10周年のSPコンテンツ!
52
田亀源五郎 @tagagen
そもそも私、草薙剣(天叢雲剣)に「雨を降らせる力がある」という話は、今まで全く見聞きした覚えがなく(少なくとも古事記には出て来なかったと思う)、なのに急に古来周知の伝承のように大勢が語り始めたことに興味あり。元ネタはどこにあるのかしら。
真名あきら. J庭か05b @MANAakira4610
@tagagen 叢雲が雨の前に掛かる雲だからではないでしょうか。ヤマタノオロチは常に雲をまとっていたそうですし
田亀源五郎 @tagagen
@MANAakira4610 イメージとして納得しやすいという意味で、それは判るんですよ。ただ私の興味の方向は、ではそれは実際に故事か何かに基づいく既存の伝承だったのかどうか、というところでして…。
氷厘亭氷泉 @hyousen
草薙剣を動かす=降雨のイメージ、たしかに何からなのか気になるナ(特にそういうイメージ持ってないから)
氷厘亭氷泉 @hyousen
@zenramaru 譲位の儀式に関連して神器がでてきたときにそういう感覚のツイートをちらちら見たおぼえはありましたが、イメージのでどころ気になりますね
氷厘亭氷泉 @hyousen
日時区切りのTwitter検索でまずさかのぼると2019年5月1日あたりに雨=剣のつぶやき多いな。
氷厘亭氷泉 @hyousen
4月30日~5月1日の儀式のときの天候と神器に関するツイート群が醸成した感覚イメージなのかな。やっぱり。
氷厘亭氷泉 @hyousen
▼天叢雲剣 雨 since:2018-01-01 until:2019-03-01 ▼天叢雲剣 雨 since:2018-01-01 until:2019-04-01 ▼天叢雲剣 雨 since:2018-01-01 until:2019-05-01 (このあたりから、儀式・剣・雨のセットな趣旨のが多く出る) ▼天叢雲剣 雨 since:2018-01-01 until:2019-06-01 軽く検索観測のメモ
氷厘亭氷泉 @hyousen
難しいのは、具体的にこういう神話や伝説にある、っていう古註方式の情報の出し方ではないし、ほんとうに単純にイメージ感想として発せられてるものも多いので、そこまで主張性は無いのも多いんだよナ。
幣束 @goshuinchou
それは少なくともTwitter空間に於いては責任は少しは私にある 神器継承の時の雨を書紀の正文の草薙の剣の注釈天叢雲から雲=雨=吉雨と捉えましょうね、という事ですがそういうイメージを付けてしまったとしたらなんかどうも申し訳ないです
幣束 @goshuinchou
三種の神器(本体) ・八咫鏡→伊勢神宮 ・八尺瓊勾玉→皇居内剣璽の間 ・草薙剣→熱田神宮 皇位継承の三種の神器(本体から分霊) ・八咫鏡→皇居内賢所 ・八尺瓊勾玉→皇居内剣璽の間 ・草薙剣→皇居内剣璽の間 神話から伝わる三種の神器と皇位継承の三種の神器は別々と覚えときましょう(勾玉は一緒)
幣束 @goshuinchou
三種の神器草薙剣 日本書紀神代紀正文では「この剣は元の名は天叢雲(あめのむらくも)という。八俣大蛇の上に常に雲の気が漂っていたからかな~」と書いてあるので、この剣が帝から新帝に継承される今日と明日は雲が湧き雨を呼ぶのであります。瑞祥吉雨でありましょう。
氷厘亭氷泉 @hyousen
内容意図は違うものの、確かに幣束さんの神器ツイートは万越えしてた。
幣束 @goshuinchou
まあでも私個人として諸事このマインドなんで。めちゃくちゃ快晴ならさすが天照の子孫、太陽の御子だって言ってますからな。天気なんざ晴れだろうと雨だろうと雪だろうとどうでもいいんですよほんとに(ぶん投げ) twitter.com/goshuinchou/st…
幣束 @goshuinchou
まあ言葉は呪であり祝であるので雨なら雨を呼ぶ草薙の神剣の御加護であるし快晴なら快晴で太陽の神天照大御神の御子の顕現也と思えば良いです
氷厘亭氷泉 @hyousen
@goshuinchou けっこう短期間なのにだいぶニュアンスが動き変わるものですよね。どこかで更に加味・定説化して拡散されたりした流れがありそうな感じもしますね。
氷厘亭氷泉 @hyousen
幣束さんの万越えツイートも4月30日の天気を、引きごとをつけての連想と発して「瑞祥吉雨だね」みたいな感じで言ってるだけなので古註方式で堂々「宝剣を動かすと降雨」って主張してるわけでも無いからナ。
幣束 @goshuinchou
@hyousen 私はもうちょっとフラットな立ち位置というか、結局のところ本日はお日柄も良く、的な感覚でツイートしていたのですが、神話というお題や国民的な注視対象というのを軽く見ていたかもしれないです。更に加速拡散の流れはあるかもしれないですね。
【魔獣絵師画廊・FORESTINA】 @RomanticBST4649
@hyousen サマンサ「ヤマタノオロチ伝承のひとつに【尾部に天叢雲剣が埋め込まれているので、ヤマタノオロチの行く先々には必ず雲が湧き上がった】と言うのがありませんでしたでしょうか。記憶違いでしたら済みません」
氷厘亭氷泉 @hyousen
@RomanticBST4649 日本書紀にある「大蛇の居る上に常に雲気あり」とかの部分ですよね、ただこの雲気が雨雲だけをさすかどうかは不鮮明なんですよね。
氷厘亭氷泉 @hyousen
ながあめの部分については、追放されたときのすさのおのほうがいろいろ雨文字あった pic.twitter.com/Bfckl7aTlS
拡大
氷厘亭氷泉 @hyousen
例の儀式のおてんきよりも前、 touken-world.jp/blog/19909/ 刀剣ワールドの記事「皇位継承の証し天叢雲剣とその儀式とは?」(2019年4月26日)にも「天叢雲剣には、雨雲を呼び出す力が宿っていたと考えられていたため、」っていいまわしは出て来る。 pic.twitter.com/dcUFljrefw
拡大
リンク www.touken-world.jp 14 皇位継承の証し天叢雲剣とその儀式とは?|刀剣ブログ 刀剣広場【刀剣ワールド】 新天皇陛下即位の際に執り行なわれる儀式では、今上陛下から新天皇陛下へ、日本神話に伝わる「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ/あまのむらくものつるぎ)が引き継がれます。今回は、皇位継承に伴う儀式と三種の神器のひとつである天叢雲剣の全貌についてご紹介します。
氷厘亭氷泉 @hyousen
meitou.info/index.php/%E6%… 名刀幻想辞典の日本三霊剣の項目でも「叢雲(雨雲)を呼び出す力を持つという。」って出て来る。
リンク meitou.info 日本三霊剣 - 名刀幻想辞典 日本三霊剣(にほんさんれいけん) 天十握剣、布都御魂、天叢雲剣のことを言う。 天十握剣(あめのとつかのつるぎ) イザナミが最初の子カグツチを産んだ後、それが原因で死んでしまう。 怒ったイザナギは天十握剣でカグツチを斬り殺してしまう。 この「天十握剣」は別名が多い。
残りを読む(29)

コメント

サブ3 a.k.a ビール大好き女子💩 @SUBSUBSUB0721 2019年10月23日
ツイッターでの盛り上がりを見て、そんな効果あったかな?と思いつつ。天(アマ)と雨(アメ)と語感が似てるから連想したのかな?
もるだでぃ(・灬・ )ノ @morudaddy 2019年10月23日
わいも暗黒神話のイメージが強かったんで、雨が降る、まではふーんとか思った。けどその後の「晴れて虹が出る」まで天叢雲剣の効用とされてるのを見た時はさすがに「どこソース?」と思た。
げれ@gelehrte @gelehrte 2019年10月23日
漢字から受ける印象やろなぁと 後、インスタ映え的な感じでsns映えするからなそこまで劇的だと ※現実にそんな伝承あったらすまん
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年10月23日
ヤマタノオロチが8つの首を持ち常に頭上に雲がたなびいているのは、それが農耕における最大の難関である水害(大雨と川の氾濫)の比喩であり、それを鉄器(ここでは蛇を倒す剣として比喩されている)を用いた治水によって克服したという時代背景の描写にすぎません。のちに草薙剣と呼ばれるこの剣は、天変地異の多いこの国では知恵と勇気で困難を克服する者の象徴なのです
らない @lanai_spr2 2019年10月23日
「製鉄集団が幾つかの川の上流で砂鉄浚いをしてた→血の色に染まった蛇が現れた」 「雨が降ると氾濫した→川を汚したことに水神が怒った」 「製鉄集団を討伐し鉄剣を鹵獲した→大蛇を退治したら草薙剣が出てきた」 みたいな出来事の土着信仰的解釈を皇統の神話に一本化した結果が草薙剣のくだり。 要約すると「雨の原因は鉄剣のせい」というのが背景にあるので、脈絡もなく草薙剣=天叢雲剣という異名になった。と、勝手に納得してた。
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2019年10月23日
日本は農耕国家でそこかしこで雨乞いの儀式・神事・まつりごとが行われている国なので、まぁ草薙の剣にも雨乞い効果があったとしても不思議はなかろう。(これが雨乞いの祭事に使われたって記録ないからこの考えも外れてると思うけどね)
K3@FGO残4.5 @K3flick 2019年10月23日
八岐大蛇が水害を模した存在という説は見たなあ
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2019年10月23日
当たり前のように出回ってたからそういう伝承が見つかったのかと思ってた 草薙の剣にしても漫画日本の歴史ではヤマトタケルが火計にかけられた際に草を薙いで向火で対抗したのが由来とあったが、「草薙」の単語自体が草を薙ぐほどの大水という説も聞いたし 言語の変節と古代人の話の盛りっプリはほんと一筋縄じゃいかん
すいか @pear00234 2019年10月23日
雲=死の意味ってのは、高校の古文くらいまでには授業で知るもんだと思うのだけど、「雲が集うんだから雨やろ?」っていくらなんでも短絡過ぎないかTwitterのみなさん
クリームソーダ飲みたい @aux71011634 2019年10月23日
飛竜の槍は道具として使うとヘイスガだから雨の叢雲も道具道具として使ったんでは
ツルギ👒 @TsurugiSaver 2019年10月23日
うーん、そもそも2014年に「剣璽ご動座」が行われたんだけど、その時に雨だったというニュースがなさそう。事実としてそういうジンクスがあった訳でもないのかな…… https://matome.naver.jp/odai/2139580229952131001
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2019年10月23日
つうかこの「叢雲」って気象としての雲じゃなく「八雲」の方のクモだよな スサノオ、出雲、東征を司る軍事力の象徴……
のび @Novifam 2019年10月23日
単に太陽神の子孫なのに昨日雨降りそうだからこじつけただけで
nekotama @nukotama001 2019年10月24日
妖怪クラスタ頑張ってるナ。
ゆー @yuhya000 2019年10月24日
ojisan_think_so 雲気のことだし、和歌のあれも八雲自体は気象の雲のことだよ・・・幾重にも重なった雲の事を八雲という
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2019年10月24日
yuhya000 八雲って出雲のかけことばですし草薙剣の異名に「八重垣剣」なんてのもあるみたいなんで個人的には気象のことじゃないと思ってます
ゆきやけ @yukiyake_ 2019年10月24日
どうせなら草薙剣で雨を払ったって方がイメージ的にはいいかもね
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする