10周年のSPコンテンツ!

#NT加賀 『ハードウェアハッカー:新しいモノをつくる破壊と創造の冒険』出版記念トークセッション

12/16(日)にアビオシティ加賀にて開催されたNT加賀のトークセッションツイートまとめ。 アンドリュー“バニー"ファン氏の名著「The Hardware Hacker」の日本語版の出版記念として、翻訳に携わられたお二方に、本書の魅力や翻訳時のエピソード等を話していただきます。 高須 正和(株式会社スイッチサイエンス) 続きを読む
2
いまかみ @imakami
ショッピングセンターの店内放送で『ハードウェアハッカー』という単語が流れる #NT加賀
大阪分散技術コミュニティ @OSAKA_DTC
#NT加賀 来ました。 今からリバースエンジニアリングの話が始まる模様。 pic.twitter.com/bgYBXReZ3w
拡大
DJ⑨ @ 11/29~12/1東京 @laughingman2046
技の1号力の2号コンビのハードウェアハッカーのリバースエンジニアリング講座が始まります #NT加賀 pic.twitter.com/m2WSLHeq9o
拡大
湯村 翼@12/01NT札幌 @yumu19
書籍「ハードウェアハッカー」出版記念セッション! 力の1号 @tks 技の2号 @akita11 #NT加賀 pic.twitter.com/yMLgwV1RNC
拡大
湯村 翼@12/01NT札幌 @yumu19
「ハンダテラピーという言葉があるんですよね」ありませんw #NT加賀
湯村 翼@12/01NT札幌 @yumu19
「バニーとの出会いは、昨年のMaker Faire Shenzhenにひょっこりあらわれて、Chumby所有者にビールを奢ってくれた。」 #NT加賀
湯村 翼@12/01NT札幌 @yumu19
「この本がどのくらいヤバいかというと、英語版で読んだが止まらずに寝不足になるくらいヤバかった」 #NT加賀
湯村 翼@12/01NT札幌 @yumu19
「量産でのばらつきを抑えるための設計をしましょうという話があった。LEDの明るさを揃えるのが大変で、定電流のICを追加したほうが安上がり、など。」 #NT加賀
kinneko @kinneko
ECOは知らないけど、ECNはよくあるよ。LEDのばらつきは選別品が買えるから、そっちのがコスト安いと思う。 #NT加賀
湯村 翼@12/01NT札幌 @yumu19
「怪しいチップを買ってきて中を開けたら、全く違うメーカー名が書かれていた。」 #NT加賀
kinneko @kinneko
より良いパチモンもあるのだけどね。 #NT加賀
湯村 翼@12/01NT札幌 @yumu19
「いろんなmicroSDカードを買ってきて、外装やチップメーカーを調べたら、結構偽物があった。大手販売店や正規店でも。」 #NT加賀
その辺の人@メイカーフェア深セン楽しかった @create_clock
ハードウェア・ハッカー トークセッション。ショッピングモールでやるにはかなり格調高すぎ高杉くんなトーク。#NT加賀 pic.twitter.com/QQnN8CSgl3
拡大
kinneko @kinneko
興味はわかるけど、量産でそんな細かい対応してたらコストコントロールも納期コントロールもうまく行かない。chumbyの失敗もそういうバーニーの変なこだわりもあるんじゃなかろうか? #NT加賀
hatochan@12/31 南ラ01a @hatochan
アビオシティ加賀というモールで「ハードウェアハッカー」のヤバい話をするのも相当ヤバい気がする。#NT加賀 pic.twitter.com/lfF5Dr2TWJ
拡大
湯村 翼@12/01NT札幌 @yumu19
「この本を読んだら、買う勇気が出てきて、深センで買ってきた。意外とハズレが多い。ハズレというのはまともに動くもの。1つだけ当たりがあった。」 #NT加賀
hatochan@12/31 南ラ01a @hatochan
深センでmicroSDを買ってみて、ちゃんと動くのはハズレ。#NT加賀 pic.twitter.com/EyOIW3J6SW
拡大
kinneko @kinneko
そういう意味では、バーニー本は普通の量産コントロールや検品、検査プログラムとかの現場的な話とかけ離れたサンプル例を世に広めるのは失敗のような。Maker的な小ロットの人には参考になるかもだけど。 #NT加賀
湯村 翼@12/01NT札幌 @yumu19
「ニセモノにもいくつか分類がある。外見だけ違うもの、別の基盤から剥がしたものは比較的見分けやすい。たまに本物より高性能なものもある。」 #NT加賀
TAKASU@Nico-Tech Shenzhen @tks
ゴーストシフトは、シリアルナンバーがおかしい(ごまかす必要がある)し、テストの工程を省いてることがあるので、「ホンモノ同様」とも言い難かったりしますが、検知は難しいです。 特に本物に数%だけ混入されたときは。 #NT加賀
hatochan@12/31 南ラ01a @hatochan
殻割して互換品というニセモノを調べてみたら、ニセモノのほうが高性能www #NT加賀 pic.twitter.com/nwTmTp4bKr
拡大
湯村 翼@12/01NT札幌 @yumu19
「PICマイコンを開けて、紫外線を当ててセキュリティビットを消去。上から当てるとシールドがあるので、斜めから紫外線を当てる。」 #NT加賀
残りを読む(31)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする