まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!
8
イスクラ コメコンデザイン7出来ました。 @DDRplanet
スターリンが地下活動していたアジト見てきました。 井戸の横穴から民家の地下に隠し部屋がありそこにドイツアオグスブルク製の印刷機がおいてあります。サビサビなのは2度地下が水に浸かったそうです。91年と98年らしい。おじさんバケツで水くみ出したそう。 pic.twitter.com/9LiWaEOdhA
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
イスクラ コメコンデザイン7出来ました。 @DDRplanet
当時の家具が残ってます。この民家も立て直したり保存のために尽力してるとのことで寄付してきたです。 pic.twitter.com/u6IzhOtBHZ
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
イスクラ コメコンデザイン7出来ました。 @DDRplanet
当時の家具が残ってます。この民家も立て直したり保存のために尽力してるとのことで寄付してきたです。 pic.twitter.com/u6IzhOtBHZ
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
イスクラ コメコンデザイン7出来ました。 @DDRplanet
説明してくれた共産党のおじいさん。 私には若いウクライナのお兄さんが間に入って通訳してくれました。 別館はちょっとしたミュージアムに。 pic.twitter.com/knYqldL3PG
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
イスクラ コメコンデザイン7出来ました。 @DDRplanet
あっ今は横に階段があってそこから地下の部屋に入れます! pic.twitter.com/fXt30K0U8Y
 拡大
 拡大
 拡大
xing(広島にきたよ。 @xing2015
@DDRplanet はじめまして!トビリシのスターリン印刷博物館ですよね?とても面白いところでした。おじいちゃんも親切で…
三矢英人@シルクロード復路 @hideto328
若き日のスターリンが非合法文書を刷っていた地下印刷所を見学してきた。一見すると普通の民家だが地下に隠し部屋が設けられている。隠し部屋には民家脇の井戸から横穴に入り遠回りしないと入れない(写真4枚目図参照、現在は階段で簡単にアクセス可能)。#グルジア #トビリシ pic.twitter.com/prAJvKP5Sr
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
三矢英人@シルクロード復路 @hideto328
印刷室は殺風景な部屋で真ん中にどでかい印刷機が鎮座している。100年以上前の当時使われていたその印刷機はドイツ製。一旦バラして運び込み再組み立てしたらしい。2度の浸水でサビサビである。 pic.twitter.com/GJwLyfKQq0
 拡大
 拡大
三矢英人@シルクロード復路 @hideto328
今回はだめだったがいろいろ調べていると民家の中に入れてもらえることもあるらしい。中にはスターリン同志が使ったベッドや当時の家具、たくさんの書物などが並べられているらしい。見たかった。
三矢英人@シルクロード復路 @hideto328
民家の隣は博物館になっていて、中にはレーニンやレーニンやレーニンが。 pic.twitter.com/k7Cdq9b7UU
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
三矢英人@シルクロード復路 @hideto328
展示室はあまり整理されていないし英語の説明もないが奥にはグルジアССРの旗が掲げられ、当時の写真や共産党機関誌ПРАВДА(プラヴダ)などが展示されている。 pic.twitter.com/ifHcllYG6n
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
三矢英人@シルクロード復路 @hideto328
当時のメンバーにはグルジア人だけでなく、アルメニア人やアゼルバイジャン人もいたそうで、印刷物もグルジア語だけでなくアルメニア語などでも刷られていたらしい。 pic.twitter.com/VIW8Xu23hv
 拡大
 拡大
 拡大
三矢英人@シルクロード復路 @hideto328
なお博物館の入り口はこんな感じで赤字に「鎌と槌」の扉。非常に共産味が強い。 pic.twitter.com/4ZKz1j9tQ5
 拡大
 拡大
 拡大
三矢英人@シルクロード復路 @hideto328
それもそのはず、この博物館はソ連時代のグルジア共産党の後継を自称する極左政党「グルジア統一共産党」が管理しているのだ。グルジア統一共産党は毎年12月21日にスターリンの故郷ゴリにてスターリン生誕祭ならびに政治集会を行っている団体でもある。 その様子はこちら twilog.org/hideto328/date…
三矢英人@シルクロード復路 @hideto328
スターリンの地下印刷所は地下鉄300 Aragveli駅から徒歩でいけます。料金は寄付制。その性質上国の支援が受けられないのでこの貴重な遺産がいつまで遺されるかは寄付金次第。 Underground Printing House Museum 7-9 ავლიპი ზურაბაშვილის ქუჩა maps.app.goo.gl/R4Moq
某 なにがし @bou_nanigashi
@hideto328 どのように酸素が確保、供給されているのか気になる
三矢英人@シルクロード復路 @hideto328
@bou_nanigashi 縁の下の物置みたいなところから地下室まで穴が開いていてそこから空気が入るようになっているっぽいです。ただ、そこにこんだけでかい穴開いてたらすぐバレそうな気がするのですがそこら辺は説明が露語だったので定かではありません。 pic.twitter.com/S4SXDzRyYe
 拡大
 拡大
 拡大
某 なにがし @bou_nanigashi
@hideto328 わざわざ図説ありがとう。その辺りもしっかり考えられてはいるんだなぁ。
三矢英人@シルクロード復路 @hideto328
@bou_nanigashi あとはその穴越しに音で暗号を送ってたみたいです。印刷機の音がバレないように。

コメント

やまだ @sakusakutoux 7日前
すごい普通に行ってみたい
nekosencho @Neko_Sencho 6日前
へえ、比喩じゃなくほんとに地下なんだ
赤間道岳 @m_akama 6日前
PRADAってPRAVDAに見えるよなあ(´・ω・`)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする