2018年2月20日

翔べ! 必殺うらごろし視聴記

必殺シリーズ・翔べ! 必殺うらごろし全23話の視聴感想となる予定です。
7
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんなわけで流れ星銀に代わり今回から翔べ!必殺うらごろしの視聴感想を始めます。視聴感想初の時代劇。私は過去に斬り抜けると江戸特捜指令ぐらいしか見たことがない時代劇初心者だが、正直雷に打たれたような衝撃を感じた。 #翔べ必殺うらごろし pic.twitter.com/pEnX4wBbnR

2018-02-20 21:41:33
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

これをきっかけに、必殺仕事人シリーズかおしどり右京捕物車あたりの時代劇路線を見ていけたらと思う。内心ロボットアニメの次は時代劇を見ようと結構突き動かされている。とりあえず必殺うらごろしは契約サイトとの都合もあり来月までには見終わりたい。 #翔べ必殺うらごろし

2018-02-20 21:42:56
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

とりあえず触りの第1話を……ぶっちゃけ主人公の先生が中村敏夫さんだったことに吹いた。江戸特捜指令の一斎先生じゃないですか、はしゃぎすぎだぞてめぇ達!地獄に落ちて蛆虫になれ!!の一斎先生じゃないですか……!それと別におしどり右京捕物車も結構気になっているのだが #翔べ必殺うらごろし pic.twitter.com/SZGrLKfNAW

2018-02-20 21:46:28
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そちらの主演も中村敏夫さんらしいようで……うん、もう中村敏夫さんのファンになることにしたよ、私は。中村さんに時代劇の世界へ導かれている気がする。そんな彼だが一斎先生以上にとんでもないお人になっているようで、死者の声や過去の記憶を聞いたり読み取ったりできると #翔べ必殺うらごろし pic.twitter.com/hSxJPFdcEQ

2018-02-20 21:49:19
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんな二人の戦いっぷりだが……いや、もうどこからどう言えばよいのか私にはわからないというか、センスがただものではない。正直訳が分からないけれどもい異様に興奮する。先生の旗はどうして先がとがっていないのに相手を貫くのでしょうか、先生だからです。 #翔べ必殺うらごろし twitter.com/nanashiborger/…

2018-02-20 21:55:44
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そして第1話冒頭で先生に助けられるおばさん。単なるゲストかと思えばとんでもない。巧みな話術で相手の隙をついて出刃包丁でブスリ……お前の命だよ! #翔べ必殺うらごろし twitter.com/nanashiborger/…

2018-02-20 22:00:29
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そして、裏仕事の斡旋とかを仕事にしている情報屋ポジの正十。いわばねずみ男ポジだろうか。この4人が当てもない旅の中で極悪非道な悪党を容赦なく始末していくのが概ねのストーリーフォーマットになると思う。容赦なく相手を始末しているがそもそも悪党が大体極悪非道で #翔べ必殺うらごろし pic.twitter.com/McumfHEL2F

2018-02-20 22:04:44
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

今回、村の仏像から血の涙が出る怪奇現象は、かつておばさんの知らないところで村人に巡礼の旅へ出されたお鶴を求める彼女の母としての想いによるものだった。しかしそのお鶴が仏像を狙う重蔵ら香具師の連中に殺害されてしまう。母と引き裂かれた娘を容赦なく殺す相手に対し #翔べ必殺うらごろし pic.twitter.com/YJQsGLwD55

2018-02-20 22:09:01
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

彼らはビジネスとかではなく、純粋な怒りで相手を始末していく。失われた記憶から思い出した我が子を失ったおばさんもそうで、また若は自分が長身で腕っぷしも強いゆえに女としてみてもらえないコンプレックスから男に負けないような生き方をしていた故につらく当たったことを #翔べ必殺うらごろし pic.twitter.com/rIAA7gHlYU

2018-02-20 22:11:12
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

後悔しており、そのために敵討ちを望む。彼らもまた情け容赦ない面々だけではなく、人間としての倫理や正義感も持ち合わせている。そんな彼らが非道な敵を容赦なく仕留めるカタルシス。まさしく大勝利ともいえるこのシーンが本当いろいろな意味でヤバイ #翔べ必殺うらごろし pic.twitter.com/VkGv69L4h8

2018-02-20 22:13:28
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

といった感じの極悪非道の悪を正義の怒りとともに容赦なく始末する作風に、荒唐無稽さと超常現象ネタが突っ込みどころとともに爽快なカタルシスを与えていると思う。本当気持ちが良い。時代劇ってこんなに面白かったのかと変な話すごい思った。リクエスト関係で早くも大当たりを #翔べ必殺うらごろし

2018-02-20 22:16:08
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

引いたような気がする。とりあえず必殺シリーズか、中村敏夫さんの主演関係を見ていきたいと今後思う。その傍らモノクロ版新撰組血風録みたいなーとも。時代劇はトーシロだが見れる限り今後も見ていきたい。これは本当面白い #翔べ必殺うらごろし

2018-02-20 22:17:43
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

必殺うらごろしから第2、3話を書いていきたい。本当に面白い、突っ込みどころも含めてカタルシスが半端ない。時代劇へのジャンルに興味がますますわいてくるものがある。どちらともハチャメチャな始末っぷりを披露してくれるわけだが #翔べ必殺うらごろし

2018-02-26 20:40:19
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

彼らが報酬や依頼金をもらう仕事としてではなく、死者の恨みを晴らすといった彼ら個人の怒りや正義感で相手に復讐を仕掛けている点がシリアスな意味でもよいなぁと思う。先生が陽が昇るとともに犠牲者の怨みを聞いて立ち上がる訳だが #翔べ必殺うらごろし pic.twitter.com/CSVTheJQJD

2018-02-26 20:45:34
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

先生がすでに達観している人物として描かれている訳で、彼は純粋に犠牲者の声を聴いてその恨みを自分が代行するといった感じの描写に対して、若やおばさんは女として、母親としての一面も持ち合わせている。悪党に踏みにじられる犠牲者を前に女として、母親としての憤りが #翔べ必殺うらごろし

2018-02-26 20:47:27
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

復讐へと至るまでしっかり描かれていることが多く、彼らが血も涙もない面々でないことを実感させてくれる。彼らもまた人としての正義や怒りがあるから、外道ともいえる悪党に対して容赦なく相手を始末する。真昼間に堂々と悪党を始末することについても、その行為が #翔べ必殺うらごろし pic.twitter.com/pzZzhLY9wt

2018-02-26 20:49:40
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

夜に行われないのはばれると都合が悪いような汚れ仕事とかではなく、彼らが彼らの正義に基づいて特に何も後ろめたくない当然のこととしてふるまえている証だろう。堂々と悪党を真昼間に容赦なく始末するだけの彼らが正義感や怒りに基づいて動いており #翔べ必殺うらごろし

2018-02-26 20:50:58
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

その姿勢にカタルシスを感じてしびれてしまうのだが、少し切なくもある。そんな本編だが第2話では芸者の染香と代官の妻・琴路の人格が入れ替わってしまう。これも琴路の夫・山路が汚職に手を染めており、妻は心を痛めていたが夫を愛するがゆえに何も言えず #翔べ必殺うらごろし pic.twitter.com/kKLup3gNRa

2018-02-26 20:53:38
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

その心労が現実逃避として人格が入れ替わる事件に発展したもの。正直芸者の染香は特に今回の事件と接点がないのは少し惜しいが、琴路の夫を愛するがゆえに間違っていることを指摘できないジレンマはよく描けていた。若がその態度を指摘すれば琴路は男にはわからないことですと #翔べ必殺うらごろし pic.twitter.com/gVcJGpCo0t

2018-02-26 20:55:46
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

彼女を男だと思い女の気持ちはわかる訳がないと否定するも、彼女は夫の汚職がエスカレートする様子からまた人格が入れ替わってしまった上に、乱心したとよりによって夫に手打ちされてしまう。そんな彼女の哀れな末路に女なんてみんな馬鹿野郎だといいつつも #翔べ必殺うらごろし pic.twitter.com/KKrQ9hq2KB

2018-02-26 20:58:01
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

@METHIE34 ですです。シリーズでもオタスケマンで一度あったきりだと思います

2018-02-26 20:58:31
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

もっとも憤っていたのもまた若だった。彼女が山路へ引導を渡す訳だが、コンボのようにボコ殴りにする描写から、大石で思いっきり脳天を勝ち割るフィニッシュがすさまじい。それだけ彼女の憤りがあったことを実感せざるを得ない #翔べ必殺うらごろし twitter.com/nanashiborger/…

2018-02-26 20:59:50
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

むろん、おばさんの隙をついて確実に始末するプロっぷりもすさまじい。この路をずーっと行くと地獄へ行くのさぁ!と #翔べ必殺うらごろし

2018-02-26 21:01:55
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第3話が、弁覚ら山伏によって父を殺され母を連れ去られた若者・真之助が母を探し、そして弁覚を父の敵として討たんとする話。今回の怪奇現象は先生がおねむの肌に真之助の怨念を母の姿として映し出すといったもので、事件そのものではない。 #翔べ必殺うらごろし pic.twitter.com/x9cfL2tMv7

2018-02-26 21:05:45
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

@ESTHER20020510 @tatsuya_koda はい、本当彼らは容赦ないすごさですよね……とても勝てそうな気がしないです(汗)

2018-02-26 21:06:30
残りを読む(155)

コメント

なす山チカ三 @Gotta_zone 2018年2月21日
「中村敏夫」じゃなくて「中村敦夫」だったような気がするのですが
0
名無し・A・一郎(ある意味原点回帰) @nanashiborger 2018年11月20日
超自然現象、それを証明する多くの伝承が古来より東西にわたって受け継がれている。
0