10周年のSPコンテンツ!

北朝鮮のKN-23ミサイル

軍事は(総力戦体制以降の)戦争を構成する一要因にすぎないのでそれに偏重するとまた見えなくなるものもあろうけど、ここは敢えて。
2
阿部隆史@ジェネラル・サポート @GS_abetakashi
新型ミサイルの名はイスカンデル。 ヤマトとは関係ない。 アレクサンダー大王の事なんだそうだ。 あれくさんだあ? アレ臭いんだあ? 人民の排泄物でも燃料に利用しているんだろうか? 昔の代用硝石みたいにさ... pic.twitter.com/UUFYqpk8hl
拡大
拡大
拡大
Tarao Goo@NK watcher @GreatPoppo
北朝鮮が25日に発射したイスカンデルもどきことKN-23は今回の発射地点からだと本土には届かないが対馬の大半を射程に納める。少し南の空軍基地からだと山口のイージス・アショア配備予定地に届く。南西の海軍基地から撃った場合は山口市・下関市・北九州市の北部に届く。 #週刊安全保障 pic.twitter.com/d7DQciHhZA
拡大
拡大
拡大
拡大
早川タダノリ @hayakawa2600
「戦争に反対するには軍事を知らなければ」的なツイートを拝見したが、レーニン「プロレタリア革命の軍事綱領」時代ならばともかく、軍事は(総力戦体制以降の)戦争を構成する一要因にすぎないのでそれに偏重するとまた見えなくなるものもあろう。
Kazuto Suzuki @KS_1013
イスカンデルが通常兵器扱いかぁ…。ペンタゴンの報道官による「これらのミサイルはアメリカにも韓国にも脅威になるものではなく、アメリカ軍の態勢にも何ら影響しない」という説明もなんというか…。トランプと仲良くなるとここまで庇ってくれるのか。 www3.nhk.or.jp/news/html/2019…
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
ピンボケだね、ディプレスト軌道で600km飛んだ事がたいへんな脅威で、さらにMaRV搭載で、CEP5~7mで、固体燃料ロケットであることがやっかいなのではないか。 元々イスカンデルは、700kmから1000km程度飛んでも不思議ではなかった。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
SM-3対策に軌道を最適化すれば、600kmより二割ほど射程を延伸出来そうなので、実際にはディプレスト軌道で700km程度だろう。 これだと38度線付近から九州、中四国と関西の一部を射程に収める。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
この場合、玄海、伊方、島根が射程に入る。川内と福井原子力銀座はやや外だが、ミサイルの軌道を調整すれば届く範囲(800km圏内)となる。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
いずれにせよ、この場合ペイロードがどの程度であるかが重要となる。 480kgなのか、250kgなのか、100kgなのか。 現時点では情報がない。 そもそも、最小エネルギー軌道でどの程度飛ぶかも分からないし、高度80km程度の軌道でどの程度届くかも分からない。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
ただ、はっきりしていることは、萩のイージス・アショアは、このイスカンデルによって建設前に無効化されたと言うこと。 迎撃不能で、十分な威力の通常弾頭で蜂の巣にされる。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
また、島根原子力発電所、玄海原子力発電所は、イスカンデルによる厳しい脅威にさらされることになる。以前計算したが、改標二型のPCCV PWRでも弾道弾頭には、ボール紙のように打ち抜かれて原子炉は粉砕される。ABWRやマーク1改など、障子紙でしかない。CEP5~7mで迎撃不能の弾道弾頭とはそういう存在。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
やや性能キワキワの感があるが、米国製多層MDの弱点を見事に突かれている。 性能キワキワは、さらなる改良と運用法の最適化で僅か数年で性能レンジドンピシャとなる。 MDは対応するのに10年はかかるだろうし、ものすごいコストとなる。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
島根や玄海の原子炉を打ち抜かれれば、岩国や佐世保の米軍などイチコロ。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
尤も、原子炉攻撃は、核による報復を受けかねないので、こういった破滅的な攻撃がなされるのは、最終的な全面報復攻撃の一環だろう。 イラクやリビアのような事を北朝鮮にすれば、日本もろとも合衆国は大やけどするという抑止力。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
2017年のScud ER実験の時にこの兆候はあったと思う。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
ディプレスト軌道の場合、ペイロードがどの程度で原子炉が打ち抜かれるかは、だいたいだが計算出来る。 そのうちやってみる。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする