10周年のSPコンテンツ!
1
しまきう@熊に返り血を浴びせるひよ子猟師 @SHIMAQ404
「宮島の山には鹿の餌がない」という主張を大変良く聞きますので資料から確認をしてみました。 結論から言えば宮島の山中には鹿が必要とする量の最低でも10倍~20倍以上の餌が存在します。以下にその根拠をTWします。 #宮島の鹿
しまきう@熊に返り血を浴びせるひよ子猟師 @SHIMAQ404
@SHIMAQ404 宮島にある植物は広大により詳しく調べられています digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~main/index.ph… 下記の嗜好不嗜好リストから調べるとほとんどの木本が嗜好植物でした 勿論マツ、スギ、ヒノキは嗜好植物です hitohaku.jp/publication/r-…
しまきう@熊に返り血を浴びせるひよ子猟師 @SHIMAQ404
@SHIMAQ404 広葉樹、針葉樹は落葉樹と違い、季節による過多はありますが年間を通して落葉があります。その量は1haあたり3~6㌧/年です。 jstage.jst.go.jp/article/applfo…
しまきう@熊に返り血を浴びせるひよ子猟師 @SHIMAQ404
@SHIMAQ404 数字が概ね出たところで計算してみます 鹿が必要な餌の量は3kg/頭、600頭として年(3x600x365)/1000=657㌧となります 一方、供給される葉や枝の量(リターフォール量のみ)は年(860ha+1496ha)x3~6㌧=7068~14136㌧
しまきう@熊に返り血を浴びせるひよ子猟師 @SHIMAQ404
@SHIMAQ404 なお南日本の鹿はブラウザ型と呼ばれる樹の葉や樹皮などを主とした食性をしており一般的にイメージされる芝などの草は全体の6~28%程度であると言われています。笹がない宮島のような地域では更にこの比率が下がります web.ias.tokushima-u.ac.jp/bulletin/nat/n…
しまきう@熊に返り血を浴びせるひよ子猟師 @SHIMAQ404
@SHIMAQ404 そのため、常緑樹の落葉や枝だけで見ても十分に餌資源があります。 更にこれに加え、量や種類は木に比べると少ないですが草本類、どんぐり、ひこばえなどが加わります。 以上より、明らかに宮島の森林には餌が無いという主張は誤りであると解ります。
しまきう@熊に返り血を浴びせるひよ子猟師 @SHIMAQ404
@SHIMAQ404 凄くざっくりした計算ですが、研究者ではないシカマニアの1つの意見です。 坪田先生や植物、シカに詳しい方にご意見頂きたい処…

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする