限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

ジェリーモファット自伝

UKの伝説的なクライマー、ジェリーモファットの自伝に関する感想など
クライミング
526view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
本日は人間ドックから持病通院のハシゴにつき、積ん読してたジェリー・モファット自伝にトライ中。冒頭、ロン・フォーセットを岩場で見かけたジェリー少年達の興奮した様子がgood。 pic.twitter.com/cdbxTH6bF4
 拡大
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
stoney middletonでジェリー・モファットを毎日ビレイしてくれていたアメリカ人が実は毎朝LSDをキメていたと知った時、ちょっと考えて、一週間機嫌よくビレイしてくれるなら受け入れてもいいリスクだなと思う話、いいな。
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
ジェリーモファット自伝、ジョシュアツリー編はジョン・バッカーの面白エピソード満載。凄くいい。 ・ジークンドーの本に影響を受けていた ・気功にも影響を受けており、地面からエネルギーを集めてボルダー課題にトライしているところを見たが、落ちた などなど。
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
@SIN510 ジョン・バッカーはムーブを決して人に教えなかった。ムーブの解読もクライミングの一部と考えていたからだ。ジェリーもそれを真似して、同行のクリス・ゴアがムーブを聞いてきた際に教えなかったところ、ケンカになった。 とかね。読み終えられたら、ひさびさにブログにでもまとめます。
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
雨の予報で憂鬱ですが、雨の日にパートナーに振られ、小さいケイブでボルダーするジェリーモファットさんは、"シェフィールド中探しても雨の中乾いた岩を見つけてトレーニングできているのは自分だけ"という事実をとても幸せに感じた由。
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
スティービー・ハストンさんはなんとなくアメリカの人と思ってたんだけど、ウェールズの古いクライマーなんだとか。全然知らなかった。
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
しばらくお休みしてたジェリーモファット自伝を再度読み始める。ベン・ムーンとの初邂逅シーンがイカす。
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
"He was a pale-skinned punk-rocker, dressed in tight black clothes, wearing colorful bangles, with long, dirty black hair." そして徐にE5に取り付く。
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
パンプし、プルプル震えながら、何度もロープを手繰ってはクリップを試みるも失敗を繰り返す。そんなベン少年に思わず声援を送る初対面のジェリー。"Don't clip it, just go! Run it out! Run it out!" →大フォール →ひどいロープバーンからの化膿 というオチ
Coffee @Coffee_Kohei
ジェリー・モファット伝を出してるのは@VertebratePub という出版社。シェフィールドに拠点を置いていて、クライミングをはじめとしてアウトドア関連の本を精力的に出版している。ピークディストリクトのボルダリングのトポも評判が良いみたい。
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
レッドポイントの名称はクルト・アルベルトさんがフリークライムしたルートの基部に赤い点をペイントしたことに由来するが、その話も出てきた。ジェリーモファット自伝P.82
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
フランケンユーラの岩は元々エイドで登られていて、エイドクライマーは登った証に岩の基部に赤い「円」を書いていた。クルトはそれらのルートをフリークライムすると、その証にサークルを赤く塗りつぶした。Then, "RotPunkt".
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
ジェリー・モファットのキャンパス講座。見た目的にも90年代で間違い無いと思うが、自伝を読んだら、この時点で肘にメスを入れて大復活後なんですな。 facebook.com/17901547211307…
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
ジェリーモファットさんが夢中で乗り回してたのはスズキGSXR1100で、惜しくもカタナではなかった。
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
"I untied and let go of the end of the rope, watching it fall out of view." デイブ・グラハムさんのCoup de Graceで有名になったこのアクションだが、ジェリーモファットさんは肘の故障から復活してビュークスでLa Rage de Vivreを登った際に行った記述が自伝にあり。
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
ジェリーモファットさんが初めて作ったプライベートウォール、全てのホールド(ウッドの手作り)を付け終わるまで、登らないように我慢して、いよいよ完成、試登! ↓ ハード過ぎて、限定なしで、ケツ浮かず
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
あらゆるクライマーあるあるは、ジェリーモファットさんが2000年前に通過した場所だ!
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
ジェリーモファット自伝、コンペより岩が好きと公言、1980年代はみんなコンペ出てたからプロクライマーとして仕方なく、的なことが書いてある。
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
そのためか、コンペのシーンよりもそれに向かう道中の記述が妙に仔細。オンボロのシトロエンが火を吹いてクライミング道具を掴んで必死に逃げた話とか、コンペ前日に同行者がナンパした女性と車でどっかしけこんでしまい、足が無くなってヤキモキした話など。 twitter.com/takato77/statu…
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
2年間のコンペ経験に疲れたジェリーはジョニー・ドウズ、クルト・アルベルトと共に、当時未開拓のハンピヘ向かう。何それ、破壊的に楽しみ。 #ジェリーモファット自伝
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
序盤はジョニー・ドウズは狂ってる的なエピソード紹介が続く。ムンバイからハンピヘの列車で、走ってる最中に屋根に登って端から端まで走って戻ってくるなど。 twitter.com/takato77/statu…
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
シェフィールドにはジェリー・モファット所有のB&Bがあるらしい。泊まってみたい。
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
絶望的に感じていた一手がついに止まった時の感覚 "For an instant I felt time stand still. Question hung in the still air." # ジェリーモファット自伝
ヅッカー・T & ザ・MG's @takato77
ヨセミテのThe Forceは、クルト・アルベルト、ロン・カウク、ジェリー・モファットのセッションの末、ジェリーが初登。その際にマイケル・ジャクソンのDon't Stop 'Til You Get Enoughをカセットテープで流していて、歌詞から課題名をつけたようだ。 #ジェリーモファット自伝
残りを読む(26)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする