ、そうだったのですね、すみませんでした。
無名の人 @YMumei 2017年2月15日
Athleetees いえ、こっちこそ先に言い添えるべきでしたね。
無名の人 @YMumei 2017年2月15日
[c3480246] 霊の導きの下でなら、わたしも言うかもしれない。真理が顕れる瞬間とは、戦慄を呼び起こすものです。新井白石の尋問を受けた最後の江戸時代来日宣教師シドッティは、世話をしていた長助、おはるという老夫婦(親はキリシタンだったために処刑)に感化を与え、当人らの望みに従い洗礼を施したため、3人とも殉教(処刑ではなく獄中死)することになったのですが、シドッティは死を恐れて棄教しないよう励まし続けたそうです。
無名の人 @YMumei 2017年2月15日
[c3480246] 長助とおはるが真に生きるために、シドッティは何としても支えなければならなかったのでしょう。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月16日
[c3480274] もう一度言いますが、エルサレムは glory_of_church 638年に第二代正統カリフであるウマルによって奪われるまで、ビザンツ帝国の領土であったのです。これは歴史的事実です。そしてそもそもイスラームの出現自体、ムハンマドが教えを説き始めた610年代のことに過ぎず、ビザンツ帝国はそれより遥か以前からエルサレムを領有しています。そして十字軍は、ビザンツ帝国皇帝アレクシオスの援助要請に応えて始められたのです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月16日
[c3480274] これらの歴史的事実をお疑いになるならば、既に挙げたロドニー・スターク『十字軍とイスラーム世界』(新教出版社) glory_of_church か、その他の歴史書を図書館で御確認下さい。例えばウマルがエルサレムを638年に奪ったことは『岩波イスラーム辞典』p.219で確認できます。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月16日
[c3480274] ロドニー・スタークが前掲書で指摘していることは、他の多くの学者によっても指摘されています。例えばSteve Weidenkopfの次のインタビュー映像を御覧ください。https://twitter.com/glorycatholic/status/831740915244998657
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月16日
[c3480274] 古い本ですが、ヒレア・ベロック『十字軍』もロドニー・スタークと同様のことを指摘しています。グーグルブックスで主要部分が読めます。https://books.google.co.jp/books/about/The_Crusades.html?id=HBHbOwAACAAJ&redir_esc=y
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月16日
[c3480274] ビザンツ皇帝アレクシオスの要請に応えて教皇ウルバヌス二世が十字軍を呼びかけた演説の英訳はこちらで読めます。https://sourcebooks.fordham.edu/source/urban2-fulcher.html
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月16日
[c3480274] 教皇ウルバヌス二世の演説の核心部分の大意を以下に示しておきます。「神の子供達よ、あなた方はあなた方自身の間で平和を保つこと、教会の権利を守ることをこれまでよりも固く約束していますが、あなた方がなすべき重要な仕事がまだあります。神の矯正によって新たに刺激されつつ、あなた方はあなた方の正義の力を、あなた方にも神にも関わるもう一つのことに向けなければなりません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月16日
[c3480274] なぜなら、東方に住むあなた方の兄弟達が、あなた方の助けを緊急に必要としており、あなた方は、これまでしばしば彼らに約束されてきた助けを彼らに与えるために急がなければならないからです。というのは、あなた方のほとんども聞いているように、トルコ人達とアラブ人達が彼らを攻撃し、ビザンツ帝国の領土を地中海岸やヘレスポント海峡に至るまで強奪しているからです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月16日
[c3480274] 彼らはキリスト教徒の土地をますます多く占領しつつあり、七つの戦いでキリスト教徒を打ち負かしています。彼らは多くの者を殺し、諸教会を破壊し、帝国を荒廃させています。もしあなた方が彼らにこのようなことを続けさせるならば、神の信徒達は彼らによってますます攻撃されるようになるでしょう。」
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月16日
[c3480274] もし十字軍がセルジューク朝の侵略行為を食い止めなかったならば、ビザンツ帝国は蹂躙され、キリスト教徒の男は殺され放題、女は犯され放題、教会は破壊され放題になっていたでしょう。あなたはそのほうが良かったとおっしゃるのでしょうか。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月16日
[c3482092] お気になさらずに。 [c3481484] 渡辺昌美の著作の件は、また調べてみますが、要するにカトリック教会が聖職者自身に死刑を執行することを命令したり許可したりしたことはないので(教会自身は死刑を加えないことについて「カトリック教会文書資料集」(エンデルレ書店)p.689を御参照ください)仮にこういう事例が事実あったとしても、個人の越権行為であり教会の行為とは言えない、とお答えすることになると思います。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月16日
[c3482092] 現代でも、ある裁判官個人が勝手に犯人を自分で拘束したり殺害したりしたら越権行為で、それは裁判所の行為であるとは言えません。それと同様であるとお考えください。
闘技者 @Athleetees 2017年2月16日
glory_of_church なるほど。これは無名の人さんの仰ることとほぼ同じですね。私も誤解していたところがあり、他の方にも詭弁と受け止められがちだったわけですが、無名の人さんの話と、あなたが紹介されている記事をきちんと見て、このギャップが解消されたと共に、私自身は理解いたしました。そのお話に合わせて言えば、渡辺昌美の『異端者の群れ』の構成も、最後の方は世俗権力の構成とそれによる弾圧軍の構成が取り上げられていたわけですが、それらは信者の行為であって教会の行為とは言えないという筋としても読めますね。
闘技者 @Athleetees 2017年2月16日
結局、ここにきてここでのやり取りをみて、私の頭をもたげたのは、カントのdas radikale Böse(根源悪)の問題…。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月16日
Athleetees 世俗権力や暴徒化した群衆の暴走があったことは事実で、教会はそういうことを抑えるべく努力して行くわけです。この辺りの事情については、最新の学問的成果に基づき一問一答形式でわかりやすく書かれた著作があります。著者は神学博士号と教会史の修士号を持つドミニコ会司祭John Vidmarです。https://www.amazon.com/dp/0809148048/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_TABPybDDF5H6J
無名の人 @YMumei 2017年2月17日
Athleetees 「信者・聖職者=人間」が罪を犯すのであって、「教会=地上における神の体」が罪を犯すのではない。罪を犯すとき、その者は「教会の一員であることをやめている=神の言葉から離れて行動している」ということになるなら、やはり、人間の根源悪がはたらいてしまっているということでしょうね。信者の行動が正しい時には神の正しさが反映している(そこにも人間の限界ゆえの過ちが常に付きまとってますが)。信者の行動が間違っているなら、そこには人間の過ちのみがある。
無名の人 @YMumei 2017年2月17日
ただ、エルサレムがビザンツ領だったと言っても、それはローマがユダヤを属州としたことに起因するのであって、領有に正統性があるかどうかは分かりませんがね。
無名の人 @YMumei 2017年2月17日
あと、中世ではなく、近代の話ですが、教皇領の死刑執行制度の存在を考える(研究書等をあたったことがないので現時点では何とも言えませんが)と、教権と暴力(強制力)の関係は、一筋縄ではいかない気もします。処刑は軍事と同列に扱えず、犯罪理由の処刑と思想理由の処刑も同列に扱えませんがね。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月17日
YMumei 「カエサルのものはカエサルに、神のものは神に返しなさい。」(マタイ22:21)とおっしゃって主はローマ帝国の支配の正当性を認めています。不当であるから反逆せよとはおっしゃっていません。
闘技者 @Athleetees 2017年2月17日
YMumei 私がカントの根源悪ということで申し上げたのは、あなたの仰る歴史的教訓のことを受けてのもので、この根源悪の問題は今ここでやりとりしている我々全員にもなお当てはまることでもあるな、ということでした。ずっとわたしの頭をもたげてきた問題が見事に体現されているので。
闘技者 @Athleetees 2017年2月17日
YMumei これはもちろん、あなたがお答えになられたことも当然含まれていますが、補足ということで。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月17日
[c3484543] 私は、ビザンツ帝国からエルサレムその他の領土を奪ったイスラーム諸朝の侵略行為を正当とするならば、ビザンツ帝国の要請でそれを奪還した十字軍の行動はなおのこと正当であると言わなければならないと考えます。少なくとも、イスラームの侵略を甘受せねばならないいかなる法的・道義的理由もビザンツ帝国にはありません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月17日
[c3485010] (1)まず、コンスタンチノープル占領はカトリック教会が命令したことではありません。教皇は激怒しています。(2)そして、十字軍がこのような「暴挙」に出たのも、実はしかるべき事情があります。ロドニー・スターク『十字軍とイスラーム世界』を図書館で借りて御覧ください。 glory_of_church
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月17日
[c3485318] 地動説が正しいのか天動説が正しいのかという問いは現代物理学の観点からは無意味です。運動は相対的なものだからです。物理学者による次の著作を御覧ください。https://www.amazon.co.jp/Cosmos-Transcendence-Breaking-Through-Scientistic/dp/1597310808
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月17日
[c3485318] カトリック教会は恐竜の存在を公式文書で否定したことはありません。『カトリック教会文書資料集』(エンデルレ書店)などで御確認下さい。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月17日
[c3484955] カトリック教会はインカ帝国の侵略を命じたことはありませんし、そのような教えはカトリック教会の教義にありません。『カトリック教会文書資料集』や『カトリック教会のカテキズム』などで御確認下さい。https://twitter.com/glorycatholic/status/830970605818179584
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月17日
[c3485623] では、イスラームの侵略に対してビザンツ帝国が反撃することは不当でしょうか。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月17日
[c3485388] 地球が丸いことを否定したカトリック教会の公文書は存在しません。悪質なプロパガンダを流さないようにしましょう。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月18日
[c3485845] 戦争は神の目から見て常に不当、というのはカトリック教会の教えではありません。次のカトリック百科事典の記述を御確認下さい。この事典は多数のカトリック神学者が参加して編纂されたもので1908年に教会認可済みです。http://www.newadvent.org/cathen/15546c.htm
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月18日
戦争についてのカトリック倫理神学の基本的な教えは聖トマス・アクィナス『神学大全』第二ー二部第四十問題で述べられています。邦訳では第17巻p.78です。http://www.sobunsha.co.jp/result.html?search=7
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月18日
[c3485845] 正しい戦争というものがあり得ることは野田時助『カトリックの信仰(倫理篇)』(中央出版社)でも次のように明示されています。この著作は1950年に教会認可済みです。 https://twitter.com/glorycatholic/status/832721793395744770
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月18日
ビザンツ帝国はイスラームの侵略に対して自国の民を防衛する責任があったのであり、そのために遂行される反撃戦は正しい戦争なのです。そして正しい戦争に協力するよう要請されて協力することは何ら罪ではありません。教皇ウルバヌス二世も、聖ベルナルドゥスも、十字軍を呼びかけたことにおいて、何ら罪を犯してはいません。もちろん実際に戦闘に参加した聖ルイも。これが正しい見解です。 [c3468390]
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月18日
十字軍に従軍した個々の兵士が略奪やら非戦闘員の虐殺やらの不届きなことをやったケースもある、というのは、これとは別の問題です。それはそれらの個人が責任を負うべきことです。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年2月18日
glory_of_church カソリックが公的に、十字軍の意義付けに対して表明した文書などはどこかにあるのでしょうか?フランスのルイ王が聖者となっているのも、公的な位置づけといえるでしょうけど。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月18日
十字軍はイスラム教徒を異教徒であるゆえに攻撃したのではありません。もしそうであるならば、十字軍国家においてイスラム教徒がそのまま改宗せずに平穏に暮らしていた例が多数存在することを説明できません。そうではなく、十字軍は侵略者である限りにおけるイスラム教徒を攻撃したのです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月18日
gryphonjapan 第四回十字軍のコンスタンチノープル占領については、教皇聖ヨハネ・パウロ二世がギリシア正教会に謝罪しています。(ロドニー・スターク『十字軍とイスラーム世界』p.305参照。)しかし、十字軍全体を論じた公式声明や公文書は存在しないのではないかと思います。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月18日
gryphonjapan 聖ベルナルドゥスや聖ルイが列聖されているということ自体が、前者の十字軍呼びかけや後者の十字軍参加が何ら罪ではない、と教会が考えていることを示していると言えます。ちなみに列聖の決定は不可謬です。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月18日
[c3486643] それは聖職者の話であって平信徒には適用されません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月18日
[c3486762] それは核兵器などで非戦闘員を無差別虐殺する現代戦を想定しての発言で、そういう文脈から切り離して一般化することはできません。そもそも教義的決定でも公文書でもありません。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年2月18日
glory_of_church へー、正直、その時代のことを謝罪してもしゃーないんとちゃう?、という気もあるんだけど、そういうものなのですなあ。>【第四回十字軍のコンスタンチノープル占領については、教皇聖ヨハネ・パウロ二世がギリシア正教会に謝罪しています。(ロドニー・スターク『十字軍とイスラーム世界』p.305参照。)しかし、十字軍全体を論じた公式声明や公文書は存在しないのではないかと思います】
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月18日
[c3486762] 現代においても正戦論が成り立つことは『カトリック教会のカテキズム』(カトリック中央協議会)2309 (p.674)において明確に述べられています。疑問の余地はありません。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月18日
glory_of_church 『カトリック教会のカテキズム』英語版はこちら。英語が読めない方で、私が嘘を言っているとお考えの方は、どうか図書館や書店で『カトリック教会のカテキズム』(カトリック中央協議会)を参照してください。 http://www.vatican.va/archive/ENG0015/_INDEX.HTM
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月18日
[c3487404] カトリック教会にも「心から心へ伝えられる」文字にされない伝承というものがあります。よろしければ次の本に収録されたダニエル―枢機卿の論文を御覧ください。https://www.amazon.de/Eranos-Jahrbuch-Mensch-F%C3%BChrer-Gef%C3%BChrter/dp/B001G5WTKM
無名の人 @YMumei 2017年2月18日
[c3487375] そして、完成された律法に生きることは、恩寵、神の恵みなしには達成はおろか、努力もしえないことだと思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月18日
[c3487375] それでは、キリスト教には神から与えられた成文法がないのか。十戒はそれにあたると思います。では橋爪・大澤はなぜキリスト教には教会法がないと言っているのか。あの二人は宗教学、宗教社会学の視点でキリスト教について述べているので、信者の自覚あるいは神学の立場でのキリスト教とは違うキリスト教を論じているのですが、それでもあえて、推測するなら、文字より精神というのがキリスト教だというそういうイメージで彼らがキリスト教をとらえているということがあろうかと思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月18日
[c3487375] 「コリントの信徒への手紙 二」3章6節「神はわたしたちに、新しい契約に仕える資格、文字ではなく霊に仕える資格を与えてくださいました。文字は殺しますが、霊は生かします」が、そのイメージの源泉として比定できます。
無名の人 @YMumei 2017年2月18日
[c3487375] 神の掟は、その精神、霊が本体。では中核的な掟は何か。「マタイによる福音書」22章37~40節「イエスは言われた。『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」
無名の人 @YMumei 2017年2月18日
[c3487375] 神と隣人への愛(愛という日本語訳はふさわしくないという研究者もいます。別の訳語案は「ご大切」。神と近くの人とを「大事に思う気持ち」ぐらいでいいのかもしれません)が、掟の中核、律法の中核、ということになろうかと思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月18日
[c3487375] そして、神を本当に大切にすることや、目の前にいる人を本当に大事にすることは、神からの恵みなしにはなしえない。だから、己の弱さを自覚しつつ、恵みに感謝しつつ、神と隣人を大事にする、そのように具体的で、効果的に行動するということが、神が人間に求めるすべてだということになるでしょう。
無名の人 @YMumei 2017年2月18日
[c3487375] それは具体的な場面の中で、予測も、準備も超えて、神が何を望んでおられるのかを聞くというところから始まります。
闘技者 @Athleetees 2017年2月19日
YMumei ご回答ありがとうございました。あなたがこのコメント欄でこれまで私に向けて語ってくださったことの集約された記述となっている向きもあり、私にとっても、ここにいるみなさまにとっても大変学ぶところの多い話だと思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月19日
[c3489943] 小説的には、キチジローが裏切っているときにはほんとうに裏切っているとわたしは思いますね。弱さゆえに裏切っている。近代の芸術( 例)ジーザス・クライスト・スーパースター)ではイエスを人間と理解するがゆえに、この世的な知恵で良かれと思いイエスを裏切るユダというパタンがありますが、キチジローは弱さゆえに裏切っている(キリシタンなのでイエスが神であるというところははずさないし、はずせない)と思います。
無名の人 @YMumei 2017年2月19日
[c3489943] キチジローの場合は、おそらく「踏むがいい」という声を聴いていない。
闘技者 @Athleetees 2017年2月19日
YMumei 映画版だとそういう風にも見えたなあということでした。
闘技者 @Athleetees 2017年2月19日
可能世界的に考えたら、ということも考えてしまうのです。
闘技者 @Athleetees 2017年2月19日
栄光さんから勧められた『信仰について』読んでるけども、要は、「異端」という言葉に染みついてしまっている血なまぐさい歴史の方にみんな引きずられてしまうので、それで「それは異端だ」とか「撲滅すべきだ」って栄光さんが口にされるそれも、そっちに引きずられてしまう、それがこのトゥギャでの皆さんの反発として反映されている部分があるというのは最初の数ページで理解しました。私自身の立場を抜きにして、こちらから傾聴の態度で飛び込むことで「理解する」ことはできる。
闘技者 @Athleetees 2017年2月19日
私もそうだったわけですけど…。どうしても引きずられてしまうし付着してしまっている「コワイ」言葉という「印象」が強い。ただ、最大限好意的に受け止めるならば、栄光さん自身の主張がこの本と同じということであれば、「異端者が受ける破門」=「快癒を目指す処置」=「異端者を罰そうとするのではなく、訓戒し、癒そうとする処置、手当」であって、「自分の誤りを自覚し、それを認める者は、常に特別に愛しい息子として教会の全面的一致の内に両腕を広げて迎え入れられる」ということらしい。
無名の人 @YMumei 2017年2月20日
Athleetees その意味では人権意識が発達した現代こそ、真の異端審問、教育的懲戒(教育的破門)を行いうる状況と言えるかもしれません(実社会で教育刑が完全な形で実現しているかというとそうではなく、したがって教会内での破門の受け取り方も前近代性が残存していると思われます。ゆえに行われ「ている」状況とは言い切れませんが)。
無名の人 @YMumei 2017年2月20日
Athleetees なるほど、そうするとそれは私にとって映画を見る価値の一つですね。
無名の人 @YMumei 2017年2月20日
Athleetees 良かれと思ってやったことがやはり裏切りとして自分の心にのしかかるということはありうることです。
教会の栄光:Benedict XVI is the only Pope @glory_of_church 2017年2月20日
Athleetees ラッツィンガー『信仰について』(ドン・ボスコ社)お読みいただき大変ありがとうございます!要するに、「異端」と言っても、仏教徒の方々が自分の観点から見て間違った教えを「外道」と呼ぶのと何ら変わりはありませんし、異端の批判は異端者やその影響を受ける方々のの救いのためになされるのだということを御理解いただければ幸いです。そして名誉教皇がその本で明言しているように「今でも異端はある」のであり、正統な教えを異端から守ることは皆の利益になることなのです。
闘技者 @Athleetees 2017年2月20日
YMumei これは、上記の皆様の中にもこぼしていらっしゃる方がおられますけど、たいていはカトリックの内側におられる方でその言葉の使い方の変遷史を知ってないとなかなか伝わらないでしょうね…。あと「医者」としての振る舞い方にも関わっているといいますか。
カトリック教会の恥辱 @googlecatholic 2017年2月20日
あら、昨日の主日ミサの朗読よかったわよねえ。 「神は、知恵のある者たちをその悪賢さによって捕らえられる」 って考えてしまうわねえ。すぐ誇りたくなる改めなきゃだわ。
カトリック教会の恥辱 @googlecatholic 2017年2月20日
栄光さんのこのお話が"遠藤周作の作品を理解するためにはカトリックのスタンダードを知っている必要がありますよ"というスタートだったらこんなことにはならないと思うのよね。でもねスタートが"「カトリック教徒」と自称しても異端者"じゃ恐ろしくて近づけないものねえ。
カトリック教会の恥辱 @googlecatholic 2017年2月20日
栄光さんの持っている知識って本来カトリック信徒であればとても面白いお話だと思うのよね。なぜ拒絶反応が出るかといえば最初に「異端狩り」みたいに言葉でぶん殴ってから話を始めるからよねえ。不快感がスタートになれば話を聞きたいと思わないもの。これは本当にもったいないわねえ。
カトリック教会の恥辱 @googlecatholic 2017年2月20日
栄光さんって結果を重視して過程を軽く考える傾向があると思うのよね。せっかく貴重な知識を持っているのに人へ伝える方法をまったく考えてないのよ。もっと静寂の中で知識を披露したら聞く人は多いと思うのよね。このあたりは本当に残念でもったいないわねえ。
カトリック教会の恥辱 @googlecatholic 2017年2月20日
とはいえ栄光さんが言葉でぶん殴るスタートをしたからここのコメント欄がのびて、いろいろと面白い話が読めたというのも事実でそこは感謝しなきゃだわ。神様のなさることは不思議よねえとしか言いようがないわね。