アプリで作成

【♪Today's singerF】

あこがれの初恋のボーカリスト 流れ星のお願いは 叶うのか お話はフィクションです。
源色トマト
5
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
【♪F】1 時計を見た 打ち合わせの時間にはまだ早い ふと見ると babyでも演奏していそうなカフェに降りる階段 時間潰しに入ってみることにした。店の前のボードには today's singer【F】 そういえば高校生の頃 隣街のライブハウスにいた お気に入りのボーカル Fっていったなぁ… #源色トマト
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
【♪F】2 Fさんは4つ年上の女性で メチャクチャ歌がうまい 一度ダメもとで 自分のバンドメンバーに 誘いに行ったけど 「他にもかけもちしてるから」 って断られたなぁ それでも彼女の歌が聴きたくて 通ったりしてた 彼女ほどうまい人 今はどうしてるんだろう 今も歌を歌っているかなぁ? #源色トマト
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
【♪F】3 あの時のFさんだったりして そんな期待を持ちつつ店の中へ ピアノのイントロが流れ始め 聴こえてきたのは懐かしい歌声 小さなステージにはピアノにあわせて歌う30代位の女性 あれから 確実に20年は経っているのに人を惹き付けるこの声は… 『Fさん…』 #源色トマト
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
【♪F】4 何時ものように、歌を歌う 私の歌はライブハウスと違ってBGM 私の歌を聞きに来るというより 大抵の人は私が生で歌っていても 店内に有線が流れていても どちらでもいい そんな中、一人で入ってきた男性客マスク😷にニット帽、丸メガネ👓どっかでみたような… #星野源ください
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
【♪F】5 (星野くん?) すると、彼は 私に一瞬驚いた顔をした後 頭を下げた (何でここに? 私の事覚えてたの?) 私も驚き 危うく歌詞が飛びそうになった 歌い終わると数名の客と一緒に拍手をくれた (久しぶりに話ししたい。 でも私が客席に行ったら彼の正体がバレたら大変なことになる) #源色トマト
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
【♪F】6 「すみません。星野さんをお呼び出しするなんて。人目に付くと迷惑がかかると思って…」 彼女は立ち上がり 丁寧に挨拶してくれた あの頃と変わらない笑顔に 何故かホッとした 俺の初恋の人… 誰にも言ったことないけど 思わず見とれていたら 「私の事覚えていてくれたんですね」 #源色トマト
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
【♪F】7 『もちろん。僕はFさんの歌声が好きですから。再会できてホント嬉しいです。いつもここで?』 「はい。最近ここのオーナーさんに誘われて。ライブハウスより気負いがなくて気に入ってます」 『俺、今日はこれから仕事なので、今度ゆっくり聞きに来てもいいですか?』 「是非❗」 #源色トマト
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
【♪F】8 彼女から手をさしだしてくれて 握手して別れた 変わらない丁寧な話し方 別れ際の握手も ただまたここに来れば 彼女の歌が聞けると思うと 楽しみが増えた 彼女の歌が聞きたい 彼女の話を聞きたい 彼女にまた会いたい… あっ、連絡先聞くの忘れた‼️ 時間ないし❗ 俺としたことが… #源色トマト
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
【♪F】9 あの後 時間が取れなくて なかなか彼女の歌を聞きに行けない 仕事終わりに空を見上げる (あっ流れ星🌠) そういえば今夜ふたご座流星群って誰か言ってたな そういえば Fさんをバンドに誘いに行った時も 流れ星を一緒に見たなぁ その時の願い事 Fさんは覚えてるかなぁ~? #源色トマト
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
【♪F】10 『今日、どこかで時間ない?』 時間がないのは分かっていても 一応聞いてみる 【ありませんよ。ただでさえ、1時間おしです。】 行きたいのに行けないと さらに行きたくなり 会えないとなると無性に会いたい もっと歌が聞きたい もっと話がしたい 初恋だった頃の俺が戻ってくる #源色トマト
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
#源色トマト 【♪F】11 仕事終わりに空を見上げる 今日は雲が多くて今にも雪になりそうだ 彼女を訪ね、ライブ終わりを待っていた日と同じように… 明日こそは訪ねようと 思っていた店の前に いつの間にか来ていた もう店は とっくに閉まっている時間 すると、店から出てくる女性が…
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
#源色トマト 【♪F】12 「星野くん。どうしたの?こんな時間に…」 『仕事終わりに歩いていたらここに…ずっと来たかったのに開いてる時間に仕事ぜんぜん終わらなくて 今、お話する時間ありますか?』「この前、また来ます、って業界の社交辞令で言ってくれたと思ってた」 『俺、そういうの苦手で…』
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
#源色トマト 【♪F】13 「今や凄い人気者だね あの時の星野くんに伝えてあげたい あの頃の私にも…」 『いや、知ってたら今はなかったと思うんです 知らなかったから頑張れたと思うし でもあなたの歌が好きなの間違いなかったってこの前改めて思いましたよ 良かったらコーラスしてくれませんか?』
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
#源色トマト 【♪F】14 『誰か紹介出来るかと…今の俺なら力になれると思うんです』 「ありがとう、星野くん でもね、今の私は 歌を仕事にしたくないの ごめんね 歌を仕事にしてる星野くんに言うの気がひけるけど 楽しんでだけ歌いたいの 仕事になると自分の都合だけって訳にはいかないでしょ」
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
#源色トマト 【♪F】15 「私のわがままよ。でも、星野くんに誘われたのは最高に嬉しい‼️ ありがとう」 彼女が断るとは以外だった あの場所で歌っているのは プロになることを諦めていないからだと思っていたから 慎重に、言葉を選ぶのは変わっていない その気遣いのバランスが心地いい
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
#源色トマト 【♪F】16 その横顔、長いまつげ、艶やかな頬、少し薄い唇、大人な女性 色あせてない初恋 やっぱタイプだ 「そうだ、星野くん?」 『はい』 「前にもこうして話した後 2つの流れ星一緒に見たの覚えてる?」 『すごくきれいでしたね 長かったし』 「自分で何をお願いしたか覚えてる?」
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
#源色トマト 【♪F】17 『もちろん、覚えてますよ』 「私は結局、どっちも叶わなかったな~星野くんは?」 『今ならFさんのお願い事教えてくれますか?』 「昔の事だからね。一つはプロの歌手になりたい。で…
イエロートマト🤓 @lJslNybA1DrpzYP
#源色トマト 【♪F】18 『で?』 「もう一つは…星野くんが彼氏になってくれますよう…」 言い終わる前にマスクを下ろした彼からの口づけ 「えっ?」 『俺の願い事は二つとも今、叶いましたよ。 一つは貴女とキスがしたい。 もう一つは、大人になって再会したら、絶対彼女にしたい。 いいですよね』

コメント