「初めてルージュをさした合同誌」の感想や反応など

例大祭14にて頒布しました初めてルージュをさした合同誌の感想や反応を纏めました。 https://blogs.yahoo.co.jp/onmoraki2000/20623666.html
同人誌 例大祭 東方
haruhikasa 1408view 0コメント
2
ログインして広告を非表示にする
  • 春日傘 次回は京都秘封 @haruhikasa 2017-05-07 09:32:18
    雅趣雅俗はI46bでお待ちしています 初めてルージュをさした合同誌です A5版 200P 1000円です よろしくお願い致します! pic.twitter.com/EzPaatrpma
     拡大
  • (゚Д゚ ) @hore115 2017-07-06 19:38:11
    原稿の前に部屋の整理をしていて、進まず、あまつさえ初めてひいたルージュ合同を読み始めた体たらくなのだけど。場をあっためてからのせいここでレベルの高さを知らしめて、仮面さんの小傘ちゃん可愛いでぶん殴ってくるの有体に言って強い
  • (゚Д゚ ) @hore115 2017-07-06 19:39:08
    キスマークかアアアアアアアベタだけど解ってるなあアアアアあ
  • サクマ @port_sea_gull 2017-05-07 22:30:21
    ルージュ合同もすごい。一気に読んだら確実に死ぬ。、
  • サクマ @port_sea_gull 2017-05-07 22:31:02
    ルージュ合同ルージュ合同言ってるけど、これは「初めての」が重要だよね。
  • 羽切 @hagiri 2017-05-17 21:56:23
    初めてルージュをさした合同誌読了。全体を通してみると、まさかの阿礼乙女無双、こうなるとは思ってなかった。次点で稀代のリベラルにゃんにゃん、その次に感情の発現者のこころちゃん。おー、ぶらぼー、大健闘こころちゃん。何作かちらほらとツイート
  • 羽切 @hagiri 2017-05-17 21:56:31
    magoさん (@mago106) [地中のバラ] お燐とお空のルージュデビュー。さとり様の指導の元、自らに合う色を選ぶ二人。思わず私も手首の血管を見てしまった。「初めて」の口紅だからまだ幼い姿なのだな、と後になってようやく気付きました。二人の愛らしさとさとり様の明朗さが光る作品
  • 羽切 @hagiri 2017-05-17 21:56:43
    仮面の男さん (@robert2nd) [小傘チャーミング]なかなか驚かす事が出来ない小傘の悩みを解決する為の話。ぬえ小傘からのマミゾウ小傘。感情変化に富むにはまだまだの小傘なのだけれども、可愛い、ほんとチャーミング。化粧に化かす本質をみる。私としては小僧が何ともうらめしい。
  • 羽切 @hagiri 2017-05-17 21:56:57
    やまひこさん (@amesansan3) [それだけでいい] 阿礼乙女の終始。小鈴とのはじめと終わり、彩りを通して見る二人の距離の相対が何とも儚い。それぞれが納得した上での、というのが見て取れる。尤もその真相は定かでないが、よき変化を見れた。
  • 羽切 @hagiri 2017-05-17 21:56:52
    める先生(@namanie1) [椿のこと。]淡々と語られる阿求視点での阿求の、お話。あぁこれ以上記す必要がないぐらい、と思う程度には作品の短さに驚きを覚えず、それ故に添えられる紅への描写も極僅かなものだった。でも良い物語は書き出しと瞬発力によるものと思っているので、やはり凄い
  • 羽切 @hagiri 2017-05-17 21:57:01
    豆腐屋さん(@DengakuTouhuya) [鬼役者にも化粧] 個人的ベスト。来る節分に合わせた舞で、鬼に彩りを、華々しい役を与えようとするこころと、それを頑なに拒む萃香の話。表情と感情、本音と建前、種族と役柄、対応するそれぞれに変化を促し後押しするのは言葉の力、本当に良かった
  • 羽切 @hagiri 2017-05-17 21:57:08
    @hagiri @DengakuTouhuya 感情の話が多い中で、それを全面に押し出した作品。そして最後には良き変身を遂げるのが実に素敵。
  • 羽切 @hagiri 2017-05-17 21:57:13
    くしななさん(@kushina07) [求めて、求められて] 阿礼乙女、最ダーク。拵えは変身であるが他人にとっては投影であるという、化粧を通した偏向のお話。阿礼乙女ではないのだけれど、もはや彼女はいないのだけれど、泥沼の選択がメンタルに来る。メンタルに来る作品はいい作品。
  • 羽切 @hagiri 2017-05-17 21:57:21
    ノヴェーさん (@gomuzawan) [プレジャースキン] 里でデートのふといちの話。里では正体を隠さないと、というのは口実で単純に二人でめかし込みたかったのではと訝しむ私であった、良いカップリング。最後「稗田さんの本あまり読まれてないと見えるな」の一言が小気味よく刺さってツボ
  • 羽切 @hagiri 2017-05-17 21:57:25
    いたみさん (@itami_b)[変わること] 青娥と芳香の話。初めて交わす会話の、異邦の民の感じが酷く良く、同時に芳香の生まれの裕福でない境遇がその言葉から伝わってきて、そこに感嘆した。繰り返し繰り返しの表現も個人的に好きなので、全てが終わりを迎えた時ちょっと寂しさを感じた。
  • 羽切 @hagiri 2017-05-17 21:57:33
    @hagiri @itami_b なんとなく、化粧も受け継がれるメソッドなのだろうなと思う。
  • 羽切 @hagiri 2017-05-17 21:57:17
    春日傘さん (@haruhikasa) [紅花]凍った月の世界で、出来心で紅をさす稀神サグメのお話。ひた隠す事を穢れとする月の文化、しきたりよる抑圧からの解放、そして夢の中でのやり取り。幼さからへの憧れというよりも反発や孵化というか何というか、難しいものです。最後の表現がまた秀逸
  • 仮面さん@金曜日ユ03a @robert2nd 2017-05-17 20:43:21
    ミステリ合同のほうもルージュ合同のほうも感想があって嬉しい……嬉しい……。
  • 辻堂基信◆9/2川崎読書会 @m_tsujidou 2017-05-15 22:02:13
    羽切様「紅の甘言」(初めてルージュをさした合同誌) この作品は凄い。こころちゃんの感情が揺れ動くさまをきれいに描いている。対して、青娥の不思議なキャラクターもものすごく魅力的に動いている。 「感情が転倒する」なんていうフレーズを何気なく入れてきているところもビリビリきた。→
  • 辻堂基信◆9/2川崎読書会 @m_tsujidou 2017-05-15 22:02:21
    普段羽切さんが見ている世界は、こんな感じなのだろうなぁ……。
  • まきしま @Maki_Cima 2017-05-17 22:37:48
    『初めてルージュをさした合同誌』終わり。想像以上に多彩で多角的で実に興味深く面白い合同誌だった。参加者の皆さん、ありがとうございました。
  • まきしま @Maki_Cima 2017-05-17 22:35:52
    春日傘さん『紅花』(初めてルージュをさした合同誌)強烈な印象がある。滅びの呪物というのが、印象的。紅をさすこと、成長することの、ある一面を表現するのに、非常に適していると。
  • まきしま @Maki_Cima 2017-05-17 20:37:33
    柘榴さん『私が魔女になった日』(初めてルージュをさした合同誌)とりつく島なく断ったかと思えば口紅と条件を与えるのも、焦りから性急になり、断られて憤慨するも、与えられた口紅を、魔女になっても持ち続け使っているのも、双方に良さがある。心の余裕が、似合うようになったと思わせるか。
  • まきしま @Maki_Cima 2017-05-17 20:14:09
    町田一軒家さん『写真の中のあなた』(初めてルージュをさした合同誌)良いなあ。ワイワイした楽しさから、浸れる展開への移ろい。このメンツ(綿月姉妹も)ならではのように思う。輝夜が鈴仙に化粧をする場面には、特に惹かれた。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「事件・事故」に関連するカテゴリー