タラ夫と巡るバベルの塔展in大阪

大阪・国立国際美術館で10月15日まで開催中の「バベルの塔」展。展覧会マスコットキャラクターのタラ夫と一緒に、展覧会の魅力に迫ってみましょう!
0
タラ夫 @2017babel

【タラ夫と巡るバベルの塔展in大阪】展覧会ってどんなところ?…そんなあなたに、バベルの塔展会場の様子をちょこっとだけお見せします。 まずは入口。エスカレーターで地下3階まで降りると、東京会場同様、力強い「BABEL」のロゴが皆さんをお出迎え。ここから展覧会が始まります。わくわく。 pic.twitter.com/iJjhaaAzDn

2017-08-09 07:00:49
拡大
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪②】展示室に入る前に、忘れてはいけないのがこれ、音声ガイドです。声優・森川智之さんが、キリスト教の物語や絵画の場面をイケボにわかりやすく解説。美術超初心者の方にこそオススメです。 すべて聞いても30分程度ですので、お急ぎの方にもオススメですよ。タラ夫も借りてみる? pic.twitter.com/7ySgxm3eWI

2017-08-09 17:00:02
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪③】展覧会の構成は大きくわけて「16世紀ネーデルラント地方の美術って何?」「当時絶大な人気を誇った画家ヒエロニムス・ボスを覚えてね!」「ボスに影響を受けたブリューゲル、どのように《バベルの塔》に至ったんだろう」の3つに分類されます。まずは当時の美術のおさらいです。 pic.twitter.com/9t5pu221Nk

2017-08-10 07:00:55
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪④】入口には15、16世紀ネーデルラントの木彫作品が登場。どれも驚くほど細密です。衣服のひだや髪の毛にいたるまで精巧に彫られ、金箔が施されている作品も。これらの作品は、平面作品に劣らず人気で、遠く東欧や北欧などからも注文があったとか!じっくり見てみてくださいね。 pic.twitter.com/D5kH19wVIv

2017-08-10 17:00:43
拡大
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑤】「列品解説」でもご紹介したように、当時の芸術はキリストの教えを伝える、という重要な役割を果たしていました。そうした宗教画を見つつ、4章「新たな画題へ」(黄色の部屋)では、絵画の中の主題が徐々に日々の暮らしの風景や静物へと徐々に移っていく流れもしっかり抑えます。 pic.twitter.com/005BYEbcgI

2017-08-11 13:33:03
拡大
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑥】16世紀ネーデルラント美術の流れをおさらいした後は、当時の画壇に一大旋風を巻き起こした画家、ヒエロニムス・ボスの油彩が登場。ボス没後500年を記念した大回顧展が昨年ヨーロッパで開催され、連日大行列だったとか。そんなボス作品が日本で見られなんて…タラ夫、感涙。 pic.twitter.com/XpuNeujuUe

2017-08-12 08:00:51
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑦】ボスの油彩画を堪能した後は、そのボスに影響を受けた同時代の画家たちによる「ボス風」の絵画や版画をみてみましょう。よーく観察すると、あちこちにモンスターたちがうごめいているのがわかります。天井からは部分拡大されたバナーが吊られていますので、そちらもご覧ください。 pic.twitter.com/r97qbLNAcq

2017-08-13 17:00:37
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑧】「ボス画風」のコーナーを抜けると、ブリューゲルの版画が登場。そう、ブリューゲルもボスの影響を受けていた一人。ブリューゲルの才能は素晴らしく、当時「第2のボス」とも呼ばれていたのだとか。そんなブリューゲルの版画作品で見逃せないのが…(つづく) pic.twitter.com/XAYYcALcwn

2017-08-15 12:00:59
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑨】ブリューゲルの版画をたっぷり鑑賞した後は、いよいよ《バベルの塔》へ。ネーデルラント美術に独特のパノラミックな構図、版画コーナーでも見られる市井の人々への視線と徹底した細部の描き込み…前章までの内容がすべてこの塔につまっているようかのです。 #バベルの塔展 pic.twitter.com/0q3llUJnH2

2017-08-16 07:14:07
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑩】ブリューゲルの《バベルの塔》、意外と小さいと感じた方は多いのではないでしょうか。細部をじっくりご覧になりたい方は、300%に拡大された東京藝大COI拠点による拡大複製画をどうぞ。表面の質感や凹凸は、本物とうり二つ!こちらも見逃せません。 pic.twitter.com/Qi2KoYrNAF

2017-08-16 17:00:18
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑪】展覧会の最後には《バベルの塔》解説動画コーナーも。3DCG化されたバベルの塔を様々な角度からお楽しみいただけます。最後の塔への寄りのシーンは圧巻です! pic.twitter.com/3LRye7B02l

2017-08-17 07:19:09
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑫】会場内での作品の写真撮影はできませんが、かわりに展示室の出口付近にはこんなフォトスポットが。なるほどこうしてみると、バベルの塔が実在していたらいかに高く大きいかが分かりますね。東京タワーパネルの上でタラ夫も記念撮影。 皆さんも会場ではぜひ撮ってみてくださいね。 pic.twitter.com/qbK11KGHl2

2017-08-17 12:00:27
拡大
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑬】ネーデルラントの貴重な作品たちを堪能した後は、グッズコーナー!展覧会の感動や思い出を身近に感じていたくなるような、上質で楽しい展覧会オリジナルグッズを取りそろえています。 pic.twitter.com/fuvluLl6r7

2017-08-18 07:20:09
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑭】まず忘れちゃいけないのが展覧会公式図録(2,500円)。出展作品のカラー図版と解説がすべて載っています。また巻末には《バベルの塔》原寸ポスターつき!これでじっくり細部を堪能できます。展覧会の記録に、ぜひどうぞ。 pic.twitter.com/dDIOxzk86W

2017-08-19 07:00:54
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑮】記念のポストカードはいろんな絵柄をご用意。バベルの塔は大判から6枚セットのものまでありますよ。その他にもモンスター柄のエッグスタンド(550円)や取っ手までこだわったマグカップ(1500円)など、魅力的な商品がずらり。存分に迷っちゃってください。 pic.twitter.com/xEY60CZvfn

2017-08-21 07:00:41
拡大
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑯】タラ夫はいろんなグッズに興味津々。すぐいたずらしちゃって!みんなのサンプルだから壊さないようにね。 #バベルの塔展 pic.twitter.com/G4k2InQtiN

2017-08-22 07:30:26
拡大
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑰】ぜひ魚を食べたいステキなオーバルプレートもオススメです。裏面にはワンポイントでタラ夫(の素)の姿も。 あ!青ちゃんいつの間にそこに!逃げてー! #バベルの塔展 pic.twitter.com/2E9FUjwxcy

2017-08-23 07:01:00
拡大
タラ夫 @2017babel

【タラ夫in大阪⑱】会場出口にはモンスターピンのガチャガチャも。9種類のモンスターの中にはタラ夫もいますよ。お帰りの前にひと回ししてみては? #バベルの塔展 pic.twitter.com/HlbdFsUKzM

2017-08-25 07:01:06
拡大
タラ夫 @2017babel

タラ夫と巡るバベルの塔展in大阪、いかがでしたか?展覧会の魅力はまだまだたくさんありますので、ぜひご来場いただき直接ご確認ください🐟 展覧会は10月15日(日)まで! タラ夫ともどもお待ちしています! #バベルの塔展 pic.twitter.com/ZnXcpEInRb

2017-08-25 08:00:58
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?