10.5ポイントの文字をDocuWorks文書にテキストアノテーションとして入力する

DocuWorks7.0以降では小数を含むフォントサイズが選択できるようになったが知られていない。
アノテーション ドキュワークス docuworka annotation
0
DocuWorks Fan @Docunchu
本日のワンポイント: DocuWorks文書に10.5ポイントの文字をテキストアノテーションで入力する方法: まず標準12ポイントの文字を入力する。離れたところで左クリック、文字の上で再度左クリックし、文字の周りに青い点々枠を表示させる。(続く) #docuworks
DocuWorks Fan @Docunchu
本日のワンポイント:(続き)属性変更ツールバー上のフォントサイズの欄の「12」を「10.5」に変更する。(これが肝) 属性変更ツールバーが表示されていない場合は、「表示」→「ツールバー」→「属性変更」を選択する。(続く) #docuworks
DocuWorks Fan @Docunchu
本日のワンポイント:(続き) プロパティでは小数は入力できても、整数しか受け付けない。属性変更ツールバー上のフォントサイズだけが小数を受け付ける。 常に「10.5」ポイントの文字を「最初から」入力したい場合は。 (続く) #docuworks
DocuWorks Fan @Docunchu
本日のワンポイント:(続き) 最初から10.5ポイントの文字を入力したいのであれば、10.5ポイントのテキストアノテーションをツールバーにボタンとして登録すれば良い。 方法は、(続く) #docuworks
DocuWorks Fan @Docunchu
本日のワンポイント:(続き) 方法: 10.5ポイントに変更したテキストの上で右クリック→「アノテーションツールバーへの追加」を左クリック。必ず「貼り付け時に文字列を入力する」にチェックして(これが肝)任意のツールバーを選択して「OK」を左クリックする。 #docuworks

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?