10周年のSPコンテンツ!

一人称と三人称の混じった小説が評価されてるのは読者側の読書力低下が原因(本文削除済み)(まとめへの反応を追加)

文字書きらしきアカウントの主張をまとめました。 (追記:発言者本人からのダイレクトメッセージによる要請があったのでツイートを削除しました) (追記:まとめへの反応を追加しました)
小説 書籍 文学
58

(「一人称と三人称の混じった小説が評価されてるのは読者側の読書力低下が原因」という内容の発言がありましたが、本人からの要請により削除しました)


まとめへの反応

RYO@なろう/カクヨム @ryorekuiemu
海外翻訳小説ってだいたい一人称と三人称が混在してない?(←サンプルは少ない
節足動物による集団ストーカー犯罪被害を訴える市民の会 @neupon08
一人称と三人称の混じった小説が評価されてるのは読者側の読書力低下が原因 - Togetterまとめ togetter.com/li/1126843 なろうとかのweb小説よりずっと以前から一人称と三人称の交じる小説はいくらでもあるしすごく面白いから読め読め
寺島公威 @tera_kimi
ラノベ天狗のまとめ、これまた自由直接話法の存在を知らないヤツだろうか。
寺島公威 @tera_kimi
自由直接話法を知らないってわけじゃなさそうだし、一体どういう文章を指して批判しているのかが謎だ。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
昔は一人称と三人称の混在はタブーとされてましたが、今はもうそんなタブーはないです。特にラノベ界には。「混ざってる本なんてないはず」というのは、かなり古い..「一人称と三人称の混じった小説が評価されてるのは読者側の読書力低下が原因」togetter.com/li/1126843#c39…
isaji mosshm @isaji
読書力が低下しているなら、むしろ一人称と三人称が混じった小説は理解しにくくて評価されないだろうと思うのだけど。
isaji mosshm @isaji
全体的にリテラシが向上した結果、一人称と三人称の混在程度のことは問題にされなくなったんだと思う。
アホゥダンス太郎 @ninimumdk
性格が最悪なので、「一人称と三人称混ざってる商業小説なんてない!」みたいなこと言ってた人のネット小説嬉々としてよむやつやってる。
折口詠人 @o_eight
ただし、長編だと節単位で分ける一人称と三人称のハイブリッドぐらいは普通だし、やってないほうが珍しい。
セニョール二期 @senor69
80~90年代のまだラノベという言葉がなかった時期の小説ばっか読んでたから最近のはわかんないんだけど、確かヤマモト・ヨーコだったかな?場面展開で三人称と一人称使い分けてたような
セニョール二期 @senor69
個人的には、そういう工夫もなしに三人称と一人称が混在してるのは目が滑るからあんまり好きじゃない
ゆかにゃん@C96[土]西し35a @minakawayuka
小説において一人称と三人称を混在させることそのものが問題なのではない。うまくやれない人は混在させるべきではないということ。そして、うまくやるためには一人称と三人称の視点についてきちんと理解できている必要がある。ルールを理解せずに破っている人が多いことが最大の問題。
アホゥダンス太郎 @ninimumdk
一人称と三人称混ざる理由なんてない!(誤字脱字するなんて文字への愛が足りない)さんのお小説サイトに行って適当に開いたら地の文開幕「違和感を俺は感じていた」がでてきて思わず笑ってしまった話しようかどうか悩んだけど、しちゃうか。(そこでグチグチなるタイプではないのか……)
てりあ @TERIAf1
「一人称と三人称が混じった小説」の件。まとめだと場面転換ごとに人称が切り替わる小説のことなのか、ひとつの文中で人称がごちゃ混ぜになる小説のことなのか分かりにくかったけど。前者は特に違和感ない手法で、後者は気になることあるけど内容が面白ければ問題ないという結論に我が家は至りました。
八木耳木兎@カクヨム@足を揉んだら4階から突き落とす奏P @ozappaniaisatsu
同じページで一人称と三人称が入れ替わる宅配コンバット学園再評価不可避
ハルトライ @harutorai
一人称と三人称の混じった小説が評価されてるのは読者側の読書力低下が原因 - Togetterまとめ togetter.com/li/1126843 @togetter_jpさんから この人、今の純文学読んだら発狂しそう(笑)
七丙ϵ( 'Θ' )϶ @sippei999
一人称と三人称が混在してると読みにくいからなぁ。混在を演出として読める物を書くにはかなりの力量が必要だと思うよ>RT
富嵯仁矱抖@アカウント模索中 @W_Tomisani
一人称と三人称の混在は作家の下手だけで済むならまだしも、初見読者は人によっては置いてっちゃうよ。そこから本ポイ 「ファー!視点変更でわからなくなって、めんどくさくなっちった!」(゚Д゚)
安眠練炭 @aNmiNreNtaN
私は不勉強で「自由直接話法」という言葉は知りませんでしたが、もちろんそのような技法があることは知っています。三人称の地の文に一人称の文が括弧なしで挿入されると戸惑うことも多く、読みやすくはないのですが、でも、友桐夏の小説を読んで「あ、効果的な使い方だな」と思ったことがあります。
残りを読む(46)

コメント

ꫛꫀꪝ✧‧˚ @25nmAI 2017年7月5日
サッカーだってルール変更があるし、読者がわりとどうでもいいと思ってるルールが淘汰されていくのは仕方ないかも。昭和初期の文章と比べても今の文章は違ってしまっているからなぁ。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年7月5日
あくまで「うまく読ませるためのテクニック」なので、すんなり読めて楽しければそのへんどうでもいいんだよな。 ただし混ぜたものをすんなり読ませるにはかなりの高等技術か才能が必要にはなると思うけど
お茶漬け @cha_zuke_ 2017年7月5日
ラノベだから仕方ない
ピンピンしてます @nakatutooru0626 2017年7月5日
……どうしよう、理解が追いつかない
カエルのような生き物 千景ケロケロ @1000cage 2017年7月5日
『私の嫌いな物なのでこれは絶対悪です』にしか読めない
段ボールが本体 @Himade4tama 2017年7月5日
普通に書いたら読みづらいものが人気ってのは、書き手か読み手の水準があがったんじゃないの。もっと言うなら、出版社とこの人が意識してる書式が、信じるに値しない無駄知識だったんじゃない?まぁアンケートに答えた層が特殊だった可能性も高いけどね。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2017年7月5日
昔は一人称と三人称の混在はタブーとされてましたが、今はもうそんなタブーはないです。特にラノベ界には。「混ざってる本なんてないはず」というのは、かなり古い知識。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2017年7月5日
ちなみに、僕の知る限り最初にタブーを破ったのは新井素子さんの『…絶句』(1983年)。
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2017年7月5日
書籍のアマゾンレビューをちょくちょく見るが、そういう文章の拙さを批判するレビューはたまに見かける。よく見かけるのはテンプレな内容についての批判レビューだが。
小川淳次郎 @sazanka_mimiga 2017年7月5日
一体誰が文章の優劣を保証してくれるのか
masano_yutaka @masano_yutaka 2017年7月5日
ラノベはなぁ。 ヤマモトヨーコみたいに「ここは一人称パート」「ここは三人称パート」って明記してたりするくらいだし。 あれももう25年前?
VRAM01K @VRAM01K 2017年7月5日
フットボールの試合中にボールを手で運んだ事からラグビーができた様に、面白ければサッカーにこだわる必要はないと考える人もいるのでは。何も考えてない人もいるでしょうけど
みさご@アタシってほんと○○ @misagoya 2017年7月5日
正解なんてあったら書くのに苦しんでねえよ。いや書くこと自体は苦しくはないんだけども
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2017年7月5日
そんなルールねえよ知ったかすんなクソワナビーって書こうとしたら、すでに山本先生がコメントされてた。悔しい(ビクンビクン
謡遥 @singsonghalca 2017年7月5日
混ざってることはざらにある。ラノベ非ラノベ両方に。混ざってることによって読みにくくなる文章があるかもしれないけど読み取り能力が低い可能性も否定できない―。
ヒジャチョンダラ @citabow 2017年7月5日
一人称で語られる犯人の心象、三人称で進む物語……犯人は誰だ? ってのは結構あるんじゃないか。
こっしゅ。 @cosyu2015 2017年7月5日
一人称と三人称が混在することで登場人物の距離感(と言っていいのか)が変化するのは、作者が狙ってやっていることも多いし、単純に文章力が低いからとか、古い文章作法を知らないからとかではないと思う。 まあ下手な人はやっぱり下手ゆえに混ぜちゃったりしますけど、ケースバイケースではないかな?
九銀@半bot @kuginnya 2017年7月5日
破ったって天罰が下る訳でもない。読者が受け入れてるのに書き手に自罰を求めるならもはや何のための文章なのかと
ようやく新大陸に渡るたまもッち @tmMuky 2017年7月5日
正解ってなんだ手前が気に入らないから、解らなくなるから、読む気が失せるからとかじゃねえのか?『混在させて書かなきゃいけない理由なんて、させなきゃ書けない理由なんて、ひとつもない』←混在しちゃいけねえ理由だってもう一つも無いらしいじゃんか
会津“眼鏡置き場” @family__sugar 2017年7月5日
読みにくい文体を楽しめるあたり、読者の読解力上がってるんじゃないかしら。
まみもの @lokimidori 2017年7月5日
ファイナルファンタジーSやニンジャスレイヤーのような前衛文体小説を読むとそんなことどうでもよくなるぞ
重-オモ- @__oMo__ 2017年7月5日
三点リーダは2つ並べて使うものだ論と同じくらい「ストーリーが面白ければどうでもいい」話。
生肉 @yukke0415 2017年7月5日
読みにくいなと思ったら読むのやめたらいいのよ。それだけよ。
天たくる @ten_tacle 2017年7月5日
citabow 30年位前からは普通にありましたよね。時期的に山本先生の挙げている作品が先駆けだったのかそれ以前からあったのかは分かりませんが。
cLaCFF @cLaCFF 2017年7月5日
創作の世界で恥ずかしいとか間違っているとかいう言葉を出した方が負けだと思うんだ。
ねなし @a_ne74 2017年7月5日
一人称と三人称の混在と言う、高度な文学表現が最近は当たり前になってきているのですね。文化の発展って興味深い。
たのあきら(公開用) @tanoakira_open 2017年7月5日
庄司卓先生の『それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ』の一人称と三人称の切り分けを初めて見たときは感動しました。「こんな手があったのか」と。
天たくる @ten_tacle 2017年7月5日
個人の好き嫌いは勝手ですが、一人称と三人称が混在する位で読むのに疲れるって小説を読み慣れていないだけなんじゃ。
みそばた まお @Butterboy_u 2017年7月5日
一人称と三人称が混ざっていてもすんなり読める人は読書力があるんじゃないかな。むしろ適応できず、心が疲れてしまうこの人の読書力が低いだけでは?
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2017年7月5日
あれもタブーこれもタブー。たった一つ愛するだけ
ナイススティック @nicestickmilky 2017年7月5日
最終的に愛の有無の話になってるのがよく分からん
ねなし @a_ne74 2017年7月5日
まとめトップに京極さんの「魍魎の匣」が挙げられているけど、混在なんてしてたっけ?基本が三人称の文章で、登場人物の心情の独白部分が一人称になってるのは、一人称と三人称が混在していると言うの?
葵真碧(mao aoi) @maochin39blue 2017年7月5日
誰もちゃんと文章を読んでないんじゃない?挿絵と注釈程度の感覚でものを眺めてるだけなんでしょ。
閑 aka 氷空色釦 @4_2_sb 2017年7月5日
視点の恣意的な転換って、叙述トリックで良く用いられている技法だと思うんだけどなあ。
にてん @nitenjouwan 2017年7月5日
人称を変化させる事で成り立つトリック・表現もあるので、必ずしも稚拙な書き方であるというのは傲慢かと。 小説は句読点や改行を廃しても成り立つ表現ですので。 単純に自分に合わない文体は「劣っている」わけでは無いのです。
小花幸多 @YUKITA_OBANA 2017年7月5日
人称転換のある文章を読み解けないほうが読書力は低いのでは無かろうか?
ろんどん @lawtomol 2017年7月5日
小学校で習う(はずですよね?)ルールである「行頭の一字下げ」さえできないツイッターを平気で使って主張しているあたりで乾いた笑いしか出ない。
るしるし @lucy_lucynyan 2017年7月5日
読めなかったら読まないでいいんじゃないかな。他の面白い作品読めばいい。でもそれ差し置いて面白かったもっと世界に入り込みたかったのにもったいないって言いたかっただけかと。後、絶句はちゃんと視点分けされてましたよ。同じ一節の中に多視点があるのだと思いましたが。視点がブレるとよほど文章がうまくないとそっ閉じしちゃうかな。眩暈がして読めないし疲れる。
紫苑 @Shion19Aster 2017年7月5日
一人称と三人称が混在しているというのがどういう文章なのかよくわからないんだが、まさか三人称一元視点とか三人称多元視点とかのことを言ってるんだろうか
あべたつ @abtt_1992 2017年7月5日
冲方丁大先生=退屈そうに。「おっそうだな(クラッシュ文体)」
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年7月5日
ミステリーなんていかに人称転換を織り込むかがテクニックのうちだったりするからなあ。
二式わたる @aeronaut_m_a 2017年7月5日
ナラトロジー「俺の出番?」
たけ爺 @take_ji 2017年7月5日
”文章を読む”って”文章を読んで、意味を読み取れればいい”のですから、三人称であろうと一人称であろうと関係ないと思いますが。 混在すると”読み取れない”のは、混在すると”読み取る能力が無い”だけでは。 maochin39blue
16TONS@最近ゲームやってねえ @moonintears16t 2017年7月5日
多分この人は、文章を読む上において場面転換や視点転換があること自体が苦手な人なのではないだろうか。頭の中のイメージが連続していないと混乱してしまうタイプ。漫画なら絵だから想像する間もなく理解できる。
好古真之 @yoshiful_saney 2017年7月5日
“ もともと村上作品は「僕」という一人称の語りが定番だった。だが、『海辺のカフカ』で一人称と三人称を併用し、” 村上春樹さん「騎士団長殺し」語る 「私」新たな一人称:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK3Y51VPK3YUCVL00P.html
動かぬ証拠 @ugokanushouko 2017年7月5日
この人の文章読みにくいな
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年7月5日
筒井康隆が「大いなる助走(1977)」でやってたのは一人称と三人称の混在とは言わんのかな。あれは主人公が頭の中で考えてることだから違うか。
ビールクズ猫 @WAKUWAKUTAKKU 2017年7月5日
この人を擁護すると、シーンの変化とかの理由がなく、ただ地の文が急に一人称と三人称混在してるような奴をあげてるのかね。
たけ爺 @take_ji 2017年7月5日
まあ、今のテレビ映像で”第三者視点・役者視点”の切り替えを昔より多用するようになったから、それを素直に受け入れられる人は、文章でも簡単に受け入れられるようになったのではないかと、自分なりには思うのだけどね。
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年7月5日
結局おれもよくわかっていないのだった。
長介 @chousuke 2017年7月5日
創作のタブーって時代によっていかに違うか、痛感させられるね。司馬遼太郎の小説を思い出すといいよ。いま、なろうで「閑話休題、作者は思うのだが」って司馬的書法で小説書いたらめっちゃ手厳しい感想来るよ。水ぶっかけんなと。司馬はよくて人称混ぜるのはダメ、っていうのはオールドルール。時代のローカルルール。ことほどさように小説の暗黙のルールって短期間で揺れ動いてるもんなんです。
たけ爺 @take_ji 2017年7月5日
”漫画の影響”というより”映像文化の影響”なんだと思う。フィルム映画や初期のテレビの時代は「カットの多用」は技術的に難しかったし。
なんもさん @nanmosan 2017年7月5日
ルールなんかあってないようだけど読みにくいのは事実なんで気持ちはよくわかります。まあもうジャンルが違うと考えるしかないんですよこのケースは。
紫苑 @Shion19Aster 2017年7月5日
キャラの主観と客観が混在する文章って三人称一元か三人称多元だと思うから、問題は「視点移動の巧拙」であって、「一人称と三人称を混ぜてはいけない」ではないのでは
綿宮 鈴 @watamiya_Y 2017年7月5日
ネット小説なんて趣味だし金取るわけでもないし他人様にアレコレ口出される筋合いは無いです
DCコミックスファン Last Knight @cortsofowls 2017年7月5日
日本の小説に対して(なかば悪口のように)言われている、人称越境の問題は、やはりあまり問題設定がよくなくて、人称とか、本当ならそんな外のことなんて言ってられないわけです。毎秒毎秒、人称なんてびゅんびゅん変わるし、重なるし、もしくはゼロになるのだから。一文中でさえ、人称のようなものは止まったりなんかしていない。
DCコミックスファン Last Knight @cortsofowls 2017年7月5日
ぼくらが「一人称から三人称へのふしぎな移行」みたいなものを感じたりするとき、注目すべきは、時間の空間化と、その空間同士の分解・統合、さらにはそれらを成り立たせている生命そのものの変態のようすです。 (山本浩貴+hの発言「座談会1
芦辺 拓 @ashibetaku 2017年7月5日
いいかげん一知半解の決めつけで、小説を息苦しくするのはやめてくれないかな。『推理日記』みたいなのは、もうこりごりですよ。
DCコミックスファン Last Knight @cortsofowls 2017年7月5日
佐々木敦「新・私小説論 第一回 「わたしの小説」と「一人称の小説」」 こっから読んで、どうぞ
佐藤葵@みんなをディフレクト @srpglove 2017年7月5日
a_ne74 関口視点パートが一人称で、それ以外が三人称だったと思いますが。 >魍魎の匣
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2017年7月5日
二人称視点もまぜてあげてよ #おい
pekoe_tw @peckoe_tw 2017年7月5日
まあ、三人称神の視点な地の文で唐突に登場人物名が様付けされてたらビビるのはわかる。
お茶漬け @cha_zuke_ 2017年7月5日
「一人称三人称おり混ざったラノベ」と「かっちりした文章で書かれたお堅い小説」、「可愛くてエロい女が毎回はだけるギャグ漫画」と「緻密に練られた伏線を徐々に回収するシリアスな漫画」、「パリピ系jpop」と「クラシック音楽」どっちが上とか下とかないよ。ジャンルが違うんだよ。
水素が粉末になるmaruishi @maruishi 2017年7月5日
腕のある作家さんが表現技法としてやれば名作も生まれるけどね。ただ単に一人称だと情景描写を書ききれなくて三人称視点混ぜ込んでるのも多いからね。
mere @yoyo_mere 2017年7月5日
読む側としては細かい技法とか比較的どうでもいいっていうか、面白ければ何でもいいです。
たる @taruwo 2017年7月5日
場面場面で一人称と三人称がわかれてるのならそこまで気にならないけど、一段落で混ざってるのがあると流石に読みづらいので、もうちょっとちゃんとしろよとは思うよ
mere @yoyo_mere 2017年7月5日
スポーツのルールはやる側見る側で共通のルールだろうけど、三点リーダーがどうとか一人称がどうとかは書く側のルールであって読む側には関係ないので。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年7月5日
へんに混在させたら読みづらいし何言ってるんだかわからなくなったりするのも事実なんで、ネット上にあるような、編集さんその他、他人の目を通してない小説だと、実際読みづらいレベルのものもあるだろうね。
目標まで-8キロ @kanikamamam 2017年7月5日
山田詠美の小説読んだらこの人どうなっちゃうの?
にににry⋈ @for_registratio 2017年7月5日
筒井康隆は、色々ルール(というよりは常識)をやぶる印象ではあるな。虚構船団、なんたらと脱走のサンバとか、偶像に口紅をとかは、そういうルールを守っているんだろうか。っていうのはクソリプやんな。(破ってるんなら明確に破るつもりで書いてそうなので)。虚構船団の「コココココ」は、純粋な文章での表現ではないと思うんだけど、こんなことしていいのか!って衝撃は受けたな。
お豆さん @feijao0131 2017年7月5日
初めて切り替え読んだのはヤマモトヨーコだったはず。
佐藤葵@みんなをディフレクト @srpglove 2017年7月5日
発言者本人からのダイレクトメッセージによる要請があったのでツイートを削除しました。
dag @digital_dag 2017年7月5日
娯楽小説にルールなんてあってないようなものだろ。娯楽小説は「読者が楽しむ」事が最大の目的だから一人称と三人称が混じろうが文法滅茶苦茶だろうがインダス文字で書かれようが読者が楽しめれば娯楽小説として成立するものだ。「正しい文章を書くことで読者に正確な情報を伝える」ために存在する論文や公文書じゃねーんだぞ。
ボトルネック @BNMetro 2017年7月5日
表現のために意図的に混ぜてるやつじゃなくて、文章が下手ゆえに混ざってるやつのことを言いたいんだろうな。主語と述語がねじれてるレベルの。ラノベではないけど山田悠介とかあのへん。
藤崎ほつま@「ナ マ ケ モ ノ」 @Hozma_Fujisaki 2017年7月5日
作品の演出や文章の構成によりけり。 人称が混在することで魅力的になることもあれば、単に読み難く失敗としか思えないこともある。単に技術の問題で、上手い人は上手く処理するし、下手な人は下手なだけ。
ボトルネック @BNMetro 2017年7月5日
for_registratio 筒井康隆の作品だと、「句点と読点」なんかが意図的に混乱させるための文章になってますね。
ほむほむ @hoihoi30004 2017年7月5日
鍵垢にして失踪したか、またトゥゲッタラーの大勝利だな。次の桃を拾ったおばあさんを探しに行こうぜ(・∀・)
牛野小雪 @cowfieldtinysno 2017年7月5日
読みにくてごめんなさい(´゚д゚`)
Raku @enraku_E 2017年7月5日
hirorin0015 SF新人賞作品で、筒井康隆さんが文体を理由に評価しなかったのに対して星新一さんが絶賛していたってエピソードがありましたね…。話さえ良ければ文体のタブーは気にしないって時代を作った先駆けなのでしょうかね
にににry⋈ @for_registratio 2017年7月5日
BNMetro それは気づかなんだ。守破離になぞらえて良いなら、筒井康隆は離の段階ということで異論は少ないんではないだろうか。
まりも @Admiral_Marimo 2017年7月5日
混ざってて読みにくいけど面白い小説はあった。混ざってなければもっとよかったのに…とは思った。 段落でシーン区切って視点を分けてるとかならいいんだけど、普通に2行目でいきなり三人称になってるんだよね…
水素が粉末になるmaruishi @maruishi 2017年7月5日
digital_dag 物語を楽しむためにはまず最低限読みやすくないとダメだと思うよ。インダス文字で書かれた小説でごく一般的な読者が楽しめる?
スゥ。ニャオロン(似鳥龍オルニトミムス) @_2weet_sue 2017年7月5日
街中で鳴ってた小室哲哉の曲が 踊る君を見て恋が始まって あなたの髪に触れ私ができること何だかわかった (Can’t stop fallin’ in love) だの あなたのしあわせ見つけて欲しかった 君が微笑んでおやすみを言って眠って欲しかった 足跡を消してゆく私を忘れて (Wanderin’Destiny) だの人称なんかイイ加減でもミリオンな売上げだった’90年代とゆー時代があってなー。
dag @digital_dag 2017年7月5日
maruishi 一般的な読者を想定していないニッチな娯楽作品ならそれもありでしょう。
にににry⋈ @for_registratio 2017年7月5日
絵の詳しいことはわかんないけど、デッサンもまともにできないくせにピカソを真似るなとかってのは聞いたことがある。文章についても、同じようなことを言う向きが(多いか少ないかはわからないけど)あるんだろうと思う。→
にににry⋈ @for_registratio 2017年7月5日
「娯楽小説だったら、別に細かいことはいいんだよ」ってのは完全同意として、「デッサンが下手でも、正しい文章を書くことができないかろうが、芸術性の高いものを作れないわけではない」「デッサン/正しい文章もまともに書けないのに、崩した表現をしたところで、人の心に訴えるようなものが作れるか」ってどっちも一定の理はある気がして、なんとも言えないなぁ。
哺乳類型爬虫類 @harunotokage 2017年7月5日
昔ジャンプがやってた小説賞で三人称視点で描かれた文章の中にいきなり一人称の独白が混じるって作品があって、審査員(栗本薫先生だったか)に「ルール違反です」って怒られてたな、ということを思い出した。 実際読んだら三人称部分と独白部分はキッチリ分かれてたので混乱はしなかったけど
こざくらちひろ @C_Kozakura 2017年7月5日
まあ小説を読むのは、それを読んでから何をするでもない単なる読者だから視点の揺れ云々はどうでもいい。ただ、脚本でそれをされると後工程を任される者として殺意覚えるからマジでやめてね
ぽんぽん @apocalypse1706 2017年7月5日
こんないみのわかんないまとめは消すべきだと思うんだが
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2017年7月5日
おお、ツイートが全くないwww/消えたツイートのツイート主は、小説のルールを知ったかワナビーする前に、「ネットで書いたテキストは他人に読まれ、内容がクソなら批判される」という当たり前の事を先ず理解すべきだったという教訓。
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2017年7月5日
本編が存在しないもんな。コメントしてる人たちには悪いがもう消していいだろ。(乗り遅れた者の身勝手)
なんもさん @nanmosan 2017年7月5日
文学的挑戦として人称を混在させる、あるいはSFや推理小説のテクニックとして使う、みたいなのはラノベなんかが生まれる前からあったわけです。けど娯楽小説ってのは読みやすさ優先であるべきなので、いっそ封じ手にしようという意見にも合理性はあるんですよね。まあ主人公一人称スタイルが古典的で描きやすい手法なだけに、それを物語の展開でコロコロ変えられると、そこに作者の都合が見え隠れしちゃって物語に没入しにくくなるものなんだと思いますから。
ハイホー @Ho__Hi 2017年7月5日
まとめがないのに、その話題らしきことを語っているこのコメ欄も、何らかの新しいエクリチュールでは……
アンジェイ和田@映画「野獣刑事」信者 @andrzejwada 2017年7月5日
ハメ撮り(一人称) ときどき 置きカメラ(三人称) のアングル微調整が嫌い。カメラマンは別にいて、演者は性に没頭してほしい。
aki @Yy7_f 2017年7月5日
二人称小説ってないの?と思ったあなたに津原泰水「バレエ・メカニック」を強くお勧めする。
胡上奈生(こがみん) @nowkogami 2017年7月6日
デッサンが整っていない漫画でも面白い漫画は面白いし、意図して枠を超えてくる作品より天然で枠を壊してくる作品のほうが時代にあったエネルギーを持っているのだろうなと思う
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年7月6日
「僕の友人を紹介します」(以後一人称なし)(男一匹ガキ大将冒頭より)
oxoxxoox @opoxint 2017年7月6日
本編がなくなってるのに、広告はしっかり残してあるのは凄いと思った
菅野№2 @Sugano_No2 2017年7月6日
ていうか、人称が変化するのなんて、カメラが切り替わるようなもので、映像の世界では当たり前にやってることじゃないのかね。クレーンカメラで撮ったりハンディで撮ったりとか。それを文章でやると叩かれるのもおかしな話ではないかね。
菅野№2 @Sugano_No2 2017年7月6日
lawtomol 「字下げ」は原稿用紙に書く場合のルールで、コンピューターで文章を書く場合は「字下げ」せずとも「改行」だけで事足りるから。
菅野№2 @Sugano_No2 2017年7月6日
yoyo_mere 三点リーダーは印刷する側のルールかと。
菅野№2 @Sugano_No2 2017年7月6日
「ブレアウィッチ・プロジェクト」とか「クローバーフィールド(だっけ?)」なんかは、カメラの使い分けが効果を上げていたと思うのだけどなあ。「これは誰視点だよ?謎視点じゃーん」てのもあったような気がするが。あれを嫌うのと同じ理屈じゃね?
山本進(Susumu Yamamoto) @vasrung09289 2017年7月6日
本文削除するくらい叩かれたのか……それともシッタカしたけどその程度だったのか。 う~ん、昔から手法の1つ、ではあった気もする。まぁ最悪、読者に『巻末だけ立ち読みさせて棚に戻させなければ』現代の手法一つだと思います。
菅野№2 @Sugano_No2 2017年7月6日
vasrung09289 元ツイはどうでもいい。コメント欄を見るに、それほど叩かれてもいないんじゃないかな。恐らくは、本人のプライドに潰れただけではないかと。作家志望なのかライターなのか、自信があったんじゃね? 俺なら、自信はないから断言はしない。逃げ道というか保険はかけたいな。保険のかけ忘れをしたうっかりさんとしか思えないなあ。 元ツイ、検索してみようかね。
ハイホー @Ho__Hi 2017年7月6日
もしかして、ちょっと前に流行った「移人称」のことじゃないよね?だとしたら、すげーつまんない話だけど。まあ、ラノベの話だったら違うか。
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2017年7月6日
Sugano_No2 いや、字下げは日本語表記のルールでしょ。改行なら原稿用紙でも出来ますし原稿用紙以外でも字下げはします。(というか本を読めば字下げされていることが分かります) ネットで字下げしないことが多いのは、プロポーショナルフォントのせいで字下げしても見栄えが悪いのと、Webアクセシビリティと親和性がいまいちよろしくないのが理由だと思ってます。(スペースだからあまり問題にはならんかもしれんが)
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2017年7月6日
そのことと「字下げもしないTwitter云々」をどう読むかは別
冴吹稔@シルチス書院 @seabuki 2017年7月6日
本文なくなってるけどコメント見るだけでも価値があるよね、これ。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2017年7月6日
enraku_E あれは新井さんを評価した星さんが偉大。「新井素子文体」って、あの頃は確かに異端だったけど、今はそれこそラノベとかで普通に使われてる。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2017年7月6日
新井さんの初期作品の文体なんて、今の若い人が読んでも、なぜ当時、論議を呼んだのか分からないと思う。今となってはごく普通の文体だから。
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年7月6日
カメラの視点が変わる…サム・ライミ映画か?
yoshicall @movatiki 2017年7月6日
スノッブは、アガサクリスティの時代から変わらないのだな、と。
ブラキストン線の向こう側 @cupsoup2 2017年7月6日
新井さんの初期文体と言えば「辛いです。カープが好きだから」とかですね(違
八潮@元旦刀ステ @yashio_kuyo 2017年7月6日
こんなバズったまとめにろくごまるにの広告を載せてくださってありがとうございますという気持ち
やきなす @biriron 2017年7月6日
混在の良い例悪い例と、悪い例を修正するとかやってくれるとひょっとしたら役に立つのだが。(正直ピンと来ていない)
G@回転中 @G_rolling 2017年7月6日
『・・・・・絶句』は、一人称と三人称を切り替える時宣言してた記憶が。で、切り替わったときに主人公が動揺するというメタネタも。章の途中でコロコロ替わると読者が混乱するというデメリットはあるから、ここから切り替わるというのが明示されればそのデメリットは無いわけです。
佐渡災炎 @sadscient 2017年7月6日
VRAM01K ここでいう「フットボール」というのは現在のサッカーともアメフトともラグビーとも違う「原始フットボール」の事であってサッカーの事ではない。原始フットボールでは手でボールを扱う事自体はルール違反ではないことが多い(ローカルルールが無数にある)が、ラグビーの起源とされる事象では「ボールを抱えてゴールする」ことがルール違反だったとされる。
佐藤葵@みんなをディフレクト @srpglove 2017年7月6日
まとめへの反応を追加しました。
バタ子 @Zambarabarabara 2017年7月6日
昔から結構あるのに。個人的にはあんまり得意じゃないけど。
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2017年7月6日
三十年くらい昔の同人誌かペーパーだったかで「耽美小説に欠かせない手法」的に書かれてた記憶がある。
ボトルネック @BNMetro 2017年7月6日
そいや筒井康隆は一人称小説で章ごとに語り手がなんのことわりもなしに入れ替わるってのを推理小説のトリックで使ってたな
ボトルネック @BNMetro 2017年7月6日
まあ音楽で言うとコード進行を分かってないとか対位法がどうたらとかスケールとか不協和音とかその手の話に近いよね。分かってなくてひどいものも確かにあるし、元々の主の文脈はそういうことだろうけど、「わかっててあえて崩す」ひともいるし、例えば初期のロキシーミュージックみたいに「音楽をよくわかってない素人だったがゆえに斬新な音楽になった」なんてパターンもあるからねえ
にににry⋈ @for_registratio 2017年7月6日
BNMetro あー、推理小説だったかは覚えてないけど、いきなり変更されてて、しばらく種明かしされないってのはなんとなく記憶あるな。同設定での短編とか(つまり七瀬シリーズかな?)であったような気もする。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2017年7月6日
G_rolling 1983年当時では、一人称の小説の途中に三人称のパートを入れるというのは、それぐらい大変な冒険だったんです。わざわざ作者が出てきて、ここでルールを破りますけど許してくださいと読者に謝らなくちゃいけないほどの。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2017年7月6日
でも、新井さんがそうやってルールを破ってくれたおかげで、後続の作家も安心して破れるようになったんじゃないですかねえ? よく考えてみたら、そもそも何でそんなルールがあったのか分からない。一人称のパートなのか三人称のパートなのか混乱しないように書いておけば、何の問題もないのに。
男山 @otokoyama_rx 2017年7月6日
効果としてわざと外している(人称混ぜている)人と、何も考えずに混ぜて読みにくくなっている人と、それぞれ主張しているものが違うからお互い納得できるはずがない。消されたけど、まとめ主が言ってるのは後者のことでしょ。それを擁護できる材料を持ってこないと。そもそも、増えているって言ってんだから、今じゃ当たり前ってのは意味がない。
男山 @otokoyama_rx 2017年7月6日
むしろ、作者のレベルが……ではなく、創作のハードルが下がったことと、初級者の作品が広く目につきやすくなったから、そう感じるんじゃないかな
シミリス4 @similis04 2017年7月6日
そんなこと気にしながら小説読んだことないから混ざってるから不快とか思ったことないやw 私が鈍すぎるのかそこまで酷い小説に当たったことがないだけなのか。
G@回転中 @G_rolling 2017年7月6日
一人称なのに本人の知らないはずのことを語っちゃうような小説がダメな小説だと、個人的には思っています。一人称は主人公の内心を地の文で書けるかわりに、主人公の知らないことは書けない。まあ、これはルールというより当たり前のことでしょう。じゃあどうするかというと語り手を変えるか、三人称に変えればいいんですが、それがあまりよろしくない事とされていたわけです。一人称(例えば主人公視点)と三人称(言うなれば神の視点)を、読者が混乱しなくて済むように書き分けられるなら、それで問題ないと思うんですよね。
G@回転中 @G_rolling 2017年7月6日
「一人称なのに本人が知らないはずのことを語っちゃうけど問題ない小説」ってのも実は存在してて、一人称なのは事件当時の主人公で、それを神の視点でのちの主人公が語るというパターン。いわゆる追想なんで問題はないんだけど、読み手が混乱しやすいというデメリットはやっぱりある。
遊星族 @U_Star_Clan 2017年7月6日
一人称だけを使ったからこそ、「アクロイド殺し」のような傑作が生まれたって例はあるけどね
菅野№2 @Sugano_No2 2017年7月7日
kamiomutsu いやいやいや、字下げは原稿用紙に書くからこそのルールですよ。原稿用紙のルールをコンピューターで読み書きするテキストに援用するのもナンセンス。読みやすさ(見栄え)の問題でしかないので、そんなことはHTMLならCSSでやればいいだけのこと。見栄えを変えるためだけに無駄にスペースを入れる必要はないですわ。 ツイートで字下げする人がいるなら言いたい、「馬鹿なの?」と。
菅野№2 @Sugano_No2 2017年7月7日
kamiomutsu 字下げが原稿用紙に書く場合のルールであることは承知しているけど「字下げは日本語表記のルール」だなんてそんなルールは初見ですよ。どこのルールですか? 原稿用紙に書く場合のルールなので、出版印刷業界でのルールだろうとは思いますが、それを「日本語表記のルール」とまで言い切るのは如何なものかと。
菅野№2 @Sugano_No2 2017年7月7日
wordとか使わない人なのかな。それか、自動字下げをしないでいちいちスペース入れる人なのか。
urutora_udon @urutora_udon 2017年7月7日
一人称複数視点のガルシア=マルケスという作家がおりましてですねw
urutora_udon @urutora_udon 2017年7月7日
登場人物を眺める三人称の神の視点なのに、語り手としては村そのものと思しき観察者からの一人称という百年の孤独とかw
にににry⋈ @for_registratio 2017年7月7日
Sugano_No2ツイートはそもそも文字数制限厳しいから、字下げの必要あるほどの文章にならんですし、ツイートで字下げ云々言われたら、えぇ?って気持ちになるな。( 仕事でのメールは字下げしてるんだけど、しなくていいよ、普通しないだろ、とかは言われたことあるなぁ。)
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年7月7日
harunotokage ちなみに栗本薫「ぼくらの時代(1978年)」は、三人称で始まって、その後一人称に切り替わります。とは言ってもいきなり切り替わるんじゃなくて、「自分のことを自分で描写するのも変な話だから一人称でやってみよう」という断り書きがあります。
ビールクズ猫 @WAKUWAKUTAKKU 2017年7月8日
元のまとめツイートが消えてるが、大体のこの手の話でやり玉にあがるような代物は、「メシマズ嫁テンプレ」に該当するような代物と思ってもらって差し支えがない。隠し味とか高等テクニックに手を出す前に、そもそも基礎中の基礎は抑えとけよ、ってな代物。
ハドロン @hadoron1203 2017年7月11日
ダニエル・キイスの「5番目のサリー」や「24人のビリー・ミリガン」読んでると、多重人格なので一人称から三人称までのグレーゾーンを行ったり来たりしてて目まいがしそうだった。
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2017年10月20日
lawtomol 本来字下げは印刷物のルールであって絶対ではないので。手紙が字下げしない(する人も増えてきたけど)ならツイートが字下げしなくても何の不思議もない。
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2017年10月20日
インデントはパラグラフあってのものだから、ツイート(つぶやき)の場合、わざわざ下げるくらいなら、ツイート自体をしなおす方が自然かと。
ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 2017年10月20日
インデントは活版印刷の一般化で、段落冒頭の飾り文字や、手書きだとできた微妙な行間が表現できなくなっていったあとでの工夫じゃないかな。
クファンジャル_CF@凍結されにけり @stylet_CF 2017年10月20日
とりあえずハヤカワの翻訳SF読ませたら狂死しそう。
lonngfa @lonngfa 2017年10月20日
興味深そうなまとめだったのに、元ツイが削除されていて残念です。それでもコメントから興味深いことが知れたのでよかったです。個人的な見解としては、どんな手法をつかっても、それが読者のメリットとなるのならOKなんじゃないですかね(その方が読みやすいから、とかよりストーリーに没入させる、とか理解を深める、とか)。
lonngfa @lonngfa 2017年10月20日
lonngfa ただ、対象となる読者層や公開媒体によって、手法がメリットとして作用するかどうかは変わってくるのかな。
高嶋ぽんず@くノ一の魔女1巻、DLsiteにて発売中。 @ponzz 2018年4月15日
文章力が足りなくて、一人称で書いてたのに一人称を続けられなくて、いつのまにか三人称に変わっていたとか、三人称で書ききれなくていつのまにか一人称とかならそりゃ少しは文章力磨けよってなる。 それは、最初から一人称と三人称を混在させる書き方とは全く別問題。わかってて書くのと、わからなくて書くのは違う。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする