4
saitoosamu @saitoosamu
#ノンプロ研 0612 GAS講習予習中。今日のお題は、関数と配列。 pic.twitter.com/mmq2w1V8YI
拡大
ks accounting @ksaccount0515
ノンプロ研 第3回初心者講座スタート 今日は関数・配列でーす #ノンプロ研
ume @plumfield56
今日は関数・配列の講座のTA 講座自体は2回目だけどTAだと違う視点で見れるのも楽しい #ノンプロ研
Apachan@6.1対応WinActor本好評発売中 @Apapachan
本日は関数・配列!ここら辺が抜ければだいぶ楽になる😊 #ノンプロ研
Apachan@6.1対応WinActor本好評発売中 @Apapachan
引数は変数みたいなもの!戻り値の概念理解するのに苦労したけど、こんな図解や例題があると理解しやすいー😀 #ノンプロ研
Apachan@6.1対応WinActor本好評発売中 @Apapachan
凄い!returnの使い方まで質問が出ている。Rubyの場合は最終行が戻り値として評価されたような気がするかな... #ノンプロ研
ume @plumfield56
関数の引数と戻り値 最初は理解するのに苦労したけど今や便利すぎて使わないことはないな 関数を使う理由はメインで実行させるものとサブで実行させるものを切り分けて管理しやすいようにするため #ノンプロ研
yusa @iyusasa
関数の定義はメインの前でも後でもいいのか。#ノンプロ研
Maaaa36 @wdfksm
メイン処理とサブ処理とを分けて記述すると後の管理がしやすくなる。 #ノンプロ研
Apachan@6.1対応WinActor本好評発売中 @Apapachan
そうそう!確かに何故こんなかんたんな例で関数を分割するのかと思うかも知れませんが、実務で分割する際には複雑になるから、絶対にかんたんなケースで理解した方が良いな😎 #ノンプロ研
ks accounting @ksaccount0515
関数のメリットは部品化!ちょっと事例だと効果がわかりにくいですが、汎用的なもの作り始めると効果が実感できます #ノンプロ研
Maaaa36 @wdfksm
リテラル とは 書き方のこと  #ノンプロ研
ks accounting @ksaccount0515
関数リテラルのお話。 関数の構文と違いは何ですかね? #ノンプロ研
ks accounting @ksaccount0515
関数リテラルで書いたものは変数に代入できます。これSpreadSheetで配列扱うようになるとよく使うね #ノンプロ研
Apachan@6.1対応WinActor本好評発売中 @Apapachan
関数には宣言型と関数リテラル型があるゾォ😀 #ノンプロ研
Apachan@6.1対応WinActor本好評発売中 @Apapachan
配列をみて勉強会資料でタンスで説明したのを思い出した。二次元配列になると、タンスの引き出しに仕切りが入る仕様😅 #ノンプロ研
ks accounting @ksaccount0515
配列の要素はゼロからスタート、慣れてくると当たり前だけどなぜ1からじゃないって最初は思いますよね #ノンプロ研
ume @plumfield56
関数リテラル(匿名リテラル)は使ったことないなー メリットはなんだろ? #ノンプロ研
Apachan@6.1対応WinActor本好評発売中 @Apapachan
インデックス?そう言えば自分は添字といつも言ってたような... #ノンプロ研
yusa @iyusasa
関数リテラルはまだよくわからなくてもよい。#ノンプロ研
yusa @iyusasa
配列リテラルは変数に代入してつかいます。#ノンプロ研
残りを読む(14)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする