0
ドラえもん @jaikoman
平成31年 5月27日(月)東電会見 17:00 ~ j.mp/2YQZTty #iwakamiyasumi2 音声入力結果
ドラえもん @jaikoman
youtu.be/Nx-SGTHJawQ?t=… 朝日杉本:朝日新聞の杉元と申します よろしくお願いします。福島第一原発の1、2号機排気筒の解体のことでご見解をお聞かせください。排気筒の解体はクレーンの高さが足りずに、今、工事が延期されている状況です。 #iwakamiyasumi2
 拡大
ドラえもん @jaikoman
朝日杉本:で、その件について東電が先日、原因を明らかにしていて、そのクレーンの巻き上げすぎないための安全装置の位置をもともと考えていたところと実際が違っていました、という説明をされました。で、この件に対する受け止めについて聞かせていただきたいのと、#iwakamiyasumi2
ドラえもん @jaikoman
朝日杉本:今後、東電に対して求めるところどんなところであるかというところを聞かせてください。お願いします。 #iwakamiyasumi2
ドラえもん @jaikoman
更田委員長:★★★★★★★★★★★まあぁ、定性的な表現ではあるけれどもぉぉぉ 東京電力しっかりしてね♡ っていうことは言わざる得ないだろうと思います。ただ比較の問題からするとぉ 3号機での使用済み燃料取り出しのぉ 際の一連のドタバタですねえ。 #iwakamiyasumi2
ドラえもん @jaikoman
更田委員長:あの電圧が合ってませんでしたぁとか。これに比べればあぁ、クレーン作業って あのぉぉぉ、非常に120mと高いものでもあるしいぃ。まぁ、見落としがあったのは大変残念ではあるけれども、 #iwakamiyasumi2
ドラえもん @jaikoman
更田委員長:★★★★★★★★★★★★3号機使用済み燃料のドタバタほどぉぉ、なんというかなぁぁ あの 怒ってないって言うと非常にざっくりした表現ではありますけど。 #iwakamiyasumi2
ドラえもん @jaikoman
更田委員長:ただいずれにしろも一連の措置について、★★★★★★★★★★★★★東京電力はやらなきゃならないこともたくさんあってええ、何も難しい あの 問題で 厳しい状況にあることは分かるけれども。やはり、事前の確認等はしっかりして欲しいとは思います。 #iwakamiyasumi2
ドラえもん @jaikoman
朝日杉本:わかりました。後一点だけ。いまのところで東電はまだ中長期ロードマップの会見をされてないんで分からないんですけども、#iwakamiyasumi2
ドラえもん @jaikoman
朝日杉本:これでもし、作業が後ろ倒しになったら、当然その後の日はリスク低減の作業もろもろも、もしかして影響を受けるかもしれないんですけど。その点はどう思われますでしょうか。 #iwakamiyasumi2
ドラえもん @jaikoman
更田委員長:排気塔の頭の上を切っていくっていう作業と、他の作業とは極めて強くリンクしてるかと言うと、必ずしもそうではないので、他の作業に大きな影響が出るとは思っていないんです。 #iwakamiyasumi2
ドラえもん @jaikoman
更田委員長:ただし その1、2号機の配置等の周辺ってない非常に線量が高くてぇ、これと戦っていかなきゃならないんですけども、 #iwakamiyasumi2
ドラえもん @jaikoman
更田委員長:例えば線量を下げるためだったらば、上を切るっていうものよりも、先に例えば SGTS の LINE のバルブの間のあたりってのはものすごく線量は高い。ですから、排気塔の上起きるっていうチャレンジとは別にいいですねえ #iwakamiyasumi2
ドラえもん @jaikoman
更田委員長:あの SGTS のあの LINE を切断して取り出すようなことはできないかと。それからもう一つは調査という観点からも SGTS の LINE に、何が、どうなってるかってのは知りたいところですので。これは あの別途、東京電力に考えてもらいたいと思ってます。 #iwakamiyasumi2
ドラえもん @jaikoman
更田委員長:1、2号機の切断が進んで、高さを低くすることができて、また周辺の片付けが進むと、中に、1号機、2号機にとりつく上での作業スペースという点でも有利になってきますから、それは事実なので、ま、早く済ましたいのは事実だけども、 #iwakamiyasumi2
ドラえもん @jaikoman
更田委員長:ただ、あの、上の解体作業が遅れることが、他の作業に深刻な影響を与えるかと言うと、それほどでもないという風には思ってます。 #iwakamiyasumi2

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?