3

火山名 霧島山(御鉢) 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第1号
平成30年2月9日11時55分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台

**(見出し)**
<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
本日(9日)08時頃から火山性地震が増加しています。今後の火山活動の情報に注意してください。

**(本 文)**
1.火山活動の状況
 霧島山(御鉢)では、本日(9日)08時頃から火山性地震が増加し、11時までに19回(速報値)発生しました。
 現在、遠望観測やその他の観測データに特段の変化がみられていませんが、今後の火山活動に注意してください。
 現地調査を実施する予定です

2.防災上の警戒事項等
活火山であることから、火山灰や火山ガス等の規模の小さな噴出現象が突発的に発生する可能性がありますので注意してください。

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>

Ryusuke IMURA @tigers_1964
高千穂河原は下りた方がいいかもな。火口より低くて近すぎる。

火山名 霧島山(御鉢) 噴火警報(火口周辺)
平成30年2月9日14時40分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台

**(見出し)**
<霧島山(御鉢)に火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)を発表>
 霧島山(御鉢)で小規模な噴火が発生するおそれがあります。御鉢火口から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください
<噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引上げ>

**(本 文)**
1.火山活動の状況及び予報警報事項
 霧島山(御鉢)で、本日(9日)08時頃から火山性地震が増加し、11時頃からさらに増加しています。
 現在、遠望観測やその他の観測データに、特段の変化は認められません。

 霧島山(御鉢)では、火山活動が高まってきており、今後、小規模な噴火が発生するおそれがあります。御鉢火口から概ね1kmの範囲

Ryusuke IMURA @tigers_1964
今、高千穂峰の山頂にいたら、どちらに下りるかだな。御鉢方面に下りるのは危険だから東の都城市か高原町方面に逃げることになるのかな?
Ryusuke IMURA @tigers_1964
御鉢の火口中心から1kmだと、高千穂河原は外れるのか。火口縁からだと、ちょうど1kmくらいか?
早川由紀夫 @HayakawaYukio
「気象庁機動調査班(JMA-MOT)が実施した現地調査では、これまでの観測と比べ、火口内の噴気や熱異常域の状況に特段の変化は認められませんでした。」 火口内の噴気をどこからどうやって調べたのだろうか?
Ryusuke IMURA @tigers_1964
上に人はいなかったのか? 御鉢の登山道を立ち入り規制|NHK 鹿児島県のニュース www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshim…
早川由紀夫 @HayakawaYukio
御鉢で気象台職員が現地調査|NHK 鹿児島県のニュース www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshim… 「午後3時前に御鉢へ向けて出発しました。」レベル2にしたのは14時40分だった。職員を殺したいのか、気象庁長官。

御鉢で気象台職員が現地調査
02月09日 18時13分 NHK鹿児島

御鉢には気象庁の機動調査班が派遣され、鹿児島地方気象台の職員2人が現地調査を行いました。

職員2人は、9日午後2時半前に登山道につながる高千穂河原に到着しました。

今回の調査は特殊な機器を使って御鉢の火口付近で山体の温度を計測するほか、火山ガスなどのにおいに変化がないかを調べるのが目的で、午後3時前に御鉢へ向けて出発しました

鹿児島地方気象台によりますと、今回の調査ではこれまでの観測と比べて、火口内の噴気や熱異常域の状況に特異な変化は確認されなかったということです。

気象台は引き続き状況を監視し、警戒にあたることにしています。

早川由紀夫 @HayakawaYukio
本白根山で死んだ自衛隊員は火口から260メートルの距離にいた。どんなに小さな噴火でも、直近にいれば死ぬのを見たばかりではないのか。ほんとに気象庁てアホだな。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
火山のことを何も知らない。
Ryusuke IMURA @tigers_1964
よく時間をみたらそうだ。レベル1だった時に登ったと思ってた。それでも「私ならないなぁ」と思ってた。 twitter.com/hayakawayukio/…
早川由紀夫 @HayakawaYukio
「職員2人は、9日午後2時半前に登山道につながる高千穂河原に到着しました。」「午後3時前に御鉢へ向けて出発しました。」 NHK記者のこの文章表現は、NHKにできる精一杯の問題提起なんだろうと思う。ふつうはこんな時刻をニュースに書かない。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
レベル2発表は14時40分だった。発表前に地元自治体と協議するよう草津町にきつく言われたからしなかったはずない。気象庁内部では14時にはレベル2にすると決めてたとみられる。現地に派遣された職員と行き違いになったことはない。現地に職員を派遣したことを忘れたのだ。長官以下幹部の見識を問う。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
気象庁職員だけは火山噴火に遭遇しても死なないともし思っているのなら、真性のアホ。
Ryusuke IMURA @tigers_1964
自分たちで警報を出しておきながら、「起こらない」と思ってるんだわな。正常性バイアス。半端は気持ちは地元行政にも伝わる。
⚒F. IKGM🌋 @geoign
そもそも論として、専門家はリスクを自己管理できる筈なのでよっぽどの無茶や副次的ダメージの可能性がない限り安全管理の判断を委ねるべき。現場の気象庁職員にどのくらい専門性と裁量の自由があるのかは議論の余地があるけれど。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
御鉢で気象台職員が現地調査|NHK 鹿児島県のニュース www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshim… 動画がはいった。黄色いヘルメットをかぶっただけで登山道に入る鹿児島地方気象台の職員二人が映っている。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
御鉢から1キロ円と気象台職員の御鉢登山ルート pic.twitter.com/vqW5UPVKaK
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

いまツイッターで話題の記事

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする