フランス皇帝ナポレオン3世、その疑惑の血統

ナポレオン3世は本当にナポレオン1世の甥なのか、疑問が呈されているという話。ちなみにナポレオン1世の庶子とされるアレクサンドル・ヴァレフスキは、DNA鑑定の結果、親子関係が証明された。
ナポレオン 世界史 フランス史 DNA
63
財布を忘れて愉快なヲウストリ大公妃 @Kakanien_Sazae
ただでさえ君主としての正統性がないと悩んでいたナポレオン3世、ボナパルト家の血筋ではないって結果がDNA鑑定によって出てしまったのが本当に可哀想。もし本人が知ったならショックで気が狂いそう。不倫したのは母と祖母のどっちだ? 後者なら1世の甥に変わりはないが…。 elmundo.es/cultura/2014/0…

上の記事は2014年4月29日のもので、別に最新の研究成果というわけではない。またナポレオン3世の遺伝子の疑惑に関する話は、すでに2013年12月にはTwitter上で紹介されていた。

西京子開 @saikyoushikai
ボナパルト一族の遺伝子を調査した結果、ナポレオン3世、長男ナポレオン4世、庶子ウジェーヌ・ビュールの子孫に確認された共通のハプログループが、父ルイの兄弟であるナポレオン1世とジェロームの遺伝子になかったため、ナポレオン3世の生物学上の実父はルイでない可能性があるという話。(続く)
西京子開 @saikyoushikai
(続き)このハプログループはコルシカやサルデーニャでみられる比較的珍しいタイプとのこと。ただし、この結果では父ルイの生物学上の実父が他の兄弟と異なるという可能性も否定出来ない。※詳細はまだ公表されていないようなので不明な点も多いです。 jacqmace.wix.com/histoires#!hap…
TertuliaJapón @TertuliaJapon
ナポレオン三世はナポレオン・ボナパルトの甥ではないことがDNA鑑定で判明ナポレオンの弟の妻、あるいはナポレオンの母のどこかにカケチガイ不倫があったのだろう。これからそれを判明していくという。フランスらしい事件だ。 ow.ly/weh2K
リンク FIGARO 80 Et si Napoléon III n'était pas le neveu de l'Empereur C'est ce que révèle l'étude ADN de l'empereur du second Empire, selon le Pr Gérard Lucotte, généticien, auteur de recherches commandées par Le Souvenir napoléonien, et directeur de l'Institut d'anthropologie moléculaire.

以下、記事への反応および、ナポレオン3世のDNA鑑定について自分でも調べ始める歴史クラスタたち。

性別不詳の言霊遣い@正木慶史 @amor_historiae
ナポレオン3世のDNA検査に関するフィガロの記事を読んできたんですけれど、ナポ公とナポ3のDNA系列の間に相違がありながらもそれがどういった問題に起因しているのかはなお調査の必要性がある云々述べてますね。
トイレスタンプ香りジェル @Conscript1942
DNA鑑定の結果ナポレオン3世がボナパルト家の血筋ではないと知らされたボナパルティスト「ぼなぱるっ(悲鳴」
古川 @furukawa1917
共産主義者なので手を叩いて笑っている >ただでさえ君主としての正統性がないと悩んでいたナポレオン3世、ボナパルト家の血筋ではないって結果がDNA鑑定によって出てしまったのが本当に可哀想。もし本人が知ったならショックで気が狂いそう
服飾公ラ@ダームストラング入学するよ。 @PrinzvHannover
ナポレオン3世はDNA検査の結果ボナパルト家の血筋ではないと判明したと聞いて歓喜するヴェルフ家の人間ですはい。
はくえー@シュパイアー太守 @tomoshibi6o6o
ちょっと気になって英語の記事あたってみた>ナポレオン3世のDNA けど学術過ぎてわからん stoessel.wordpress.com/privat/
リンク Nachkomme, Descendant Napoleon III. Zertifikate Y-DNA „Bonaventur“ und Napoleon III., Haplogruppe I (M170), genauer Haplogruppe I2b1 (I-M223), 37 Marker Die Haplogruppe I (M170), predicted Haplogruppe I2b1, I-M223 der Y-DNA von Napoleon III. ist identisch mit der meines Urur-Grossvaters „Bonaventur“. Genetische Werte E10197 – Väte…
はくえー@シュパイアー太守 @tomoshibi6o6o
ナポレオン1世のDNAグループはE1b1は、「東アフリカのエチオピアの高地に由来する可能性が高い」 なるほど…
ナポレオン3世の血統に疑義が生じた一方で、ナポレオンの血統であることが証明された人物がいる。ナポレオン1世の庶子といわれるアレクサンドル・ヴァレフスキ伯爵だ。彼はDNA鑑定の結果、ナポレオン1世との親子関係が科学的に確認された。
はくえー@シュパイアー太守 @tomoshibi6o6o
2011年、ナポレオン1世の毛から抽出したDNAとナポレオン7世(父親の方)のDNAを検証、「両者がボナパルトの男性系統のメンバーであること」を証明できたとのこと。 また1世の庶子ワレフスキ伯爵の子孫のDNAとも検証したところ、ワレフスキ伯爵も親子関係にあったと判明。 ccsenet.org/journal/index.…
リンク www.ccsenet.org 43 Haplogroup of the Y Chromosome of Napoléon the First, Vol. 1, No. 1 (2011) | Journal of Molecular Biology Research This paper describes the finding of the determination of the Y-haplogroup of French Emperor Napoléon I (Napoléon Bonaparte). DNA was extracted from two islands of follicular sheaths located at the basis of two of his beard hairs, conserved in the Vivant D
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03
ええと、「ジェローム・ボナパルトの男系子孫とアレクサンドル・ヴァレフスキの男系子孫がY染色体ハプロタイプ合致、よってアレクサンドルがナポレオンの庶子なのはまず間違いない」「ところがナポレオン3世の庶子の男系子孫のY染色体ハプロタイプはこれらと合致しない」でいいのかしら<RTs
現代のボナパルト一族(ナポレオン1世の末弟の子孫)と、ヴァレフスキ一族のY染色体ハプロタイプが一致!
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03
ただでさえナポレオン3世よりナポレオンらしい(外見が)という評判のアレクサンドル・ヴァレフスキ伯爵ェ……
SHO SHIN @shakushoshin
>RT ナポレオン・ボナパルトの庶子で父親に容姿が酷似、更に同世代というワレフスキ伯爵みたいな複雑な縁者をナポレオン3世はどう思っていたか…。ワレフスキ伯爵がナポレオン3世と勘違いされた話も切ない。 実際ワレフスキ伯爵はナポレオンに似過ぎだ。禿げ方太り方も似てるし声まで似てたらしいし。 pic.twitter.com/iAwZdMV3yr
 拡大
 拡大
 拡大
灰になったfugaku @fugaku_
アレクサンドル・ヴァレフスキがナポレオンの子なのも確定しちゃったのか…… 「ナポレオン3世よりこっちのほうがよっぽどナポレオンらしいじゃん」ってのが当時の世評だったってエピソード、笑えなくなっちまったぞ。ただの事実じゃねぇか
碧葉 @Ktnhjnm1008
ナポレオン3世のDNA話が出てるけど、こういう遺伝の話聞くと仙台伊達家(政宗、忠宗、綱宗)のDNA鑑定したらちゃんと血が繋がってたよ!よかった!みたいな展示を思い出す… 後世に勝手にDNA鑑定してハラハラする我ら 掘り起こしちゃいけないものもある…!
はくえー@シュパイアー太守 @tomoshibi6o6o
もしナポレオン4世ウジェーヌが戦死せず、ナポレオン3世の血統が絶えていながったら、ボナパルティストを巻き込んでフランス帝位請求者の正統性を揺らがす大騒動になったんじゃなかろうか
残りを読む(14)

コメント

夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2018年8月29日
いかにしてルイ・ナポレオンは問題児から皇帝に成り上がったか?http://ochimusha01.hatenablog.com/entry/2016/07/12/195819
キカイザー @kikaiser 2018年8月29日
"第三帝政"を敷くのはヴァレフスキの子孫か
bluemonkshood @bluemonkshood 2018年8月29日
リチャード3世の骨、DNA鑑定で非摘出子の謎浮上 ift.tt/12qxy05って、記事を読んだけれど、嫡出子って日本語の使い方を間違っているよ。嫡出子じゃなくて不義の子供っていったほうがぴったりする。 テューダー朝に不義の子供がいたとしても、今のエリザベス女王の家系は、スコットランド王ジェームス1世にジョンオブゴーントの孫娘が嫁いているから、まったくイギリス王家の血が流れていないわけじゃない。
Hoehoe @baisetusai 2018年8月30日
俺用タグ ジャコバン主義者の陰謀
稙田惟純 @ohgakorezumi 2018年9月1日
アウグストゥスも別にカエサルのY遺伝子継いでないしな
K2 @K__R_K_ 2018年9月2日
現在のボナパルト家当主はジェロームの子孫だから、血統上の問題はないということで合ってるのかな
アリ〜 @Rn3oAxnzuRvPt9l 2019年1月6日
なんかショーロンポー食べたくなってまいりました。モエシヤンドンとメアリースチュアートは又違うのでしょうか。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする